ホームBlog >MIDIをiTunesに取り込めない Mac&Windowsユーザへの対策

2018確実な方法!MIDIをiTunesに取り込めない最新完全攻略!

MIDI(Musical Instrument Digital Interface)は、主に音楽の演奏や制作に利用される電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送するための世界共通規格。「Sweet Your Heart」、「crazy」、「layla(アコースティックver)」、「I don't want to miss a thing」など人気のあるMIDI曲がたくさん。また、自分もMIDIを編集している方もあるね。

でも、お好みのMIDIファイルをiTunesに取り込めて再生しようと、あれ、MIDIをiTunesに取り込めない問題が発生?!

今まで、ネットから検索すると、確かにMIDIがiTunesに入らない対策が多い。でも、今現在、実際にあれらの方法を試してみると、あれ、昔できるが、今できなくなった。その原因は?今現在、MIDIをiTunesに取り込めない問題を解決できる確実な方法があるか?

さて、今現在、MIDIファイルをうまくiTunesに取り込めるために、本記事を投稿した。iTunesにMIDIをドロップできない問題とMIDIがiTunesに入らない問題に悩んでいる方はぜひどうぞ〜

手軽く好きなMIDI曲をMP3/着信音に設定可能!- 100%安全

MacX MediaTrans -iTunesよりずいぶん使いやすいiOS端末の音楽・動画・写真・電子書籍などのデータ管理ソフト。好きなMIDI曲をWAV、MP3などに変換した後、MacX MediaTransを利用すれば、手軽くMIDI曲などの音楽をご使用のiPhoneの着信音に設定可能!
 
 

 

最新完全攻略|MIDIをiTunesに取り込めない原因と対策

 

1. なぜMIDIファイルをiTunesに直接取り込めない?

その理由はMIDIファイルはオーディオファイルではないことだ。

2. 昔はMIDIをiTunesに取り込むに行ける方法はなぜ今いけなくなった?

iTunesのバージョンが異なるからだ。

 

合わせて読みたい:
YouTubeをMP3でダウンロードする方法を紹介>>

まずは今までのMIDIをiTunesに取り込めない対策をまとめてみた

 

☆彡 iTunesにMIDIをドロップできない対策その1(QuickTimeが要らない)

ご注意: iTunes 10.4.1及び10.4.1以前の旧バージョンだけできる 。(直接MIDIをiTunesでMP3やWAVに変換して取り込める方法)

step 1: iTunes設定を変更
編集メニュー→「設定」→「一般」タップ→「インポート設定」→「インポート方法」→「MP3エンコーダ」、「WAVエンコーダ」、「AACエンコーダ」など形式を選択できる。

step 2: iTunesにMIDI音源を取り込む。

step 3: 曲名右クリック。(「MP3エンコーダ」を選択していた場合、「MP3 バージョンを作成」をクリック、「WAVエンコーダ」を選択していた場合、「WAV バージョンを作成」をクリック)

step 4: MIDIをWAVに変換やMP3に変換した後、変換版ファイルができ上ったと、iTunesにドラッグするだけでいい。

 

合わせて読みたい:
iTunesとiPhoneと音楽同期・転送・移しあう方法、及び失敗した対応策

☆彡 iTunesにMIDIをドロップできない対策その2QuickTimeが必要)

ご注意:iTunes 10.5からiTunes 12.0.1まで。(10.5からiTunesとQuick Timeが別々に入るようになったそうで、MIDIをiTunesに取り込めない QuickTimeを利用しよう)

step 1:QuickTimeをインストール。

step 2: MIDIファイルをiTunes画面にドラッグ。ライブラリに加わる。

step 3: エンコーダーをMP3やWAVに設定。

step 4: 目的の曲を右クリック→「MP3バージョンを作成」や 「WAVバージョンを作成」をクリックすると、MIDIをWAVに変換やMP3に変換可能

 

合わせて読みたい:
iTunesからiPhoneに曲が入らない時の対処法特集がここ

☆彡 MIDIをiTunesに取り込めない対策その3:今、iTunes 12.0.1以降及び最新iTunesバージョンを使用する方へ

最近のiTunes はもう QuickTime を使いない。「QuickTimeのWindows版はメーカーが開発を終了し脆弱性が残ったままになったので、もうアンインストールした方が良い」みたいなニュースも流れたので、QuickTimeを削除したユーザも多い。

そのため、QuickTimeをインストールしてMIDIをiTunesに取り込む方法が無効になった。MIDIをiTunesに取り込めない Macユーザなら、QuickTimeが利用可能なら、対策2を試してみてください。( もし、Macユーザも対策2でiTunesにMIDIをドロップできない場合、引続き対策3を読んでみてください。)

では、QuickTimeが使えなくなった今、どうやってMIDIがiTunesに入らない問題を解決できるか。 次はMIDIをiTunesに取り込む三つの方法を紹介。

@、旧バージョンのiTunesをインストール(MIDIをiTunesに取り込めない Macユーザも利用可能)

ヒント1:iTunes旧バージョンをダウンロード可能なサイト:http://www.oldapps.com/itunes.php

ヒント2:残骸が残っていると、パソコンによっては再インストールできない事があるので、旧バージョンのiTunesをインストールする前に、必ず今使っているバージョンを徹底的に削除してください。

ヒント3:エラーで起動がうまくいかないなら、ミュージックフォルダ→iTunesフォルダ内のiTunes Library.itlを削除→iTunes起動


A、音を録音できるソフトでMIDIファイルをWAV形式で録音してiTunesにMIDIをドロップできない問題を解決


B、MIDIが変換できる音声ファイル変換ソフトを利用

音声ファイル変換ソフトでMIDIファイルをMP3やWAVやAACなどに変換したあとで、iTunesに取り込める。実は今MIDIファイルを普通のオーディオファイルに変換できるソフトが多い。着メロコンバータ、MEDIA-CONVERT、「Winamp」、FormatFactoryなど

これで、MIDIをiTunesに取り込めない対策が終わった。少しでもお役に立てれば幸いです!

合わせて読みたい:
【完全版】おすすめの最新版iTunes代替Mac用ソフトランキング

手軽く好きなMIDI曲を着信音に設定可能!- 100%クリーン・ 安全

MacX MediaTrans -iTunesよりずいぶん使いやすいiOS端末の音楽・動画・写真・電子書籍などのデータ管理ソフト。好きなMIDI曲をWAV、MP3などに変換した後、MacX MediaTransを利用すれば、手軽くMIDI曲などの音楽をご使用のiPhoneの着信音に設定可能!
 
 

あなたへのおすすめ

ホームBlog >MIDIをiTunesに取り込めない QuickTimeを利用する対策

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。