ホーム > ブログ >PCで焼いたDVDが見れない対処法

【徹底解説】焼いたDVD再生できない原因と対処法を教える!

焼いたDVD再生できない

DVDを作成したけど、あれ、DVDレコーダーとDVDプレーヤーで焼いたDVD再生できないことがある!なぜか?

実はね、焼いたDVDが見れない原因がそんなに簡単じゃない。正しいDVD焼く再生できない原因とその対処方法がわかることがキーポイント。

では、本文は作成したDVD再生できない原因とそれぞれの対処法を皆さんに詳しく解説。焼いたDVDが見れないなんかの問題を解決してお好きなDVDを気楽に楽しもう!

焼いたDVD再生できない原因とぞれぞれの対処方法を解説

●焼いたDVDが見れない原因その1:焼いたDVDは海外のものか
海外のDVDの信号方式と日本のが異なり、違うリージョンコードで、DVD再生できない。

DVDプレーヤーで再生できない対処方法:リージョンコードを解除する方法>>

●DVD焼く再生できない原因その2:DVD容量不足
パソコンの世界では、1K=1000ではなく、1K=1024で計算。
ということは、4.7GBのDVD-Rではほぼ4.3GB以下の領域しか書き込めないので、外周ギリギリまで記録されたDVDビデオは、再生できなくなったり、メニュー、音声、字幕などの操作が不能になる場合がある。

焼いたDVD再生できない対処方法:
1.圧縮したISOイメージファイルを二回圧縮する。(画像が画像が悪くなる欠点がある)
2.音声(AC3)を圧縮変換して、DVDを再構築。(方法が煩雑)
3.DVD-R DLを購入。容量が8.5GB。
4.ほかのDVD コピー 容量 圧縮でき、DVDコピー 容量 オーバーなど問題を回避できるツールを利用

DVD容量不足について詳細な対策を読む>>

●PCで焼いたDVDが見れない原因その3:間違えった方法でDVDを焼く(パソコンで焼いたDVD再生できない主な原因
間違えった方法でDVDを焼くので、焼いたDVDの規格がDVD標準規格じゃないので、再生できない。(DVD標準規格の確認方法:DVDビデオの中には、「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」という二つのフォルダが存在し、「VIDEO_TS」フォルダの中には拡張子「.BUP」「.IFO」「.VOB」というファイルが入っている。ご注意:これを「データのバックアップを取るように」ドラッグ&ドロップでライティングソフトに読み込ませ、DVDを焼けばDVDビデオが完成できない。

焼いたDVD再生できない対処方法:正しいDVD焼く方法を利用
DVDの作成と言えば、だいたい、手元のDVD動画を空きのDVDにダビングすること及び普通の動画をDVDに焼くことね。次は正しいDVD焼く方法を別々に解説:

一、DVDからDVDへダビング:DVD焼く再生できない対処法
二、動画をDVDに焼く:DVDプレーヤーで再生できない対処法

一、DVDからDVDへダビング:イメージファイルを作る→空きのDVDに焼く

DVDダビングして焼いたDVDがうまく再生できるには、ISOイメージ化が必要。そのため、ISOイメージ化できるリッピングソフトが必要になる。

コピーガードが全然付いていない自作DVDをISOイメージ化できるツールが多いが、購入やレンタルのDVDに強力なコピーガードが付いているので、ほとんどのDVDリッピングソフトが一発解除できないので、ISOイメージ化できない。あるいは、ISOイメージ化しても、エラーが発生し、焼いたDVDが見れない。何のコピーガードも付いていない自作DVDをISOに変換したい場合、DVD Shrinkが自作DVDをISO化できる。で、全てのDVDをISOイメージ化できる方法があるか?

では、次は、全ての自作・購入・レンタルDVDを順調にISOイメージ化できる方法及び焼いたDVD再生できない対処法を皆さんに解説。使い方がとても簡単だし、それにウイルスンなんかも絶対ないので、ご安心ください。

ここで、強くオススメのMacX DVD Ripper Proはとても優れたDVDリッピングソフト。どんなDVDでもうまく高画質でISOイメージ化できる。また、DVDをMP4,MPEG-2,MKV,MOVなどの形式にリッピングして、PC、iPhone7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/6 Plus,iPad, iPod, Touch6,Apple TV,Xperia XZ/X Compact/Z5,Galaxy S7,ARROWS,AQUOS,iTunes及びその他のデバイスにコピーして再生できるよ。

Mac用
Windows用

焼いたDVD再生できない対処法ステップ1:DVDをISOイメージ化ソフトで、イメージファイルを作ろう!

まず、MacX DVD Ripper Proをお使いのコンピュータにダウンロードしてください。MacユーザーはMacバージョンを、WindowsユーザーはWindows版をご利用ください。インストール中、インターフェース言語を日本語に指定できる。以下はMacバージョンを例として、やり方を紹介する。(Windows版もだいたい同じ)

DVDをISOに

1DVDを追加する。「DVD追加」ボタンをクリックしてから、焼いたいDVDディスクを本ソフトに入力する;

2出力プロファイルを選ぶ。DVDが読み込まれたら、出力プロファイルの窓口が出てきた。DVDをISOイメージに変換する場合、「DVDバックアップ」―「DVDをISOイメージへクローン」―「完了」の順でクリックする;

3保存先を指定する。任意の空き容量が多いドライブに出力映像を保存したら結構;

4MacでDVDをISOイメージへクローン開始。「RUN」ボタンをクリックしたら、MacでDVDをISOに作成することが開始。

 

合わせて読みたい:
三つのDVDをISOファイル化する方法を紹介>>

焼いたDVD再生できない対処法ステップ2:ISOを空きのDVDに書き込み

@ Macユーザ向けのMac焼いたDVD再生できない対処法:

焼いたDVD再生できない対処法

Disk Copyアプリケーション(Disk Utility)を開いてください。(Applications/アプリケーション> Utilities/ユーティリティ)。

1空のDVD-RまたはDVD-RWをDVDドライブに挿入する。(オリジナルDVDはDVD 9である場合は、8.5 GBの空のディスクをご用意ください)

2「ファイル→ディスクイメージを開く」を選択して、先保存したISOファイルを指定する; そして「ディスクを 作成」アイコンをクリックする。

3ディスクに焼きたいISOを選択して、「ディスクを作成」ボタンをクリックしてください。その後、保存先の確認(あなたの空DVD)が表示されるダイアログボックスが出る。

 

AWindowsユーザ向けのDVDプレーヤーで再生できない対処法:

焼いたDVD再生できない対処法

1まずは空のディスクをDVDドライブに挿入してから、DVD Decrypter(最新バージョン3.5.4.0)を起動する;

2「Mode → ISO → Write」を選択する;

3Sourceのフォルダアイコンをクリックして、書き込みしたいISOファイルを選択するが、選択には隣に生成されている同名のMDSファイルを選択する;

4DVDドライブが複数ある場合、「Destination」のところで、書き込みに使用するドライブを選択する必要がある;

5これで書き込みの準備は完了した。「開始ボタン」をクリックし書き込みを開始する。

※書き込み中で、PCに負荷を与えると失敗する場合あるので、書き込み中は他の作業をしないようにしてください。

合わせて読みたい:
【ISOをDVDに書き込み】焼き方をたくさん紹介 >>

二、動画をDVDに焼く:専用オーサリングツールを利用

DVDビデオ以外の動画を焼きたい場合は、専用ソフトやオーサリングツールを利用してください。そうでなければ、パソコンで焼いたDVD再生できない可能性が高いので、専用オーサリングツールを利用してください。

これから、PCで焼いたDVDが見れない問題を解決でき、動画をDVDに焼ける専用オーサリングソフトと使い方を紹介。

@Macユーザ向けのMac焼いたDVD再生できない対処法:

Burnを利用すれば動画をDVDに焼いて再生が簡単に実現可能。焼いたDVD再生できない対処法

ステップ1:
Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順設定してください。

ステップ2:
「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

ステップ3:
左下にある「」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されますので、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

ステップ4.
「ディスク作成」をクリックすると動画をDVDに焼く処理が開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ完了したDVDを再生できる。パソコンで焼いたDVD再生できない問題を解決できる。

AWindowsユーザ向けの焼いたDVDが見れない対処法:

焼いたDVD再生できない対処法

ImgBurn 3.5.4.0を無事にインストール&日本語化されてから、起動してください。「メニューバー」→「モード」→「EZモード選択」を選択してください。

EZモード画面から「ファイル/フォルダをディスクに書き込み」ボタンを押すと、「通常のファイルをDVD-RやBD-Rに焼く」という画面が現れる。後の操作は以下の通り。

  • @ 、ここにDVDに焼き込みたい動画フォルダやデータを、ドラッグ&ドロップで追加する。右側には削除ボタン、追加ボタンなどという各種ボタンが用意される。
  • A 、DVDディスクアイコンを押すと、登録した動画ファイルをDVDに焼くのがスタート。
  • B 、書き込み速度やコピー枚数を指定する他、DVDやBDに焼き込む際の詳細な設定ができる。ここでは、確認しておくべき項目をご紹介する。「オプション」タブの設定では、DVDの場合は「ファイルシステム」の項目が「ISO9660+UDF」、や「UDF Revision:」の項目が「1.02」と設定しているか否かをご確認ください。(なお、BDの場合は、「UDF Revision:」の項目が「2.50」になっているか確認してください)
  •  

    合わせて読みたい:
    動画をDVDに綺麗に焼く方法を紹介>>

    焼いたDVD再生できない対処法:MacX DVD Ripper Pro

    DVDをISOに変換したり、ISOファイルを直接に再生したりできる他、豊富な編集機能を備えており、DVDビデオから好きな部分を取り出して集めたり、外部字幕・強制字幕・ウォーターマークを追加したり、フレームレート,ビットレート,アスペクト比,解像度などパラメーターを調整したり、余計な部分をカットしたり、好きなシーンをキャプチャーしたりできる。上述した通り、本ソフトはDVDリッピングが行えるし、DVDコピーもできるし、DVD映像の編集も可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと言っても過言ではない。

    お役に立つ可能なソフト

    MacX DVD Ripper Pro

    世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

    MacX Video Converter Pro

    MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

    MacLife レビュー

    MacX DVD Ripper Proは最高のDVD焼く再生できない対処法。プロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。PCで焼いたDVDが見れない問題を解決するには不可欠なツール。

    関連チャンネル