ホーム > ブログ >MacでDVDコピー失敗

【2016年版】MacでDVDコピー失敗原因と対策まとめ

MacでDVDコピー失敗

MacでDVDをコピー失敗って経験ある?

Macとは、Macintoshの略称で、アップルが開発および販売を行っているパーソナルコンピュータである。現役のMacのパソコンはiMac、Mac mini、MacBook、MacBook Pro、MacBook Airなどいろいろなモデルがある。直感的な操作ができて、デザインも垢抜けているので、高い人気を博す。だが、MacはPC市場のシェア率が拡大しても、普及率が低いものである。なので、MacはWindowsに比べて使えるソフトが少ないと良く聞いた。ソフトの選択&使い方が間違ってるかな、最近、MacでDVDをコピーする時に、見事に失敗したことが頻出。その時、どうすればいいか。やはり、MacでDVDをコピー失敗したステップからリトライしたほうが良いだろうか。さて、今回の記事では、MacでDVDコピー失敗原因と対策まとめて紹介する。MacでDVDをコピー失敗って経験ある方なら、ぜひ見逃さないでください。

MacでDVDコピー失敗には3つの原因

原因1Mac に内蔵または外付けされている光学式ドライブが正常に動作してくれない。

説明: 最近のほとんどのMacには光学ドライブが搭載されていない。MacでDVDを再生やコピーしたい場合、外付け光学ドライブを買わなければならない。今市販されているDVDドライブが様々だが、ブラントや価格によって、性能には大差がある。CDや、DVDと言った光学メディアをDVDドライブに挿入してもDVDドライブが全く反応せず、アクセスできなくなってしまうと、間違いなく、それはドライブの劣化が原因で起こるMacでDVDコピー失敗そのものである。そういう時、ドライブの修理に出したり、あるいは新しいDVDドライブを購入したりしたほうがオススメ。

原因2DVDディスク表面にある汚れ、傷でデータがうまく読み取れていない可能性がある。

説明 ディスクは保管中の変形や、ディスク表面の汚れや傷により、再生できなくなってしまうことがよくある。また、DVDのディスクも再生や録画をどんどんしていくうちに経年劣化や映像や音声の再生に乱れが出始めて劣化したりすることも珍しくない。なので、再生できないや、再生中、映像や音声の乱れや、録画が途中で止るという状況が発生したら、DVDディスクを修理するほかない。念のため、日頃のDVDディスクの取り扱いや保管を注意しなければならない。

原因3Mac用DVDリッピングソフトの選択&使い方が間違ってる。

説明MacでDVDコピー失敗には、DVDリッピングソフトは重要な役割を担当している。ご存知の通り、著作権を保護するため、市販やレンタルDVDなどの商業用DVDは必ず言っていいほどコピーガードで保護されている。それらのDVDコピーガードを解除しなければ、DVDディスクからデータを吸い出してHDDにコピー保存することが無理。定番Mac用DVDリッピングソフトHandbrake、MacTheRipperを利用して、MacでDVDをコピーするには、うまくいかない時が多すぎる。例えば、Handbrakeはコピーガードの入っていない自作のDVDコピーには問題ないが、コピーガード付きDVDなら、MacでDVDコピーエラーが出てしまって、お使い物にならない。そして、一部のMac用DVDリッピングソフトは初心者にとって、インターフェースも分かりにくくて、操作方法もむずかしすぎる!コピーガードを無効化できるとしても、使い方を間違えて、MacでDVDコピー失敗という状況になっていることも少なくない。

以下の内容は、Mac用DVDリッピングソフトの選択&使い方を間違えて、MacでDVDコピー失敗って経験ある方に向け、お使い物になるソフト及び使いたを紹介する。これから、MacでDVDコピー失敗することなんてありえない。

No.1 MacでDVDコピー失敗対策:MacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper Proは絶対できるMac用DVDコピーソフトと言っても過言ではない。Mac(macOS Sierraを含め)環境で、DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRMなど様々なDVDコピーガードを解除して、お好みのDVDをISOイメージ化、DVDを丸ごとコピー、DVDを圧縮してコピー、DVDをMP4、MP3、MOV、VOB、FLV、MKV、M4V、iPhone iPad Xperia Galaxy Androidに変換することが全対応。そして、高速、無劣化で高画質映像を出力することが可能。それに、直感的なインターフェースで、初心者でも抵抗なく使い始めることができる。

MacX DVD Ripper Proを利用してMacでDVDをコピーする方法

まず、MacX DVD Ripper ProをMacコンピュータにダウンロードとインストールしてください。ンストール中に使用する言語が個人によって日本語を選択することができる。

MacでDVDコピー失敗

ステップ1:「DVD追加」ボタンをクリックしてから、MacでコピーしたいDVDを本ソフトに取り込む;

ステップ2:DVDに入っているコピーガードが解除されたら、出力プロファイル選択の窓口が出てきた。ご使用用途に合って、適した出力プロファイルを選んでください。例えば、DVDをISOイメージにコピーしたい場合、「DVDバックアップ」―「DVDをISOイメージへクローン」―「完了」の順でクリックする;

ステップ3:容量不足のためMacでDVDコピー失敗が起こらないように、任意の空き容量が多いドライブに出力映像を保存してください;

ステップ4:「RUN」ボタンをクリックしたら、MacでDVDをコピーするのことが開始。途中でプロセスの進捗状況を確認することができる。終わったら、「OK」ボタンを押すと、すべての操作が完了。先ほどの保存先の場所を開いて、コピーされたファイルを利用することができる。(詳しいMacX DVD Ripper Proの使い方はこちらへ

以上のNo.1 MacでDVDコピー失敗対策を提供するMac用DVDリッピングソフトのMacX DVD Ripper Proを使って、超簡単MacでDVDコピーできないや、MacでDVDコピーエラー問題を解決することができる。そして、熟練者に向け、MacX DVD Ripper Proは豊富な編集機能を搭載する。DVD動画をトリミング、複数のタイトルを合併、ビデオビットレート,フレームレット,アスペクト比,解像度などを調整、DVD動画からオーディオを抽出かつスナップショットに作成、YouTube、Google、Metacafe、FacebookなどのウェブサイトにDVD動画をアップロードなどが対応可能。

MacX DVD Ripper Pro

また、絶対できるMac用DVDコピーソフトとして、完璧にMacでDVDコピーできないDVDをコピー可能。また、ディズニー系やピクサー系DVDをiPhone、iPad、iPod、Apple TV、Androidモバイル携帯、タブレットなどに変換できる。そして、高品質エンジンとハイパースレッディングを内蔵し、マルチコアCPU(I3, I5, I7に対応する特別なデザイン)をサポートするため、無劣化の出力品質と最高な変換スピードを両立させている。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でディズニーDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。MacでDVDコピー失敗問題を解決するには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。