ホーム > ブログ >前期モデルとスペックで比較:Galaxy S6から大きな進化を遂げたGalaxy S7

【Galaxy比較】Galaxy S7機種変更すべきか?それとも現行機種S6を購入すべきか?

Galaxy S6 Galaxy S7どっち

Galaxy S6 Galaxy S7どっち?S7どこまで進化した?

スマホの中で最も注目された高級感漂うデザインを持つサムスンGalaxy Sシリーズから、次期のフラグシップモデルGalaxy S7が2016年22日(現地時間)のバルセロナで開催される、世界最大の携帯関連見本市 MWC 2016で発表されると予測している。米国テクノロジーブロガーVentureBeatの最新情報によると、新しいフラグシップモデルGalaxy S7(通常モデルとエッジモデル)は、Galaxy S6で排除されたmiscoカードスロットを再び搭載されるほか、IP67対応の防水機能も搭載されると言われている。中国最大手通信会社チャイナモバイルによると、Galaxy S7が日本での発売日が5月19日(ドコモ、auのみ)と決定した。振り返れば、前期モデルGalaxy S6の発売は2015年4月23日。つまり、新機種の発売サイクルとしては1年位かかるわけだ。
日本で発売されるのはGalaxy S7 edgeのみ。

Galaxy S7が前期モデルGalaxy S6よりも進化しているのはもちろんのことだが、Galaxy S6とGalaxy S7の違いはどこ?Galaxy S6とGalaxy S7を比較するとどこまでパワーアップしたのかというようなことに興味を持っている人が多いだろう。そこで今回は、「Galaxy S6 vs Galaxy S7:Galaxy S6 Galaxy S7どっちが良いのか」についてご紹介する。Galaxy S7機種変更をご検討中の方々は、本文を読むと参考になれるかもしれない。

速報:2017年3月29日にニューヨークで開催する新製品発表会 Unpacked 2017 では、順当にゆけばS8になるGalaxy Sシリーズが登場する見込み。左右に加え上下方向も縁が狭く、画面が上下に広がること、物理ボタンではなく画面上の仮想ボタンになる。かなり先進的なモデルだと思う。現行モデルGalaxy S7と比べて、大きな進化を遂げた。Galaxy S8 Galaxy S7どっちを買うべきかと言えば、やっぱり最新モデルのGalaxy S8の方がおすすめ。価格に気になる方は、Galaxy S8ではなく、Galaxy S7はおすすめ。

Galaxy S6 vs Galaxy S7:Galaxy S6かGalaxy S7購入すべき?

Galaxy Sシリーズを買う前に、Galaxy S6とGalaxy S7の違いを分かるべきだと思う。では、まずは、スペック面からGalaxy S6とGalaxy S7を比較しておく。特にGalaxy S7購入をご検討中の方は要チェックしておいた方がいい。以下の表をご覧下さい。

機種名
Galaxy S7
Galaxy S6
カラー
ゴールド/シルバー/ブラック/ホワイト4色
ブラック、ホワイト、ゴールド
OS
Android 6.0.1 marshmallow
Android 5.0 L
サイズ
5.1インチ(S7 Edgeは5.5インチ;S7+:6.0インチ);
69.6×142.4×7.9mm/72.6×150.9×7.7mm
5.1インチ(S6 Edgeは5.7インチ);
143.0×71.0×6.8mm
解像度
2,560×1,440ピクセル;577ppi
2,560×1,440ピクセル
CPU
Snapdragon820/Exynos 8890;2モデル制(日本モデルはExynos 8890)
8コア(2.3GHz Quad + 1.6GHz Quad)/ 64 bit/ 14nmプロセス
4コア(2.15GHz Dual + 1.6GHz Dual)/ 64 bit/ 14nmプロセス
Snapdragon810/Exynos 7420;
(8コア2.1GHzクアッドコア
1.5GHzクアッドコア)
バッテリー容量
3000mAh(S7 Edge:3600mAh)
2,550mAh
RAM
4GB(LPDDR4)
3GB
ストレージ
32GB/64GB/128GB
32GB/64GB/128GB
microSDスロット
搭載;最大200GB
無し
カメラ
デュアルカメラ搭載;
レンズF値:F1.7;
アウトカメラ(外側):1,220万画素ソニー製「IMX260」センサー;
インカメラ(内側):約500万画素
レンズF値:F1.9;
アウトカメラ(外側):約1,600万画素;
インカメラ(内側):約500万画素
防塵防水レベル
IP68
対応不可
USB Type-C コネクタ
採用する
採用しない
発売日
2016年4月下旬〜5月
2015年4月10日
本体価格
S7 32GB:650ドル(約7万3000円)
S7 Edge 32GB :750ドル(約8万4000円)
前モデルS6/S6Edgeより、それぞれ100ドルほど安い
約7〜8万円
その他
3DTouch、NFC、ワイアレス充電搭載
指紋認証、NFC、ワイアレス充電搭載

Galaxy S6とGalaxy S7の基本スペックを比較すると、あまり違いがないことに気づく。どちらもハイエンドモデルとあって、可能な限りスリムに仕上げられている。何としてもGalaxy S6とGalaxy S7の違いを言うと、CPUがSnapdragon 810からSnapdragon 820、microSDスロットの復活や、IP67防塵防水機能の搭載や、バッテリー容量が大幅に増加、カメラのセンサーはSony製IMX300を搭載、USB Type-C を採用すること。以下では、スペック面以外、その他のエリアからGalaxy S6 vs Galaxy S7:Galaxy S6 Galaxy S7どっちが良いのかを詳しく説明する。

Galaxy S6とGalaxy S7の違い、メリット・デメリット

Galaxy S6 Galaxy S7ディスプレイ    ディスプレイ

Galaxy S6:5.1インチクアッドHD有機EL(Super AMOLED)
Galaxy S7:5.1インチ2KWQHD(2560×1440)有機EL

Galaxy S6 Galaxy S7のディスプレイサイズはほぼ同じ、大画面のままに。でも、噂によると、サムスンGalaxy S7には、感圧ディスプレイ(タッチ圧力を感知する画面とのこと)と常時点灯機能など、革新的な機能が実装される模様である。更に、EdgeモデルもS6 Edgeと違い、S7 Edgeは5.5インチで、メインディスプレイパネルの両側に二次曲線状のスクリーンを備えると伝えられている。

Galaxy S6 Galaxy S7解像度    解像度

Galaxy S6:2560×1440ピクセル
Galaxy S7:2560×1440ピクセル

Galaxy S6 Galaxy S7両機種がダントツの2560×1440である。今までの最新モデルiPhone6s(1334×750ピクセル)とXperia Z5(1920×1080ピクセル)と比べて、Galaxy Sシリーズの解像度のレベルとしては一歩リードしている。

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    プロセッサ/メモリ

Galaxy S6:Exynos7/3GB
Galaxy S7:Exynos 8890/4GB

2015年4月23日(木)から発売されたGalaxy S6は、Galaxy史上最薄を実現し64bit対応オクタコアCPUを搭載している。今年もうすぐ発表されるGalaxy S7はどうなるの。噂によると、サムスンの新しいフラッグシップモデルGalaxy S7はGalaxy S6で採用されているExynos7ではなく、独自開発の新型フラグシップモバイルプロセッサExynos 8 Octa(8890)を搭載する見込み。「Exynos 7 Octa」比で、30%以上のパフォーマンス向上と、10%の省電力化を実現しているという。
また、メモリに関しては、Galaxy S7もS6の3GBから4GBとなる。今最新のiPhone6sのメモリはなんと2GBで、Xperia Z5は3GB。メモリの多さは良い事なので、それでメモリが4GBになるGalaxy S7を期待している方が多いだろう。

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    カメラ

Galaxy S6:約1,600万/500万画素
Galaxy S7:約1,200万万/500万画素

機種変更時、一番気になるのはやはりカメラ性能だろう。カメラ性能の面から見て。Galaxy S6 Galaxy S7どっちの方が上位か。一緒に見てみよう。Galaxy S7のメインカメラに搭載されるイメージセンサーは新しいもので、前期モデルと比べて、400万画素ほど低画素となる約1200万画素となる。サムスン側の説明によれば、画素数を少なくする代わりに、1画素あたりの受光面積を増やすことで、照度の低い環境でも明るい写真が撮影できるとしてい一方、F値1.7のより一層明るい光学レンズが採用されるほか、メインカメラ周辺部の出っ張りは解消されている見込みである。
Galaxy S7のフロントカメラについてはGalaxy S6と同様に、同一のセンサーが採用される。前期モデルGalaxy S6のカメラ部分には出っ張りが付いていて、使い勝手としてはとても不便だと思っている人が多い。Xperia Z5とiPhone6sのようにフラットな方がいいと文句を言った人がいる。それに対して、次期モデルのGalaxy S7はユーザーからの意見を受け入れて、解消する模様である。

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    バッテリー

Galaxy S6:2600mAH脱着可
Galaxy S7:3000mAH脱着不可

Galaxy S6の一番のデメリットと言えば、バッテリー性能がスペックの割に低いことである。Galaxy S6のバッテリ容量は2600mAHで、同期のモデルの2800 mAHバッテリと比べて、ちょっと少ない気がする。ユーザーレビューや他の利用者の声を調べて、バッテリーの持ちはおよそ1日前後だと言った。だが、クイック充電やワイヤレス充電の機能があり、そのデメリットを補える。今回、Galaxy S7は引き続き非着脱式となるバッテリーの容量は、3000mAH、S7 edgeが更に大きく、3600 mAHにまで増加されるとのことである。Galaxy S6は不具合が多数あるので、スルーして、もうすぐ出るGalaxy S7まで待つのが賢明なのではないだろうかと言う人が沢山いる。

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    防水防塵

Galaxy S6:未対応
Galaxy S7:IP68

防水防塵機能を備えるスマホと言えば、最初に思い浮かぶのはXperiaシリーズだろう。競合機種であるiPhoneとGalaxyはどちらも防水防塵は備えていない。だが、VentureBeatによると、Galaxy S7シリーズにおいては、過去にGalaxy S6で排除された防水防塵性能を復活させ、新たにIP67相当の防水防塵性能を搭載する見込みとのことである。(P.S.:IP68とは完全な防塵構造で水面 下での使用が可能)。だから、この点に気になるユーザーは、Galaxy S7の方がGalaxy S6よりおすすめである。【Galaxy Xperiaどっち?それぞれのメリット・デメリット>>

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    価格

Galaxy S6:約7〜8万円
Galaxy S7:約699ユーロ(32GB)

Galaxy S6シリーズの本体価格(一括購入)は、約7〜8万円で、実質負担額(最安)は約2万円である。詳細は、下記の表をご参考にしてください。Galaxy S6はドコモからのみの発売である。

Galaxy S6(ドコモ)
本体価格
93,312円
機種変更(月々割適用後)
58,968円(2,457円)
MNP(月々割適用後)
58,968円(2,457円/月)

噂によると、サムスンの新しいフラッグシップモデルGalaxy S7がS6の10%安くなると言われている。これは本当であったら非常にありがたい話であるよね。そういう場合は、Galaxy S6かGalaxy S7どちらを選ぶことも簡単となるはず。スペック上で、安くて、Galaxy S7機種変更が断然お得である。

Galaxy S6 Galaxy S7どっち    その他

Galaxy S6:microSDカード対応不可
Galaxy S7:microSDカード対応(最大200GBまで対応)

SDカードが使えない現行モデルGalaxy S6で、データを移すには、アダプターを介してUSBマスストレージ規格準拠のストレージデバイスを接続しかできない。それに対して、Galaxy S7シリーズは、Galaxy S6シリーズで排除されたmicroSDカードスロット(最大200GBまで対応)が復活を果たす見込みである。また、Galaxy S7シリーズは、「USB Type-C」ポートと「マグネシウム合金素材」の採用や、「3D Touch」と同様の感圧タッチ技術や「虹彩認証センサー」の実装など、これまでに多くの情報がリークされてきた。

Update:実際に触れてみて、本体起動時間や指紋認証/カメラ起動/各種アプリ起動と動作については、Galaxy S7はGalaxy S6より早かった。

【まとめ】買うならGalaxy S6 Galaxy S7どっちがお得なのか?

Galaxy S6とGalaxy S7を比較してみて、トータルから見れば、サムスンスマホの最新機種Galaxy S7は、現行モデルGalaxy S6のメリット(抜群のデザイン性と高速処理と発熱問題無し)を引き続き、三つのデメリット(バッテリー性能の悪さ、防水機能対応不可、SDカード搭載されていなく、端末価格が高い)を補うGalaxy史上、最高に洗練された最強のスマホだと言える。今までのGalaxy Sシリーズと比較してみて、Galaxy S7が優れた機種であることには間違いない。海外メディアの間でも注目度高まる。早ければ、2016年夏に発売されるとの噂。だから、Galaxy S6かGalaxy S7どっちにするかは、5月19日にGalaxy S7が発売された後、実際に店頭に足を運び、手に取った上で、機種変更をご検討してみてはいかがだろうか。サムスンGalaxyシリーズのスマホ選びにこの記事が参考になれば幸いだと思う。

Windows10の上でレンタルDVDをGalaxy Sシリーズに取り込む方法:

Galaxy S6 Galaxy S7 DVD

1左上側にある「ディスク」/イメージ/フォルダアイコンをクリックして、DVDディスク/DVDディスクの中身/ISOイメージから読み込んでください。

2DVDコピーガードが解除されてから、出力プロファイルウィンドウが出てきた。そして、、「アンドロイドモバイル」→「サムスンモバイル動画へ」→「通常サムスンモバイル映像(MPEG4)」→「OK」とクリックする。

3既定の保存先でも問題ない場合は、保存先を再設定する必要がない。特定のフォルダに保存したい場合は、「参照」ボタンをクリックして、出力映像の保存先を変更することができる。

4上記の設定が完了したら、「RUN」ボタンをクリックすると、Windows10でレンタルDVDをGalaxy Sシリーズに取り込む。
メモ:RUNボタンを押す前に、「安全モード」と「高品質エンジン」にチェックを入れておいてください)。


Windows10の上でオンライン動画をGalaxy Sシリーズに取り込む方法:

Galaxy S6 Galaxy S7動画

1「動画」アイコンをクリックして、変換したい動画ファイルをソフトに入力してください。【PS:そばにある「リンク先」アイコンをクリックすると、YouTube/FC2/Gyaoなどのオンライン動画をダウンロードすることができる】

2完了したら、出力プロファイルの窓口が出てきた。「アンドロイドモバイル」⇒「サムスンモバイル動画へ」⇒「通常サムスンモバイル映像(MPEG4)」⇒「OK」とクリックする。

3「参照」をクリックして、出力されたファイルの保存先を指定する。

4右下にある「RUN」ボタンをクリックすると、動画をお使いのGalaxyシリーズに保存する。変換途中で、随時にキャンセルできる。

DVD Galaxy取り込みソフトMacX DVD Ripper Pro for Windows>

このDVDリッピングソフトが最善を尽くしながら、ユーザーの要望に最大限効率よく応える。絶えず更新され進化を続け、Windows10にも対応している。Galaxy S6/Galaxy S7などのAndroid端末はもちろん、最新のiPhone SE/6s/6s Plus/iPad Pro/mini4/Air3などのiOS機器にもサポートしている。洗練されたユーザーインタフェースを持ち、ユーザーの視点を大事にして、簡易的な操作性と豊富な機能を備えて、PC初心者でも簡単に操作できる。あなたのお使いのスマホでの体験を一段と優れたものにする。だからこそ、Galaxy S7機種変更しても手元でお気に入りの映画DVDを視聴できる。

MacX DVD Ripper Proダウンロード
関連記事
Galaxy S9が2月に公開!Galaxy S9 スペック、発売日など最新情報おまとめ!

Galaxy S9 スペックの進化で、Galaxy S8より新機能が追加され、より快適に使えるが、Galaxy S9 デザインに大きな変更がない。今回の情報は噂ではなくスタッフや生産工場からの情報が多いので、単なる噂より信じできると思う。ではこれからGalaxy S9 2018年機種の最新情報をまとめてご紹介しよう!

Galaxy Note 9最新情報:Galaxy Note 9発売日、発売価格、スペック、新機能などおまとめ

Galaxy Note 9スペックも進化され、iPhoneに期待されたが実現できなかった新機能も追加された。ではこれからGalaxy Note 9発売日、価格、スペック、新機能などをご紹介しよう。Galaxy Note 9最新情報を読んだら新型Galaxy ノート9には絶対購入検討の価値があるだとわかる。2018年の秋、Galaxy Note9をご期待に!

DVDをGalaxyに取り込んで、GalaxyスマホでDVDを見る方法

サムスンのギャラクシーでDVDの動画を再生したいのか。パッチでコピーガード付DVDをGalaxyスマホに入れたいのか。大好きなDVDの動画を同時にGalaxy対応の形式に変換したいのか。もしそうでしたら、下記のDVD Galaxy取り込みソフトはお役に立つ。

MacLife レビュー

Galaxy S6 Galaxy S7どっちにするつもり?Galaxy S6とGalaxy S7の違いを分かってから、自分は大きな進化を果たしたGalaxy S7購入に決める。また、上記のソフトにより、Galaxy S6かGalaxy S7いずれもDVD・動画を移動中でも楽しめる。とても便利。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。