ホーム > ブログ >Avidemux使い方

Avidemux使い方:Avidemuxダウンロード、動画編集、Avidemux Mac使えない時の対策

     Avidemux(エイブイアイデマックス)とは?

Avidemux(エイブイアイデマックス)は、無料で使える動画編集ソフトである。MP4、FLV、MKV、AVI、MPEGなどの映像形式の動画ファイルをカット編集することができる。最大のメリットと言えば、無劣化出力ができること。それだけではなく、動画リサイズや動画変換も行える。

対応OS:Linux、Mac OS X、 WindowsBSD
種別:映像編集、デジタル合成
公式サイト:http://www.avidemux.org/

分類
ファイル形式
ビデオコーデック
オーディオコーデック
入力形式のサポート

MPEG、AVI、MOV、MP4、3GPP、BMP、JPEG、PNG、OGMなど

H.263、H.264、MPEG、VP3、AMV2、DV、Motion JPEG、SVQ3など

AC3、AAC、MP3、WMA、WAV、Vorbisなど

出力形式のサポート

AVI、MPEG、MP4、OGM、BMP、JPEG

H.263、H.264、MPEG1、MPEG4、MJPEG、Snow、HuffYUV、FFV1

AC3、AAC、MP3、MP2、Vorbis、LPCM WAV

AvidemuxのUIがシンプルであるが、高性能、多機能な分、PC初心者には使いこなすのが大変。現在のダウンロード数が上昇中、そこで今回は、Avidemux使い方、AvidemuxダウンロードからAvidemux動画編集まで、知りたいことが全部分かるようにまとめている。順番通りに進めば、もう基本的な使い方はOK。

Avidemux使い方その1:Avidemuxダウンロード編

Avidemux使い方

Avidemuxの主な機能が分かってから、まず最新バージョンAvidemux 2.6.12をダウンロードして使ってみよう。Mac OS XとWindows両方に対応しているから、仕様しているOSにあったファイル(exeかdmgファイル)をダウンロードしてください。

Avidemuxダウンロードサイト一覧▼
https://osdn.jp/projects/avidemux/releases/
http://www.gigafree.net/media/me/avidemux.html
http://www.filehippo.com/jp/download_avidemux/

Windows版のAvidemuxは、32bit版と64bit版でインストーラが異なっている。以下では、64bit版Windows用(Ver2.6.12)を利用して手順紹介する。

【おすすめ】Avidemux音ズレ補正できないなどエラーへの対策

YAvidemux起動しない、Avidemux音ズレ補正できない、Avidemux保存できない、Avidemux Mac使えないなどの不具合がある。ここではAvidemux代わりソフトをおすすめする。Avidemuxのビデオ編集機能を備える他、動画変換、動画ダウンロード、動画録画機能もある。Windows用とMac用があり、動作環境によって、ソフトを使ってください。更に詳しく>>


Avidemux使い方その2:Avidemuxインストール編

Avidemux使い方

ダウンロードサイトにアクセスして、avidemux_2.6.12_win64_v2.exeをダウンロードしてください。保存したavidemux_2.6.12_win64_v2.exeをダブルクリックしてインストーラを実行する。この時、「発行元の確認できないファイル」として、コンピューターから警告が表示される場合があるかも。「実行」とクリックしてから、「はい」をクリックする。

そして、セットアップ画面が表示され、英語でわかりにくても、手順通り進めば問題なくインストールできる。「Next」⇒「I Agree」⇒「Next」とクリックする。そこで、デスクトップとスタートメニューに関する画面が表示され、両方にチェックを入れればいい。好みに合わせてチェックをつけてください。続いて、スタートメニューフォルダの選択で、そのままで「Next」をクリックする。

次は、インストールフォルダの選択である。プログラムの保存先を指定してから、「Install」をクリックしてAvidemuxインストールが開始される。インストール完了したら、「Run Avidemux 2.6 now」のチェックをつけたまま「Finish」をクリックするとAvidemuxが起動する。

初心者でも使いやすいiPhone動画分割ソフト&アプリ(無料&有料)おすすめランキング

Avidemux使い方その3:Avidemux日本語化編

Avidemux使い方

ソフトウェアの表記が全て英語で英語アレルギーの方は使いづらいだろう。以下では、Avidemux日本語化の方法についてご紹介する。それで、Avidemux動画編集をする時に、時間が節約できる。

Avidemux日本語言語ファイルのダウンロード先:
http://tiltstr.seesaa.net/article/36217139.html

上記のリンク先にアクセスして、Avidemux_v2.6.11jpというファイルをダウンロードしてください。ダウンロードしたZipファイルを解凍すると、フォルダ内に「i18nフォルダ」をAvidemuxインストールフォルダに上書きすればOK。以上でAvidemuxの日本語化ができた。そして、Avidemuxを起動して確認することができる。

Avidemux使い方その4:Avidemux各メニュー

上述していた操作手順に従って、Avidemuxインストール〜Avidemux日本語化が無事に完了しただろう。早速日本語版のAvidemuxをはじめて行こう。まずはAvidemuxの各メニューの機能をご紹介する。

五つのメニューに分かれている

Avidemux使い方

1動画の読み込み:編集したい動画をどのようにソフトに入力するか。ソフト一番上のツールバーの「ファイル」⇒「ファイルを開く」をクリックして動画を読み込む。または、複数のファイルをドラッグ&ドロップして入力することも可能。「追加」で動画を連結することができる。


動画編集におすすめ無料ソフトはこれ!選び方、ビデオ編集機能、やり方を徹底比較

Avidemux使い方

2プレビューサイズ変更:「表示」とクリックすると、入出画像をプレビューすることができる。更に、プレビュー画面のサイズを変更できる。(右図)

3移動:「移動」ボタンをクリックして、動画のタイムライン上を移動することができる。ショートカットを覚えると便利。

4フィルター処理:左にある「Video Output」「Audio Output」にはフィルター処理がある。そこをクリックすると、無劣化出力もできる。フィルターをかけ、映像・音声に補正処理して、再変換することができる。

5左にある「Video Output」「Audio Output」には「コピー」をクリックすると、動画/音声の変換形式を変更することができる。「Output Formart」では、動画と音声を他の格納形式にすることが可能。

Avidemux使い方その5:Avidemux動画編集/Avidemuxカット

Avidemux使い方

Step1:「ファイル」→「ファイルを開く」から動画を読み込む。もし「Question」という画面が出てくると、気にせず「はい」をクリックする。

Step2:動画ファイルの読み込みが完了したら、トリミング範囲を指定する。メニュー(3)「移動」の図を参照して、トリミングの位置の始点はA、終点はBで指定する。つまり、トリミングしたい最初のフレームに移動してから、Aボタンをクリックする。トリミングしたい最後のフレームに移動してからBボタンをクリックする。それで、図の通りトリミング位置を指定した状態である。動画の先頭から47.547秒の位置を指定している。
PS:カーソルの微調整は赤枠で囲ったボタンをクリックする。Avidemuxカット

Step3:続いて、左にある「Video Output」「Audio Output」にある「コピー」を選択し、出力したい形式を選ぶ。一般的には、編集前と同じ形式にするのがおすすめ。

Step4:「ファイル」⇒「保存」をクリックし、ファイル名前と保存先を指定してトリミングされた動画を保存する。

いかがでしたか。Avidemuxのはじめ方とAvidemux使い方をご紹介した。Avidemuxカットの他、Avidemuxカットや動画エンコード、字幕合成、画質補正、音ズレ補正、ロゴ除去、音声抽出など、まだまだAvidemuxには魅力的な機能がある。だから、動画編集に興味を持つ方はAvidemuxを使ってみてはいかがだろうか。

Avidemux Mac使えない時の対策|Avidemux代わりソフトおすすめ

最近、Avidemux起動しない、Avidemux音ズレ補正できない、Avidemux保存できない、Avidemux Mac使えないなどの不具合がある。特にAvidemux動画編集をおこなう時、エラーも何度か発生したりして、スムーズに作業を進めなかった。このようなことで、Avidemux代わりソフトってあるのかと質問した人が多い。ここでは、Avidemuxトリミング機能を備える他、動画カット、字幕合成、動画録画、動画変換、動画ダウンロード機能を兼ね備えるソフトをご紹介する。興味のある方は一度使ってみるといいだろう。そのソフトはMacX Video Converter Pro。これはMac用である。Windows用もあり、Windowsユーザーならこちら>>(Windows10にも対応)。動画変換ソフトと言ったが、実用的な編集機能があり、Avidemuxより強いだと思っている。とにかく下記のボタンをクリックしてダウンロードしてください。

安全ダウンロード
安全ダウンロード
Avidemux代わり

まず、お使いのOSによって、バージョンをダウンロードしてください。ここでは、Avidemuxの代替ソフトMacX Video Converter Pro(Mac用)を例としてご紹介する。

上記の「ダウンロード Mac用」と書かれたブルー色ボタンをクリックして、.dmgファイルを保存する。そして指示に従ってクリックしてソフトをインストールしてください。

インストール完了したら、このAvidemuxの代替ソフトを使って動画をトリミング/カットしよう

右図の通り、一番左上にある「+Video」アイコンをクリックし、ソフトに編集したい動画を入力する。動画が読み込んだら、「Edit/編集」をクリックする。それで、動画編集画面が表示される。

Avidemux代わり

字幕追加:「字幕」オプションを選択し、「字幕設定起動」にチェックを入れてください。内蔵された字幕トラックまたはダウンロードした外部字幕ファイル(.ssa/.ass/.srt)を動画に追加する。字幕ファイルがない場合は、opensubtitles.orgに訪問して、字幕を無料にダウンロードしても良い。その後は、「完了」をクリックしてください。
ビデオの切り出し:「トリミング」オプションを選択し、トリミング設定起動にチェックを入れてください。開始時間/終了時間を直接設定するか、再生しながらビデオプレビューウィンドウの下にあるスライドバーを左右にドラッグして、残したい部分が決定したら、「完了」をクリックしてください。
クロップ&拡張:「クロップ&拡張」オプションを選択し、「クロップ設定起動」にチェックを入れてください。にしてください。動画のサイズと位置の数値を入力してリセットをクリックして、手元の動画の縦横比を16:9(320×180)/4:3(320×240)/1:1(320×320)に変更することが可能である。或いは、プレビュー画面でクロップしたい範囲を直接調整しても良い。それで、動画のの上下/左右の黒帯を消す。後は、「完了」ボタンをクリックしてください。
ウォーターマーク追加:一番右側にある「ウォーターマーク」オプションを選択して、「水印プラス」にチェックを入れてください。ビデオにイメージ/テキストウォーターマークを追加することができる。それに、追加されるウォーターマークの透明度、方向を調整することが可能である。後は、「完了」ボタンをクリックしてください。

MacX Video Converter Proの使い方

トリミングした動画をiPhone/iPad/Android/Final Cut/iMovie/QTなどのデバイスに取り込みたいなら、下記の内容を読んでください。

動画トリミング完了したら赤枠で囲んだアイコン(歯車アイコンの左にあるボタン)をクリックして、出力フォーマットを選択することができる。クリックして、右図のような画面が表示される。その時、ニーズに合わせて、自由にデバイス/映像形式を選択してください。私は、iPad Air2に入れたいから、「Appleデバイス」⇒「iPad動画へ」⇒「iPad Air2(H.264)」⇒「完了」をクリックする。

「ブラウザ」をクリックして、出力されるファイルの保存先を指定する。

確認してから、右にある大きな「RUN」ボタンを押すと、トリミングされた動画をiPad Air2に入れる。【このAvidemux代わりソフトの使い方>>

Avidemux Mac使えない時の対策〜MacX Video Converter Pro

動画変換を行えるだけではなく、動画ダウンロード機能や編集機能も付いている。例えば、YouTube、FC2動画、ニコニコ動画、Openload、ひまわり、miomioなどの動画共有サイトからお気に入る動画をダウンロード・変換することができる。更に、出力プロファイルには様々なスマートデバイスや映像形式にもサポートしている。それで、いつでもどこでもお気に入る動画を楽しめる。その他、トリム、カット、パラメーター調整、キャプチャなどのビデオ編集機能も備えるゆえ、ユーザーは思いのままに動画を作られる。では、コンピューターの動作環境によってソフトウェアをダウンロードしよう。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

Avidemux使い方を読んでから、Avidemuxを使いこなせるだろう。また、Avidemux動画編集できない、またはAvidemux保存できない場合は、Avidemux代わりソフトMacX Video Converter Proをお試し下さい。

関連チャンネル