ホーム > ブログ >ISO DVD焼き方を紹介

【ISOをDVDに書き込み】焼き方をたくさん紹介|ISOの圧縮・編集方法も共有!

ISOをDVDに書き込み

ISOをDVDに書き込みしたい方は多くいるだろう。ISO ファイルを見れるが、ISOをDVDに作成して、DVDプレーヤーでも見れるようにしたいことが多くあるね。ここはISOのDVD書き込み方法の全般攻略をご紹介。どうぞ、皆さんはご自分のニーズによって、適切な方法を選んでください。

本文の内容:

● 書き込みの前、ISO を編集する方法
● 書き込みの前、ISO を圧縮する方法
● WindowsユーザへのISO のDVD書き込み方法
● MacユーザへのISOをDVDに作成する方法

★ ISOをDVDに書き込みする前に、ISO を編集したい方への方法

正式にISOをDVDに作成する前に、元ISOファイルを編集して独特なDVD映像を作成したい方のために用意した方法。ここで、利用するツールMacX DVD Ripper Proは全てのISOファイルをトリミング・字幕追加・音量調整・クロップ・拡張できる。もちろん、ここで利用する方法はただISOファイルを編集できるだけではなく、ISOファイルをメインタイトルにコピー、ISOファイルを高画質でMP4、AVI、MKV、MOV、M4V、MP3など様々な動画形式に変換・圧縮できる。また、各種類のスマホやタブレット(iPhone7/iPhone6s/6s Plus/6/6 Plus、iPad Pro/Air2/Air/mini4/mini3、iPod Touch6/5/nano/classic、Xperia Z5/Z5 Premium/Z5 Compact/Z4/Z3、Galaxy Note5/S6 Edge+/Note Edge、Surface Pro4/3、ARROWS NX F-02H/AQUOS ZETA SH-01Hなど)にコピーしてお好みのデバイスで視聴できる。実はISOファイルだけではなく、DVDディスク、DVDフォルダも読み込め、コピー・リッピング・編集・変換できる。

(因みに、MacX DVD Ripper Proは強力なDVDコピーガード解除能力を持っているので、レンタル・市販DVDをコピーするにはとても役に立つツールになる。)

MacX DVD Ripper Proで ISOイメージファイル・DVD・フォルダを編集する詳しい方法がコチラ>>

Mac用
Windows用

★ ISOをDVDに作成する前に、ISOファイルを圧縮したい方への方法

焼く用のDVD-Rの容量がただ4.7GBで(実は、4.7GBのDVD-Rでもほぼ4.3GB以下の領域しか書き込めない)、元のISOファイルサイズが大きすぎると、ISOをDVDに書き込みしても失敗になるだろう。そのため、ISOをDVDに変換する前に、ISOファイルを圧縮しなきゃこともある。基本的には、ISOをDVD Shrinkで圧縮する。もちろん、DVD Shrinkで圧縮したISOファイルの画質が悪くなる。ま、とりあえず、ISOをDVD Shrinkで圧縮する方法を解説。もし、ISO DVD 書き込み 圧縮の必要があれば、以下の方法をご参考してください。 (圧縮・コピー容量オーバーの対策>>

DVD ShrinkでISOを圧縮

1ネットからDVD Shrink3.2(最新バージョン)をダウンロード・インストールしてください。ソフトを起動した後、「ファイルを開く」アイコンをクリックして、圧縮作業を行いたいISOファイルを選択する。そして、DVD Shrinkは自動的にファイルを解析し始める。解析の終わるまで、長くて30秒〜1分くらいかかる。(それ以上長い時間かかる場合、DVD Shrinkは正しく動作するかと確認したほうがいい)。

2圧縮率と画質の中でバランスを取るために、ISOファイルを圧縮する前に、不要な部分(メニューや特典など)をカットしたほうがおすすめ。

3「バックアップ」アイコンをクリックしたら、出力先デバイスの選択界面が出てきた。ISOイメージファイルにコピーしたいなら、ISOイメージファイルを選んでください。

4以上出力プロファイルと保存先の設定が出来たら、「OK」ボタンでエンコードすることは始まる。

具体的な操作方法はDVD Shrink使い方へ

無料でISO DVD 書き込み 圧縮する方法を3つまとめて紹介>>

ISOをDVDに変換するにはISO DVD焼き方をたくさんご紹介!(Win&Mac)

★ まず、WindowsユーザへのISOのDVD書き込み方法を紹介

1.ISOをDVDに書き込みソフト:ImgBurn

ImgBurnでISOをDVDに書き込み

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「イメージファイルをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「ISOファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という表示が出て、後の操作は以下の通り。

  • @、上のフォルダボタンを押すと、エクスプローラ画面が開く。保存したいISOファイルを指定する。又は、保存したいISOファイルをドラッグ&ドロップしてもOK。
  • A、出力先では、DVDやBDを書き込むドライブを指定する。DVDドライブなどが一つしか無い場合は、特に変更する必要がない。
  • B、DVD-RWなど消去可能なメディアはこのボタンで消去できる。
  • C、「テストモード」にチェックを入れると、指定したISOファイルを無事書き込むことが出来るかテストしてくれる。エラーが起きやすい場合に使う。
  • D、「ベリファイ」にチェックを入れると、データを書き込んだあと、データが正しいか否か確認することができる。時間は余分にかかるが、大切なデータを保存する場合はチェックを入れたほうが良い。
  • E、DVDディスクアイコンをクリックすると、DVDのライティングがスタートする。
  • F、書き込み速度を変更できる。通常は「AUTO」で大丈夫が、エラーがよく発生する場合は変更してください。(もしここでエラーが起きて作業が中断してしまった場合は、「MacX DVD Ripper Pro for Windows」によるリッピングを試してみてください。)
  • G、「コピー数」の設定は、コピーする枚数を設定するということである。
  • 2.ISOをDVDに書き込みソフト:DVD Decrypter

    ISOをDVDに書き込み

    1:まずは空のディスクをDVDドライブに挿入してから、DVD Decrypter(最新バージョン3.5.4.0)を起動する;

    2:「Mode → ISO → Write」を選択する;

    3:Sourceのフォルダアイコンをクリックして、書き込みしたいISOファイルを選択するが、選択には隣に生成されている同名のMDSファイルを選択する;

    4:DVDドライブが複数ある場合、「Destination」のところで、書き込みに使用するドライブを選択する必要がある;

    5:これで書き込みの準備は完了した。「開始ボタン」をクリックし書き込みを開始する。
    DVD Decrypter使い方>>

    DVD Shrink DVD Decrypter連携する方法>>

    ※書き込み中で、PCに負荷を与えると失敗する場合あるので、書き込み中は他の作業をしないようにしてください。

    ☆ 補足:ほかのWindows版のISOをDVDに書き込みソフト・方法:

    BurnAware Free、DVD FlickWindows 10 DVD 書き込み攻略>>

    ★ MacユーザへのISOのDVD書き込み方法を紹介

    1.ISOをDVDに作成 Mac版ソフト:Finder

    ISOをDVDに書き込み

    「Finder」を利用して、ISOをDVDに書き込んでください。

     

     

    ヒント:【Finder】を利用してDVDを書き込むには知るべきことがある。“書き込み“というより、むしろ【Finder】は出力DVDディスクをUSBメモリ化にして、ソースファイルをそのままでDVDディスクへ保存する仕組みである。つまり、ISOイメージ形式の映像データは、DVD-Videoフォーマット規格ではなく、ISOでDVDディスクへ保存するのである。それにより、【Finder】で作成したDVD映像が一部のDVDプレーヤーで再生できないこともあるので、ご注意ください。

    2. ISOをDVDに書き込み Mac版ソフト

    ISOをDVDに書き込み

    Disk Copyアプリケーション(Disk Utility)を開いてください。(Applications/アプリケーション> Utilities/ユーティリティ)。

    1空のDVD-RまたはDVD-RWをDVDドライブに挿入する。(オリジナルDVDはDVD 9である場合は、8.5 GBの空のディスクをご用意ください)

    2「ファイル→ディスクイメージを開く」を選択して、先保存したISOファイルを指定する; そして「ディスクを 作成」アイコンをクリックする。

    3ディスクに焼きたいISOを選択して、「ディスクを作成」ボタンをクリックしてください。その後、保存先の確認(あなたの空DVD)が表示されるダイアログボックスが出る。

     

    ☆ 補足:ほかのISOをDVDに作成 Mac版ソフト:

    iDVD、Burn(パソコン用最高評価の多い人気DVD書き込みソフトランキング>>

    MacX DVD Ripper Pro

    ISO DVD焼き方といえば、このMacX DVD Ripper Proは役に立つツール。ISOファイルを編集できる以外、そのソフトには超素敵な機能を搭載され、ユーザーの要望に最大限効率よく応える。絶えず更新され進化を続け、最新なディズニームービープロテクションや最新なデバイス・システムなど対応できる。洗練されたユーザーインタフェースを持ち、ユーザーの視点を大事にして、簡易的な操作性と豊富な機能を備えて、初心者でも簡単に操作できる。あなたのDVD 書き込みの体験を一段と優れたものにする。

    お役に立つ可能なソフト

    MacX DVD Ripper Pro

    世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

    MacX Video Converter Pro

    MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

    MacLife レビュー

    MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でISOをコピー・変換・編集するソリューションを提供する。ISOをDVDに書き込みには不可欠なツール。

    関連チャンネル