ホームBlog >DVDからISOイメージを吸出す方法

DVDからISOイメージを吸い出したい?!DVDからISOファイルを作成できる日本語フリーソフト

「DVDディスクからISOイメージを吸い出したいのか。」「DVDをISOファイルにコピーできながら、日本語にも対応するフリーソフトを探しているのか。」「普通のDVDディスクだけではなくて、市販のDVDディスクからISOファイルに変換できるソフトがあるのか」とよく聞かれる。

心配しないで、以下では、DVDからISOファイルを作成できる日本語フリーソフト及び作成の操作手順を詳しく紹介する。

1. ISOイメージファイルとは?

ISOイメージファイルとは、DVDディスクやCDやブルーレイやハードディスクなどの中身を一つにまとめたファイルのこと。

ISOイメージファイルの拡張子は、「.iso」で、普通は「ISOイメージ」と呼ばれる。

「様々なOSで読み込むことができる」という特徴を持っていて、汎用性が高い。

一般的に、ISOイメージファイルには、「ISO 9660」「UDF」という二つのファイルシステムが存在している。

ウィキペディア(Wikipedia)

ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスク用アーカイブファイル(ディスクイメージ)。このフォーマットは多くのソフトウェアベンダーがサポートしている。ISOイメージファイルの拡張子は .iso とされることが多い。ISOフォーマットとは何か?

 

1.1 ISOイメージ作成のメリットって?

なぜDVDからISOイメージを吸い出したい人は多いのか。それはISOイメージに作成すればたくさんのメリットが得られるから。

(1)ISOイメージファイルに変換してから、劣化なしで空きのディスクに作成することができる。

(2)ISOイメージに作成すれば、元のメディアに戻すことが超簡単となる。

(3)ISOイメージにコピーして、ドライブが無くてもマウントが可能、ディスクの入れ替えを行う必要も無し。

(4)DVDディスクより容量が小さくなり、圧縮しなくてすむので元のままの映像や音楽を楽しめる。

2. DVDからISOイメージを吸い出したい?

PCゲームを購入して、そのPCゲームの中身からISOイメージファイルを作成したくて、どんなソフトウェアを使えばいいのか。教えてください。

 

手持ちのDVDコンテンツをISOイメージファイルに変換でき、オリジナル画質のままで鑑賞できるフリーソフトがあれば教えてください。

 

上述していた通り、ISOイメージファイルには様々な利点があり、DVDからISOにコピーして保存する人は多い。

普通のDVDディスクなら、DVD Shrink、DVD Decrypter、ディスクユーティリティ、Mac The Ripper、DAEMON Tools Liteなどといった日本語版の無料ソフトがある。どちらでも使いやすくて、日本語化ファイルも存在し、日本人の方々が簡単に利用される。

一方、Windows10/macOS Mojaveで動作でき、最新のDVDディスク(例えば:ロミオ&ジュリエット、響 HIBIKI、SHIRANAMI、ワンマン、羊と鋼の森など)をISOイメージファイルにコピーできる場合は、どのようなソフトウェアを使えばいいだろうか。

そこで今回は、DVDからISOファイルを作成できる日本語ソフト(無料&有料)を紹介する。

2.1 DVDからISOファイルを作成できる日本語フリーソフト

劣化なしでDVDをISOファイルにコピーしたくて、日本語にも対応するソフトウェアを探している方に向け、今最も人気のあるISOイメージ作成ソフトを紹介する。

【Windowsの場合】:DVD Decrypter

DVD Decrypterは、Windowsで使え、DVDディスクからISOイメージを抽出できるフリーソフト。その他、ISOイメージファイルなどのDVDメディアの書き込み機能や、ディスクイメージのリージョンコード(RCE)、CSSコピーガードを解除することができる。

  • 【ライセンス】:フリーソフト
  • 【対応OS】:(64bit含め)Windows7/8.1
  • 【種別】:DVDリッパー、ライティングソフトウェア
  • 【開発元】:ノルウェー・Lighting UK!
  • 【最新版】:3.5.4.0
  • 【サポートするコピーガード】:CSS、RCE

以下では、DVD Decrypterを使ってDVDからISOイメージを吸い出し、再生する方法を図解で紹介する。

  • Step1

    DVD Decrypterの公式サイトは閉鎖中で、ミラーサイトからダウンロードしてインストールしてください。インストールが完了してから、DVD Decrypterを起動する。日本語で使う場合は、日本語化パッチファイルをDVD DecrypterのインストールフォルダにコピーすればOK。

  • Step2

    「モード/Mode」⇒「ISO」⇒「読み込み/Read」と選択してください。後は、手持ちのDVDディスクをパソコンのDVDドライブに挿入して、「Destination」で作成されるISOイメージファイルの保存場所を指定しておく。後は、虫眼鏡が付いているフォルダアイコンをクリックして、ドライブやフォルダを指定してください。

  • Step3

    完了してから、「Decrypt」(ディスク⇒ドライブ)ボタンをクリックしてDVDをISOファイルに変換する作業が始まる。

  • Step4

    ISOイメージファイルの作成にかかる時間はDVDドライブの性能やコンピューターのスペックによって違う。

  • Step5

    DVD ISO吸出し作業が完了した後、緑色のバーが100%と表示され、「Operation Successfully Completed!」というメッセージが出てきて、「OK」をクリックすればOK。

  • Step6

    DVDからISOファイルを作成した後、VLC/5KPlayerなどのメディアプレーヤーを使って、再生してください。

【Macの場合】:ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティは、macOSに標準で附属するユーティリティソフトウェアの一つで、DVDからISOファイルを作成できるほかに、MacでISOイメージデータを焼いたり、データをCDに書き込んだり、重量なデータを暗号化してメールで送信したり、Macがマウントしているディスクを管理/検証/修復することが行える。

macOS標準機能で、別にインストールする必要はなく、直接に利用することが可能。

  • 【開発元】:Apple
  • 【対応OS】:macOS
  • 【種別】:ユーティリティソフトウェア
  • 【最新版】:13(606)

以下では、Macで使えるDVD ISO吸い出しフリーソフトのディスクユーティリティを使って、DVDからISOファイルを作成する操作手順を図付きで紹介していく。

  • Step1

    お使いのMacコンピューターから「アプリケーション」⇒「ユーティリティ」⇒「ディスクユーティリティ」とクリックしてください。

  • Step2

    ディスクユーティリティ画面が表示された後、左側のパネルで接続されたDVDドライブ名を選択してください。

  • Step3

    ディスクユーティリティのメニューから「ファイル」⇒「新規イメージ」⇒「ドライブ名●●●からイメージ作成」をクリックしてください。

  • Step4

    別の画面が表示される。そこでは「名前」「場所」「フォーマット」「暗号化」などの設定があり、注意すべき所は「フォーマット」をDVD/CDマスターと選択し、「暗号化」をなしと選択すること。完了したら、「保存」ボタンをクリックすればOK。

  • Step5

    DVDからISOイメージを吸い出す作業が始まる。100%完了まで少々お待ちください。

  • Step6

    無事に完了した後、拡張子を“.cdr”から“.iso”に変更してもよろしいですか?というダイヤログが表示され、「 “.iso”を使用」ボタンをクリックすればOK。

2.2 無料ではなく、凡ゆる種類のDVDに対応するISO吸出しソフトおすすめ

DVD ISOイメージ作成ソフトには、無料で使えるものと有料のものがある。お金を支払わないでタダで使えるフリーソフトの方がいいと思う方は多いと思うけれど、フリーソフトと有料のソフトには大きな差がある。

上記で紹介されたDVDからISOファイルを作成できる日本語フリーソフトで解決できない場合は、有料のソフトをお試し下さい。

DVD ISO吸出し有料ソフトは、ほとんどすべてのDVDディスクにサポートするし、最新の動作環境にも対応し、エラーの発生率もフリーソフトより低い。

だから、場合によって、有料のソフトを選ぶ人もたくさんいる。

【Windowsの場合】:MacX DVD Ripper Pro for Windows

MacX DVD Ripper Pro for Windowsは、Windows10で使えるDVDリッピングソフトウェアの一つとして、ほとんどすべてのDVDディスクにサポートしている。最大な特徴は、最新のコピーガード(CSS/リージョンコード/ソニーArccOS/UOPs/RCE/Disney X-project DRM/容量偽装)を解除して、DVDディスクをISO/MP4/H265/iPhone/iPad/Android/ゲーム機器に出力する所。

更に、ISOイメージ作成作業を劣化なしで行えるために、このソフトウェアは最新テクノロジー(高品質エンジン、ハードウェアアクセラレーション、インターレース解除、マルチプロセッサー)を導入する。

  • 【対応OS】:Windows10まで対応
  • 【開発元】:Digiarty
  • 【入力モード】:DVDディスク/ISOイメージファイル/DVDフォルダ
  • 【出力モード】:ISOイメージファイル、DVDフォルダ、MPEG、今流行っているビデオ・オーディオフォーマットやデバイス

以下では、MacX DVD Ripper Pro for Windowsを使って、購入したDVDからISOイメージを吸い出す操作手順を紹介する。

  • Step1

    MacX DVD Ripper Pro for Windows公式サイトにアクセスして、「ダウンロード」と書かれたボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください。

    100%安全
    100%安全

    ここからダウンロードしたバージョンは無料体験版で、5分しかファイルを出力できない。だから、DVDの中身を丸ごとにISOイメージにコピーする場合は、ソフトウェアを購入して、ライセンス認証を行ってください。
  • Step2

    MacX DVD Ripper Pro for Windowsを起動して、DVDをドライブに挿入し、メイン画面で「DVDディスク」とクリックしてください。

  • Step3

    後は、以下の画像が見える。それで、「自動検出」にチェックを入れたままで「OK」ボタンをクリックすればOK。だが、このモードでISOイメージを作成できない場合は、「強制ISO」にチェックを入れて、もう一度やってみてください。

  • Step4

    DVDディスクの読み込みが完了してから、出力プロファイル画面が表示される。「DVDバックアップ」⇒「DVDをISOイメージへクローン」⇒「OK」とクリックしてください。

  • Step5

    左下側にある「保存先」⇒「参照」をクリックして、作成されたISOイメージファイルの保存場所を指定してください。そして、「RUN」ボタンをクリックして、DVDをISOファイルにコピーする作業が始まる。

【Macの場合】:MacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper Proは、DVDリッピングをメインとして使うソフトウェアで、DVDバックアップはもちろん、DVDディスクの変換も音声抽出も行える。

DVDリッピング機能と言えば、DVDをISOファイルにコピーしたり、DVDをMPEG/MKV/H265/MP4/MP3などの形式に変換したり、DVDをiPhone/iPad/Android/ハードディスク/ゲーム機器/PCに取り込んだり、DVDディスクを編集(カット/トリム/合併/回転/修復/マルチ字幕追加など)することができる。

また、Intel/AMD/NVIDIAハードウェアアクセラレーション、高品質エンジン、インターレース解除、マルチコアプロセッサー、ディスク修復などといった技術を持ち、コピー作業をスムーズに進められる。

  • 【対応OS】:最新のmacOSに対応済
  • 【開発元】:Digiarty
  • 【入力モード】:DVDディスク、ISOイメージ、DVDフォルダ
  • 【出力モード】:ISOイメージファイル、DVDフォルダ、MPEG、ビデオフォーマット(MP4/H.265/MKVなど)、オーディオフォーマット(MP3/AAC/AC3/M4Aなど)、今流行っているデジタル端末(iPhone/iPad/iPod/Android/PS4/Xbox Oneなど)

以下では、MacX DVD Ripper Proを使ってDVDからISOイメージを吸い出す操作手順を図解付きで解説していく。

  • Step1

    公式サイトからソフトウェアをダウンロードしてインストールしてください。インストールが無事に完了したら、ソフトウェアを起動して、認証画面が表示され、有料版のアカウントを購入しないと、体験版として各機能は5分間のみのに制限されている。だから、DVDディスクの中身を丸ごとにISOイメージに作成する場合は、ソフトウェアを購入してライセンス認証を行ってください。

  • Step2

    元DVDをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

    ISO 変換
  • Step3

    「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」を選択してください。このフォーマットなら、Macシステムの機能でDVD焼くこと直接に変換できる。が、直接にパソコンで再生しようとすれば、あるいはスマホで見ようとすれば、「Macの通常映像」あるいは「デバイスプロファイル」に対応な出力プロファイルを選択するだけでいい。

    この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

  • Step4

    「ブラウザ」をクリックして、作成されたISOイメージファイルを保存する場所を指定する。そして、「RUN」ボタンをクリックして、DVDからISOファイルを作成する作業が始まる。

3. まとめ

DVD ISO吸出しソフトを無料・有料両方で紹介したが、いかがでしたか。

無料版は、普通のDVDをISOファイルに変換できたり、DVDを圧縮したり、DVDから映像ファイルや音声ファイルに変換することができるので、インタフェースが直感的で分かりやすい。

対して、有料版のDVD ISOイメージ作成ソフトは、使い勝手が良く、ほとんどすべてのDVDディスクにサポートしたり、DVDをISOイメージにコピーできたり、DVDをH.265/MPEG/MKV/MP4/MP3/AC3/M4Aなどのファイルに変換したり、編集したり、他の高級機能も合わせて体験できるので、とても便利だと思う。

総合的に言えば、DVDからISOファイルを作成できる日本語フリーソフトを使ってみて、解決できないディスクにあったら、有料版を試してみるのがいいかもしれない。

DVDコピー定番 - DVDをISO/MPEG/H265/MP4にリッピング

  • - UIが直感的で初心者でもすぐに使いこなせる!
  • - 最新コピーガードを解除でき、全てのDVDをISOイメージに作成。
  • - 入出力が豊富で、お使いのデバイスでDVDを楽しめる。
  • - Intel/AMD/NVIDIA技術を搭載し、爆速・無劣化でDVDをコピー。

対応OS:Windows 7・Mac OS X 10.6以降

推奨ユーザー:DVD鑑賞が好きな方

定番のWindows 10でISOを作成する方法

ISOファイルの作成方法を詳しくご紹介(Windows 10対応)。

【無料】DVD ISO変換ソフトおすすめ

DVD ISOフリーソフトで、DVDをISOファイル化する方法。

【ISOをDVDに書き込み】焼き方をたくさん紹介

ISOをDVDに変換するにはISO DVD焼き方をたくさんご紹介!

無料でISO圧縮を行える方法を3つまとめて紹介する

高性能なISO圧縮フリーソフトをまとめて紹介する。

ホームBlog >DVDからISOイメージを吸出す方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。