ホームBlog >UDF DVDを変換&再生方法

Windows&MacでUDF DVDを変換する方法 | 無料でUDF DVDを再生する方法!

UDFとは、Universal Disk Format(ユニバーサル・ディスク・フォーマット)略語で、DVDなどの光学式記録メディアに採用されているファイルシステムである。OSの種類を問わず、WindowsやMac OS、UNIXでも同じようにディスクを扱うことができる。現在、DVD-VideoやDVD-R、DVD-RAM、DVD-DOMという規格のDVDはUDFに対応している。

UDF DVDはPCでは見れるのに家庭用のDVDプレイヤーでは再生できないそうである。そして、UDFは光ディスク用のファイルシステムとして技術面で絶えずに更新される。古いバージョンのUDFにしか対応していない機器や基本ソフトだと、最新のUDFで記録されたDVDを読めないこともあるので、不便だと感じだ人もいるらしい。それらの状況を考えて、大部分のプレーヤーや再生機器、あるいはポータブル端末でも再生できるように、UDF DVDからデータを取り出して、汎用性の高いファイル形式で保存するのがいいではないか。

今回の記事では、UDF DVDを変換したい人に向け、超便利な方法を紹介する。

MacでUDF DVDを変換・UDF DVDを再生に対応可能!-100% 安全

MacX DVD Ripper Pro - 強力なUDF DVD変換機能を搭載しているので、様々動画ファイルへUDF DVDを変換することができる。そして、このUDF DVD変換ソフトは、プレビュー再生機能も利用できる。普通のプレーヤーのように、フルスクリーンモードでプレビューが画面をいっぱいに表示させることも可能なので、DVD UDF再生フリーソフトとしても機能している。さすが、MacでUDF DVDを変換、UDF DVDを再生と全対応なオールインワンソフトである。

 
 

豆知識:UDF DVDを変換する前に、UDFについて知るべき知識

(1)UDFフォーマットのデータで作成したDVDの特徴

@書き込み可能ファイル形式で、真のスペース再利用機能と、ファイルおよびディレクトリー・レベルの機密保護を提供する。
A2GB以上のファイルを書き込むことができる。
Bファイル名の大文字 /小文字が区別できる。
Cファイル名は2バイトのUnicodeで255バイトで、パス名全体の長さの上限は1023バイトである。

(2)UDFとISOの違い

以上書いた通り、UDFはDVD書き込みに使われたファイル形式である。ISOイメージは、国際標準化機構 (ISO) の定義した形式の光ディスク用アーカイブファイル(ディスクイメージ)である。特徴として、DVD等の記録された最初から最後までをメディアのイメージとしてファイル化したもので、元の媒体(DVD等)に書き戻す事でオリジナルと同じ内容の媒体を作成できるのである。ISOは標準フォーマットで、CD、DVDのいずれも使用できるが、一つのファイルサイズの上限は2GBという制限がある。DVDに書き込みたい場合、データをISO形式ではなく、2GB以上のファイルを格納できるUDFフォーマットを利用したほうが良い。そして、UDFより、ISOの互換性が高い。

一番おすすめしたいUDF DVD変換ソフト:MacX DVD Ripper Pro

iPhone DVD取り込みフリーソフト

MacX DVD Ripper ProはDigiarty社によって開発されたUDF DVD変換ソフトである。古いUDFから最新UDFまで問題なく簡単に読み込むことができる。そして、280+出力プロファイルを搭載するため、UDF DVDをMP4、M4V、FLV、MOV、MPEG、AVI、MP3などへリッピングしたり、また、iPhone X/8、iPad Pro /Air2 /mini4、Xperia XZ /Z5 /Z4、Galaxy Note7 /S8、Nexus 6P、Surface Pro4など人気なデバイスで使える形式へも変換したりすることもできる。変換後の音質と画質は業界でも最高レベル。そして、外部字幕を追加、トリム、カット、結合、クロップ、一括変換、回転、ウォーターマーク追加、音量を調整など、基本的な編集機能も搭載している。シンプルで綺麗なUIで、操作方法はすごく分かりやすい。超初心者でも抵抗心がなく快適に使い始める。


MacX DVD Ripper Proを使ってMacでUDF DVDを変換する操作手順

このUDF DVD変換ソフトはWindowsとMacのいずれかも対応できるが、使い方も全く同じである。以下の操作手順はMac版を使って説明する。

Mac DVD再生ソフト

step1:MacX DVD Ripper ProをMacにダウンロードとインストールした後、変換したいUDF DVDをMacパソコンのドライブにセットする。

step2:ソフトを起動して、ホーム画面の左上側に表示されるメニューがある。【ディスク】アイコンをタップする。「元のディスク選択」の画面が出てくるので、変換したいDVDのあるドライブを選択して、「OK」を押す。

Mac DVD再生ソフト

step3:すると、ディスクの解析が始まるので、100%完了になると、【出力プロファイル選択】の画面が表示される。このUDF DVD変換ソフトは280+出力形式を内蔵している。変換の目的にあうプリセットの出力の種類を選択することで、最適の出力形式のオプションを絞り込める。例えば、UDF DVDをiPhone(アイフォン)へ変換したい場合、「Appleデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone 7,Plus(MPEG4)」⇒「完了」の順でクリックする。

● UDF DVDのデータを空きのDVDへ焼く場合、【DVDをISOイメージへクローン】をご利用ください。
● DVDをiPhone iPad Xepria Galaxy Android端末へ取り込ん再生したい場合、各種端末への専門出力形式をご利用ください。

Mac DVD再生ソフト

step4:【Run】アイコンをクリックして、MacでUDF DVDを変換する操作手順プロセスが始まる。変換の進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示される。プログレスバーが100%になれば自動で消える。そして、「OK」をクリックすると、保存先のフォルダが開いて、すぐに出力映像を確認することができる。

(おすすめ)UDF DVD変換ソフトの代わりに、DVD UDF再生フリーソフトが欲しい!

UDF DVDを変換することで、気楽にUDFファイルを再生することができる。だが、やはり変換作業を行うのは、すこし時間と手間がかかる。なので、変換せずにも視聴可能なDVD UDF再生フリーソフトがあれば、手っ取り早い。残念なことに、UDFファイルは普通のDVDプレーヤーで再生できない。例えば、「UDFファイル形式のDVDをVLCメディアプレイヤーで再生しようとすると、一部しか再生できない」。以下の内容は、無料でDVD UDFを再生する方法を紹介する。

このフォーマットをパソコンで再生するには、エミュレーターを使用する必要がある。エミュレータ(Emulator)とは、機械装置やコンピュータのハードウェア(PC、ゲーム機など)の構造を、別の装置やソフトウェアで模倣することで実現させたもの。ここでは、エミュレータを利用して、UDFファイルをマウントして、あなたのPCに「仮想ドライブ」を作成する。

Mac DVD再生ソフト

step1:MagicISOやPowerISOなど、仮想ドライブとして利用できるエミュレーションソフトをダウンロードしてインストールしてください。

step2:新しい仮想ドライブとの競合を避けるために、パソコンを再起動してください。

step3:仮想ドライブプログラムを実行する。タスクバーのアイコンを右クリックして、「イメージをマウント」をクリックする。

step4:UDFファイルを検索して選択すると、 [開く]をタップする。これで、DVD UDF再生フリーソフト要らずに、無料でDVD UDFを再生することができるようになる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > UDF DVDを変換&再生方法法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。