ホーム > ブログ >Handbrakeで字幕を追加する方法

超簡単Handbrakeで字幕を追加する方法を紹介!初心者にもすぐわかる!

Handbrake字幕

Handbrakeで動画に字幕を追加したいか?

Handbrakeは無料なDVD&動画変換ソフトとして、使い勝手の良さで人気が高い。日常生活の中で、いろいろなところでHandbrakeで字幕を追加することが必要。例えば、HandBrake字幕機能は貧弱で、DVD&動画を変換する時、字幕が出ないという不具合を解決する;また、MP4やM4V、AVIなどのほとんどの動画形式は、音声と動画以外格納できないから、字幕をつける際は、字幕ファイルを追加しなければならない。ほかに、日本語の吹き替えがない洋画を日本語字幕をつけて再生したい場合、映画の中で外国人や宇宙人の会話や看板・印刷物などの場面の訳を知りたい場合、Handbrakeで字幕を焼き込んだほうが賢明。ネットでHandbrakeで字幕を追加する方法を探してみると、たくさんの情報が出てきたが、初心者にとってややこしいかもしれない。そのため、本文は熟練者にも、初心者にも関わらず、迷うことなく簡単に操作できるHandbrake字幕を追加方法を紹介する。

Handbrake字幕の豆知識

Handbrakeで字幕を追加するには、焼き付け(ハード字幕)及びパススルー(ソフト字幕)二つの方法がある。Handbrakeで字幕を焼き付け場合、動画を再生する時、字幕のオン/オフを切り替えることができないので、字幕が永久に動画画面の上部に出るようになる。つまり、字幕を消すことができない。パススルーの場合、別トラックに字幕を保存し、再生時にON/OFFが選択できるので、思うままに字幕を有効または無効に設定可能。

ヒント:DVDをMP4に変換する場合は、焼付け(Burned in)しか選択できない。一方、パススルーは出力にMKVまたはMP4を選択したときのみ利用できる。

1.Handbrakeで字幕を追加する方法:ハード字幕

以上言った通り、Handbrakeで字幕を焼き付ける場合、字幕が動画の一部として永久に存在して、他の言語トラックに切り替えることができない。つまり、動画を編集しても、字幕ファイルと動画ファイルの同期外れが発生しない。そのため、ハード字幕はDVD映画でもっとも良く使われている。ちなみに、Handbrakeはコピーガード付きDVDに対応できない、レンタルDVDや市販DVDなどコピーガード付きDVDにHandbrakeで字幕を追加する時、コピーガードを解除できるソフト第三者のソフトが必要とご注意ください。

Handbrakeでハード字幕を追加

まず、Handbrakeで読み込めるソースDVDファイルを入力する。そして、「Browse」をクリックして、出力映像を保存するフォルダを選ぶ。また、「Subtitles」ボタンを押して、「Source」の下のドロップダウンメニューから好ましいトラックを選択する。

ヒント:複数のトラックがある場合、選んだトラックはご要望に合わせるかと確認してください。

2.Handbrakeで字幕を追加する方法:ソフト字幕

普通に、動画ファイルと字幕ファイルを同じ名前で保存かつ一つのフォルダに置くと、VLCやQuicktimeといったメディアプレイヤーで動画を再生する時、字幕が付いている。例えば、映画はStar Trek Into Darkness.aviだったら、字幕ファイルはStar Trek Into Darkness.srt.の名前が付けられることである。ところが、ハード字幕と異なって、動画が編集されたら、字幕ファイルと動画ファイルの同期外れが発生する。

Handbrake最新バージョン0.10.0の字幕機能が大幅に改善される。64ビットのビルドを構築し、ソフト字幕追加機能も向上。字幕のON/OFFオプションを利用して、勝手に字幕を追加することができる。

Handbrakeでソフト字幕を追加

ステップ1:お好みの字幕を検索

ネットでご希望の言語の字幕が見つかったら、パソコンにダウンロードする。ただし、ネットで簡単に幕ファイルが見つかるが、ご希望の字幕ファイルは必ずあるとは言えない。通常に、字幕ファイルは.srtと.subの形式で保存されるが、HandbrakeはSRT形式の字幕しか読み込めないとご注意ください。効率的に使いたい字幕を見つけるため、「映画の名前」+「好きな言語」+「字幕」で文字列検索してください。そして、.SRTで保存された字幕ファイルを選択する。

ステップ2:ソース動画を入力

Handbrakeを起動してから、ソース動画をHandbrakeに入力する。

ステップ3:Handbrakeで字幕を追加

Handbrakeのインターフェースにある「Subtitle」タブを押す。 そして、「Import SRT」をクリックして、.srt字幕ファイルを動画に埋め込む。Handbrakeで複数の字幕ファイルを追加できる。次に、出力動画を保存用のフォルダを選択した後、「Start」ポタンをクリックして、Handbrakeで字幕を追加し始める。以上の作業が終わったら、好きな字幕が付く動画を楽しめる。

iMovieより素晴らしい!Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフト>>

ヒント:MKVといった動画ファイルがマルチトラックを含めて、役に立たないトラックがあるため、出力ファイルサイズを拡大してしまう。だから、Handbrakeのかわりに、マルチトラック動画に対応可能なソフトが不可欠。そのようなソフトの探しに苦労しているか?心配ことなく、ここでは、絶対見逃さないMacX Video Converter Proをオススメ。370+動画と音声コーデックを内蔵して、HD動画MKV, MTS, M2TS, AVCHDとSD動画 MP4, MOV, WMV, AVI, FLVなどで相互変換できる。あらゆる動画をiPhone X/6 Plus/5s/5c/4S,iPad,iPod,iMovie,Quicktime,Xperia Z1/Z2/Z3,富士通、Androidなど。本当に便利なツールである。

Handbrakeで字幕を追加できない時の対策〜MacX Video Converter Pro

MacX Video Converter Proは驚くほど多彩な機能が備えている。まず、Youtubeあら動画をダウンロードと変換を一気に行い;ネットでの生放送や実況を直ちに録画、複数の写真で宅巧みにスライドショーを作成、スクリーンショットをとって、愛用されているデバイスの壁紙に設定、動画ファイルから音声を抽出など全部対応可能。また、最新技術を採用して、無劣化の出力品質かつ83xより速い変換スピードで動作する。とにかく、MacX Video Converter Proを一度体験したらその便利さがわかる。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。