ホーム > ブログ >4Kカメラ・4Kテレビランキング!

4Kカメラ・4Kテレビランキングおすすめ|選び方&購入前の注意点、購入方法一覧

    4K時代来る!4Kテレビ・4Kカメラを購入したい?

人々をもっとキレイに見せたい、更なる没入感が欲しい、といったニーズ4K(ヨンケイ)という言葉、隅から隅まで知っている。映像の世界では、4Kが大きな話題となっている。中で、最も注目されているのは4Kテレビである。その他、デジタルビデオカメラでも実際の使用者向けて4K対応のビデオカメラやデジタルカメラ、ウェアラブル機器などの高付加価値型映像機器も相次いて発売する。例えば、今年10月7日より千葉の幕張メッセで開催した日本で最大のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATEC JAPAN 2014」ではソニー、パナソニック、シャープ、東芝、パイオニア、富士通などというメジャーなメーカー各社は4K関連製品をはじめ、8K関連の製品など多数の新製品を続々と発表した。フルハイビジョン時代の代わりに、細部まで高画質化を実現する4Kテクノロジーを身近な環境に取り入れ、我々のデジタルライフをより豊かにする。本文は、巷でも話題になっている4Kテレビ及び最も人気のある4K対応のビデオカメラについてご紹介する。4Kテレビ・4Kカメラを購入しようかと思っている人は是非。

4K動画を存分に|使いやすくて高性能な4K動画ダウンロード・4K動画変換ソフトおすすめ

4Kカメラ・4Kテレビランキングから人気商品を購入した後、カメラで撮影した4K動画編集が可能なソフトを入手しようと思う人は多いのではないだろうか。そこで、高精細映像の4K動画を編集することが可能となるソフトMacX Video Converter Proをお勧めする。多彩な動画編集機能や動画変換機能を兼ね備え、不要部分をカットしたり、字幕・ウォーターマークを入れたり、好きな部分だけを取り出して集めたり、動画のフレームレート・ビットレート・アスペクト比・解像度・デコーダ・エンコードなどのパラメーターを再設定したり、音声を抽出してMP3と保存したり、4Kとか4K以上の高解像度の写真をスライドショーに作成したり、再生中の4K動画の画面を録画したりすることができる。

4Kテレビって何?

そもそも4Kテレビって何であるのか?と質問した人は多くなった。そこで、美しい映像で話題の4Kテレビの意味を解説する。4Kテレビとは、日本国内で主流のフルハイビジョン(解像度:1920×1080)より4倍高繊細な映像を表現できるテレビである。4Kテレビの4K(横約4千、縦約2千)はフルハイビジョン(横約2千、縦約1千)の画素数より約600万個高くて、横の画素数が4千であるので、4K(Kは千を表す)と呼ばれる。だから、4Kテレビというものはフルハイビジョン方式の4倍の解像度を持つ映像技術を取り入れ、開発した新製品である。4Kテレビの特徴は、画面のドット密度を上げ、映像の細部までくっきりとリアルに再現できるところ。また、現在日本で発売されている4Kテレビは全て55インチ以上であるから、大画面であるほど4K解像度の映像のありがたさを十分に感じることができる。総務省によると、2016年には4Kの本格放送に加え8Kの試験放送もスタートさせることが確認された。また、2020年の東京五輪を控え、4K/8Kの動きが新たな局面に入った。【4Kテレビを面々にご詳しく説明>>

話題の4Kカメラとは何?

デジタルライフを豊かにするため、4Kカメラを購入しようと思う人は少なくないだろう。よって、一体4Kカメラとは何?どんな新機能を搭載しているのかと聞く人は多いのではないだろうか。そこで、先ず4Kカメラとは何?という質問に答える。4Kカメラの4Kは4Kテレビの4Kと同じ意味で、高精細映像を撮影できるカメラのことである。現在主流のフルハイビジョン(HD)ビデオカメラと比べて、4倍の画素数である4Kカメラはこれまで以上のリアリティある自然な状態をそこでみることができる。ソニーデジタル4Kビデオカメラ「FDR-AX100」の登場に伴い、ビデオカメラも4k時代に入った。【世界初4K画面解像度に対応したスマホ「Xperia Z5」に関するニュース>>


4Kテレビ・4Kカメラランキングからお気に入りの製品を購入する時に知っておきたいこと

その1:4Kテレビおすすめ|4Kテレビ選び方&4Kテレビ購入時の注意点と商品一覧

■ 4Kテレビ購入時の注意点

4Kテレビは2013年より、50Vインチ以上を中心に製品展開を開始し、2014年11月の販売モデル数は45モデルで、2013年と比べて3.5倍と増えた。詳細は下図を見てみよう!

iMovieに対応する動画形式

4Kテレビを購入しようと思う人は、よく考えてみよう。だから、用途によって最適な4Kテレビを選ぶことは一番。下記は4Kテレビ選び方をまとめてみた。もし良かったら参考にしてくださいね。例えば:画面の大きさ、機能、対応機器など。映画ファルに対して、おすすめ4KテレビはSony 65V型である。「X-tended Dynamic Range PRO」技術を採用し、批判家大賞を受賞した4KTVである。また、大画面のテレビが好きな人にとっては、70型のシャープのLC-70UD20がオススメである。高度な技術を活かし、光の反射を低減しながら、4K放送チューナーの接続にも対応可能など、快適に視聴することが可能である。それに対して、個室での利用とかなどの小画面派なら、東芝の40V型REGZA 40JX9はお勧めである。4KTVとしては40型を実現して、最も小さなサイズとなった。さらに、顔認証機能、チャンネルの切り替え、録画予約などといったスマート機能に気に入ったら、50V型のパナソニックの4Kビエラはおすすめ4Kテレビである。8Kとは?NHKにより8K放送の始まりに必要機材の8Kテレビ購入ガイド>>

■ 2Kテレビ普及でも、4KTV・8KTVが時代主流!それぞれのメリット・デメリット

フルハイビジョンの液晶テレビ
4Kテレビ
8Kスーパーハイビジョン対応テレビ
略称
2KTV
4KTV
8KTV
画素
横2048×縦1080
横3840×縦2160
横7680×縦4320
アスペクト比
16:9
16:9
16:9
画素数
2,073,600
8,294,400
33,177,600
価格
10万円(32インチ)
20万円(50インチ)
38万〜50万(60インチ)
魅力

地デジ対応;フルハイビジョン放送が実現し、映画などをテレビで観る時、綺麗な映像や非常に臨場感のある音楽、BGM、CD音源を楽しめるようになった

画面が巨大になっても、画面に近寄ってみても、画素のツブツブが見えないなめらかな映像が得られる

画面の端で潜在的に見えている部分までリアルに 再現できる

メリット

旧モデルとして、2KTVがかなりお買い得な価格で購入できるようになった;お使いのパソコンを結線しモニター利用した場合の1M以内の近距離静止画が比較的多い時、フルHDが明らかに綺麗に描写することができる;ハイビジョンテレビよりフルハイビジョンテレビの方が画質が大きく進化した

チューナーなど付いていなくても、将来4KのBDがでてき、BSで4K放送が始まれば、4K-BDのレコーダーを買えば4Kコンテンツを満喫することが可能である;32インチでも画質が非常にきれい;50インチはお勧め

4K解像度の映像よりもっとキレイな高画質化を実現;BSは現状の右旋のままですが110度CSは左旋も使える

デメリット

2KTVで50V型とか32V型で観てもハイビジョンの高画質が味わえない

地デジでは現在のままでは、放送帯域の関係でその高精細の4Kを活かす放送がほとんどない;価格が高い

伝送方式の問題;2020年の8K放送および8Kテレビの普及は無いようである;高すぎる価格

■ 4Kテレビランキング:人気売れ筋おすすめ4Kテレビ一覧

上記から見れば、フルハイビジョンの液晶テレビ(2KTV)とか4K対応液晶テレビ(4KTV)とか8Kスーパーハイビジョンテレビ(8KTV)、それぞれにはメリットとデメリットがある。それらを踏まえたうえで、最適な4Kテレビを選ぶ。また、今回は、4Kテレビの購入をご検討中の方に対して、今年のおすすめ4Kテレビをまとめている。良かったらご参照ください。【4Kテレビランキング! 4Kテレビ価格と機能をご紹介>>

 

ソニー
東芝
シャープ
パナソニック
LG
シリーズ
BRAVIA KD
REGZA
AQUOS LC
VIERA TH
Smart TV

サイズ

49型:49X8500B;
55型:55X9200B
55型:55X8500B

50型:50Z9X;
58型:58Z9X;
43型:43J10X

50型:50U20;
40型:40U20;
60型:60UD20

50型:50AX800F;
58型:58AX800F
40型:40AX700

49型:49UB8500;
55型:55LA9650;
55型:55UB8500

画素数
3,840×2,160
3,840×2,160
3,840×2,160
3,840×2,160
3,840×2,160
チューナー

地/BS/110;×2

地/BS/110;×9(50型・58型);×3(43型)

地/BS/110;×3

地/BS/110;×3(50型・58型);×2(40型)

地/BS/110;×2

HDMI端子
4端子MHL対応

4端子、ARC対応、MHL対応

4端子、ARC対応、MHL対応;3(写真/音楽/動画/ハードディスク録画用)60型;50型と40型は2(写真/音楽/動画/ハードディス用)

4端子、ARC対応(50型・58型);3端子、ARC対応(40型)

4端子、ARC対応、MHL対応(49型・55型);端子、MHL対応(55型)

ネットワーク

LAN端子、DTCP-IP、無線LAN、DLNA、Wi-Fi Direct対応

LAN端子、DTCP-IP、無線LAN、DLNA

LAN端子、DTCP-IP、無線LAN、DLNA

LAN端子、無線LAN、DLNA

LAN端子、無線LAN、Wi-Fi Direct対応(49型・55型);LAN端子、DTCP-IP、無線LAN、DLNA、Wi-Fi Direct対応(55型)

その2:4Kカメラおすすめ|4Kカメラ選び方&4Kカメラ購入時の注意点と商品一覧

■ 4Kカメラ購入時の注意点

4Kカメラは2Kカメラの代わりになるものとして、現在話題となっている。2K(フルHD)のカメラで撮った画像を4Kカメラで撮った画像と比較して、明らかな差が感じられる。4K対応ビデオカメラの購入を思案中で、初心者で予算は2〜3万円代を希望しているが、おすすめの4Kカメラは何?という質問が多くなった。そこで、4Kカメラ購入時の注意点を簡単に紹介する。欲しい機能はズームした時にキレイに映るものなら、ソニーとかパナソニック共にOKで、長時間録画可能で、バッテリーも大容量である。また、ソニーのHDR-CX900(HD撮影)とFDR-AX100(4K撮影)の購入を検討していて、値段が違い、どっちの方が良い?なので、画質はFDR-AX100の方が優れているので、画質に気になるなら、HDR-CX900ではなくFDR-AX100を買った方が良い。4Kカメラ選び方がよく分かった後、今年4Kカメラの人気売れ筋ランキングの中から自分に合った4Kカメラを選んでください。【4Kカメラで撮った動画をYouTubeにアップする方法>>

■ 4Kカメラランキング:人気売れ筋4Kカメラおすすめ

ソニー
パナソニック
キヤノン
シリーズ

HDR-CX535;HDR-PJ540;HDR-PJ630V;FDR-AX100

HC-V550M;HC-V520M;HC-V720M;DMC-GH4

シネマカメラEOS C500/EOS C500 PL

総画素数

251万画素;543万画素(HDR-PJ630V);2090万画素(FDR-AX100)

251万画素;1752万画素(HC-V720M);1720万画素(DMC-GH4)

885万画素/829万画素
動画有効画素数

502万画素(HDR-CX535);229万画素;1420 万画素(FDR-AX100)

220万画素、225万画素、414万画素、1605万画素

4Kフル解像度で最大60fpsの撮影が可能となる

レンズ

ZEISS バリオ・ゾナーT*F2.8〜4.5 f=29〜348mm(FDR-AX100)

LUMIX G VARIO 14-140 mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. F3.5〜5.6 f=28mm〜280mm(DMC-GH4)

高解像度・高性能なEFシネマレンズ
重量
305g、325g、440g、790g
234g、226g、280g、480g
1820g、1930g
魅力

155分(HDR-CX535とHDR-PJ540);120分(HDR-PJ630V)、2時間10分(FDR-AX100)

125分(HC-V550M)、190分(HC-V720M)

16GB CFカード(50Mbps、35Mbps、25Mbps): 約40分、約55分、約80分 64GB CFカード(50Mbps、35Mbps、25Mbps): 約160分、約225分、約310分

解像度

静止画:4032×2272、6016×3384(HDR-PJ630V)メモリー動画:1920×1080(FDR-AX100除き)

メモリー動画:1920×1080(DMC-GH4除き)

静止画:1920×1080、1280×720

上記は、様々な売れ筋4Kカメラランキングを掲載しているサイトを参照しながら、大人気な4Kカメラをまとめてみた。その他、JVCケンウッド直販限定4KカメラJY-HMQ30やGY-HMQ10U、Black Magic Ursa4KカメラやProduction Camera 4K、830万画素CMOSセンサーを搭載しているソニーの4KハンディカムFDR-AX1やフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼のA7sや、パナソニックのLUMIX FZ1000などといった4K対応ビデオカメラがある。さらに、iPhoneモバイルiPhoneX/8、ソニーモバイルXperia XZ/Z5、サムスンGalaxy S8、Galaxy Note8、Huawei Mate10などという最新のスマートフォンでも4Kの動画撮影に対応した。4K対応のデジタル製品は益々増えて来る。自分は4Kカメラの購入で思案中である。色々と検索してみたら、ソニーのビデオカメラを買った方が良いと思う人は多く、特にソニーのFDR-AX100はお勧めである。それで、年始、FDR-AX100を買うと決めた。 最後まで読んで頂き、誠にありがとう。少しでも4Kテレビ・4Kカメラを購入しようと思う人の参考になれば幸いである。【更新中:スマートフォンの最新ニュース&機種変更時のお役たち>>

4K動画変換・4K動画ダウンロード方法〜MacX Video Converter Pro

MacX Video Converter Proは、高機能、品質無劣化、操作簡単、高速を兼ね備えるアプリである。絶えず更新され進化を続けていく。4K解像度の動画を快適に編集できるほか、8Kスーパーハイビジョンの映像から読み込め、8Kの超高精細映像を編集したり変換することも可能となる。これからYouTubeの4K動画とか8K動画をダウンロードすることも有り得るよね。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

紹介していたおすすめ4Kテレビとおすすめの4Kカメラをよくわかってから、4Kテレビ・4Kカメラを購入したくなるだろう。購入すると、上記のソフトにより、4K動画を活用しよう

関連チャンネル