ホーム > ブログ >VideoPad使い方を解説

初心者さん向け|VideoPad使い方を簡単に身につけよう!

VideoPad使い方

実は、VideoPadは有料の動画編集ソフトだが、無料で30日使えるので、且つVideoPadには豊富な機能を搭載しているので、VideoPadで動画を編集したいユーザが多いね。写真と動画を編集し、動画の音量を調整し、動画に特殊効果を入れるなどのideoPad動画編集機能が多い。では、今回、みなさんもVideoPadを上手に使えるため、動画編集ソフトVideoPad使い方を素人でもうまくいけるように解説する。

また、VideoPad使い方を解説した後、VideoPadよりもっと使いやすい且つ超高機能のツールもみなさんにご紹介。皆さんは自分の使う習慣によって動画編集ソフトを選択だけでいい。では、早速一緒に動画編集ソフトVideoPad使い方を見てみよう。

初心者も分かるように動画編集ソフトVideoPad使い方を解説

VideoPad使い方

まずは公式サイト(http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/)からVideoPadをダウンロードしてインストールしてください。

インストールが完了した後、VideoPadを起動してください。まあ、インタフエースのデザインが少し複雑だね。

では、それからVideoPad動画編集ソフト 使い方を正式に解説。

 

 

あわせて読みたい:

動画の編集・変換・ダウンロードを全部簡単に実現できるツール>>

VideoPad使い方その1:動画ファイルの編集を例として(写真も大体同じ)

VideoPad使い方

ステップ1:インタフェースの左上の「メディアを追加」をクリックすると編集したい動画を追加。
右のように、インタフェースの左に選ばれた動画ファイルの名が表示される。

ヒント:複数の動画を選択する場合、Ctrlキーを押しながら選択したい動画を全部クリックだけでいい。(右のように、選ばれた動画がすでに紺色で表示される)

 

 

 

VideoPad使い方

ステップ2読み込ませた動画ファイルを「タイムライン」に入れる。(「タイムライン」は動画編集の作業台といえる。)
左上のインタフェースに読み込んだ動画ファイルのひとつをクリックしてください。すると、画面が右のように変わった。その後、表示された画面の下にある緑の↓をクリックしてください。そうすると、選択した動画がタイムライン(編集作業台)に入れた。

 

 

 

VideoPad動画編集使い方その2:自分の好きな長さに動画をトリミングして編集しよう

VideoPad使い方

ステップ1右のように、赤いと赤いの間に赤い▲と青い▲があるね。その赤い▲と青い▲をクリックしたまま左右にずらすとタイムラインの動画の長さを変えられる。

ステップ2完了した後、2つ目の動画ファイルを挿入しようとすると「挿入位置をどこにするか?」と聞かれるので、「タイムラインの末尾」を選択してください。


ステップ3前のしたように、3つの動画ファイルをタイムラインに入れて、それぞれ長さを調整した。

ヒント:画面最左上部の「ファイル」をクリックして「プロジェクトに名前をつけて保存する」をクリックしてくだい。ソフトがクラッシュしたら大変、編集したファイルの紛失を未然に防ぐために、時々「ファイル」、「プロジェクトに名前をつけて保存する」をクリックしてくだい。

VideoPad動画編集ソフト 使い方その3:動画ファイルの音声を編集

VideoPadで音声をフェードイン・アウトでき、音量も調整できる。

VideoPad使い方

ステップ1まずは動画ファイルの音声をフェードイン・アウトしよう。
例えば、タイムライン頭にある動画を右クリックして、「フェードイン」をクリックしてください。そうすると、「フェードイン時間」が表示されるので、好みで調整して、OKを押してください。そのようにすれば、ほかの残った動画の音声もフェードイン・アウトできる。

ステップ2これから、動画ファイルの音声を調整しよう。
タイムライン左にある音量バーを左右に調整すると、そのタイムラインの音声すべてに効果が反映される。

 

 

動画編集ソフトVideoPad使い方その4:動画ファイルに字幕・文字を追加

VideoPad使い方

ステップ1右のように、インタフェースの上部にある「サブタイトル」をクリックしてください。

 

ステップ2すると、文字編集画面が表示されるので、好きな文字を入力してください。

 

 

 


VideoPad動画編集その5:動画間に特殊効果を入れる

VideoPad使い方

ステップ1例えば、1つ目と2つ目の動画の間のつなぎにふわぁーっとなる特殊効果を入れたいなら、タイムラインに1つ目動画ファイルの最後の上に四角いトランジションボタンがあるのでクリックしてください。

 

ステップ2すると様々な特殊効果が表示されるので、好きな特殊効果を選択してください。


VideoPad使い方その6:最後は動画を保存しよう

VideoPad使い方

ステップ1画面上部にある「動画を保存」をクリックしてください。

ステップ2すると、「ビデオ出力設定」画面が表示される。ご使用目的によって出力形式を選択するだけでいい。

ヒント:動画ファイルは容量が大きいとVideoPadソフトが不安定なので、こまめに保存したほうがいい。そして、VideoPad画面左上のメニュー「ファイル」内に、(プロジェクトファイルの保存)、又は、(プロジェクトファイルに名前を付けて保存)で、再編集出来る保存になる。

 

 

動画の編集・変換・ダウンロードを全部簡単に実現できるツール>>

VideoPadの代わり、動画を編集・ダウンロード・変換には実用的で簡単な方法がここ!

これで、VideoPad使い方が大体終わった。実は、初心者さんなら、動画を編集するにはもっと簡単な方法がある。ここで強くオススメたいのはMacX Video Converter Pro。VideoPadと同じ、動画のトリミング、音量の調整、字幕追加などの機能を持つ上、ほかのVideoPadが持っていない機能も素敵:

 

MacX Video Converter Pro写真を素敵なBGM付きスライドショー・ビデオを作成し、効果化させ、YouTube、Facebook、ブログなどにアップロード。
ビデオ・動画にイメージ/テキストウォーターマークを追加することができる。それに、追加されるウォーターマークの透明度、方向を調整することが可能。
任意の動画をMP4, AVI, MOV, WMV, MP3, FLVなど任意の形式に変換し、また、YouTubeなどの共有サイトに直接アップグレードできる形式に高画質且つ高速で変換。
動画編集機能のほかに、YouTubeなど 300以上の動画共有サイトから動画をダウンロードできる。例えば:YouTube , Gyao, ニコニコ動画, ひまわり, Openload, Vimeo, miomio, FC2動画, Dailymotion, Pandora.TV等など。
Mac版にスクリーンレコードという画面を動画で録画できる機能が付いている。ゲームアプリの操作画面や動画再生中の画面を録画する時などに便利だ。YouTubeに記録したチュートリアルをアップロード時や、ダウンロードせずにオンラインビデオをオフラインで見たい時、iTunes DRMビデオを無制限に楽しめる。

最後は、動画編集ソフトVideoPad使い方よりMacX Video Converter Proの使い方はずいぶん簡単! VideoPadより安定性もずいぶん高い。興味があったら試してみてください〜

MacX Video Converter Proの詳しい使い方はコチラ>>

MacX Video Converter Pro

VideoPad使い方より簡単な方法:この強力な機能を持っているMac用動画変換・編集ソフトにカット、トリム、結合、字幕追加、スライドショー作成などというビデオ編集機能を備える。また、300以上の動画共有サイトから動画をダウンロードできるだけではなく、320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵しており、高速且つ高品質で、ダウンロードした動画をiPhone/7/7 PlusSE/6s/6s Plus/6/6 plus/5s,iPad Pro/mini 4/mini3/mini 2/Air 2/Air,iPod Touch6/nano/Classic,新型Apple TV/Apple TV,iTunes,Xperia XZ/X,Galaxy Note7/S7 Edge+、ASUS、ARROWS、AQUOS、Surface Pro4などのほとんどのデバイスに取り込める。更に、

MacLife レビュー

素晴らしいopenloadの動画のダウンロード保存ソフトにより、Windows&Macの上でopenload保存できるほか、openloadの動画を録画したり、openloadの動画をMP4に変換したり、openloadの動画をiPhoneに入れたりして、いつでもどこでも再生できる。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。