ホームBlog > クリップボックスがYoutubeを保存できない対策

【絶対できる】Clipbox(クリップボックス)がYoutubeを保存できない・ユーチューブに飛ぶの対策!

iPhoneやAndroid端末にYoutubeをダウンロードするといえば、定番ツールClipbox(クリップボックス)がすぐ頭に浮かぶかもしれない。ポータブル端末向けダウンロード専用アプリとして、Clipboxは使い勝手の良さが魅力である。無料なアプリでありながら、有料なものと比べても遜色のないレベルの機能を備えているので、近年、愛用者が膨大でますます増えていく。ユーザーから、「シンプルでありながら高機能で使いやすい」と高く評価されている。

ところで、いくら優秀なアプリとしてもエラーが出てうまくいかない時がある。最近、ネットで「クリップボックスがYoutubeを保存できない」「クリップボックスが保存失敗」という話はあちこちである。さて、今回の記事では、クリップボックスの利用者を対象にして、そういう不具合な状況が現れる理由及び、相応の対策を解説する!

 

クリップボックスが保存失敗に、絶対できる究極な対処法 - 100% 安全

MacX Video Converter Pro - 動画のダウンロードの規制は厳しくなる一方でありながら、ネットでダウンロードとインストールできるダウンロードツールは数多くある。ここでは、今でも問題なくYoutubeをダウンロードができるもの「MacX Video Converter Pro」をおすすしたい。MacX Video Converter Proでは、ユーチューブをダウンロード・変換・録画・編集することも対応可能。これから、クリップボックスがYoutubeを保存できない、クリップボックスが保存失敗の悲劇を完璧に回避することができる。
 
 

まず、クリップボックスの基本情報について見てみよう!

【開発元】:KGC
【ライセンス】:無料
【日本語対応】:可能
【動作環境】:iOS 8.0以降&Android 4.0以降
【概要】オンラインサイトから動画・音楽・ドキュメントをダウンロード、ブラウザやメールの添付ファイルをまとめて管理、再生・閲覧と全対応するオールインワンアプリである。

Android版ClipboxはGoogle Playよりダウンロードできる。iOS版は、かつて直接にApp storeからダウンロードとインストールできるが、最近、Clipboxをダウンロードするために、App storeへアクセスすると、「iTunes Storeへ接続中です。」というメッセージが表示されて、なかなか開けない。それは、Apple社のポリシー違反などの問題でApp Storeから削除されてしまう模様である。iPhone iPadユーザーは、サードパーティのサイトからダウンロードするしかない。ただし、ウイルス感染などのリスクをしっかりと把握することが必要。

クリップボックスがYoutubeを保存できない状況@:「クリップボックスユーチューブに飛ぶ」

去年前半の頃から今まで、クリップボックスでYouTubeをブラウザから開くと、アプリが開かれてしまうという報告が続出する。その前、クリップボックス内でYouTubeが開いてダウンロード出来たのだが、いま急に出来なくなったので、知恵袋やツイッターで大騒ぎである。

それは一体どういうことだろうか。クリップボックス最新版へアップデートしても直らないので、原因はYouTubeアプリにあるという説は有力である。それなら、ユーチューブのアプリが直してくれないと解決しないと思ったほうが良い模様である。

それは、違法ダウンロードの行為を防止するためにユーチューブ側から実施した対策かもしれない。そう考えると、ユーチューブ側はそれを解禁するわけではない。そういう残酷な状況に対して改善策はあるかどうか。


「クリップボックスユーチューブに飛ぶ」の対処法

(1).YouTubeアプリの削除
(2).YouTubeアプリの自動起動オフ
(3). クリップボックス側の設定

(1).YouTubeアプリの削除

クリップボックスでYoutubeを保存する作業を行う際に、YouTubeアプリを削除する。それはすこし面倒だが、役に立つ。スマホにYoutubeアプリをインストールしないと、アプリに飛ぶ悲劇が発生しないはずである。

AndroidでYouTubeアプリを削除

1. 端末の設定アプリ 設定アプリを起動する。
2. [アプリと通知] をタップする。
3. アンインストールするアプリ「YouTube」をタップする。
4. YouTubeが表示されない場合は、まず [アプリをすべて表示] または [アプリ情報] をタップする。
5. [アンインストール] をタップすると完了。

iPhone iPadでYouTubeアプリを削除

1. YouTubeのアイコンを長押しする。
2. 削除ボタン[×]をタップする。
3.[削除]をタップする。
4. ホームボタンをクリックする。
5.「アプリ」のページを表示する。
6. インストールされているアプリが表示される。
7. ホーム画面のアプリを削除する。
8.[完了]をクリックする。

(2).YouTubeアプリの自動起動オフ

2017年2月の頃にリリースされた「YouTube 12.11」アプリでは、YouTube動画とチャンネルリンクがブラウザではなくアプリで開くようになった。便利な機能なのに、不便さを感じる。例えば、クリップボックス内でブラウザでYoutubeを開いたはずなのに、勝手にYoutubeアプリが開くようになってしまった。そういう問題を効率的に解決するには、YouTubeアプリの自動起動オフを設定しよう。以下はSafariを例として説明する。

1. まずは動画をSafariで検索する。
2. 検索結果に表示されている動画をタップする。すると、Youtubeアプリが勝手に開く。
3. Youtubeアプリの上部に「< Safariに戻る」「youtube.com >」のどちらかをタップすると、SafariでのYoutube再生画面へ戻ることができる。
4.上部のyoutube.comやSafariに戻るが表示されない場合、Youtubeアプリを少し放置してしまうと自動的に消えてしまうので、再生画面をタップすればOK。

(3). クリップボックス側の設定

クリップボックスがYoutubeを保存できない

1. クリップボックスを立ち上げて、「クリップ」→「ブラウザ」の順でタップする。
2. ブラウザ(デフォルトはGoogleのホーム画面)の検索窓に「YouTube」と入れて検索を実行する。 
3. 検索結果に出たYouTubeのリンクを長押しして、メニューを表示させYouTubeのURLをコピする。
4. 先ほどコピーしたURLを、ブラウザ上部のアドレスバーに貼り付ける。
5. すると、YouTubeアプリに飛ぶことなくクリップボックスのブラウザ内でYouTubeを開くことができる。

これで、クリップボックスユーチューブに飛ぶことによって、クリップボックスがYoutubeを保存できない問題を完璧に解決する。

クリップボックスがYoutubeを保存できない状況A:「+」「Are you ok?」「really?」出てこない」

クリップボックスでYouTubeの動画をダウンロードする際に、ユーチューブを無事に開くものの、「+」ボタンや、「Are you ok?」や「Really?」が出てこない状況もたまに起こってしまう。以下の原因と解決策を教える。

(1). YouTubeの仕様変更で、急に対応できなくなる

クリップボックスはどの動画サイトにも対応できるわけではない。サポートの対応範囲外となると、クリップボックスが保存失敗と当たり前ではないか。ところで、これまでクリップボックスを使ってYouTubeをダウンロードできるのに、急にダウンロードできなくなると考えて、YouTubeの仕様変更とである可能性が高い。

YouTubeは、公式ではダウンロードは出来ないようにされている。なので、YouTube側も非公式でダウンロードできるツール等を使えなくするために、技術的な仕様変更をしてくることがある。YouTube側の仕様変更によって、今使っているダウンロードツールが対応できなくなった可能性が高い。その時、Clipboxの最新バージョンへアップデートすれば問題解消するかもしれない。すでに最新バージョンを利用しているなら、Clipboxのバージョンアップを待つしかない。

(2). ダウンロードの操作手順が間違っている

Clipboxを使い慣れた熟練者ならまだしも、初心者なら、不注意のうちに間違った手順や方法で操作することによって、ユーチューブの保存が失敗してしまう状況も珍しくない。以下は正しいクリップボックスがYoutubeをダウンロードする操作手順を紹介する。

クリップボックスがYoutubeを保存できない

step1:ClipBoxのホームページへ入ると、「クリップ」から、「ブラウザ」をタップする。

step2:ブラウザ上部のアドレスバーにYoutubeのURLを入力する。勿論、上記書いた「(3).クリップボックス側の設定」の内容を参考して、YoutubeのURLをコピペしてもいい。

step3:ダウンロードしたい動画のページが表示されると、下部メニューバーから「+」→「Are you ok?」→「Really?」の順番でタップする。

step4:すると、ファイル名と保存先の入力欄が表示されるので、保存先を選択して「OK」ボタンを押すことによりYoutube動画をダウンロード開始。

step5:ダウンロードが完了後、出力ファイルは「マイコレクション」内に保存されているので、すぐ確認することができる。これで、クリップボックスがYoutubeを保存する作業が完成。

(3). クリップボックスが正常に動作していない

クリップボックス本体に不具合が生じて、ユーチューブのダウンロードがうまくいかないということもある。そういう時は、まず「再起動」が基本である。再起動をしても直らなかったら、スマホを再起動する。アプリとスマホのいずれかを再起動しても、役に立たない場合、クリップボックスのキャッシュを削除してみよう。

クリップボックスがYoutubeを保存できない

1.アプリ内の設定を開いて、「Cookie一括削除」をタップする。
2.「ブラウザのCookieを削除しますか?」と聞かれるので、「OK」をタップする。これで、成功にCookieを削除する。

キャッシュを削除しても、効かないなら、クリップボックスをアンインストールと再インストールしてください。この前、ダウンロードした動画を失わないように、iPhoneユーザーなら、それらの動画をカメラロールに移動することができる。

Clipboxを使い慣れた熟練者ならまだしも、初心者なら、不注意のうちに間違った手順や方法で操作することによって、ユーチューブの保存が失敗してしまう状況も珍しくない。以下は正しいクリップボックスがYoutubeをダウンロードする操作手順を紹介する。

(4). インターネット接続環境の問題

インターネット接続速度が遅かったり、不安定だったりすると、ダウンロードが途中で停止されてしまうことがよくある。特に携帯回線(3G・4G・LTE)を使っているなら要注意。ダウンロード中に圏外になったりすると、そこでクリップボックスでYoutubeをダウンロードするプロセスが停止されてしまう。128kbps速度制限状態だと、動画をダウンロードするにはあまりに遅くて、電波状況によっては、途中でダウンロードが中断されるてしまうこともあるだろう。そもそも、128kbpsなんて速度で動画のダウンロードするは無謀すぎる。ヘタしたら、10分の動画をダウンロードするのに、1時間以上もかかることだってありうるだろう。データ通信量を節約、ネットの通信速度をあげるために、Wi-Fiを使ったほうが安心する。

クリップボックスがYoutubeを保存できない状況B:ファイル名はが全部YouTubeになってしまう

「Clipboxを使っているが、Youtubeの動画をダウンロードする時、今までファイル名が動画の名前でダウンロードされていたが、今いつも通りダウンロードしようとしたら、ファイル名がYoutubeとだけになって動画の名前でダウンロードされない。」

それはClipbox側の間違いだという可能性が大きい。それに対して、効率的な解決策はまだ出てこない。ダウンロードしたいYoutube動画の名前を手動で変更するしかないそうである。

Clipboxダウンロードできない・クリップボックス保存できない時の対策

MacX Video Converter Pro-動画ダウンロード・録画は勿論、ダウンロード・録画した動画をデバイス、ソフトに対応するファイルに変換する最高なソフト。簡単に動画を変換して、 iPhoneでビデオを再生するためにはもちろん、デバイスで再生、ソフトに入力、サイトにアップにも力になる。MacX Video Converter Proソフト一つで動画ダウンロード・保存実現!クリップボックスYouTube 保存できない問題を解決できるクリップボックス 保存失敗した時のよい対処法!

ホームBlog > クリップボックスがYoutubeを保存できない対策

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。