ホーム > ブログ >Galaxy S7最新情報をいろいろまとめ

【更新中】Galaxy S7/S7 Edge発売日、価格、新機能、スペックなどの最新情報〜

2015年4月に発売された、サムスンのGalaxy S6とS6 edgeがまったく売れず大爆死の悲報がいっぱい届いている。そして、Galaxyの魅力を国内に広く伝えるために活動している「Galaxy アンバサダープログラム」の運営事務局が、活動終了を発表した。もしかして、2016年序盤にGalaxy S7の発表を控えているサムスンが、今後日本市場がターゲットでは無くなるのかも?Android派の方にとって、やや残念なことだよね。だが、Galaxy S7は抜群なAndroid搭載スマホとして、当然ながら高い注目を集めている。Galaxy S7のデザイン、スペック、新機能、発売日、価格などはどうなるか、そのメリットとデメリットや、ライバルと比べて優れたところは何かと、いますごく話題になっている。そして、本文は、ギャラクシーS7が気になる方向け、Galaxy S7最新情報をいろいろまとめてお届ける。

Samsung Galaxy S7機能

Samsung Galaxy S7発売日

ギャラクシーS7は3月に発売される予定と中国版twitterで情報があがった。他のネット情報から、Galaxy S7がたぶん来年2月ぐらいで、つまり、来年のMWC2016(2月22日〜25日/スペイン・バルセロナ)期間中に発表されるのである。だが、MWCで新製品の発表ラッシュを避けるため、MWCより公開される予定どと主張するメディアもあるし、年内に発売されるという意見もある。今から見れば、来年春で発表される可能性が高いGalaxy S6/S6 Edgeは2015年3月1日、MWC 2015開幕前日で発表されて、4月10日世界20ヶ国で発売開始。Galaxy S7発売日について、Galaxy S6のパターンを採用すると、発表された後1〜2月となるのである。

Update:KDDIと沖縄セルラーは、サムスン電子製のAndroidスマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」を5月19日に発売する。

Samsung Galaxy S7機能

Samsung Galaxy S7 価格

Galaxy S7の販売価格が未だ聞いたことがないが、高いモデルは本体価格も高くなるのが普通だから、Galaxy S7は高価格で販売されるのは明らかなことである。 売り上げが低迷するGalaxy S6について、下半期の販売方針は値下げを実施するのである。

Galaxy S6:
32GB:699ユーロ(約94,000円) / 64GB:799ユーロ(約107,000円) / 899ユーロ(約120,000円)

Galaxy S6 Edge:
32GB:849ユーロ(約114,000円) / 64GB:949ユーロ(約127,000円) / 1,049ユーロ(約140,000円)

Update:Galaxy S7もほぼそのぐらいで、あるいは、Galaxy S6より少し上回っているだろうか。KDDIと沖縄セルラーによる、「Galaxy S7 edge SCV33」は一括購入価格は9万8280円(税込)。分割購入では4095円×24回。毎月割により、料金から2070円×24回(総額4万9680円)割引され、実質負担額は4万8600円となる。

Galaxy S7デザイン

Samsung Galaxy S7デザイン

次世代フラッグシップスマートフォン「Galaxy S7」と言えば、従来のブロッキーなデザインからどう変わるか、また、サムスンが、Galaxy S7にユニークな技術が盛りだくさん搭載するかと期待されている。

ところが、2015年ラッグシップスマートフォン「Galaxy S6」と「Galaxy S6edge」は、デザイン面において旧機種から大きく進歩しているなので、Galaxy S7は大きな変わりはないと予想されている。一方、Galaxy S7は5.7インチで、Galaxy S6よりかなり大きいスクリーンを搭載するのは前の噂にある。その上、Galaxy S7はサムスンは軽くて丈夫、熱発散も速いマグネシウム合金の開発に取り組んで、仕様の異なるメダルを採用するかもしれない。

最新情報によると、Galaxy S6とS6 Edgeに比べると、ギャラクシーS7は画質、パフォーマンス及び他の新機能で、多方面にて改善がなされる。ユーザーが強化された画質と速い処理速度を楽しめる。

子供向け映画2016

Samsung Galaxy S7スクリーン

Galaxy S7 では画面サイズの異なる2種類のクリーンモデルが同時に発表されるそうである。一つは5.2インチスクリーンで、もう一つは5.8インチである。その中で、少なくとも一つのモデルが4K解像度のディスプレイを搭載するそうである。一方、Samsung Galaxy S7は5.7インチで、4Kではなく1440 x 2560 QHD解像度のディスプレイを搭載する言い方もある。Galaxy S7でゴリラガラスの代わりに、サムスンが出願した新しい強化ガラスブランド「タートルグラス」を適用する可能性があるとSamMobileが報じている。

サムスンはiPhone 6Sの「3D Touch」と同様のタッチ感知技術を導入するかも。少なくとも3D Touchに類する何らかの新技術が、将来登場するGalaxyシリーズに実装される可能性は非常に高そうである。

サムスンは、「ギャラクシーS(Galaxy S)」の次期機種に曲面スクリーンを採用する計画を示唆した。曲面スクリーンを採用することで革新力を強調しアップルに対抗しようというのが、サムスンの狙いとみられる。

※人気スマホGalaxyシリーズ向け最新情報や役立つ小ワザ特集:

Samsung Galaxy S7 ライバル

Samsung Galaxy S7 ライバル

近年、HTCはSamsungの強力なライバルとなりそうである。この2つの大手メーカーはほぼ同時期に、仕様と機能に近い端末を売り出しているのである。今度、HTC新モデルのHTC One M10とGalaxy S7も激しい競争にさらされているだろう。

そして、iPhone 6sとiPhone 6s Plusは2015年下半期(秋)モデルだが、2016年でも勢いよく売られていくと見られる。また、2016年夏発売と言われているXperia X vs X Performance vs XAがGalaxy S7に与える影響も軽視できない。Sony製Xperiaシリーズスマホは、海外市場でシェア率が縮小しつつあるが、国内市場において重要な位置を占める。

2016年新モデルiPhone 7新機能、スペック、発売日、デザイン、価格などを見てみよう>>

Samsung Galaxy S7カメラとバッテリー

Samsung Galaxy S7カメラとバッテリー

韓国サムスンによって新開発されたスマートフォン向けイメージセンサー「BRITECELL」が発表された。2016年の早い時期に登場する見通しの「Galaxy S7」に搭載される可能性に期待が集まる。低照度環境下での撮影能力とダイナミックレンジを大きく改善することに成功している点がその主な特徴である。

Samsung Galaxy S7バッテリーの容量について、今までに噂や報道などがまだないみたい。それに、GalaxyフラグシップシリーズでGalaxy S6から初めて、とうとうバッテリーが自由に交換できなくなったのである。Galaxy S7はGalaxy S6からデザインがあまり変わらないならば、バッテリー交換可能の仕組みを採用する可能性が非常に低い。

Samsung Galaxy S7 OSとプロセッサー

Samsung Galaxy S7 OSとプロセッサー

Samsung ギャラクシーS7は今年10月に配信された「Android 6.0Marshmallow」を搭載するらしい。中国からの噂によると、プロセッサーの過熱を防ぎ、バッテリー消耗を抑えるための水冷式の冷却システムがGalaxy S7に搭載されるそうである。それなら、Galaxy S7が加熱にこだわらず、高性能な部品の組み合わせで、最強ハイスペックモデルになれる。

Galaxy S7は種類のチップセットを採用するそうである。一つは、サムスン自社製チップ「Exynos」、もう一つは、Qualcomm Snapdragon 820である。Galaxy S6では、サムスンがクアルコムのかわりに、「Exynos」を採用した。クアルコムを見捨てた理由は公開されなかったが、Snapdragon 810の過熱とそこそこのパフォーマンスが原因の一つと思われる。クアルコムのハードウェアを再び採用すれば、Samsung Galaxy S7はもっとパワフルなモデルになると言われる。でも、現役のGalaxy S6 Edge+は4GBのメモリを搭載することから見れば、Galaxy S7はどんなプロセッサーを採用しても、4GB以上のメモリ容量を搭載することが期待できる。

Samsung Galaxy S7機能

Samsung Galaxy S7機能

Samsung ギャラクシーS7は、スマートフォンにおいて今まであまり注目されることのなかったオーディオ性能についてもESSテクノロジー製の32ビット・ステレオD/Aコンバーターを搭載するなどによって改良してくるとみられている。スマートフォンを持ちながらも音楽は別にDAPで聞くなどのこだわりを持ったユーザー層にもアピールできる性能である。

海外のWEB サイトSamMobile がスクープ情報によると、Galaxy S7はUSB Type-C コネクタを採用するそうである。USB Type-Cに変わると、向きを考えなくてよくなるだけではなく、電力供給容量が最大5A向上し、標準ケーブルでも最大3Aで給電できるので、充電スピードも向上する。

Galaxy S6と同じ、Galaxy S7も必ず指紋認証を搭載するに間違いない。Galaxy S7でmicroSD(最大128GB)を再サポートするとHD Blogが報じた。そうすれば、内部ストレージはたぶん32GB や 64GBに減少してしまうと予測される。

MacX Video Converter Pro

オールイン動画ダウンロード・変換ソフトである。Youtube、FC2動画、ニコニコ動画をはじめ、300を超える動画サイトから動画をダウンロードすることができる。そして、ダウンロードした動画ファイルを含め、カメラやスマホで撮ったHD動画ファイルや4Kファイルを手軽く他の形式に変換したり、ファイルサイズを圧縮したりすることが可能。 さらに、動画の要らない部分を切り捨てたり、お好みの動画 ファイルを結合・分割したり、動画に外部字幕やウォーターマークを追加したり、動画のパラメータでも(ビットレート、フレームレート、解像度、アスペクト比 )ビデオ解像度などを調整したりできる。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式のH.265動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル