ホーム > ブログ >MP4 AVI違い

画質、音質、容量、ファイルサイズなど各方面からMP4 FLV違いを見てみよう!

MP4 FLV違い

MP4 FLV違いに悩んでいるか?

FLVとMP4は動画を保存やストリーミングに使われているファイルフォーマットである。FLVとMP4どっちがいいかと簡単に言えることではない。各自の特徴によって、FLVとMP4の使用用途も違っている。FLVはYouTube、Huluといった Web上の動画配信で広く使用される。一方、MP4はスマホ、メディアプレーヤー、ポータブルデバイスに愛用されている。ところが、MP4 FLV違いはどこにあるか。画質、音質、容量など各方面で、どっちが優秀するかと悩んでいる方がいるだろう。ファイル形式のプロではなく、ネットの専門用語がいっぱいの情報に苦手な素人向け、本文はわかりやすい言葉で些細なところまで、各方面でMP4 FLV違いを徹底に分析しよう!

FLVとは

Adobe Flashが標準で対応している動画のファイル形式。また、その動画ファイルの拡張子(.flv)。Flashアニメーションには画像や音声などとともにFLV形式の動画を含めることができ、メディアプレーヤーやコーデックなどを別途用意しなくてもFlash Playerを組み込んだWebブラウザだけで再生することができる。これを利用して、Flashで作成した動画プレーヤーにビデオを埋め込んでWeb上でそのまま再生できる動画配信サービスが広く普及している。

MP4とは

MPEG-4形式の圧縮動画データを格納するファイル形式の一つ。標準的なMP4ファイルの拡張子は「.mp4」だが、動画のみの場合は「.m4v」音声のみの場合は「.m4a」が使われることもある。MP4はApple社のメディア技術QuickTimeのファイル形式を元に策定されたISO/IEC 14496 Part 12の派生フォーマットで、従来のQuickTime形式の多くを踏襲した構造となっている。MPEG-4形式の動画だけでなくMPEG-2やMPEG-1の動画を保存することもでき、また、AACやMP3などの音声、JPEGやPNGなどの静止画などを多重化して格納することができる。

MP4 FLV違い:概要

MP4 FLV比較すると、確かに、MP4は多くのところでFLVに勝っている。まず、MP4はDVDのように、メニューを格納することができる。それに対して、FLVは全然対応できない。また、MP4はキャプションや字幕をサポートするため、MP4動画は複数の字幕トラックを含めることができる。そして、それらのいずれかから選択することが可能。一方、FLV動画は字幕をサポートしない、その上、通常に変更できない動画にエンコードされる。また、MP4はDVDのように、チャプタを付けることが可能だが、FLVは無理。チャプタは動画をセグメントに分割して、ユーザが決められたポイントまで早送りや巻き戻しができるようになる。MP4動画を作成する時に、それらの機能がすごく便利である。ただし、多くのユーザーはあまり動画を作らないが、動画を一つのフォーマットから 別のフォーマットに変換するしかないので、それらの機能を台無しにししてしまう。

MP4 一般的言えば、動画の品質はコンテナと関わらないものだが、H.264の場合はそうではない。(H.264 は、最近よく使われているビデオコーデックの一つで、圧縮率が非常に高く、画質も良い、 しかも、パソコン / モバイル機器 / HD 機器 等々、様々なデバイス上で扱うことができる。)最新FLVはH.264に対応しているが、完全な互換性がまだ実現していないことにより、FLVの汎用性に大きな影響を与える。H.264との互換性の問題を解決できないだけあって、AdobeはFLVから新しい形式F4Vに進む。一方、MP4はよくH.264に対応可能なので、その大きなメリットとなる。

MP4 FLVフォーマットの比較へ

ファイル拡張子 MP4 FLV
ファイルの種類 MPEG-4動画ファイル Flash動画ファイル
説明 MPEG-4ビデオフォーマットはオーディオおよびビデオコンテンツの圧縮を個別に行う。動画はMPEG4符号化方式で圧縮し、音声はAACによって圧縮されて、AACファイルに使用されるのと同タイプの音声圧縮である。 FLVはFlash Videoの略で、Flashなどで主に用いられる動画形式である。短いヘッダ、インターリーブされたオーディオ、ビデオ、およびメタデータのパケットで構成される。音声?映像データが標準的なFlash(.SWF)ファイルに採用されるフォーマットで保存される。
開発元 Moving Picture Experts Group Adobe Systems
メリット 1) 高品質で動画と音声を格納する;
2) 大多数のプレーヤー、デバイス、アプリケーションで再生や編集可能;
1) Web上のストリーミング動画配信に最適である;
2) 大多数のブラウザと互換性がある(モバイルブラウザが含まれていない);
デメリット 形式との非互換性の問題が時々発生する; FLV形式の動画を再生するには、Flash Playerプラグインが必要;
選択 互換性を重んじる場合、FLVよりMP4のほうが良い; オンラインで動画をYouTubeなど投稿する場合、FLVをオススメ;
MP4/FLVファイル再生プレーヤー
  • Apple QuickTime Player
  • Microsoft Windows Media Player
  • VideoLAN VLC media player
  • Adobe Flash Player 13
  • Adobe Flash Professional CC
  • iOrgsoft FLV Converter

各方面でMP4 FLV違いを見てみよう!

MP4 FLV画質

FLVとMP4形式のどちらのファイルがより高画質か、について果たして一概に断定できない。なぜかというと、「画質の良し悪し」は単純に「ファイル形式」だけでは決まらないからである。現在、一般に広く使われているコーデックのうち、もっとも高画質なのはH.264と言われる。最近のMP4はほぼ全て映像コーデックにH.264を採用している。その点から見れば、MP4はFLVより高画質であると筋が通る。ところが、コーデックのほか、動画の解像度も画質に深く関わっている。例えば、320X240のFLVとMP4を比べると、MP4とFLVどっちいいかと言うまでもない。ただし、640X480のFLV動画は320X240のMP4動画と比べると、MP4のほうが依然として上位を占めると言えないだろうか。

MP4 FLV音質

まず、コーデックから見れば、最近のMP4はほとんどもっとも高音質な音声コーデックAACを採用する。FLVには音声としてmp3が使う。これにも地味に差が生じ、音声が同じビットレートであったとしても両者の音質はかなり変化する。一般的に動画でmp3:256kbpsやAAC:128kbpsだったら、高音質と呼ばれるとかなり人によるかな。ハイパスローパスで圧縮した音声を好む人もいるし、可聴域がないと臨場感がないという人も居る。だが、AACが高圧縮でそこそこの音質になるため、mp3よりも小さいビットレートでエンコードが可能となる。

MP4 FLV容量

圧縮方式の違いからjpegよりもpngの方が大きく圧縮できると同様に、圧縮方式の違いでflvよりもmp4の方が大きく圧縮できるのである。

MP4 FLVファイルサイズ

ファイルサイズはコーデック、ビットレート、色深度、フレームレート、解像度など様々の要因と関係がある。だが、H.264を採用する動画ファイルは通常に高画質を保ちながら、ファイルサイズを抑える。

簡単にMP4 FLVを変換しよう!

MP4 FLV違いをさておいて、同様にコンテナとして、互換性のあるプレーヤーで手軽く再生することができるのが同じ。ところが、お使いのプレーヤーと互換性がなかったら、プロなFLV MP4変換ソフトを使って、FLVかMP4を変換しなければならない。本文はMacX Video Converter Proをという強い動画変換ソフトをオススメ。320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵するため、FLVと MP4はもちろん、そして、あらゆるSD&HD動画MOV,MKV,AVCHD,M2TS,FLV,WMV,MP3,VOB,MOD,3GPなどでの相互変換をサポートする。また、無劣化で動画を圧縮、Youtubeから動画をダウンロードと変換を一気に行い、ネットでの実況、生放送を直ちに録画、複数の写真で巧みにスライドショーを作成、動画ファイルから音声を抽出、着信メロディに設定、動画のワンシーンから画像を切り出し、デバイスの壁紙にするなど、MacX Video Converter Proが全対応。また、MacX Video Converter Pro使い方は超簡単で、サルにも手軽く操作できる!

ヒント:

MacX Video Converter Pro

MacX Video Converter Proは高品質エンジンを搭載する同時に、ハイパースレッディング、マルチコアCPUをサポートするため、83X速い変換スピードとオリジナルとまったく同じ出力品質を提供している。また、動画ををiPhone6/6 Plus,Xperia Z3/Z3 Compact,Galaxy Note4/Note Edge/Galaxy S5,ARROWS NX Fなどの最新スマートフォンに取り込むことをサポートしている。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。