ホーム > ブログ >AWAとApple MusicとLINE MUSICどっちがいい?

AWAとApple MusicとLINE MUSICどっちがいいか?各方面で徹底に分析!

AWAとApple MusicとLINE MUSIC

AWAとは

洋楽・邦楽共に多彩なジャンルで国内最大規模の数百万曲の楽曲をいつでも楽しむことができる新たなサブスクリプション型(月額定額制)の音楽ストリーミングサービスである。AWAのアプリダウンロード数は正式提供開始時点の2015年5月27日から、2015年6月10日まで累計100万ダウンロードを突破したそうである。プレイリストの作成数が邦楽洋楽合わせて20万件を超えるのはその大きな特徴の一つである。そして、AWA独占の有名プロデューサーやアーティストによるプレイリストも相次いで公開されている。音楽好きの方の中で、高い人気を集めている。

LINE MUSICとは

「LINE MUSIC」は先立って公開されている音楽配信サービスと同じく、決められた料金を支払えば、数百?数千万曲ある音楽が聞き放題になるサブスプリクション型のサービスである。インターネット上の音楽ライブラリからお気に入りの曲を検索して、聴き放題で音楽を楽しむことができる。ところで、LINE MUSICは邦楽をメインに据えるので、洋楽より、邦楽 のほうがもっと楽しんでいる方にぴったり。そのアプリダウンロード数がサービス公開から2日目に驚かせるほど100万件を突破した。

Apple Musicとは

「LINE MUSIC」は先立って公開されている音楽配信サービスと同じく、決められた料金を支払えば、数百?数千万曲ある音楽が聞き放題になるサブスプリクション型のサービスである。インターネット上の音楽ライブラリからお気に入りの曲を検索して、聴き放題で音楽を楽しむことができる。ところで、LINE MUSICは邦楽をメインに据えるので、洋楽より、邦楽 のほうがもっと楽しんでいる方にぴったり。そのアプリダウンロード数がサービス公開から2日目に驚かせるほど100万件を突破した。

(おススメ)役に立つ可能な動画音楽無料ダウンロードソフト

AWAとApple MusicとLINE MUSICの上で、豊富な曲が用意しているが、たまに、オフラインで再生したり、画面付きPVを鑑賞したい時もあるだろう。そのため、ここでは、YouTubeをはじめ、ニコニコ動画、FC2動画、Gyao、ひまわりなどを含め、300を超える動画共有サイトから好きな動画や、音楽や、PVをダウンロードできる無料ソフトMacX Video Converter Proをお届ける。

MacX Video Converter Proを使って、初心者にも分かる簡単にお気に入りの動画をネットからダウンロードして、お使いのデバイスiOS、Android、iPhone XS/XR/8/7/6Plus、iPad、Xperia Z1/Z2/Z3/Z4、Galaxy S10 / S9 edgeなどに取り込んで再生することができる。そうすると、通信量に心配しなくても結構。

Mac用
Windows用

AWAとApple MusicとLINE MUSICどっちがいいか、どこがいいか

AWAとApple MusicとLINE MUSICとも定額制の音楽配信サービスとして、どっちがいいかと類似品の比較が避けしづらい。ぞれぞれの特徴、月額料金、配信曲数、音質、通信量など、注目されているところである。以下の内容はその五つの方面でAWAとApple MusicとLINE MUSICを比較しよう!

比較項目:

AWAとApple MusicとLINE MUSIC:ぞれぞれの特徴

AWAの特徴:
● 独自開発のレコメンデーション機能
● 人気DJや音楽プロデューサー、一般人によるプレイリスト

AWAの特徴:
● 独自開発のレコメンデーション機能
● 人気DJや音楽プロデューサー、一般人によるプレイリスト

AWAの特徴:
● 独自開発のレコメンデーション機能
● 人気DJや音楽プロデューサー、一般人によるプレイリスト

MP3変換アプリiPhone用おすすめ|無料・高音質でYoutube/FC2動画/ニコニコ動画をMP3に変換する>>

AWAとApple MusicとLINE MUSIC:月額料金

1

AWA

ライトプラン:360円
プレミアムプラン:1,080円

2

Apple Music

980円

3

LINE MUSIC

プレミアムプラン:1,000円
ベーシックプラン:500円(20時間/月), 600円(30時間/月)

ユーザーとして、やはり月額料金が一番気になるだろう。以上の表から見れば、よくわからないところがあるかもしれない。例えば、AWAのライトプラン、プレミアムプランって何か。

プレミアムプランでは自分でプレイリストを作成したり、ある程度自分の好きな曲を好きなように…ウォークマンやiPodのように使える。一方、ライトプランでは自分のプレイリストが作成できず、既存にあるものを聴く、というスタイルである。つまり、使い方の自由さにより、その2種類のプランの価格は大きな差がある。

そして、LINE MUSICのプレミアムプランどうなるか。プレミアムプランは30日間聴き放題のプランである。それに対して、ベーシックプランは30日間のうち20時間だけ楽曲を再生できるというもので、20時間聴き終わってまだ聴きたい場合は、10時間ずつ追加することも可能である。以上3種類のプランはただ利用有効期間が違っていて、それぞれの機能差はなさそうである。

AWAとApple MusicとLINE MUSIC:配信曲数

1

AWA

500万曲以上(2015年末予定)

2

Apple Music

3,000万曲以上

3

LINE MUSIC

500万曲以上(2015末予定)
1,000万曲以上(2016末予定)

AWAとApple MusicとLINE MUSICどっちを選ぶかと言えば、配信曲数は重要な一環である。Apple Musicの前身サービスに当たるBeats Musicが2,000万曲を揃えていて、圧倒的に勝っている。ただし、おそらく国によって異なる配信楽曲数を提供しているだろう。国内では、200万曲?999万曲と予想されている。それに、数百万曲のうち、大半が洋楽という事態も想像できる。そうなれば邦楽に関しては国内サービスのほうが使い勝手が良くなるかもしれない。AWAの場合、洋・邦楽共に「国内最大規模」の数百万曲を用意しているといい、2015年末までに約500万曲、2016年末までに1000万曲の提供を見込んでいるという。LINE MUSICが発表された頃、配信曲数150万ぐらいだが、年内に500万曲以上、来年中に3000万曲以上に増やす計画だということである。そうなると、配信曲数では、AWAとApple MusicとLINE MUSICは大きな差がなし。あくまで音楽におけるジャンルの種類の差だろう。

AWAとApple MusicとLINE MUSIC:音質

1

AWA

320kbps / 128kbps / 96kbps / 64kbps

2

Apple Music

256kbps

3

LINE MUSIC

320kbps / 192kbps / 64kbps

音質の点から見れば、国内のAWAとLINE MUSIC柔軟な設定がある上、Apple Musicより超高音質の効果を達する。 具体的に言えば、音質の指標は、128kbpsで標準音質、160kbpsで良音質、192kbpsで高音質に区分けしているのである。 256kbpsもう十分の高音質だが、320kbpsだったら、超高音質と言える。だが、320kbpsの超高音質を体験したい場合、 WIFIと接続することが必要。スマホの通信制限を考えて、WIFI以外で長時間使う場合は高音質ではなく、普通くらいの音質で聴くことをオススメする。

AWAとApple MusicとLINE MUSIC:通信量

スマートホンの通信量規制(ご利用可能なデータ容量を超過した場合、キャリアによって、同月末まで、あるいは請求月末まで、通信速度を最大128kbpsとなる)のため、AWAとApple MusicとLINE MUSICどっちが最小通信量を使用するかとある程度でものをいう。

1

AWA

約74MB (64kbps)

2

Apple Music

-

3

LINE MUSIC

約218MB (64kbps)

上記の表は、一番低いビットレートで、1時間ほど連続で同じ曲を再生しようとしていた結果である。驚かせることに、LINE MUSICがAWAより約3倍の通信量を使用しているのである。通信量が心配な人、通信量を抑えるAWAを選んだり、あるいは、通信速度制限にならないため、LINE MUSIC」を設定したりしたほうがおススメ!

動画・音楽ダウンロードフリーソフト〜MacX Video Converter Pro

ユーザー体験を一段と優れたものにするために、更新し続ける。また、ダウンロードしたYouTube動画、ニコニコ動画、FC2動画、ツイキャス、ひまわり動画・音楽から好きなシーンだけを取り出して、マイコレクションに保存することができる。総合的に見れば、このMac動画ダウンローダーは簡単操作、最速、高品質を兼ね備える製品である。お客様の満足度向上を目指し、これからもお客様の視点に立って最善を尽くしている。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper Proは更新しつつ、DVDをOS X10.11/Windows 10にコピーできるほか、OS X10.11/Windows 10で、高画質且つ高速でDVDをお使いのデバイスにト取り込める。DVDの動画をコピー/リッピングするには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。