ホームBlog >Youtube Musicについての解説

【詳細攻略】Youtube Musicについて各方面で解説 | Youtube Musicから音楽・曲をダウンロード方法

新登場したばかりの音楽ストリーミングサービス「Youtube Music」を利用したことがあるでしょうか。現時点で、ヤフー智恵袋から、「Youtube Music」に関する件が山積みほど多いです。

「Youtube Music」にまだ詳しくない人も結構いるようなのですが、今回の記事では、Youtube Musicについてよく質問されていることを詳しく解説しましょう。

Youtube Musicをダウンロード方法

VideoProc - Youtube Musicから音楽・曲をダウンロード方法

  • - シンプルで使いやすい!ちょっとした操作で音楽をダウンロード可能。
  • - Youtube Musicにおいてダウンロード・変換・編集の作業ができる。
  • - ハードウェア支援技術を活用し、音楽・曲処理時、爆速に行えます。

対応OS:Windows 7・Mac OS X 10.6以降

推奨ユーザー:動画好きな方

(一)Youtube Musicとは

「YouTube Music」とは、Google傘下のYouTubeによって発表された新たな音楽ストリーミングサービスです。Apple MusicやSpotify、AWA、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimitedなどといった音楽アプリと同じ様な働きのアプリになります!

現地では、2018年5月22日(米国時間)より配布開始。2018年11月14日から日本向け提供をスタート。iOSとAndroid用便利なアプリ版もあれば、PC向けブラウザで使えるWeb版もあります。

※アプリ版とWeb版の基本的な使い方は同じだが、すこし違いところもあります。このページではアプリ版を前提にして解説をお進みます。

(二)YouTubeとYouTube Musicの違い

簡潔に言えば、YouTube MusicはYouTubeの音楽コンテンツに特化したアプリです。YouTubeと比べて、YouTube Musicのほうが快適な音楽体験を実現するために、アーティストのオフィシャル楽曲、アルバムに加え、数千ものプレイリストやアーティストラジオ、ライブパフォーマンス、リミックスなどを提供しています。

以下はYouTube Music特有の機能
  • ・動画、音声のみの切り替え
  • ・オススメアーティストの提示
  • ・あなたの過去の視聴動画から推測された好みのアーティスト、もしくはそれに似たようなアーティストの新曲の提示
  • ・YouTube Musicが作成したジャンル別のプレイリスト
  • ・バックグラウンド再生

正直、YouTubeとYouTubeMusicでの違いは、動画再生時の関連動画の表示の有無や、YouTube Musicでのアーティストのおすすめなど、全体的に音楽に特化したアプリなだけで、それ以外は何も差はないと考えても問題ないです。

 

(三)Youtube MusicとGoogle Play Musicの関係

Youtube Musicをダウンロード方法

Youtube MusicとGoogle Play Musicのいずれもグーグル所有の音楽サービスです。

2年ほど前に、グーグルはGoogle Play MusicとYouTubeのチームを統合しました。「両方のチームが学び取ってきたことや、製品の機能を合わせた」結果として生まれたのが、YouTube Musicです。

現時点で、Google Play Musicの会員だった人はYouTube Musicを利用できて、YouTube Musicに契約した人はGoogle Play Musicも利用できます。

今後、Google Play MusicはYouTube Music側に統合を図っていく予定です。ただし、両サービスを統合するには、まだまだYouTube Music側の機能が足りない状態です。両サービスの楽曲も異なれば、機能も異なっているため、統合は「今でもないし、すぐでもない」(ファウラ氏)とのこと。

 

(四)Youtube MusicとYoutube Music Premiumの違い

YouTube Musicには無料プランと有料プランで別れています。有料プランは「Youtube Music Premium」といいます。

さて、以下は月額料金、機能の方面からYouTube Music(無料プラン)とYoutube Music Premium(有料プラン)の違いを表でまとめます。

(表1)

機種

YouTube Music

Youtube Music Premium

iPhone

0円

1,280円

Android/Web

0円

980円

2iPhone(ファミリー)

0円

1,950円

Android/Web(ファミリー)

0円

1,480円


(表2)

機能

Youtube Music

Youtube Music Premium

フル再生

シャッフル再生

曲順再生

オンデマンド再生

公式の曲とアルバム

リミックスなど

広告

あり

なし

バックグラウンド再生

×

オフライン再生

×

 

要するに、低価格や0円で理想的と思う人にとって、無料プランでも十分楽しめるのです。一方、料金を気にせずに、お邪魔広告とサヨナラしたい、またバックグラウンド再生とオフライン再生機能を利用したい場合、もちろん、有料プランのYoutube Music Premiumはベストな選択しです。

(五)Youtube MusicとApple MusicとSpotifyどっちがいい

Youtube Musicをダウンロード方法

ヤフー智恵袋で「Youtube MusicとApple MusicとSpotifyどっちがいい」という質問が沢山。Youtube Musicの最大なライバルと言えば、Apple MusicとSpotifyに間違いありません。次の内容はこの3つの音楽サービスを様々な角度から比較しましょう。

   Apple Music

   Spotify

  Youtube Music

料金プラン

個人プラン(月額980円)
ファミリープラン(月額1480円)
学生プラン(月額480円)

無料プラン
プレミアムプラン(月額980円)

無料プラン
個人プラン(月額980円/1,280円)
ファミリープラン(月額1,950円/1480円)

試用期間

3ヶ月

30日間

30日間

配信曲数

4,500万曲

4000万曲

4000万曲

音質(ビットレート)

最大256kbps

96kbps/
160kbps/
320kbps
自動判別機能あり

48kbps/
128kbps/
256kbps
自動判別機能なし

歌詞表示機能

あり

あり

あり

オフライン再生機能

あり(無制限)

あり(3,333曲まで)

あり(有料プランのみ)

共有機能

Facebook、Twitter、Tumblr

Facebook、Twitter、Last.fm

 


洋楽を聴く場合は、Apple MusicもYoutube Musicも基本は楽曲提供されているので、iPadだとApple Musicの方がいいと思います。邦楽やジャニーズ系などは殆どがApple MusicにはなくYouTubeにしかないのでYoutube Musicの方がいいです。Youtube MusicはYouTubeのMVなどもすべて視聴可能なので。無料で使える範囲でも十分とSpotifyの魅力ではないでしょうか。

以上から見れば、Apple MusicとSpotifyに比べて、おそらくYoutube MusicはYoutube Musicならではの魅力はあまりなさそうです。あえて言えば、Googleという大手企業なのでレコメンド精度が高い。この曲を聴いてる人はこの曲も好きになるよ!というYouTubeでの関連動画や"おすすめ"をイメージしてください。

ところで、Youtube Musicは新たな音楽アプリとして、ライバルに勝つ機能や、使いやすさ、操作性を改善するために、まだまだ時間が必要です。

 

(六)Youtube Music無料トライアル・解約について

Youtube Musicをダウンロード方法

「Youtube Musicのプレミアム会員に登録し、無料トライアル中なんですが、携帯が親名義でどうしても解約したいんです。どうしたらいいですか?」

Music Premium は1か月無料でお試すことができます。無料トライアル期間が終了すると、Music Premiumのメンバーシップが自動的に更新され、月額料金が発生します。購入を確定すると、iTunes のアカウントに月額料金が課金されます。

だが、期間終了後の支払いをキャンセルするために、Youtube Musicメンバーシップの解約を行いたい人もいる様です。一般的に言えば、YouTube有料メンバーシップの解約の流れを参考すれば問題ないです。

※無料トライアル期間の終了前にメンバーシップを購入した場合は、残りの無料期間は無効となります。

(七)Youtube Musicオフライン再生と保存について

Youtube Musicは便利なオフライン再生機能を搭載しています。それにより、オフラインミックス機能を使ったり、お気に入りの曲を一時保存しておけば、ネットの繋がらないところでも音楽を楽しめます。

だが、オフライン一時保存の機能が働く条件はYoutube Musicアプリ起動状態でWi-Fiに接続されているのです。YouTube Musicのアプリを閉じたりWi-Fiがなかったりすると保存は中断されますよ。

なお、YouTube Musicはオフライン再生ができるですが、それって自分の携帯に保存しているってことではありません。

オフライン再生とは、予め端末に楽曲のデータをキャッシュ形式やMP3などの実ファイルで保存しておいて、毎回ストリーミング通信せずに楽曲を再生する方法です。つまり、オフライン再生保存の曲は、一般的な保存データのように、自在にコピー、複製、移行、配布、送信することができません。

(八)PCでYoutube Musicから音楽・曲をダウンロードする方法

 

通信量を節約するためなら、Youtube Musicのオフライン再生機能は十分です。ところで、ご使用用途に合って、Youtube Musicから音楽・曲をダウンロードしたい時がります。次の内容はどうやってPC でYoutube Music音楽をダウンロードする方法を解説します。


必要な条件:
@.パソコン
A.第三者のダウンロードソフト「VideoProc

 
Youtube Music音楽をダウンロードするにはVideoProcを選ぶ理由
ポイント
  1. 使い方は簡単、好きなYoutube Music音楽のURLをコピペして、保存形式をリストの中から選択するだけ。
  2. シンプルなUIと豊富なオプション機能を持ち合わせる。ダウンロードしたい音楽に合わせて歌詞を検索することもできます。
  3. 動画と音声を同時にダウンロードすることもできれば、音声だけをダウンロードして保存することもできます。
  4. 音楽プレイリストを丸ごとにダウンロードしたり、楽曲単位(1曲ずつ)ダウンロードしたりすることも可能。
  5. 再生リストのURLを購読と保存、YouTube動画を検索、Vimeoにログインする機能を搭載しています。
100%安全
100%安全

 
VideoProcでYoutube Music音楽をダウンロードしましょう!

事前準備
@.VideoProcをパソコンにダウンロードとインストールします。
A. ブラウザでYoutube Musicからダウンロードしたい音楽動画のページを開く。

 
Youtube Musicをダウンロード方法

step1:VideoProcを起動後、メイン画面にある「ダウンロード」アイコンをクリックして、動画・音楽ダウンロードの専用画面に入ります。

step2:画面最上部のツールバーに「ビデオ追加」と「音楽追加」があります。Youtube Music音楽を動画と音声が一緒で保存したい場合、「ビデオ追加」をタップします。一方、音声だけでダウンロードしたい場合、「音楽追加」をクリックします。

step3:「URL貼り付け&分析」をクリックするか、またはブラウザの上部にあるアドレスバーをコピーして、ここのボックスにペストしてから「分析」を押します。

ヒント:音楽プレイリストを丸ごとにダウンロード、あるいは1曲をダウンロードするには、ソフトに入力するURLが違います。例えば、
音楽プレイリストを丸ごとにダウンロード:https://music.youtube.com/watch?v=09R8_2nJtjg&list=RDAMVMSWo3cVkiFEo
1曲をダウンロード:https://music.youtube.com/watch?v=09R8_2nJtjg
基本的に、音楽プレイリストには数十曲があるので、音楽プレイリストを読み込む際にすこし時間がかかります。

step4:URLの解析が完了し画面下に、ファイルのフォーマットや画質(音質)を選んで「選ばれた動画をダウンロードする」をタップする。

step5:「Download Now」をクリックすると、Youtube Musicから音楽・曲をダウンロードする作業はスタート。

あなたへのおすすめ

ホームBlog >Youtube Musicについての解説

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。