ホーム > ブログ >【結局、どっちが買い?】 iPhone 6s/6s PlusとiPhone7のスペック比較をご紹介

【機種変更】iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いはどこ?どっちがお得?

iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違い

iPhone7 vs iPhone6s/6s Plus|6s/6s PlusにするかiPhone7待つべきか?

日本だけではなく、世界中で最も人気、最も販売されているiPhoneが、2015年9月に発売された新しいモデルiPhone6s/6s Plusに機種変更しようか、又は2016年9月16日(金)に発売されるiPhone7待つべきか悩まれている方は多いだろう。ということで、最近、iPhone6s/6s Plus及びiPhone7/7 Plus/7 Proに関して非常に盛り上がっている。検索してみると、画像のリーク情報やスペックや発売日や価格など情報は様々だが、そこで今回は、これまでの多数な最新ニュースや製品レビューを元に、これから買い替えを検討されている方に向けて、iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違い及びiPhone 6s/6s PlusとiPhone7のスペック比較を分析してみて、iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちが本当にいいの?という徹底比較を行いたいと思う。興味があれば是非ご一読を!

まずiPhone6s/6s Plusの大きな特徴は、何といっても従来よりForce Touchを採用すること。それだけでなく、処理速度が向上したA9プロセッサーを搭載し、2GBのRAM、LTE通信が改善しWebブラウジングが高速化、バッテリー駆動時間が延びるなどの改善が施される。更に、4Kビデオ動画の録画も可能となる。

一方、次回発売されるiPhoneのニューモデルiPhone 7/7 Plusの大きな特徴は、アップルの9月7日(現地時間)の新製品発表会によって、以下の機能が新しく追加されたのことである。これまでより薄型化、カメラ機能のバージョンアップ、防水・防塵機能追加、ホームボタンのタッチ化(Taptic Engine搭載)、イヤフォン端子の廃止でLightning接続のイヤホン+変換コネクターの添付、ステレオスピーカー搭載など。

去年発売されたiPhone6s/6s Plusの画面サイズがデザインや機能の改善をする中で防水防塵機能の特許を取って防水機能付きで発売されるのでは?、唯一の目玉機能「3D Touchディスプレイ」はそこまで使わない?などといった不満があるユーザーが沢山いる。しかし、地図やウェブサイトの文字が読みやすい部分もあり、新しいチップの採用で処理速度も大きく向上していた。だから、iPhone7 iPhone 6sいずれのモデルでもメリットとデメリットがある。iPhone7買い替える前に、自分の気になる点はどこにあるかを知っておくべきだと思う。

アイフォン7対アイフォン6s/6s Plus|iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違い

iPhone7 iPhone 6s違い

プライベートやビジネスでは、iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちが良いのか?また、スマートフォンにあまり慣れていない中高年世代にとって、一体どちらが使いやすいだろうか。以下は、三機種のユーザーレビューを元に、iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いについて検証していきたいと思う。

ソフトな機能面ではどちらも同じと言える。ところがハード面については、前述の通りプロセッサーはチップ、厚さが薄型以外にもデザイン、カメラ機能、防水防塵機能が大きく異なる。まず、iPhone 6s/6s PlusはA9というCPUが搭載されたが、iPhone7はA10というCPUが搭載される見込みである。iPhoneシリーズのデザインは隔年で変更されているようで、噂によるとiPhone7のデザインは、画面の一部にホームボタンが埋め込まれていて、iPhone6のデザインから変化なしiPhone6s/6s Plusのとガラリと一新。それでは、機能などはどう変わっていくのか、関心を持つ方は多いだろう。

iPhone7 iPhone 6s違い

海外メディアによると、デュアルレンズカメラが搭載される可能性があると言われていて、こうなると、一眼レフカメラで撮影したものと同じレベルの画質が手に入るので、期待もできるわけで、これはiPhone6s iPhone7/7 Plusにつくのでは?とも言われているから、どちらから搭載されるのか?アップルの発表会によると、9月に発売されたiPhone6s/6s Plusには付かないから、次期のiPhone7/7 Plusに付く可能性が高い。

ところがバッテリー面では、4.7インチのiPhone6sと5.5インチの6s Plusのバッテリ容量は2000mAhくらい、LTEで下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsで、iPhone7の方がiPhone 6sより最大2時間長いバッテリー駆動時間となっている。ビジネスユーザーにとっては、非常に魅力的な容量・速度であるよね。このようなことから普段使いのiPhone6s/6s Plus、ビジネスユーザーのiPhone 7という印象を受ける。iPhone7バッテリーを長持ちさせる方法>>

iPhone7 iPhone 6s違い

iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちかと言うと、iPhoneとiPad miniの中間的存在という表現が妥当である。iPhone新モデルが出たらすぐ購入すると考える方は、予約開始日・発売日を知っておく。iPhone 6s/6s Plusの発表が2015年9月9日、予約開始日が9月12日、発売日が9月25日となる。日本での価格(税別)は、アイフォン6sは61,800円から、アイフォン6s Plusは72,800円から。一方、iPhone7の発表日が日本時間2016年9月8日(木)午前2時、予約開始日が2016年9月9日(金)、発売日が9月16日(金)と発表される。日本での価格は、SIMフリー端末で「アイフォン7」が税抜き7万2800円から、「アイフォン7プラス」が同8万5800円から。

 追記:
@、アップルは21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表し、3月25日午前0時01分(日本時間)より発売される。カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。カメラはiPhone 7がリア1,200万画素、フロント700万画素で、光学式手ブレ補正を装備。3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7赤色(レッド) バージョンの128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plus赤色(レッド) バージョンの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

A、米アップルは2016年9月16日(金)発売するスマートフォンの次期モデル「iPhone 7」は、7200万〜7800万台を生産するようである。更に、米シーネットや米9toMacなどによると、iPhone 7には4基のスピーカーやデュアルレンズカメラなどが採用され、メモリーが最大256GBもの大容量となり、現行モデルiPhone6s/6s Plusよりハイスペックモデルとなる見通し。更に、iPhone 7/7 Plusではジェットブラックの新色が追加され非常に目を引く。見た目でのiPhone6s iPhone7違い。非常に楽しみ。

100%安全
100%安全

iPhoneの買い替えるコツ:iPhone6s Plus/iPhone6s iPhone7のスペック比較

iPhone7 vs iPhone6s/6s Plus、いわゆるアイフォン7対アイフォン6s/6s Plusどっち購入したい?iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちが良いか?以下では、次期iPhoneに乗り換えをしようと思う人に向け、現時点で判明しているiPhoneシリーズiPhone 6s/6s PlusとiPhone7のスペック&機能、及びiPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いなど、気になる情報をまとめてみた。ただし、あくまでも予想の段階で、真偽のほどははっきりしない情報もあるかも。その点ご了承の上、参考にしてみてくださいね。

機種名
iPhone6s
iPhone7
iPhone 6s Plus
iPhone7 Plus
発売日
2015年9月25日(金)
2016年9月16日(金)
2015年9月25日(金)
2016年9月16日(金)
OS
iOS9
iOS10
iOS9
iOS10
チップ
Apple A9
Apple A10
Apple A9
Apple A10
ディスプレイサイズ
4.7インチ;143g;
138.3 x 67.1x 7.1 mm
4.7インチ;138g;
138.3 x 67.1x 7.1 mm
5.5インチ;192g;
158.2 x 77.9 x 7.3mm
5.5インチ;188 g;
158.2 x 77.9 x 7.3mm
デザイン

iPhone6から変化なしで、IPSテクノロジー搭載5.5インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ

持った感じはこれまでのiPhoneとまったく変わらない。厚みは7.1mm(iPhone 7)と従来のiPhone 6sと変わらず、重量は逆に5gほど軽くなっている

iPhone6から変化なしで、IPSテクノロジー搭載5.5インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンマルチタッチディスプレイ

持った感じはこれまでのiPhoneとまったく変わらない。厚みは7.3mm(iPhone 7 Plus)と従来のiPhone 6sと変わらず、重量は逆に4gほど軽くなっている

ディスプレイ解像度
1920×1080ピクセル、326ppi
1,334 x 750ピクセル、326ppi
1920×1080ピクセル、401ppi
1,920 x 1,080ピクセル、401ppi
カラー

シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド

ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック(ジェットブラックは高光沢でブラックはマット仕上げ);2017年3月25日より赤色(レッド) バージョン発売

シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド

ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラック、ジェットブラック(ジェットブラックは高光沢でブラックはマット仕上げ);2017年3月25日より赤色(レッド) バージョン発売

CPU
64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10モーションコプロセッサ
★ 容量
32GB/128GB
32GB/128GB/256GB
32GB/128GB
32GB/128GB/256GB
メモリ
2GB LPDDR4メモリ
2GB
2GB LPDDR4メモリ
3GB
カメラ

iSightカメラ:12MPカメラ;手ぶれ補正機能を使ったLive Photos;
FaceTime HDカメラ:500万画素;720p HDビデオ撮影
ビデオ撮影:4Kビデオ撮影(30fps);080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応

iSightカメラ:12MPカメラ;F/1.8の開口部;光学式手ぶれ補正
FaceTime HDカメラ:500万画素;720p HDビデオ撮影
ビデオ撮影:4Kビデオ撮影(30fps);1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応;手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ

iSightカメラ:12MPカメラ;手ぶれ補正機能を使ったLive Photos;
FaceTime HDカメラ:500万画素;720p HDビデオ撮影
ビデオ撮影:4Kビデオ撮影(30fps);080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応;ビデオの光学式手ぶれ補正

iSightカメラ:12MPカメラ;F/1.8の開口部;光学式手ぶれ補正
FaceTime HDカメラ:500万画素;720p HDビデオ撮影
ビデオ撮影:4Kビデオ撮影(30fps);1080p(120fps)および720p(240fps)スローモーションビデオに対応;2倍光学ズーム、6倍デジタルズーム

Touch ID
ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
新しいホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
新しいホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
★ 防水防塵
×(防水ケースで充分こと足りる)
IEC規格60529にもとづくIP67等級
×(防水ケースで充分こと足りる)
IEC規格60529にもとづくIP67等級
★ バッテリー容量
1,715mAh
1960mAh;
iPhone 6sより最大2時間長いバッテリー駆動時間
2,750mAh
2900mAh;
iPhone 6s Plusより最大1時間長いバッテリー駆動時間
連続待受時間
最大10日間
最大10日間
最大16日間
最大16日間
連続通話時間
3Gで最大14時間
3Gで最大14時間
3Gで最大24時間
3Gで最大21時間
オーディオ再生
最大50時間
最大40時間
最大80時間
最大60時間
★ 価格
32GB 6万1800円
128GB 7万2800円
32GB 7万2800円
128GB 8万3800円
256GB 9万4800円
iPhone 7赤色(レッド)バージョンの128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円
32GB 7万2800円
128GB 8万3800円
32GB 8万5800円;
128GB 9万6800円;
256GB 10万7800円
iPhone 7 Plus赤色(レッド) バージョンの128GBが96,800円、256GBが107,800円。
DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集

まとめ:iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちがお得?

この「アイフォン7対アイフォン6s/6s Plus:iPhone 6s/6s PlusとiPhone7のスペック比較」を読めば、iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いが少しでも分かるだろう。

@、デザイン方面では、iPhone 7/7 Plusでは右側面に電源キーとSIMスロット、左側面にサイレントスイッチとボリュームキーがあり、画像を見る限りはiPhone 6s/6s Plusと同じようだが、実はiPhone 7/7 Plusではイヤフォンジャックが廃止している。iPhone 7/7 Plusでイヤフォンを使うには、Lighthing端子に接続するアダプター又は「AirPods」をはじめとするワイヤレスイヤフォンを使う必要がある。カラーバリエーションはiPhone 7/7 PlusはiPhone 6s/6s Plusで採用されたスペースグレイモデルを提供していなく、ジェットブラックとブラックモデルを追加している。「Dライン」についてはiPhone 7/7 Plusではこれがなくなり、樹脂のラインは上下の端と側面のみとなった。
A、スペック方面では、これまでのiPhoneとは違って、初めて防沫性能、耐水性能、防塵性能をサポートしたのが大きな進化。iPhone 7/7 PlusスピーカーはiPhone初のステレオ対応となり、iPhone 6sと比べて2倍の出力になった。更に最も気になるのがストレージ容量だろう。iPhone 7/7 Plusストレージ容量は32GB、128GB、256GBの3種類。16GBモデルが廃止となり、iPhoneでは初めて256GBモデルが採用された。カメラ性能では、これまではiPhone 6s/6s Plusしか対応しなかった光学式手ブレ補正(静止画と動画)にiPhone 7が対応している。フォーカスの速度も上がり、ローカルトーンマッピングとホワイトバランスも強化された。iPhone 7 Plusは1200万画素の広角カメラと望遠カメラを1つずつ設けた“デュアルカメラ”を搭載することで、これまでのiPhoneと比べて2倍の光学ズームが可能になるほか、デジタル一眼レフカメラのように背景をボカした写真を撮影できる。CPUではiPhone 7/7 Plusは4コアを搭載した「A10 Fusion」となり、前期モデルiPhone 6s/6s Plusよりバッテリーの駆動時間が長くなっている。
B、その他:iPhone 6s/6s Plusが非対応だったLTEの対応バンド 11と21(いずれも1500MHz帯)がiPhone 7/7 Plusは新たに対応している。更に、日本のユーザーにとって、iPhone 7/7 Plusのもう一つ目立つ所が初めてFeliCaに対応すること。これで、iPhone 7/7 Plusでおサイフケータイがいよいよ可能になる。カラーに気になる方は、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Edition又はiPhone 7/7 Plusのジェットブラックとブラックモデルが好きな方は、iPhone7買い替えるべきだと思う。

だから、スペック方面に気になる方は、iPhone 7/7 Plus、価格やイヤフォンジャックに気になる方は、iPhone 6s/6s Plusの方がいいだと思う。何となくiPhone6s iPhone7買い替える前に、この「iPhone7 vs iPhone6s/6s Plus:機種変更時のヒント」を参考にしながら、iPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちが自分にふさわしいかは、自分の生活スタイルなどの使い方で、あなたにぴったりなスマホに乗り換えてください。

私は今までiPhoneやスマホはしっくり来なかったが、iPhone6ソフトバンクでいつでもどこでも通信できて使いやすく、映画鑑賞端末としても活用しており、愛着もわいている。現時点ではこのまま使い続けるつもりであるが、iPhone 6s Plus/iPhone6s iPhone7がよほど魅力的であれば買い換えるかもしれない。また、ヤフー知恵袋では「iPhone7待つべきか?それとも今iPhone6s Plus/6sを購入すべきか」と聞く人が多い。今使っているスマートフォンはまだ使えるなら、iPhone7発売待つべきだと思っている。それで、店頭で本体を直接見て、 触れて、確かめてからiPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちを購入するかと決めた方がオススメ。だから、日本時間9月16日(金)の正式発売を楽しみにしてください。iPhone7レビュー・評価・感想>>

 

iPhone7 iPhone 6s/6s Plusファイルを転送、管理、同期ソフト

かなり優秀な評価の高いiPhone データ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送して楽しめる。また、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成できる!だから、iPhone7 iPhone 6s iPhone6s Plus iPhone6/SEなどの iPhoneデータをMacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

本文を読んでiPhone 6s Plus/iPhone6s 7違いが分かってから、iPhone7待つべきか?又は新しいiPhone7 iPhone 6s/6s Plusどっちを選ぶ?という質問も解決できるかも。新しい機種でDVD/動画を再生したいなら、上記のMacXソフトは役に立てる。好きな時に好きなことを!

関連チャンネル

アイフォン8 iOS 11情報 iMac 2017 Xperia 2017 iPad Pro 2 Galaxy S8