ホーム > ブログ >ドコモ/ソフトバンク/au 夏モデル2018情報:スペック&新機能&発売日

2018夏モデルおすすめ|ドコモ/ソフトバンク/au 夏モデル2018最新情報、発売日、価格、機能

夏に発表されるスマホおすすめ|2018夏モデル最新情報、発売日、価格など

2018年、どんな新しいデバイスを購入するつもりか?それとも今夏に発表する新しいデバイスにどんな新機能を搭載しているのか。もしそういうことに興味を持ったら、こちらの情報はお役に立てると思う。以下は2018年夏に発表されるスマホ(ドコモ/ソフトバンク/au 夏モデル)に関する情報をまとめて、ご参考ください。

スマホ2018夏モデルおすすめランキング:ドコモ/ソフトバンク/au 夏モデル2018最新情報、発売日、価格、機能

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP1:サムスンGalaxy S9/S9+(5月18日米国発売)

サムスンがMWC2018にて新製品発表会「 Unpacked 2018」に合わせて発表され、2018夏モデルとして発売(ドコモ・auは6月中旬より発売開始)。現段階では日本ではまだ発売されていない;
100,000:1のコントラスト比を誇る有機EL(Super AMOLED)を搭載し、色再現の正確さ、ピーク輝度、ネイティブの色域、コントラスト比の高さ、反射率の低さなど、複数のカテゴリーでスマートフォンディスプレイとして過去最高評価を獲得した;
プロセッサはSnapdragon 845 オクタコア(Exynos 9810、4x2.6GHz+4x1.7GHz)、RAMは4GB(S9+は6GB)、ストレージ容量は64GB、microSDXC(最大256GB)を搭載し、処理能力が高まり、パフォーマンスを最大限に発揮;
Galaxy S9には5.8インチと6.2インチの2モデルが用意され、両モデルの解像度は2960x1440;
防水(IP68)・防塵(IP6X)、及び指紋・虹彩・顔認証にも対応;
Galaxy S9が147×68.7×8.5mm 163g、Galaxy S9+が158.1×73.8×8.5mm 189g;
予約ユーザー全員にGear VRプレゼント;
サムスンGalaxy S9最新情報|新機能、発売日、価格など

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP2:ソニーフラグシップスマートフォンXperia XZ2(8月発売)

5.7インチのフルHD+(2160x1080px)を搭載し、本体サイズは153mm×72mm×11.1mm、重さは198g;
Snapdragon 845プロセッサ、4GB RAM搭載で、処理速度が想像以上早い;
デザインもXperia XZから変わり、Xperia XZ2はより高級感のあるデザインで、カメラの位置も背面の中央に変わっている;
カラーバリエーションもリキッドブラック、リキッドシルバー、ディープグリーン、アッシュピンクの4色展開と自由に選べる;
メインカメラ:1920万画素Exmor RS(メモリー積層型)、サブカメラ:500万画素Exmor RS 1/5型;
IP65/68防水;
64GB/外部メモリ256GB;
2018 Xperia新型フラッグシップモデル(Xperia XZ2 Premium/XZ2 compact)スペック、機能、発売日

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP3:HTC U12(6月下旬以降発売)

最大な特徴は、世界最高画質のデュアルカメラと4Kディスプレイを搭載している所。5月前半に発表される見込み;
ブラック、グリーン2色が展開される;
外側カメラは約1,200万画素で、内側カメラは約1,600万画素。さらに、前面スピーカーの横にはフロントデュアルカメラらしき機構が確認できる;
プロセッサはSnapdragon 845、ディスプレイは5.99インチ/2880×1440ドット、RAMは6GBで内蔵ストレージは256GBとなる;
バッテリー容量は3,980mAhとなり、Quick Charge3.0にもサポートしている。最新情報によると、HTC U12価格は880ドル(約9万3000円)となる見込み。

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP4::LG G7/Neo(7月上旬以降発売)

2018年LGから発売されるフラッグシップモデルとして発表される;
スペック的にも非常に高いスペックとなっており、世間的にもかなり高評価のあるモデル;
iPhone Xのような切り欠きを持つアス比19.5:9の6インチPOLEDディスプレイを搭載し、2880×1440ピクセルになり、応答性能も60Hzから120Hzになる;
デュアルカメラ搭載で、メインは1300万画素。画角90度(22mmレンズ)、広角撮影対応。F1.9での広角なので明るく、奥行き感があるとのこと。インカメラは500万画素。こちらも広角23mmである;
コンセプト画像を見て、LG G7/Neo本体の底部にはイヤホンジャック端子、USB Type C端子、スピーカーグリルなどが確認できる;
画面は6インチで、比率は19:9になる縦長の機種である;

ギャラクシー エクスペリア選び方:2018新機種Galaxy Xperiaどっちが良いかを徹底比較>>

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP5::OnePlus 6(6月下旬以降発売)

海外では手ごろな価格で購入できるハイスペック端末で、2018年6月に発売される可能性が高い;
「Snapdragon 845」CPU、8GBのRAMを搭載することで、2018夏モデルランキングでは処理能力は最高レベルと達する;
防水/防塵の保護等級も、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)となっていて、水没に対する保護機能では、連続的に水中に置いても有害な影響がないという最高ランクの防水性能となっている;
ディスプレイは6.3インチで解像度は2280×1080で、これほどディスプレイが大きいと、動画を再生するときなどは迫力があっていいのではないだろうか;
リアカメラは2000万画素 + 1600万画素のデュアル構成、フロントは2000万画素を搭載することで、躍動感のあるアクティビティや、眼前に広がる雄大な自然も、思いのままに撮影可能;

2018スマホ夏モデルおすすめ|外出先でも、夏に発表されるスマホにDVDを視聴する方法
2018夏モデル

おすすめの2018夏モデル比較表を見て、一番好きな夏モデルを選べる。新しいスマートフォンでDVDを入れるにはどうすればいいだろうか。MacX DVD Ripper Proは優れたDVDリッピングソフトで、今流行っているiPhone、iPad、Xperia、Galaxy、HTC、AQUOS、TORQUE、Qua phone、MARVERAなどの2018スマホ夏モデルにサポートして、高画質・高品質で楽しめる。その他、最新レンタルDVD、99つタイトルのあるDVD、日本独自DVD、スポーツ・フィットネス/ワークアウト系DVDなどあらゆる種類のDVDディスクに対応し、TSUTAYA/ゲオ/アマゾンなどからレンタルしてきたDVDをオフライン環境下でも鑑賞できる。

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP6::Huawei P20 Pro(8月上旬以降発売)

中国のHuawei(ファーウェイ)製の2018スマホ夏モデルで、4000万画素(カラー)+2000万画素(モノクロ)+800万画素(ズーム)の3つのカメラを搭載する他、大型な1/1.7インチセンサーも備えて、素早くキレイに写真を撮影することができる;
4000mAhの大容量バッテリを搭載することも最大な特徴;
6.1 インチ(2244×1080)の有機ELディスプレイを備え、使い勝手がいい。アスペクト比は18.7:9と縦長で、縦にスクロールするWEBやSNSなどのコンテンツも快適に閲覧できる;
P20シリーズは、最新のチップセットKirin 970を搭載し、AIにより19カテゴリー、500以上のシナリオを自動認識できる;
「HUAWEI P20 Pro」は4月6日に発売予定。価格は899ユーロ(約12万円)。「HUAWEI P20」は本日より発売開始。価格は679ユーロ(約9万円);

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP7::RED Hydrogen One(8月頃発売)

世界初のホログラム対応スマートフォンと銘打つデバイスとして最も注目される。2017年夏頃に発表されたが、発売日は2018年8月となる見込み。現在予約が開始する。価格は非常に高く、アルミニウム製モデルが1200ドル(約13,6万円)、チタン製モデルが1600ドル(約18万円)となる。

Qualcomm Snapdragon 835 プロセッサを搭載、市販の5.7型ディスプレイを持つスマートフォンよりも56グラムほど重量がある;
バッテリー容量が4500mAhで、デュアルSIMスロットも搭載している;
最大な特徴は、ホログラムを再生できるH4V(Hydrogen-4-View)機能を搭載している所;
ホログラムや立体音響に対応するなど、従来のスマートフォンとは一線を画す性能が特徴的な興味深いデバイス;

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP8::DIGNO J(7月上旬発売)

DIGNO Jは、2017年7月に発売された「DIGNO G」の後継モデル。ソフトバンクは5月10日、京セラ製のAndroidスマートフォン「DIGNO J」を発表した。7月上旬に発売する。

最大な特徴は、安心の使いやすさと長く使える耐久性能を持つ所;
約5インチ、割れにくい京セラ独自のハイブリッドシールド構造のフルHDディスプレイ(1920×1080ドット)を持ち、耐衝撃性能や防水・防塵性能が抜群;
大きさは約72×145×8.4mm、重さは約130g。アクアブルー、チャコールブラック、パールホワイトの3色がある;
メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素を持つ;
チップセットはSnapdragon 430(MSM8937)で、1.4GHzと1.1GHz駆動のオクタコア;
メモリー(RAM)は3GB、ストレージは32GB。最大256GBのmicroSDXCカードを利用できる;
バッテリー容量は2600Ah、通信速度は下り最大112.5Mbps、上り最大37.5Mbps;

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP9::シンプルスマホ4(7月下旬発売)

スマートフォン初心者を重視したエントリー市場向けスマートフォンとしては,シンプルスマホ4という製品も夏頃に登場する。ソフトバンクは、スマートフォンの2018年夏モデルとして、「シンプルスマホ 4」(シャープ製)を発表。7月下旬以降に発売する。

Android 8.0(Oreo)を搭載している;
5インチ液晶ディスプレイを持ち、解像度720×1280ドット、サイズは71mm×143mm×9.4mm、重さは150g;
プロセッサーはQualcomm製「Snapdragon 430」(MSM8937,CPUコア Cortex-A53×8,最大動作クロック1.4GHz,GPUコア Adreno 505)を搭載している;
ストレージ容量は内蔵32GB+microSD(最大容量400GB);
アウトカメラ(メイン)は有効画素数約1300万画素、フロントカメラは有効画素数約500万画素となる;
バッテリー容量は2800mAh;
カラーバリエーションはシャンパンシルバー、ネイビー、ピンクの3色を提供している;

2018夏モデル

スマホ2018夏モデルおすすめTOP10::OPPO Find X(6月29日中国発売)

中国OPPOは6月20日(現地時間)、中国北京で開催したイベントで、新フラグシップAndroidスマートフォン「Find X」を発表した。中国では6月29日に発売予定。価格は約1699ユーロ(約21万7000円)。日本で発売されるかどうかも不明。

ディスプレイは6.42型(1080×2340ピクセル、19.5:9)の有機ELディスプレイを搭載している;
カメラに関しては、前面カメラ部は赤外線カメラ、2,500万画素の通常のカメラ、顔認証用のドットプロジェクターや前面カメラ用ライトなどから構成され、背面カメラは1,600万+2,000万画素のデュアル構成とした。
SoCにはSnapdragon 845が採用され、メインメモリは8GBで、ストレージは256GB;
バッテリー容量は3730mAhでデュアルSIMに対応している;
OSはAndroid 8.1 Oreoを採用している;
もっとも注目されることは、指紋認証センサーはなく、3Dマップによる顔認識技術採用のロック解除を使う所;

他の2018年に発売されるドコモ/ソフトバンク/au 夏モデルおすすめ

上記の夏に発表されるスマホおすすめ以外、Xperia XZ2(6月下旬発売)、Galaxy S9(6月中旬発売)、Nokia 9(7月上旬以降発売)、Asus ZenFone 5/5Z(7月上旬以降発売)、au HOME(7月下旬発売)、AQUOS R1/R2 SHV42(8月発売)、Moto Z3 Force(8月発売)、Essential Phone 2(8月発売)などとった2018夏モデルも発売される見込み。

カメラ機能、防水・防塵機能に気になる方は、XperiaかGalaxyかTORQUEの方がおすすめ。デザイン、バッテリーなどの項目に気になる方は、他のモデルを選ぶ。夏モデル比較表を見ながら、最適なスマートフォンを選ぶ。

新しいスマートフォンを持ち運びながら、今流行っているDVD(君の名は、シンゴジラ、鋼の錬金術師、キングスマン:ゴールデン・サークル、亜人、メアリと魔女の花、ジャスティス・リーグ、美女と野獣など)を視聴したい方は、MacX DVD Ripper Proはおすすめ。このソフトはDVDリッピングに特化され、あらゆるDVDディスクをXperia/Galaxy/ARROWS/AQUOS/HTC/Huawei/iPhone/iPadに取り込んだり、MP4, MOV, H.264, M4V, MKV, FLVなどフォーマットに変換したりして、お使いのスマートフォン/タブレットを持ち運びながら、気に入りのDVD映画を視聴できる。

DVD 2018スマホ夏モデル取り込みソフトおすすめ

MacX DVD Ripper ProはパワフルなMac用DVD変換ソフトで、DVDを新型デバイスに取り込みだけでなく、32×より速いスピードと高い映像品質でDVDをバックアップすることもできる。その他、350種類のプロファイルと真新しいのコア技術を組み込めているので、DVDをMP4,QT,FLV,H.264,MOV,AVI,MP3,MPEG,M4Vなどのフォーマットに変換することが難しくない。しかも、本ソフトは高級使用者に対して、デコーダとエンコードのパラメータを調整する機能や音声/画像を抽出する機能も持っている。それで、特定の用途に使用したい人にとってはもっと便利。先進な技術でリッピング処理を最適化させて、類似製品と比べて変換効果と変換速度が信頼に値するソフトである。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

2018スマホ夏モデルおすすめランキングを見てから、どう思っている。夏の新型デバイスを購入して、上記のソフトを使って、今流行っている映画DVDを新型デバイスに取り込んで、おすすめの2018夏モデルを持ち運びながら、オフライン環境下でもDVDを楽しめる。

関連チャンネル