ホームBlog >コピーガード解除違法

コピーガード解除の違法性、罰則 | 通常の市販・レンタルDVDコピーガード解除方法を解説!

「DVDコピーガード解除違法」って知っているか?

現在、ネットから有料動画配信サービスを利用して、簡単にお気に入りの映画を鑑賞できるが、やはりDVDのほうが安心できると思う方もいるらしい。例えば、Wi-Fi環境に接続することも要らず、再生中で動画がよく止まり、頻繁に「バッファ中」となったり、カクカクと止まったりすることもない。最近、家庭用のDVDプレーヤーやテレビでDVDを見るより、小さくて持ちやすいポータルデバイスiPhone、iPad、iPod、Xperia、GalaxyへDVDを取り込んで再生するのが流行っている。

どのようにDVDからデータを抽出して各種端末へ入れるかとよくある質問。簡単に言えば、DVDに施されたコピーガードを解除しなければ、DVDの中身が取得できない。だが、コピーガードを解除すると違法となるの話はネットで絶えずに繰り返す。今回の記事では、コピーガード解除違法か?違法だったら、何か罰則があるのか。そして、合法の範囲内市販やレンタルDVD映像をコピー・リッピングする方法があるかと詳しく解説する!

様々なDVDコピーガード解除に強いリッピングソフト - 100%安全

MacX DVD Ripper Pro - DVDコピーガードフリー化したいなら、絶対見逃さないリッピングソフトウェアである。いま、DVDに施された主流のコピーガードを全て解除できると言っても過言ではない。ディズニーX-projection DRMとい最も扱いづらいコピーガードも問題ない。そして、ディスクを読み込みだけで勝手にコピーガードを解除する仕組みで、最速は数秒の時間で、DVDコピーガードフリー化を実現できる。化でDVDや動画を変換できるHandBrakeのかわりになるソフトをご利用したほうが楽。
 
 
PVSTAR+と類似しているアプリおすすめ

「DVDコピーガード解除違法」って法律の根拠があるか

(一)コピーガードとは

コピーガード(英語: Copy protection)とは、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、著作権者が自ら、その著作物が複製出来なくなるように処理すること。― ウィキペディアより

今、DVDに採用されたコピーガードの種類は、DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRM、99タイトルなどがある。そして、種類によってコピーガード信号の原理と特性も違う。

(二)コピーガード解除の違法性

日本では、2012年10月1日以降は、私的使用目的によるDVDのリッピングは、著作権法30条1項2号に定める「技術的保護手段の回避による複製」としてDVDリッピング違法化とされる。つまり、CSS暗号化、マクロビジョンなどのコピーコントロール/アクセスコントロール技術(技術的保護手段)のコピーガードを解除するなら違法行為ととなっている。市販やレンタルDVDの多くは著作権法で保護されており、コピーが禁止されていたり、使用用途が限られている。市販DVDの複製は私的用途でも違法となる。また、配布、交換、売買等を行うとこれらを行うと更に重大な違法行為になる。有名なリッピングソフトがすべて海外製なのは、こういった事情があるからである。

正直に言うと、そもそも創作されたものには著作権が存在する。もちろんそれはレンタルされたDVDでも購入したDVDでもである。レンタルされるDVDはそのメディアでレンタル期間だけそのメディア(DVD)で再生できる権利を購入したということである購入したDVDもその作品の著作権ごと購入したということではないということである。そのメディアで家庭内で再生する権利を購入したにすぎない。つまりコピーガードが入っている段階でそのメディア以外で再生を著作権者は認めていないということである。

DVDコピー違法罰則:違法コピー・リッピングを行ったユーザーへの罰則は何?逮捕、罰金か?

 PVSTAR+と類似しているアプリおすすめ

まず、違法コピー・リッピングで逮捕されるのは有り得ない。なぜなら、コピーコントロールと呼ばれる一種のコピーガードを回避してのDVDコピーに対する刑事罰が存在しないからである。違法ではあるが、あくまでも民事上で著作権者に対する損害賠償請求権と差止め請求権が発生するのみなので、民事不介入の原則に伴い、警察は介入できないのである。 発覚したとして、DVDをコピーした事で発生する著作権者への損害額の支払いと、コピーした現物の差し押さえが行われて終わりである。

『ラジオライフ』2016年7月号に掲された内容によると、市販品を複製して売れば、不正競争防止法により5年以下か500万円以下の罰金などの罰則があるという。ところで、。ネットで公開などせず、自分自身や家族など限られた範囲内で利用するために著作物を複製することは、当然違法行為となるが、ばれるどのよう罰を当てるかとはっきりしないが、これまでグレーゾーンであった。

Tips:コピーガード解除できない原因&レンタルDVDコピーガード解除ソフト選び

合法の範囲内市販やレンタルDVD映像をコピー・リッピングする方法があるか?

PVSTAR+と類似しているアプリおすすめ

DVDコピーの方式は「リッピング」と「キャプチャ」がある。コピーガード解除をしてリッピングではなく、画面キャプチャによる方式であれば、「データ抽出」に相当しないから合法なのではないか。この点から見れば、DVDリッピングソフトを使って、市販やレンタルDVDコピーガード解除してDVDからデータを抽出するより、DVDキャプチャソフトを利用して、DVD再生画面を録画して映像をパソコンに保存したほうが安心。 

ところが、DVDキャプチャって本当に安全か?それは違法行為にならないか。確かに、DVD-Videoなどのプロテクトを解除しての複製は違法なのだが、画像キャプチャが微妙な立ち位置にある。DVDプレーヤーで市販やレンタルDVDを再生した場合も、ビデオ出力には著作権保護の信号(CSS暗号化)が含まれる。この信号を無効化してキャプチャ録画することもリッピングと同様「技術的保護手段回避を伴う複製」にあたって、結局は違法という説が有力。

以上からみると、合法で著作権DVDをコピーする方法はないと思ったほうがよい。だが、コピーガード解除する行為は、違法となるものの、私的利用に限り、罰則はないから、勝手にDVDをコピーやキャプチャしたい人も結構いるらしい。以下の内容は、リッピングソフトを使ってDVDコピーガード解除してリッピングする方法、及びキャプチャソフトを利用して、コピーガード解除してDVD映像を保存する方法を紹介する。

(一)リッピングソフトを使ってDVDコピーガード解除してリッピングする方法

コピーガードや暗号化技術の進歩と発展により、定番リッピングソフトDVD Shrink、Handbrake、DVD Decrypter等は、新作の DVDのコピーが出来なくなって、以前の愛用者の数は徐々に減ってしまう。もちろん、自作DVDなら、それらのリッピングソフトで十分だが、今回はコピーガード付きDVDを対象にして最適したソフトを考えている。ここでは、MacX DVD Ripper Proというプロなリッピングソフトを心から強くオススメ。ディスクを読み込むだけで、勝手にDVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRM、99タイトル等様々なコピーガードを解除してくれるし、わかりやすいかつ綺麗なUIで、一目で使い方が大抵わかる。

100%安全
100%安全
コピーガード解除違法

MacX DVD Ripper Proのダウンロードとインストールが終わると次に進む。

Step1:対象のDVDをパソコンのドライブへ挿入して、パソコンに正常に認識されると、MacX DVD Ripper Proを起動する。そして、インターフェースの左上側にある【ディスク】をクリックして、コピーするドライブの選択画面が表示される。対象に含めるドライブを選んで、「自動検出」にチェックを入れて、「OK」をクリックする。

Step2:DVDが読み込み中で自動的にコピーガードを解除してくれる。読み込みが終わりと、【出力プロファイル選択】の画面が表示される。ご使用用途に合って、最適した動画形式を選んでください。

Step3:出力映像の保存先フォルダを指定する。Cドライブ以外空き容量の多いドライブへ保存したほうが良い。

Step4:【Run】をクリックして、パソコンでDVDデータを抽出するプロセスが開始。抽出の進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示される。プログレスバーが100%になれば自動で消える。【OK】をクリックすると、保存先のフォルダが開いて、すぐに出力映像を確認することができる。

(二)キャプチャソフトを利用して、コピーガード解除してDVD映像を保存する方法

キャプチャソフトを利用して、コピーガード解除を行うといえば、MacX DVD Ripper Proの姉妹ソフトMacX Video Converter Proをおすすめ。パソコン環境でDVD再生画面を画質や音質とも完全無劣化で録画することができる。録画したいものは.mov形式で保存されて、iPhone iPad iPodに取り込んだり、通常のプレーヤーで再生したりすることが簡単にできる。そして、このソフトは豊富な編集機能も搭載して、録画したコピーガードフリー化ファイルをカット、圧縮、リサイズ、フォーマット変換、クロッピング、動画連結、字幕/ ログ追加、音声入れ替え・抽出することも可能。

100%安全
100%安全
コピーガード解除違法

MacX Video Converter Proのダウンロードとインストールが終わると次に進む。

Step1:ソフトウェアを立ち上げると、上部にある「スクリーンレコーダー」をクリックして、パソコン再生画面を録画機能を有効にする。

Step2:録画開始する前に、フレームレート、出力ファイルの保存先と保存フォルダ、録音、お好みの画面表示サイズや画面位置、記録された映画を変換一覧表に追加するかなどといくつかの設定を行う。特に、録音において、「音声デバイス」のところで「音声なし」、「System Sound」、「内蔵入力(マイクの音声)」などが選択できるので、音声込みの録画したい場合、「System Sound」を押して、指示に従い、ドライバをインストールする必要がある。終わると、「実行」をクリックして次に入る。

Step3:ソフトの下側の真ん中にある「レコード」マークのようなアイコンを押すと、MacX Video Converter Proはパソコンの対象DVD再生画面をキャプチャしてくれる。進捗状況が確認できるので、いつでもキャンセルできる。

 

▲ これで、リッピングソフトやキャプチャソフトで、DVDコピーガード解除、DVDコピーガードフリー化する2つの方法を解説する。それは、間違いなく著作権侵害にあたり、罰則や損害賠償責任のリスクもあるので十分注意してください。

コピーガード解除・完全無劣化でDVD再生画面を録画|MacX Video Converter Pro

DVDをキャプチャして、コピーガードフリー化するには、役に立つキャプチャソフトが必要。ネットで探してみれば、あまり苦戦せずに使えるものを見つけるかもしれないが、MacX Video Converter Proはあなたにとってベストな選択肢である。最先端技術を搭載して、画質や音質のいずれも、オリジナルと比べてほぼ100%無劣化で録画することができる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog >コピーガード解除違法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件 | ライセンス契約 | アフィリエイト | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2018 Digiarty Software, Inc. All rights reserved, iPod®,iPhone®, iPad®, are trademarks of Apple Inc.