ホーム > ブログ >動画をDVDに保存する方法

必勝法!動画をDVDに綺麗に書き込みしたい!|素人でもいける

動画をDVDに焼く

 

気に入りの動画をDVDに書き込みしたい!

みなさんはスマホやタブレットで撮ったビデオを家庭用のDVDプレイヤーで見る時に、その動画をDVDに焼くことをしたいね。また、好きなオンラインのニコニコ、FC2、Dailymotion、YouTube動画をDVDに書き込みしたい時もあるね。

一応ネットから調べると、動画をDVDに焼く方法が多く見えるが、大体はただ動画DVD書き込みソフトでどうやって直接に動画をDVDに変換する操作手順を紹介だけだ。何とか大ざっぱなやり方を提供しているような感じがする。実は、動画を素晴らしくDVDに書き込みしたいなら、あれらの方法だけではまだまだね。わざわざ空きのDVDを買ってきたのに、勝手に動画をDVDに書き込みすれば、DVD動画を綺麗によく出来ないともったいないよね。

で、どうやってお気に入りの動画を素敵で高品質のDVDに作成するの?ここで、本文はお好みの動画をDVDに素晴らしく焼ける方法を詳しく解説する。

きれいなDVDを作成するには、動画をDVDに書き込みの正しい方法を利用してください

動画をDVDに作成する前、なぜ動画を変換と編集するのが必要?

動画をDVDに焼く前、ご使用目的に合って、違う動画形式が求められる。例えば、動画配信をするなら、最近ではMP4形式が一番汎用性が高いと思われる。YouTubeなどに投稿するなら、基本的にAVI、QuickTime、Mpeg-1、Mpeg-2、WMV、FLVすべての形式が可能。

ここで、動画をDVDに変換するには、まず、多くの動画DVD書き込みソフトが対応している動画形式が少ないので、元の動画形式を対応している動画形式に変換しなきゃ。また、DVDの映像ファイルは、MPEG-2形式だ。動画をDVDに書き込みしたいなら、やっぱりMPEG-2に変換したほうがいいだろう。ハイビジョンなどできるだけ高画質のファイルからDVD-Video形式のMPEG-2に変換する方が綺麗にできる。動画フィルをMPEG-2変換した後、出来たMPEG-2を編集すれば、DVD動画ももっときれいで素敵だろう。(ご注意:焼いたDVDが再生できない問題や音ズレなど問題の発生を防止するために、普通のMPEG-2形式ではなく、動画をDVD焼き用MPEG-2形式に変換してください)

ここで使っているMacX Video Converter Proは変換と編集の機能が搭載していて、素人でも簡単に使えるので、今回はMacX Video Converter Proを利用して、素敵なDVDに作成できる動画からDVDへの焼き方を解説する。

まずは、MacX Video Converter Proをダウンロードして起動してください。

Mac用
Windows用

ヒント:
Macユーザ:起動してから、スクリーンの上にある「help」キーを押して、界面言語を日本語に指定できる。

Windowsユーザ:起動してから、界面デフォルト言語は英語なので、(?)をクリックしてから、界面言語を日本語に変更することができる。

動画をDVDに保存する方法|素敵なDVDを作成しよう

動画をDVDに書き込みその1:まず動画をMPEG-2に変換

動画をDVDに書き込み

1.動画を追加。「ビデオ追加」ボタンをクリックして、DVDに書き込みしたい動画を追加する。

2.出力プロファイルを選択。自分お使用目的に合わせて、出力動画形式(拡張子)を選んでください。ここで、「DVD動画」→「NTSC DVD 動画」→「完了」の順で操作してください。(ここでの「NTSC DVD 動画」の形式はDVD焼き用MPEG-2形式だ)

ヒント:もし、書き込みソフトはMpeg-2に対応できないなら、対応できる任意の動画形式に変換だけでいい。

3.設定終わり。「完了」をクリックする

 

 

動画をDVDに保存その2:次に動画をよく編集する

動画をDVDに書き込み

ステップ4:動画を追加した後、動画編集の「Edit」をクリックして、動画編集のインターフェースが現れる。

 

ヒント:そこで、「元のビデオの情報」、「リネーム」、「出力形式の変更」、「ビデオパラメーターの設定」などの選択肢が用意しておき、お好みに合わせて設定してください。

 

動画をDVDに書き込み

ステップ5:お好みの動画編集オプションを選択してください。

字幕追加:「字幕」をチェックし、「字幕設定起動」を設定有効にしてください。内蔵された字幕トラックまたはダウンロードした外部字幕ファイル(.ssa/.ass/.srt)を動画に追加する。字幕ファイルがない場合は、opensubtitles.orgに訪問して、字幕を無料にダウンロードしても良い。その後は、「完了」をクリックしてください。

トリミング:「トリミング」をチェックしてトリミング設定起動を設定有効にしてください。開始時間/終了時間を直接設定するか、再生しながらビデオプレビューウィンドウの下にあるスライドバーを左右にドラッグして、残したい部分が決定したら、「完了」をクリックしてください。

ステップ6:保存先を指定した後、右下の「RUN」ボタンを押すと完了。

MacX Video Converter Proの使い方はこちらへ

動画をDVDに書き込みその3:最後は動画をDVDに焼く

ここで、Macユーザ向けに、使われる動画をDVDに作成ソフトはiDVDだ。(Windowsユーザ向けに、書き込みソフトImgBurnの使い方はコチラ>>)動画をDVDに焼くことが正式にスタート。

ステップ1:新規プロジェクトを作成する。

まずiDVDを起動する。そうしたら画像のようなウィンドウが出てくる。「新規プロジェクトを作成」を選択する。新しく出たウィンドウに名前を入力し、場所を選択する。

ステップ2:テーマを選択する。

テーマを選択することと同時に、背景イメージや背景ムービーや、タイトルや、ボタンまで選択できる。まずお好みに合うテーマを一つ選ぶ。ウィンドウがなにか出たら「OK」をクリックする。
この時に、右のボタンでDVDのメディアとボタンが設定できる。

ステップ3:コンテンツを追加する。

追加ボタン(下にある三つのボタンの中で一番右にあるボタン)をクリックして、先ほど変換と編集完了の動画をソフトに追加する。そうしたら左のボタンを押して、マップビューになる。マップビューにプロジェクトを整理する。動画の再生順番のようなものを、この時にする。また、次から次へと、タイトルに戻らなくて再生する動画は、一番目の動画をステップ2で追加するが、ほかの動画をこの時に追加する。

ステップ4:プロジェクト情報を確認して、DVDを作成する。

「プロジェクト」で「プロジェクト情報」を選択したら、新しいウィンドウが出てくる。このウィンドウで、各情報を確認する。そうしたら「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスクの挿入指示が表示されたら、ドライブに空のディスクを挿入する。そうしたら動画からのDVD 焼くことができあがった。

★Macユーザ向けに:iDVDの詳しい使い方>>
★Windowsユーザ向けに:ImgBurnはコチラ>>

iDVDをインストールできない場合、Burnで動画をDVDに書き込み

Burnを利用すれば動画からDVDに無料で焼くことも簡単に実現可能。BurnでiMovie DVD 書き込み

ステップ1:
Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順設定してください。

ステップ2:
「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

ステップ3:
左下にある「」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されますので、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

ステップ4.
「ディスク作成」をクリックすると動画をDVDに焼く処理が開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ。

上記のように、動画をDVDに書き込みの前、ちゃんと動画を変換して編集したほうがいいよ。そうしたら、出来たDVD動画はもっときれいよ。元の動画を適切な動画形式(動画をDVDに変換なら、Mpeg-2)に変換して編集した後、動画DVD書き込みソフトでDVD作成だけでいい。上記の動画をDVDに焼く方法が役に立てば幸い。あなたも試してみてください。撮影動画、ニコニコ、Openload、ヤフー、ニコニコ動画、FC2動画、GyaO!、ツイキャス、Hulu(フールー)、ひまわり、YouTube動画をDVDに書き込みできる。

ここで使っているMacX Video Converter Proは320+ビデオと50+音声を変換し、編集するだけではなく、動画を圧縮し、容量を小さくできる。動画をiPhone(iPhone SE/6s/6s/6/6 plus/5s/5c), iPad (iPad Pro/Air 2/mini4/mini3), iPod(iPod Touch6/5),Xperia(Xperia XP/Z5/Z4/Z4 Compact),サムスン(Galaxy Note7/Galaxy S7/S7 Edge/S5/S4)などのお使いのデバイスに変換できる。それに、このソフトは、動画ダウンロード機能やスライドショー作成機能さえもあり、YouTube、FC2、Gyao、Vimeo、Anitube、Openloadなどの動画共有サイトから好きな動画・音楽を一括ダウンロードしたり、デジカメで撮った素敵な写真をスライドショーに作成し友達と共有したりして、あなたのデジタルライフをもっと充実させる。そして絶えず更新され進化を続けていくので、全ての以前と最新のOSとの互換性が素晴らしく、最新の動画形式でも対応でき、最新の動画でもダウンロード可能よ。

MacX Video Converter Proの使い方はこちらへ

MacX Video Converter Pro

気に入りの動画をDVDに素晴らしく書き込みしたいなら、MacX Video Converter Proを利用してください。MacX Video Converter Proは高品質エンジンを搭載する同時に、ハイパースレッディング、マルチコアCPUをサポートするため、83X速い変換スピードとオリジナルとまったく同じ出力品質を提供している。また、動画ををiPhone6/6 Plus,Xperia Z3/Z3 Compact,Galaxy Note4/Note Edge/Galaxy S5,ARROWS NX Fなどの最新スマートフォンに取り込むことをサポートしている。

MacLife レビュー

MacX Video Converter Free Edition高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換フリーソフト。Macで超簡単且つフリーに動画を変換可能。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。