ホーム > ブログ >DVD Shrinkマニュアル:DVD Shrinkの各種設定項目の使い方

DVD Shrink設定方法、ダウンロード・インストール、容量オーバー時の対策を解説

DVD Shrink設定方法

DVDコピーフリーソフトDVD Shrinkを使う前に要チェック!

最近、DVD Shrinkの圧縮設定やDVD Shrinkの品質設定やDVD Shrinkの書き込み設定などのDVD Shrink設定方法が分からない方はたくさんいる。本文は、リッピング後一枚のDVDサイズに焼けるよう圧縮してくれるフリーソフトDVD Shrinkの初期設定について解説していきたい。

DVD Shrinkの詳しい設定方法・DVD Shrinkの各種設定項目の使い方

ご存じのように、DVD Shrinkは片面2層のDVDを片面1層のDVDに収まるように自動で圧縮でき、ISOイメージで保存可能、圧縮率を変更するメリットを持っているDVDコピーフリーソフト。高機能、使いやすさ、初心者へのおすすめ度の高さ、フリーかつ高い安全性を兼ね備えるツールで、完全日本語対応で日本で最も人気を集めている。最新版DVD Shrink3.2を完全活用するには、事前にDVD Shrink設定方法を学ぶ必要がある。特に、DVDのコピー・DVDのリッピングを行う際、DVD Shrinkの圧縮設定やDVD Shrinkの品質設定やDVD Shrinkの書き込み設定などのDVD Shrinkの初期設定を知っておくべきだろう。では、DVD Shrinkの各種設定項目の使い方を詳しく説明する。初心者やこれから始める方はこれを参考にしてみてくださいね。

DVD Shrink使えない、DVD Shrink容量オーバーとなった時の対処方法

ご存じのように、DVD ShrinkはWindowsのフリーソフトで、Mac OS Xで使えない。Macユーザーにとっては非常に不便。Macにも専用のDVDリッピングソフトは多くあるが、DVD Shrinkと同じ機能を持つソフトは少ない。MacユーザーはDVD Shrinkを使い続けるには、二つの方法がある。一つはVMware Fusionを購入する、もう一つはMacX DVD Ripper Proを購入する。VMware Fusionの場合は、プリンタの接続問題、強制終了、アップデートできないなどのバグが頻発していた。だから、有料のMacの仮想化環境ソフトVMware Fusionを購入してインストールすることをおすすめしない。無劣化かつ効率よくDVDをコピーしたり、DVDをMP4、MP3、AVI、MKV、FLVなどの形式に変換したり、DVDをiPhone/iPad/Android端末などの新機種に入れたいなら、VMware Fusionを購入せずに直接MacX DVD Ripper Proに任せばOK。このソフトウェアはMac OS X Leopard/Snow Leopard/Lion/Mountain Lion/Mavericks/Yosemiteに対応し、Windows版とMac版もある。DVD Shrinkでコピーできないアナと雪の女王、ガーズ2などのディズニーDVDのリッピングが行えるだけではなく、DVD Shrinkエラーを避けることも可能である。操作がシンプルで初心者でもすぐに使える。早速ダウンロードして使ってみてください。

MacX DVD Ripper Proダウンロード
MacX DVD Ripper Proダウンロード

 

ヒント:MacX DVD Ripper Proは、史上最大のアップデートとうたう最新バージョンがリリース。@. アダルトDVD・ダイエットDVDなど日本独自のコピーガード解除可能; A. 革命的な新しい専門音楽DVD対応技術、無劣化でDVDをオーディオファイルに変換して、Iriver AstellやSony Music Playerなど専門的な音楽プレーヤーに対応;B. VLC Player などのプレーヤーで再生できないDVDやPCで見れないDVDを手軽にMP4(H264)に変換; C. 新しいハードウェアアクセラレーション技術を導入し、爆速でDVDをリッピングする; D.大切な部分を劇的に進化させ、最も安定、最も使いやすい、最も高品質にとなった;アップデートしないと損!

DVD Shrinkダウンロード&インストール、DVD Shrink設定方法を詳しく解説

DVD Shrinkダウンロード&インストール

DVD Shrink設定

DVD Shrinkの公式サイトを開き、「最新バージョンをダウンロード」と書かれたボタンをクリックして、DVD Shrinkの最新版3.2を適当なフォルダにダウンロードしてください。指定した保存先からダウンロードしたdvdshrink32_jp_setup.exeファイル(日本語版)をダブルクリックして、インストーラが立ち上がる。無事にインストールされたら「完了」をクリックして、DVD Shrinkが起動する。以下は、DVD Shrinkヘルプガイド:DVD Shrinkの初期設定を変更する方法をご紹介する。

DVD Shrink設定方法
無事にDVD Shrinkインストールが済んだら、ソフトを起動してインターフェースの上にある「編集(E)」タブをクリックし、プルダウンメニューの「各種設定」をクリックしてください。そして、DVD Shrinkの設定画面が表示される。その設定画面には「各種設定」、「プレビュー」、「出力ファイル」、「ストリームの選択」、「ファイルI/O」5つのタブがある。以下は、この5つのタブの設定を紹介していく。

DVD Shrink設定方法1.「各種設定」タブの設定
DVD Shrink設定

先ず、「各種設定」タブをクリックし、「目標のDVDサイズ」は、通常は「DVD-5 (4.7GB)」を選択してください。その理由は、DVD Shrinkは主に2層式DVD映画を1層式DVDメディアにコピーするからである。 DVD-9(8.5GB)を選択すると、別のコピーソフトを使用しなければならない。任意の値を設定したい場合は、「Custom」 を選択すれば細かい値を指定できる。その他の項目については、通常はすべてのチェックを入れてください。
「微小なサイズの音声/字幕ストリームを隠す」とは、元のDVDファイルにある音声ファイルや字幕ファイルで特に必要としない極端にサイズの小さなものを自動でリストから除外してくれる機能;
「自動的に VIDEO_TS フォルダを開く」とは、編集が終わった後、自動的にVIDEO_TS フォルダを開き表示してくれる機能;
「マルチタスクを優先する」とは、DVD ShrinkでDVDを編集しながら、複数の他のPC作業や動作を行える機能。チェックを外すとDVDのコピーは高速に行えるが、その間PCはDVDの解析、コピーに集中し、何か別の作業を行うことができない。だから、チェックを外さないでください。確認した後、「OK」ボタンをクリックしてください。;

DVD Shrink設定方法2.「プレビュー」タブの設定

DVD Shrink設定

「プレビュー」タブ内で設定すべき項目は、「ハードウェア設定に適した音声プレビューモードの選択」と「DirectX Video Rendererの選択」の2つである。その他の設定は初期設定のままでOK。
特に理由がない限り、一番上の「ビデオと音声のプレビューを有効にする」という項目にチェックを入れてください。通常、初期設定はチェックを入れるが、念のためご確認ください。そこにチェックを入れると、編集画面でのプレビューが可能となり、確認しながら作業をすることができて、とても便利である。
また、「ハードウェア設定に適した音声プレビューモードの選択」は、あなたの環境にあったものを選択してください。言い換えれば、高性能サウンドカードやウーハー、5.1CHスピーカーなどサウンド機器に凝っている人はそれぞれにあった設定を選択し、それ以外の方は「ステレオ」を選択しておけばOK;

「DirectX Video Rendererの選択」は、通常は「システムのデフォルト Renderer を使用」のままでOK。中の「VMR-9」は、ビデオカードの3Dエンジンを利用してプレビュー画面を表示させる機能である。「VMR-7」と「Overlay Mixer」は、やや古いビデオカードを搭載したパソコン向けで、3Dエンジンを利用しないため、動作が軽い。簡単に言えば、「VMR-7」は「Overlay Mixer」より画質の良い出力方式でシステム占有率が高い。「Overlay Mixer」はグラフィックカードへの負荷をかけずに高速で映像を出力できるが画質がやや劣るということである;

DVD Shrink設定方法3.「出力ファイル」タブ内の設定

DVD Shrink設定

「出力ファイル」は、通常は初期設定のままで大丈夫。詳しくは、下記の通りである。 「マクロビジョンプロテクションの除去」とは、DVDのコピーガードを外す機能。普通は、市販DVDやレンタルしてきたDVDにはマクロビジョン方式のコピープロテクトがかかっているから、そこにチェックを入れると、マクロビジョンプロテクションを取り除いてコピーを行える。
「P-UOPs (ユーザー操作禁止項目)の除去」とは、DVDの市販メーカー側よる禁止操作などが解除されてくれる機能。かんたんに言えば、DVDを再生すると、映画会社のロゴなどが表示されてきてメニュー画面を開けない、又は一部エリアが早送り、スキップなどユーザー操作が行えなくて不便な思いをしたことはあるだろう。この制限を無効にしたいなら、この項目にチェックを入れておけばOK;
「layer break の除去」 は、片面2層DVDの1層目と2層目の切り替え位置情報を除去するかのオプション。チェックをつけると、1層目と2層目の切れ目がなくなりスムーズな再生が可能となる ;
「VOB ファイルを 1GB 単位で分割する」 は、「DVD Shrink」で編集したDVDファイルを1GB単位に分割するか否かの設定。だから、特に理由がない限り有効にしてください。その理由は、DVD-Video 規格ではVOBファイルのサイズは1GB以下となっているが、OSや機種、プレイヤーなどにより一度に扱えるファイルの単位などが違う為1GBを超えてしまう場合もよくある。念のため、「DVDのVOB ファイルを1GB 単位で分割する」項目にチェックをつけるようにしてください;
「有効にしたストリームの論理的リマッピング」は、元のDVDの音声ファイルや字幕ファイルを一部取り除き、コピーした場合のインデックス情報の再編成を行なうかのオプション。強いて言えば、ファイルのインデックス調整機能。通常はチェックを入れたままでOK;

DVD Shrink設定方法4.「ストリームの選択」タブ内の設定

DVD Shrink設定方法

「ストリームの選択」タブ内の設定はダビングする際にどの言語の音声や字幕を選択するかのオプション。そのタブ内では「音声言語と音声形式」 は 「全ての言語」 を、「字幕言語」 は 「日本語」 を選択しておけばよい。詳細は下記のとおり。

「音声言語と音声形式」は通常は「すべての言語」に設定しておけばOK。それで、作成後、そのディスクでの対応している言語を幅広く利用することができる。続いて、後にある「AC3 または LPCM」設定は初期値のままでOK;

「字幕言語」は通常は「すべての言語」又は「日本語」と選択すれば良い ;

「メニューと強制出画のストリームを除いて、全ての字幕を無効にする」は、特典映像やDVDのメインムービーの字幕などを無効にするかのオプション。通常はチェックを外す;

DVD Shrink設定方法5.「ファイルI/O」タブ内での設定

DVD Shrink設定方法

ここで変更する設定と言えば、「ファイルI/Oの設定」と「Neroの設定」二つの項目のの設定である。以下は、このタブ内で設定すべき項目をご紹介する。
先ずは、「ファイルI/Oの設定」項目を見てみよう。チェック項目は三つ。「非同期 I/Oを有効にする」は通常はチェックをつけてください。それで、元のDVDをリッピングする際の作業パフォーマンスがアップする。気持ち処理時間が短くなる。続いて、「32KB ブロックの読み込み」のチェックは通常はオフする。チェックを入れると、より細かい単位でDVDファイルを読み込んで、作業効率が一段と落ちるかも。だから、チェックを外した方が良い。後は、「DVD を開く際に RPC2 ドライブのリージョンコードを確認する」のチェックは通常はオフする。通常は確認する必要がないからである;
また、「Neroの設定」では、チェック項目は「Nero を使用した書き込みを有効にする」と「データの記録されているRWメディアを確認無しで常に消去する」二つ。通常は初期設定のままで大丈夫。もっと言えば、「Nero を使用した書き込みを有効にする」のチェックをオンにして、「データの記録されているRWメディアを確認無しで常に消去する」のチェックをオフにしておけばOK。「Nero を使用した書き込みを有効にする」にチェックを入れると、DVD Shrinkで編集したファイルをNeroを使ってライティングすることができる。だから、Neroをお使いの方は要チェック;

DVD Shrink設定後、DVD Shrink3.2を上手く使える

以上で、DVD ShrinkマニュアルのDVD Shrink の初期設定は終了である。これ読んだらDVD Shrinkダウンロード&インストール、DVD Shrink設定方法などがよく分かった。DVD Shrinkの初期設定が無事に終了してから、お使いのDVD Shrinkマニュアル(DVDコピ方法)をご覧下さい。

DVD Shrink容量オーバー時の対処方法〜MacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper Proはコピーガード付きDVDをコピーできるほか、優れたDVD映画編集機能を持っている。例えば:DVDビデオから好きな部分だけを取り出し、メインムービーだけではなくDVDに収録された他のデータを一つに合併、DVDビデオのビットレート,フレームレット,アスペクト比,解像度などのパラメータを再設定、DVDビデオからオーディオだけを抽出しスナップショットに作成することが可能である。また、アダルトDVD・ダイエットDVDなど日本独自のコピーガードも解除可能、PCで見れないDVDを手軽にMP4に変換して再生可能、専門音楽DVD対応技術の陰で無劣化でDVDをオーディオファイルに変換して専門的な音楽プレーヤーにも対応!

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、DVD Shrink使えない、DVD Shrink容量オーバーとなった時に役立てる。使い勝手もよくて、初心者でもすぐに使いこなせ、DVDをコピー・リッピングできる。

関連チャンネル