ホームBlog >Mac DVD再生ソフトおすすめ

【2019版】 Mac DVD再生ソフトを選べない!人気Mac用DVD再生ソフト5選をおすすめ!

映画鑑賞といえば、映画館で見たり、VODで見たり、DVDをレンタルしたり。映画館で映画を視聴するのは、圧倒的な音響、スクリーンおよび独特の雰囲気を体験できるのでいいが、自宅でゆっくりDVDを鑑賞するのも楽勝。ところで、パソコンでDVDを再生する習慣がある人にとって、品質の高いDVD再生ソフトを見つけるのは大事なことである。Macユーザーなら、Macに標準搭載するアプリの他、第三者のサイトから色々なMac DVD再生アプリをダウンロードとインストールできる。種類が多すぎて選べないだろうか。それに、お使いのMac DVD再生ソフトによって、再生できるDVDディスクの種類(一般的な家庭用DVDやCPRM付地デジDVD)も異なる。今回の記事では、Macユーザー向け、各方面で人気高いかつ使いやすいMac DVD再生ソフトをおすすめ。

Mac DVD再生ソフト要らず!簡単にDVDファイルを再生可能!

MacX DVD Ripper Pro - DVDを様々な動画ファイル形式へ変換して保存できるMacリッピングソフトウェアである。280+出力プロファイルを搭載するため、DVDをMP4、M4V、FLV、MOV、MPEG、AVI、MP3などへリッピングしたり、また、iPhone X/8、iPad Pro /Air2 /mini4、Xperia XZ /Z5 /Z4、Galaxy Note7 /S8、Nexus 6P、Surface Pro4など人気なデバイスで使える形式へも変換できる。再生するたびに、DVDをドライブにセットして、Mac DVD再生ソフトを利用して視聴するより、手っ取り早い。
 
 

Mac DVD再生ソフトいついて注意すべき豆知識

記録方式と使用用途によって、DVDの種類が様々である。DVD記録方式にはVRモード、ビデオモード、+VRモードの3つがあって、DVDメディアにも複数の種類がある。モード(記録方式)、メディアの組み合わせで出来ることも変わっていく。例えば、地デジのCPRM対応放送を録画してもらったDVDはVRモードで記録される。一方、一般的な家庭用DVDを代表する市販・レンタルDVDや、自作DVDはビデオモードで記録されている。VRモードでは、一般のプレーヤーで再生不可(CPRM対応機)でのみ再生可能。それに対して、ビデオモードでは、一般のプレーヤーでの再生が可能という区別がある。 

それ以外に、DVDプレーヤー及びDVDディスク(市販・レンタルDVDの場合)には、発売地域ごとに再生可能な1〜6までのリージョンコード(地域番号)が割り当てられている。再生するディスクのリージョンコードとプレーヤーのリージョンコードが違う場合は再生できない。いま、どのリージョンのDVDでも再生することが可能なリージョンフリーのものや、またはそのように改変することができるDVDプレーヤーが一部のメーカーから正規販売されている。

自作DVDが普通のMac DVDプレーヤーで再生できない問題について理由と対策!

普通のMac DVDプレーヤーで再生できる形式は標準的なDVD-Video形式である。動画をDVDディスクに焼いてもMac DVDプレーヤーで再生できないのは、DVD-Video形式というDVDプレーヤーの規格に合った形でディスクに保存しなかったのである。

DVD-VIDEO形式とは、VOB、IFO等のファイルを含む「VIDEO-TS」というファイルをUDFフォーマットで書き込んだディスク形式の事で、動画形式とは意味が違う。標準的なDVDビデオの中には、「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」という二つのフォルダが存在し、「VIDEO_TS」フォルダの中には拡張子「.BUP」「.IFO」「.VOB」というファイルが入っている。

あえて言うなら拡張子VOBがDVDビデオの動画ファイルだが、単体で書き込んでも意味はない。一方、例外として、映像のISOイメージファイルをDVDに焼いてDVDプレーヤーで再生出来できる。ISOを焼くと、展開されてデータとしてVIDEO_TSとAUDIO_TSのファイルがDVDに焼かれる。ですから出来上がるのは同じである。

要するに、DVD内のデータは「AUDIO_TS」「VIDEO_TS」という形で保存されない場合、どんなMac DVDプレーヤーでも再生できないとご注意ください。

No.1 Mac DVD再生ソフト:「5KPlayer」

Mac DVD再生ソフト

【日本語対応】: 可能 
【CPRM対応】:不可
【リージョンコードフリー】:可能
【価格】:無料
【MacでDVD再生方法の容易さ】:★★★★★

5KPlayerとは、多くの動画ファイル形式を再生及びダウンロードすることができるフリーソフトである。MKV、M2TS、MP4、AVI、WMV、FLV、4K、5K、8K、1080p、HD動画、DVD及びラジオ再生がすべて対応可能。5KPlayerの特徴といえば、UIがシンプルでかっこいい、シングルディスプレイでも「ながら見」しやすい、ライブラリ回りの機能が地味に便利、動画プレーヤーというよりはファイルの管理を含めた動画ブラウザとしての利便性が高いという。一方、MacでDVDを再生において、画質、音質ともに一番良い状態で、再生速度も変更可能し、さらに、DVDリージョンコード制限(リージョン1-6)も解除できる。とにかく、5KPlayer はNo.1 Mac DVD再生ソフトとして、多機能、操作性、使いやすさ、性能等がすべて最高峰。

MacX DVD Ripper ProダウンロードMacX DVD Ripper Proダウンロード

No.2 Mac DVD再生ソフト:「Apple DVD Player」

Mac DVD再生ソフト

【日本語対応】: 可能
【CPRM対応】:不可
【リージョンコードフリー】:可能
【価格】:無料
【MacでDVD再生方法の容易さ】:★★★★☆ 

Apple DVD Playerは、Mac系パソコンに標準搭載されてMac OS XのデフォルトDVDプレーヤーである。完全無料でMac OS X v10.6およびそれ以前のバージョンをサポートしている。複数のビデオ・トラックと、複数のオーディオ・トラックと、複数のサブタイトルトラックを格納するDVDを含め、あらゆる種類のDVDでも読み込んで再生できる。そして、DVD Studio ProとiDVDで作成されたDVDと互換性がある。便利なナビゲーションボタンが付いているので、使いやすく操作できる。だが、著作権を保護するために、このMac DVD再生ソフトは、DVDリージョンコード、および他の暗号化技術を回避する仕組みである。そのため、CPRMやリージョンコードがかかっているDVDを再生するたびに、第三者のプレーヤーが必要。

No.3 Mac DVD再生ソフト:「QuickTime」

Mac DVD再生ソフト

【日本語対応】: 可能
【CPRM対応】:不可
【リージョンコードフリー】:可能
【価格】:無料
【MacでDVD再生方法の容易さ】:★★★★

QuickTimeとは、アップルが開発するマルチメディア技術で、Macの中に標準装備されて、音楽、動画、画像、テキストデータなどを取り扱うことができるソフトウェアである。もっと簡単に言えば、QuickTimeは動画を視聴するために利用するソフトである。最大の特徴とは、動作が軽く様々な動画形式に対応しているところである。勿論、単純なMac DVD再生ソフトとしても機能している。そして、CDプレーヤーやDVDプレーヤーと同様の画面上の再生コントロールで操作するので、使い勝手の良い。なお、QuickTime Playerは無料で利用できるが、QuickTime Proにアップグレードする場合は有料となる。有料版であるProは無償版とは違い、再生だけでなく編集やエンコードと言った制作サイドの要望にも応えることができる内容となっている。

No.4 Mac DVD再生ソフト:「VLC Media Player」

Mac DVD再生ソフト

【日本語対応】:可能
【CPRM対応】:不可
【リージョンコードフリー】:可能
【価格】:無料 
【MacでDVD再生方法の容易さ】:★★★☆
VLCメディアプレーヤーは、クロスプラットフォームで動作するメディアプレーヤーである。非常に多くのメディアファイル用コーデックが内蔵されて、動画ファイルや音声ファイルなど多くのメディアファイルを再生、表示することができる。他のライバルと比べて、VLCのメリットは目立つ。例えば、軽すぎて心配になるレベルで動作が軽快、内蔵コーデックが優秀で、かつ対応種類も豊富、しかもコーデック自体も軽いという最強さ、オープンソースなので、どこかの再生ソフトみたいにウイルスが混入したりする可能性もない。基本的な動画再生ソフトとしての機能は完備。ところで、VLC 2.2.1でDVDを観ることができていたが、3.0.1へアップデートしたらDVDが観られなくなったとご注意ください。

No.5 Mac DVD再生ソフト:「PowerDVD」

Mac DVD再生ソフト

【日本語対応】: 可能
【CPRM対応】:可能
【リージョンコードフリー】:可能
【価格】:\4,387〜\5,659
【MacでDVD再生方法の容易さ】:★★★

PowerDVDとは、サイバーリンク社が開発販売している動画再生ソフトウェア(メディアプレーヤー)である。主に動画再生を担うためのソフトウェアとして、DVD(DVD-Video、DVD-VR)、ブルーレイディスク(BDMV、BDAV)、ブルーレイ3D、YouTube動画、地上デジタル放送を録画したCPRM対応ディスク、AVCHD、AVCRECなど多様な動画を再生することができる。そして、映像をより美しく表示することもできるし、様々な補正機能も搭載している。有料Mac DVD再生ソフトとして、上記紹介した無料なものと比べて、機能性でかなり優秀していると間違いない。まさに高性能・多機能な万能再生ソフトと言っても過言ではない。ただし、低価格(0円が理想)という考えがある人にとって、 PowerDVDはすこし高すぎるかもしれない。

まとめ

要するに、上記は5つのMac DVD再生ソフトをまとめて紹介する。どれもそれなりの特徴と使い勝手の良さがある。有料ソフトでも大丈夫だったら、PowerDVDをおすすめする。一方、できるだけ無料で使えるものが一番なら、5KPlayer、Apple DVD Player、QuickTime、VLCメディアプレーヤーを利用してください。そして、よく海外で購入した(海外仕様)DVDを再生したい場合、DVDリージョンコードフリー化する必要があるので、5KPlayerとVLCメディアプレーヤーが役に立つ。また、5KPlayerとVLCメディアプレーヤーの中で、どれはベストな選択肢というと、個人的に言えば、綺麗で使いやすい5KPlayerのほうが気になる。とにかく、以上のMac DVD再生ソフトを利用して、快適にMacでDVDを再生しよう!

あなたへのおすすめ

ホームBlog >Mac DVD再生ソフトおすすめ

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。