ホームBlog >高画質で動画をDVDに焼く

【講座】高画質で動画をDVDに書き込みする方法を詳しく紹介する

 

高画質で動画をDVDに書き込み

今の時代でも DVDディスク に動画データを書き込む機会は多いと思う。

YouTubeから保存された動画、撮影された動画や編集動画をDVDに書き込みする時、できるだけ高画質で焼きたいことがよくあるだろう。

さて、この記事では高画質で動画をDVDに焼く方法をわかりやすく説明する。

1.「DVD 画質」について知っておきたいこと

質問1
  • どうして高画質の動画をDVDに書き込みしても、出来上がったDVDディスクをDVDプレイヤーで再生してTVで視聴すると、画質が落ちることがあるか。

〇回答

動画ファイルをDVDプレイヤーで再生してTVで見たいなら、「DVDビデオ」という規格でディスクを作成する必要がある。

DVDビデオの規格にはビットレートに制限があるため、DVD画質にも制限がある。つまり、元々高画質にされた動画をDVDに書き込みしても、DVD再生画質はソースと比べれば画質に差が出る。

  • 動画規格一覧
    8K(SHV)→ 4320p =解像度:7680×4320
    4K(UHD)→ 2160p=解像度:4096×2160 or 3840×2160
    2K(WQHD) → 1440p =解像度:2560×1440
    フルHD → 1080p =解像度:1920×1080
    HD画質 → 720p =解像度:1280×720
    SD画質 → 480p =解像度:720×480

    という規格の中で、DVD-Videoは→ SD画質規格→ 480p=解像度が720×480しかない

つまり、元データがハイビジョン映像でもDVDビデオ規格で書き込みすると、SD画質になってしまう。当然画質は悪い。

 

質問2
  • では、高画質で動画をDVDに作成できないのか。

〇回答

高画質で動画をDVDに書き込みする方法がある。

  • @DVDディスク→USB フラッシュドライブ

  • DVDディスクはUSB フラッシュメモリと同じように、動画データをそのまま無劣化で保存できる。ただし、そのまま動画をDVDに保存するのが一番きれいだが、PCでのみの視聴になる。

  • ADVD-Video規格で焼く場合

  • ▲できるだけ高画質で焼く
    動画編集変換ソフトで動画を高画質、最大ビットレートにしてMPEG-2形式で書き出し後でDVDディスクに焼く。

  • ▲2層DVDで焼く
  • 場合によって、1層DVD-5の代わりに、2層DVD-9を使えば、DVD動画の画質を上げることができる。

  • DVDの最高画質(標準ビットレート7.7Mbps/最大ビットレート9.0Mbps)で収録すると、DVD-5の場合、約60分収録することができる。
    2時間収録できると言われるDVD-5が、2時間を収録するためには、ビットレートを3.6Mbps程度まで落とさないと収録できない。ビットレート3.6Mbpsと7.7Mbpsでは情報量に差があるので、それだけ画質にも差がでてくる。

  • DVDの最高画質で2時間を収録したい場合はDVD-9を使用してください。

  • BAVCHD規格で焼く

    SD規格より綺麗な動画ソースをAVCHD規格でDVDに書き込みすれば再生画面が高画質で楽しめる。
    AVCHD規格は→フルHD画質規格→ 1080p=解像度:1920×1080

    ただし、DVD-Video規格で焼いたDVDがどのプレーヤーでも再生できるが、AVCHD規格で焼いたDVDの再生環境が限られる。

  • Cブルーレイディスクに焼く

  • ブルーレイは綺麗だし、ブルーレイプレイヤー持ってる人も増えている。ブルーレイの解像度は1920×1080、今4kブルーレイコンテンツ(3840×2160ピクセル)も発売している。ただし、ブルーレイディスクの値段が高く、再生環境が整っていない。

 

先述のように、高画質で動画をDVDディスクに焼く方法は大きく分けて二つの種類がある:DVDディスクをUSB フラッシュドライブとして動画をDVDにそのまま保存する方法と、DVD-video規格で焼く方法。

DVD-video規格で焼いたDVDの画質が最高でもSD画質になるが、通常の状況下では、やっぱり動画をDVD-video規格で焼きたいことがよくある。この記事では、なるべく画質劣化を防ぎ、DVD-video規格でDVDに焼くための方法と裏ワザを詳しく紹介する。

また、DVDディスクをUSB フラッシュドライブと同じように使用してそのまま動画を高画質でDVDに保存できるので、この方法も詳しく紹介する。

↓↓↓

2. 高画質で動画をDVDに書き込みする方法

2.1 高画質で動画をDVDに書き込みする方法→できるだけ高画質で動画をDVDに焼く方法(DVD-video規格で焼く方法)
  • 評価・評判
    メリット:PCでも、家庭プレイヤーでもうまく再生して視聴できる。

  • デメリット:HD画質、フルHD画質、4K画質などの動画でも、DVDに書き込みすると再生動画がSD画質になる。

  • ご注意:1時間以上の動画をDVD-5に書き込みすれば、SD画質より劣化されている可能性が大きい。1時間以上の動画を少なくともSD画質で書き込みしたい場合はDVD-9を使ってください。

高画質で動画をDVDに書き込みする手順

  • Step1

    動画をDVD焼き用MPEG-2に変換する。

    DVD映像ファイルはMPEG-2形式(DVD-video規格のフォーマット)。直接動画ファイルをDVDにコピーすれば、家庭DVDプレーヤーで再生できない可能性が高い。そのため、動画をMPEG-2に変換した後、DVDに焼いたほうがいい。

    私はMacX Video Converter Proで編集を行っているので、MacX Video Converter Proを使って動画をMPEG-2に変換する方法を紹介するが、他の変換ツールを使っている方でも同じような事ができるはずだ。

    MacX Video Converter Proのダウンロード↓↓↓(100%安全・広告なし・ウイルスなし)

     

    MacX Video Converter Proを起動して、ホーム画面で標記されたボタンをクリックしてDVDに書き込みしたい動画をMacX Video Converter Proに追加する。

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    新たなウィンドで、「DVD動画」を選ぶ→日本では「NTSC DVD 動画」を選んでください。「NTSC DVD 動画」の形式はDVD焼き用MPEG-2。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step2

    品質調整

    動画情報の横に歯車のアイコンをクリックする。

    @解像度を最大にする。

    Aビットレートを最大にする

    先述したがDVDのビットレートは最大で9.0Mbpsなので、書き出す際のビットレートを最大にする。ビットレートを高くするとデコーダーの負担は大きくるが画質が向上する。

    ビットレートを「手動設定」に変更する→「CBR」を選ぶ→「目標のビットレート」を最大値「10000」に入力する→「完了」クリックする。

    この状態で動画ファイルを書き出して下さい。 書き出すには右下の「RUN」ボタンをクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step3

    DVDオーサリングソフトを使って書き出したMPEG-2動画ファイルをDVD-Video規格でDVDに書き込みする。

     

    Windowsユーザなら、WinX DVD Copy ProというDVDオーサリングソフトをおすすめする。WinX DVD Copy Proのダウンロード↓(100%安全・広告/ウイルスなし)

     

    Macユーザなら、BurnというDVDオーサリングソフトをおすすめする。Burnの公式ページ↓↓↓

     

    ■ WindowsユーザはWinX DVD Copy Proを使って高画質で動画をDVDに焼く方法(DVD-Video規格で書き込みする方法)↓↓↓Macユーザはコチラへ>>

    @DVDライティングソフトWinX DVD Author(100%安全)をパソコンにインストールして起動する。ホーム画面から「Video DVD Author 」をクリックする。

    A「+」ボタンで書き出したMPEG-2動画ファイルの追加 (「−」〜削除、「↑」〜前、「↓」〜後)下のDVD-5/DVD-9のところで空のDVDの空き容量が確認できる。動画ファイル追加完了後、「>>」 ボタンをクリックして次のステップへ進む。

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    Bスクリーンサイズ&DVD メディアの種類の選択。

    スクリーンサイズの選択: 4:3 標準スクリーン または 16:9 ワイドスクリーン
    レターボックス(黒帯)を自動追加して画像比率を維持する。 ( 有効 / 無効 )
    DVDメニューを作成する ( 有効 / 無効 )
    DVD メディアの種類の選択: DVD-5 ( 片面一層式 ) または DVD-9 ( 片面二層式 )

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    CDVDに書き込むファイルを全て追加と書き込みオプションの設定が終了したら 「>>」 ボタンをクリックしてDVD書込みウィザードを次のステップへ進める。

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    DDVDメニューの編集
    タイトルメニュー・ボタンの位置調整 ( ドラッグ & ドロップで移動 )
    背景画像の選択 ( プリセット画像から選択またはオリジナル画像の追加選択 )
    テキスト追加・編集、バックグランドミュージックの追加
    タイトルメニューもチャプターメニューも編集方法はほぼ同じ

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    E空のDVDをドライブに挿入する。 書込みメディアの準備が完了したら 「Start」ボタンをクリックして動画を高画質でDVDに焼くプロセスがスタート。

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    ■ MacユーザはBurnを使って高画質で動画をDVDに焼く方法(DVD-Video規格で書き込みする方法)↓↓↓

    @Burnを起動すると、「ビデオ」タブ→「一般」→「一般」タブ→「NTSC」の手順で設定してください。

    A「ビデオ」タブ→「DVD」→「MPEG2エンコードを強制する」をチェックする。複数の映像ファイルを入れるのであれば「DVDテーマを使用」をチェックしたほうがいい。

    B左下にある「+」ボタンからファイルを追加。「mpgにそのファイルを変換しますか?」と表示されたら、「変換」を選択。その後、ファイルの保存先を指定してください。

    C「ディスク作成」をクリックすると高画質で動画をDVDに書き込みするプロセスが開始。あとはDVDができあがるのを待つだけ。

    高画質で動画をDVDに書き込み
2.2 高画質で動画をDVDに書き込みする方法→DVDディスクをUSB フラッシュドライブと同じように使用する
  • 評価・評判
    メリット:動画を劣化しなく、そのままDVDに焼く。
    デメリット:そのままDVDに焼くのが一番きれいだが、PCでのみの視聴になるので、家庭プレーヤが再生できない。

さて、次はこのDVD書き込み方法を詳しく紹介する。

1.Windowsユーザ向け高画質で動画をDVDに書き込みする方法
  • Step1

    まずPCのCD/DVDドライブに空ディスクを挿入する。以下のディスクの書き込みの通知が表示される。

    ディスクのタイトルのテキストボックスにCD/DVDディスクのタイトル名を入力する。

    USB フラッシュドライブと同じように使用するを選択したら、「次へ」ボタンをクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step2

    空ディスクにデータの書き込みができるよう下準備が進み、空ディスクのフォーマットが行われる。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step3

    DVDに保存したい動画ファイルをこのドライブフォルダーへをドラッグしてディスクにファイルを追加する。

    高画質で動画をDVDに書き込み

     

    または以下のように、対象フォルダー(ファイル)上をマウス右クリックし、送る > DVD RWドライブ(通常のCD/DVDドライブ)をクリックすることによって、動画をDVDディスクに保存することもできる。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step4

    フォルダーアクセスの拒否ウィンドウが表示される場合があるが、管理者アカウントユーザーであれば、「続行」ボタンをクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step5

    正常にデータの書き込みが開始された場合、以下のように表示される。動画をDVDに保存完了までちょっと待ってください。

    高画質で動画をDVDに書き込み

 

Macユーザ向け高画質で動画をDVDに書き込みする方法
  • Step1

    空のDVDを入れる。「操作」で"Finderを開く"を選択して「OK」ボタンをクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step2

    Finderが開くので、DVDにバックアップをとりたい動画ファイルが入ってるフォルダをクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step3

    Finderのメニューで「"フォルダ名"のディスクを作成...」をクリックする。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step4

    ディスク名を入力して「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスク作成速度はそのままでもOKだと思う。

    高画質で動画をDVDに書き込み
  • Step5

    ファイルを高画質でDVDへ書き込み始めるので、しばらく待っとく。ディスク作成プロセスが消えたら書き込みが完了した。

    高画質で動画をDVDに書き込み

【対策】DVD焼く画質落ちる・焼いたDVD画質悪い | DVD高画質書き込みソフトおすすめ

DVD焼く画質落ちる、焼いたDVD画質悪いという状況が遭ったことがありますか。画質を落とさずにDVD書き込みたいのですが、どのような方法があるでしょうかさて、今回の記事では、DVD焼く画質落ちる理由、優秀なDVD高画質書き込みソフトおすすめ、及びDVDを高画質で焼く方法 ...

https://www.macxdvd.com/blog/smart-dvd-burning-quality-loss.htm

ホームBlog >高画質で動画をDVDに焼く

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。