ホーム > ブログ >Facebook動画形式について詳しく紹介!

Facebookに動画をアップロードする前に、Facebook対応動画形式を見てみよう!

Facebook動画形式

普通に日常生活を送っていたし、楽しい事や嬉しい事だってたくさんあった。それらの大切な瞬間を動画や画像で記録して、Facebookに投稿して遠距離の友達や、家族、ネチズンと分かち合うとき、幸せを感じる 。現在のところ、多くのカメラや、ビデオカメラ、スマホなどで撮影した動画やをその場からYouTubeやFacebookなどのSNSへ直接アップロードすることもできる。だが、今流行っている動画形式が様々であるが、すべてがFacebookにアップロードできるわけではない。ワクワクとお気に入りの動画をFacebookにアップロードしてみると、見事に失敗したとは何と悔しいことであるか。そのため、あらかじめ、Facebookにアップロードできる拡張子、つまりFacebook動画形式についての知識を了解する必要がある。さて、本文はFacebook好きの方に向け、Facebook動画形式を紹介しよう。

 

Facebook動画形式の詳しいことを知りたい!

Facebookは、フラッシュビデオ(FLV)、ウィンドウズメディアビデオ(WMV)、QiuckTime動画(MOV)をはじめ、幅広い動画形式をサポートしている。以下の内容はそれらの動画形式の詳しいことを教えて!

● 3g2/3gp/3gpp (モバイル動画)

● wmv/asf (ウィンドウズメディアビデオ)

● avi (AVI 動画)

● dat (MPEG 動画)

● divx (DIVX 動画)

● dv (DV 動画)

● f4v/FLV (フラッシュビデオ)

● m2ts (M2TS 動画)

mkv (Matroska フォーマット)

● mod (MOD 動画)

● mov/qt (QuickTime 映像)

● mp4/m4v/mpeg4 (MPEG-4 動画)

● mpe/mpeg/mpg (MPEG 動画)

● mts (AVCHD 動画)

● nsv (Nullsoft 動画)

● ogm/ogv (Ogg メディアフォーマット)

● tod (TOD 動画)

● ts (MPEGトランスポートストリーム)

● vob (DVD 動画)

上記の通り、Facebook対応動画形式が沢山あるとしても、FacebookアップロードにはMP4が最適なフォーマットだと言える。なぜかというと、他の動画形式と比べると、MP4は3つのところで自慢することができる。

それに、MP4はFacebook、YouTubeにサポートされているだけではなく、iOSとAndroidデバイスとも互換性がある。そして、画質とファイルサイズのバランスが良くとれる。それから見ると、MP4は、確かにFLV、AVI、WMV、MKVなど他のファイル形式より優秀するのである。

ヒント:Facebookにアップロードしたい動画が上記のFacebook動画形式リストに含まれていないなら、プロなFacebook動画形式変換ソフトを使って、動画変換作業を行う必要がある。

Mac版をダウンロード
Windows版をダウンロード

Facebook動画形式:最適な動画と音声コーデック設定

直接に言えば、動画フォーマットは、ただFacebookアップロードに影響を与える要因の一つである。Facebook動画形式を了解するのは、順調に動画をFacebookにアップロードするの第一歩である。動画のコーデック、解像度、アスペクト比、ビットレート、フレームレートなどの設定も重要な一環である。次の内容は最適な動画と音声設定を紹介する。熟練者、あるいは、興味を持っている方なら、ぜひ見逃さないでください。

1.Facebook動画形式に最適な動画コーデック設定

コーデック

最適なFacebookアップロード形式と言えば、H.264ビデオコーデックと AACオーディオコーデックを格納するMP4 、またはMOVフォーマットである。最高レベルの動画圧縮性能により、ファイルサイズを抑えながら、画質を最大限に保つ。これは、最適なFacebookアップロード形式と言える。そして、Facebookアップロード中、動画パラメータを変更する必要がない。

解像度

Facebookのエンコーダによって動画のサイズが変更されることがないよう、画面の長辺が1280ピクセルを超えないようにする。長辺が1280ピクセル未満の場合、動画サイズが16ピクセルの倍数になるようにすると、圧縮が最適化される。

フレームレート

通常に言えば、フレームレートは25-30 fpsだったら、最高品質を取れる。動画のフレームレートは30fps未満にしようと設定したほうがオススメ。

アスペクト比

動画のアスペクト比を9×16〜16×9(大多数の動画が採用するアスペクト)に設定する。そして、アップロードページで制限された最大ファイルサイズまたは長辺の長さをオーバーすると、アップロードすることができないとご注意ください。

ビットレート

ビットレートは主にコーデックによって決まるので、特にビットレートについてのオススメがない。ビットレートより、解像度、アスペクト比、フレームレートを設定しよう。

2. Facebook動画形式に最適な音声コーデック設定

コーデック

MP3を推奨

サンプリング・レート

サンプルレートが44,100hzのステレオ サラウンドを推奨。.

チャンネル

ストリームをモノラルとステレオ間で切り替える。5.1チャンネルオーディオはステレオにダウンミックスされる。ほかのチャンネル構成は現在のところ、サポートされない。

Facebook対応動画形式としても、容量制限などのため、必ず順調にFacebookにアップロードできるわけではない。ここでは、役に立つちょっとしたヒントを紹介する。

上記書いたアドバイスや、ヒントに従って、あまり苦労せず簡単に手元の動画をFacebookにアップロードすることができる。

※好みの動画をFacebook動画形式に変換する操作手順

動画をFacebook動画形式に変換

ステップ1:左上側にある「動画追加」アイコンをクリックして、変換したい動画ファイルを入力してください。

ステップ2:動画をソフトに追加した後に、出力プロファイルの窓口が自動的に出てきた。操作手順は以下の通りである。「ウエブ動画プロファイル」⇒「Facebook動画」⇒「MP4動画」⇒「完了」

ヒント:右側にあるスライダーのノブを左右に移動して、出力する動画ファイルの品質と速度を変える

ステップ3:「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

ステップ4:ソフトの右下側にある「RUN」ボタンをクリックして、好みの動画をFacebook対応動画形式に変換する。変換のプログレスが見られ、随時にキャンセルが可能である。

ヒント:MacX Video Converter Pro使い方

MacX Video Converter Pro

あらゆる動画をFacebookアップロード形式に変換することだけではなく、動画をトリミング、結合、字幕とログ追加、クロップ及びビットレート、解像度、フレームレート、アスペクト比などのパラメータを調整することができる。さらに、Youtube、FC2動画、ニコニコ動画をはじめ、300を超える動画サイトから好みの動画をダウンロードすることができるし、ネットでの生放送や実況を直ちに録画及び複数の写真でスライドショーを作成なども完璧に対応可能である。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧に動画をFacebook動画形式に変換可能。

関連チャンネル