ホームBlog > MacでDRMを解除する方法

DRM解除ソフトMac版をまとめ!Apple Music・ストリーミング動画・電子書籍のDRMが全対応!

著作権を保護することにより、ネットで配信されているコンテンツの大部分は、各種「DRM」というコピーガードが掛かっている。例えば、「iTunes」や「Apple Music」から購入した映像・音楽ファイル、「Kindle」の電子書籍、「GyaO」や「DMM」の動画など様々である。それらの「DRM」そのもので、音楽や映像などのデータの複製、あるいは複製されたデータの再生が制限されている。

それゆえに、DRMにプロテクトされているコンテンツを他の用途で使用したい場合、DRMを解除しなければならない。ネットでどうやってDRMを解除するかというような質問があちこちである。今回の記事では、Macユーザーに向け、役に立つDRM解除ソフトMac版、MacでDRMを解除する方法を詳しく紹介したいと思う。

iTunes・Apple Music DRMを解除できるアプリ - MacX MediaTrans

MacX MediaTransは、MacでiTunes DRM、 Apple Musicを解除する時の成功率、操作性の容易さ、実行スピードの速さで愛用者がますます増えてきた。具体的に言えば、
●起動後のUIは綺麗で、初心者でも抵抗なく使い始めることができる;
●DRM付きものを検出後、1回クリックするとiTunes DRMを解除してくれる;
●軽量型で動作が速い、高性能で安定感抜群で、ユーザー満足度調査DRM解除ソフト部門No.1。
 
 

【2018年】最強のDRM解除ソフトMac版3選をおすすめしたい

 

DRM解除ソフトMac

(2). DRM解除ソフトMac版#No.2:MacX Video Converter Pro

【開発元】:MacXDVD
【対応OS】: Mac OS X v10.6/10.7/10.8/10.9/10.10/10.11/Sierra/High Sierra/macOS Mojave
【日本語対応】:可能
【対応のDRM種類】:GYAO、HULU、DMM、DMMアダルトADULT、ショウタイムなどのストリーミング動画専用DRM
【MacでDRMを解除手順の容易さ】:★★★★☆

MacX Video Converter Proとは、4K・HD動画ファイル形式変換、オンライン動画ダウンロード、プロ並みに動画編集、Mac画面録画と統合した一体型ソフトウェアである。Macでパソコンの画面を音声込みで録画することができるので、DRMを回避して、DRMの付いたストリーミング動画を永久保存する手段として重宝されている。

ライバルより、MacX Video Converter Proの魅力はどこにあるのか。まず、ユーザーが直感的に操作でき、効率的で使いやすいインタフェースを魅力的なデザインでご提供する。そして、第三者のソフトウェアが要らず、Macパソコンに標準搭載したソフトウェアと連携して、音声(PCから流れる音声とマイク音声のいずれも)と画面を一緒に録画するができる。録画したものでは、最も自然な高画質と高音質を実現する。


DRM解除ソフトMac

(1). DRM解除ソフトMac版#No.1:MacX MediaTrans

【開発元】:Digiarty
【対応OS】: Mac OS X v10.6/10.7/10.8/10.9/10.10/10.11/Sierra/High Sierra/macOS Mojave
【日本語対応】:可能
【対応のDRM種類】:iTunes DRM、Apple Music DRM
【MacでDRMを解除手順の容易さ】:★★★★☆

MacX MediaTransとは、iPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期するために開発されたソフトである。だが、Mac側でiTunes DRM、Apple Music DRMを解除する機能は、数多くの使用者に愛用されている。

メディアファイルを移行・バックアップ・同期中で、DRM付きものが自動的に検出される。そして、1回クリックしただけでiTunes DRMとApple Music DRMを解除することができる。使い方は超簡単でよく評判されている。ただし、MacX MediaTransは、iTunes12.6.1.25以降でDRM解除機能の使用が制限されているので、旧バージョンのiTunes 12.6.1.27へダウングレードする必要がある。そういう所は不便で嫌である。

★ 2018年現在、あらゆる環境下でストリーミング動画専用DRMの解除が出来るソフトが存在しない上、法改正によりDRMを解除する行為が私的使用目的であっても違法となった為、もはや技術的にDRMを解除するのは不可能なのである。そのため、DRMの解除より、DRMを回避して動画を録画したほうが手っ取り早い。

DRM解除ソフトMac

(3). DRM解除ソフトMac版#No.3:Calibre

【開発元】:Kovid Goyal
【対応OS】: Linux、macOS、Windows
【日本語対応】:可能
【対応のDRM種類】:Kindle、Kobo、ソニー・リーダーなど内の電子書籍DRM
【MacでDRMを解除手順の容易さ】:★★★★☆ 

Calibreとはフリー・アンド・オープンソースの電子書籍ソフトウェアであり、電子書籍を保存や管理を行うことが可能で、多数のフォーマットに対応している。またDRMのかかった電子書籍を他のフォーマットへ変換でき、数種類の主な電子ブックリーダーと同期することができる。現在、電子書籍DRM解除ソフトMac版と言えば、Calibreは定番中の定番と言っても過言ではない。

ただし、Calibre単独ではDRMを除去はできないが無料配布されているプラグインをインストールすれば機能として追加できる。市販品の電子書籍ファイルに施されているDRMを除去した後、変換や編集は自由に操作できる。Kindle内の電子書籍のDRMを解除したいなら、ぜひCalibreを試してください。

DRM解除ソフトMac

MacでDRMを解除する具体的なやり方を解説しよう!

 

(1). MacでiTunes DRM、Apple Music DRMを解除:MacX MediaTrans

MacX MediaTransをダウンロードとインストールしてください。その後、ソフトを起動する。ちなみに、MacX MediaTransを使ってiTunes DRM、Apple Music DRMを解除する時、iTunes側とiOSデバイスでいくつかの設定が必要。

iTunes側の設定:

@. iTunesを起動し、「アカウント」>「認証」>「このコンピューターを認証」の順でタップすることにより、DRMファイルを購入したApple IDがお使いのパソコンを認証する。

A. iTunesのメニューバーにある「iTunes」から「環境設定」をタップする。詳細環境設定画面で、「詳細」>「iTunesライブラリのXMLを他のアプリケーションと共有」にチェックを入れる。

iOSデバイス側の設定:

@. iOSデバイス(iPhone iPad iPod)では、「設定」>「ミュージック」の順でクリックしてから、「iCloudミュージックライブラリ」をオンにする。

DRM解除ソフトMac

本格でMacでiTunes DRM、Apple Music DRMを解除!

Step1:iOSデバイスを付属のUSBケーブルでMacに接続する。デバイスを初めてMacに接続する場合、「このコンピューターを信頼しますか?」という画面が出てくる。『信頼』をクリックすればいい。

Step2:MacX MediaTransのインターフェースで、「DRM削除」をタップする。

Step3:「DRM削除」の画面上部にあるメニューバーで、「ファイル追加」アイコンをタップする。そして、DRMで保護されたビデオやオーディオのファイルが表示される。

Step4:対象のDRMが付くファイルにチェックを入れ、「OK」を押す。

Step5:ソフト右下にあるブルーの『DRM削除」ボタンをクリックしたら、MacでDRMの解除が始まり、今後ファイルとしての取り扱いが自由になる。

MacX MediaTrans使い方>>

DRM解除ソフトMac

(2). Macでストリーミング動画が付くDRMを解除:MacX Video Converter Pro

まず、MacX Video Converter Proをダウンロードとインストールする。起動後、スクリーンの右上にある「ヘルパ」>「日本語」をクリックすることにより、ソフトのデフォルト言語を英語から日本語へ変更することができる。

Step 1:ホーム画面で表示される「レコーダー」をクリックして、録画専用の画面に入る。

Step 2:自由に録画範囲を指定する。このソフトでPC画面(デスクトップ)の特定の領域や、全画面(デスクトップ全体)をキャプチャー(録画)したりすることができる。

Step 3:録画設定を行う。出力先フォルダや音声などの設定ができる。

Step 4:ソフトの右下側にある丸いボタンをタップすると、画面の録画が始まる。もう一度タップすると録画が終了する。

DRM解除ソフトMac

(3). Macで電子書籍DRMを解除:Calibre

始めに、CalibreとDRMを解除に必要なプラグイン「DeDRM」をパソコンにダウンロードする。

Step1:Calibreをインストールしたら、「設定」→「プラグイン」→「ファイルからプラグインを読み込む」の順でタップする。そして、
DeDRMを解凍したファイル(tools)から「DeDRM_plugin.zip」を選ぶ。

Step2:Calibreを再起動する。これで、Calibre上でKindle、Kobo、ソニー・リーダーなど内のファイルを読み込むことができる。それにより、対象のDRMが付くファイルをドラッグ&ドロップでCalibreに入れると、自由に編集、フォーマット変換、PDF化という作業が行える。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > MacでDRMを解除する方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。