ホーム > ブログ > iOS10不具合でiOS10からiOS9に戻したい方への完全ガイド

iOS10ダウングレードしたい?iOS10からiOS9に戻す方法のご紹介(iPhone/iPad/iPod)

iOS10ダウングレード

iOS10不具合などでiOS10ダウングレードしたい

2016年6月13日に開催されたAppleのWWDC 2016に合わせて、iOS の最新バージョンiOS10を発表した。最新Appleニュースによると、史上最大の アップデートとなる「iOS 10」正式版は日本時間2016年9月14日(水)午前2時頃にリリースされる。iOS10における大きな変更点は、一部の純正機能、アプリを開発者へ開放したことである。最も注目されるのはSiriをサードパーティ製アプリから利用できることや、スタンプが送れるメッセージとマップアプリの進化や、iPhoneを持ち上げてロック解除できることだろう。だから、iOS10アップデートしたい人がたくさんいる。

iOS10対応端末:iPhone:iPhone 5/5c/5s、iPhone SE、iPhone 6/6 Plus/6s/6s Plus/;iPad:第4世代 iPad、iPad Air、iPad Air 2、iPad Pro、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad mini 4;iPod:第6世代 iPod touch

一方、iOS10アップデート後、ブルースクリーン、インストールしていたアプリなどの起動しないトラブル続出又は使い勝手が悪いなどの原因で、iOS10ダウングレードしたい人、特にiOS10からiOS9.3.2に戻したい人数が急上昇。本文は、皆さんの質問を解決するため、iOS10からiOS9に戻す方法についてご紹介する。参考にしてみてください。

【要チェック】iOS10からiOS9.3.2へのダウングレードを実行する前に知っておくべき8つ

@、iOS9.3.2へのみダウングレードができ、iOS 9.3.3はベータ版だけでダウングレードすることができない;

A、AppleがiOS9.3.2に署名し続けている限りiOS10からiOS9.3.2にダウングレードできる;

B、万が一iOS10からiOS9に戻すことがうまくいかなかった場合のため、バックアップから復元できるようにするため、必ずiTunes/iCloudや他のiOSデータバックアップソフトを使ってiPhone/iPad/iPodのバックアップをとっておく;

C、アップルはダウングレードをお勧めていないため、iOS10バージョンダウンを実行する場合は自己責任で;

D、新しいバージョンのバックアップは基本的に古いバージョンへ復元することはできない;

E、iOS10ダウングレード前、使用するMacまたはWindows PCのiTunesが最新バージョンかご確認ください。iTunesが最新バージョンではない場合は、まずiTunesを最新の状態にしておく必要がある;

F、iOS10からiOS9に戻す前、使用しているインターネット接続環境の安定性をチェックしておくべき;

G、iOS10バージョンダウン実施前、iPhone/iPad/iPod用USBケーブルを準備する。それに、iPhone/iPad/iPod本体のバッテリー状態(十分に充電するか)を確認しておくべき;

100%安全
100%安全

iOS10ダウングレード方法:iOS10からiOS9.3.2に戻し

Beta版 ご存知のように、ベータ版は完成品ではないため、iOS10不具合/バグ続出するのももちろんのこと。それによってiOSデバイス内にある重要なデータを失うリスクも高い。だから、ベータ版のiOS10からiOS9.3.2へのダウングレードをおすすめする。今秋にリリースされる正式版のiOS10を待つのが賢明。では、現段階でリリースされたBeta 1のiOS10からiOS9.3.2へのダウングレード方法をご紹介する。

iOS10ダウングレード

前準備▼

1).iTunesが最新のバージョンか確認し、最新でなければ最新バージョンにアップグレードしよう。

2).ダウングレードしようと思うiOSデバイスに合わせて、iOS9.3.2 IPSWファイル(http://osxdaily.com/2016/05/16/ios-9-3-2-update-available-now-ipsw-download-links/ )をダウンロードする。

3).ダウングレードするiOSデバイスの「設定」⇒「iCloud」⇒「iPhoneを探す」機能をOFFにしておく。

4).最新版のiTunesをしようしているMac/WindowsとダウングレードするiOSデバイスをLightningケーブルで接続する。

iOS10ダウングレード

Mac OSの上でiOS10からiOS9.3.2へのダウングレード方法をご紹介

Step1:最新版のiTunesを起動し、左上にあるiOSデバイスアイコンをクリックし、左側パネルの「設定」セクション下にある「概要」項目をクリックする。

Step2:「概要」画面に表示されるiOSデバイスの状態を示す項目にある「iPhoneを復元…」ボタンを「Alt/Optionキー」を押したままクリックする。

Step3:ファームウェア選択画面が表示されると、ダウングレードするiOSデバイスに合わせてダウンロードしたファームウェアファイルを選択し、「開く」をクリックする。

Step4:「iPhoneの内容は消去され、iOS9.3.2ソフトウェアで復元されます。復元はAppleにより検証されます」という表示が出て、「復元」をクリックする。また、最新版のiTunesで正規ファームウェアの「署名」確認が取れなくなる(期限切れ)や、iOSデバイスに合ったファームウェアでないなら、「ファームウェアファイルに互換性がないため、iPhone/iPad/iPodを復元できませんでした。」といった画面が表示される。


iOS10ダウングレード

Step5:「復元」ボタンをクリックすると、iOS9.3.2ファームウェアへのダウングレード処理がスタート。

Step6:ベータ版iOS10からiOS9.3.2ファームウェアへのダウングレード処理が完了すると、iPhone/iPad/iPod本体の再起動と共に、iTunesにデバイスが表示される。そして、「新しいiPhoneへようこそ」といった画面が表示され、下にある「このバックアップから復元iPhone/iPad/iPod…」にチェックを入れておき、「続ける」ボタンをクリックする。暗号化バックアップした情報を復元すれば、ダウングレード処理の全てが完了である。

Step7:最新版iTunesでデバイスの概要を開いてiOSバージョンを確認することができる。iOS9.3.2と表示されたら、iOS10ダウングレードが成功したとのこと。

iOS10ダウングレード:iOS10からiOS9に戻す方法二つのご紹介

正式版Apple最新ニュースによると、史上最大のアップデートという最新版「iOS 10」の正式リリース版は日本時間2016年9月14日(水)午前2時頃に無料提供される。以前と同様、アクティベーションができない、Safariで動作がおかしい、Spotlight検索が止まる、Musicアプリが起動しない、ソーシャルゲームの多くが起動しないなどというiOS10不具合が発生するかも。アップグレードすることに後悔しているだろう。では、以下は正式版iOS10からiOS9にダウングレードする方法二つを紹介する。きっと役に立てる。

iOS10ダウングレード

正式版iOS10からiOS9に戻す方法のご案内その1〜超簡単▼

Step1:iOS10バージョンダウンをする前、iPhoneの「設定」⇒「Touch ID」機能をオフにしておく。

Step2:お使いのコンピューター及びダウングレードするiOSデバイスにAisi Helper(http://japanese.engadget.com/2016/03/17/iphone-fairplay-ios/)というアプリをインストールしておく。インストール完了した後、Lightningケーブル経由でダウングレードするiOSデバイスとMacを繋ぐ。

Step3:繋いだ後、Aisi Helperを立ち上げ、一番上にある脱獄機能を探して、クリックする。そして、下にある画面が表示され、そこでダウングレードするバージョンを選択すればいい。

Step4:また、アプリに下にある「ユーザー情報を保存/保留用??料」といった項目にもチェックを入れておき、iOS9.3.2ファイルダウンロード後、一番下にある「今すぐデフォルトに戻す/立即刷机」ボタンをクリックすればOK。

Step5:後は待つだけ。進捗状態が見られるから、成功にデフォルトに戻すなら、100%と表示、成功したと通知してくれる。

ご注意:iOS10からiOS9.3.2に戻すまでに、iOSデバイスとコンピューターとの連続が必要である。途中で連続していないと、iOS10ダウングレードも失敗となる。


iOS10ダウングレード

正式版iOS10からiOS9に戻す方法のご案内その2〜超簡単▼

Step1:「設定」→「一般」→「使用状況」→「ストレージを管理」→「ストレージ」→「iOS10×××」→「ソフトウェア・アップデート」→「アップデートを削除」の順にタップする。こうして、iOS10ダウングレードが成功した後、自動的にアップデートを実施することを防止するためである。もし、ストレージを管理でiOS10×××を見つけない場合はこのステップをスキップしてください。

Step2:お使いのコンピューターに https://ipsw.me/ というリンク先を開いて、「Choose a Product」でお使いのiOS機器をクリックしてください。次は「Choose an iPhone」(例えば、iPhoneSE、iPhone6、iPhone 6s、iPad Proなど)を選んでください。後は、「Choose a version」でiOSバージョン番号が表示される。そこで一つを選択してPCにダウンロードすればいい(こちらはiOS 9.3.2 (13F69) をダウンロードする)。

Step3:iTunesを立ち上げ、iPhone/iPad/iPodとPCをLightningケーブルで繋ぐ。iTunesウィンドウ左上にある、iPhone/iPad/iPodのボタンをクリックして、デバイスのメイン画面が表示される。ウィンドウ左側の【概要】をクリックし、キーボードの「Shift」キーを押す同時に、「アップデートを確認」をクリックしてください。Shiftキーを押さないとダメ。そして、画面が表示され、そこから先にPCにダウンロードしたiOS9.3.2ファイルをクリックしてください。

Step4:後は、自動的にiOSデバイスの更新を行う。完了したら、iPhone/iPad/iPodを再起動して、データをしっかりと守れながらiOS10からiOS9に戻すことができた。


DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集

【随時更新中】iOS 10関連の国内外から配信されるリーク情報や最新情報特集

【追記:2017/01/24】Appleは2017年01月24日(日本時間)、最新アップデートとなるiOS10.2.1の配信を開始した。iOS10.2.1は新機能追加というようなものではなく、バグ問題やセキュリティ問題の改善(脆弱性の修正)がメインとなっているマイナーアップデート。iOS10.2.1アップデートによると、Apple Watchによって自動的にロックが解除される問題や、悪意のある連絡先カードを追加してしまうとアプリが強制終了する問題など、13件の脆弱性が修正されている。

【追記:2016/12/13】Appleは12月12日(現地時間)、最新アップデートとなるiOS10.2の配信を開始した。iOS10.2のアップデートでは100個以上の新しい絵文字が追加され、写真やメッセージ、ミュージック(再生中画面でのシャッフルやリピートが見やすくなる)、ニュース、メール、アクセシビリティーなどのアプリで細かい改善を実施した。更に、システム全体の安全性の改善及びバクの修正が行なわれている。

【追記:2016/11/01】日本時間11月01日未明より、アップルは、最新iOS「iOS 10.1.1」が配信開始。今回のiOS10.1.1には、ヘルスケアデータなどが見られない問題などバグの修正が含まれる。だが、iPhone5sなどの少し前の端末をiOS10.1.1へアップデートして使うと、動作が鈍くなったと言われる方が多い。そのほか、iPhone7/7 Plus/6s/6s Plus/5s電池持ちが悪くなる不具合も多発。iPhoneバッテリー長持ちさせる術まとめ

【追記:2016/10/25】日本時間10月25日午前2時より、アップルは、最新iOS「iOS 10.1」をリリースした。iOS10.1では、数多くの新機能追加や不具合修正が含まれている。@、iPhone7 Plusでのポートレートモード(ベータ版)対応;A、マップアプリで日本国内の交通機関乗り換え情報に対応;B、日本のApple Payに対応;C、メッセージアプリの吹き出し、スクリーンエフェクトに新オプション追加;iOS10.1では、iPhone 5以降、iPadの第4世代以降、iPod touchの第6世代以降を対象として、任意のコード実行や情報流出など計12件の脆弱性に対処した。

【追記:2016/10/18】日本時間10月18日(火)より、アップルは、最新iOS「iOS 10.0.3」をリリースした。iPhone 7/7 Plusで3G・LTE・4G回線を使ったモバイルデータ通信を行う際、通信が一時的に切断されてしまう問題が修正された。iOS 10.0.3はiPhone 7とiPhone 7 Plus限定なので、「iPhone 6s」や「iPhone SE」などの機種には配信されていない。

【追記:2016/09/26】日本時間9月24日(土)より、アップルは、最新iOS「iOS 10.0.2」をリリースした。バグフィックスを中心に、ヘッドフォンのオーディオコントロールが一時的にうまく動かない問題、及びiCloudフォトライブラリをオンにした時“写真”が終了してしまう問題が修正される。

【追記:2016/09/22】日本時間9月22日より開発者向けにリリースされた「iOS 10.1 beta」では、「iPhone 7 Plus」のデュアルレンズカメラを活かした「ポートレートモード」が有効化され、被写体の後ろ側をぼかすことができる「被写界深度エフェクト」が利用可能になった。詳細は、https://youtu.be/_Gzw1C7etZU までにご参照ください。 A、「iOS 10.1 beta」では、「iPhone 7 Plus」のカメラアプリで新たに「ポートレート」モードが利用できるほか、iOS10 GM版で報告されたバグ・不具合も修正した。最新情報によると、iOS 10.1 GM版も今秋にリリースされる。楽しみしている。


iOSデバイスのファイルを転送、管理、同期できるソフト

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!だから、iOS10ダウングレードしてもデータはそのまま。MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

iOS10不具合でiOS10ダウングレードしたい人が少なくない。本記事で紹介されたiOS10からiOS9にダウングレード方法を参考にしながら、iOS10 beta戻す/正式版iOS10バージョンダウンがうまくいくかも。

関連チャンネル

アイフォン8 iOS 11情報 iMac 2017 Xperia 2017 iPad Pro 2 Galaxy S8