ホーム > ブログ >HandbrakeがMacで使いたい

HandbrakeがMac(Sierra)で使いたい!ダウンロード・使い方・不具合対策を解説!

    最新Mac OS「macOS Sierra」でHandbrakeを使いたいか?

最新のmacOSは「macOS Sierra」と呼ばれており、音声アシスタント「Siri」が使用可能になるなど、8種類の新機能が発表された。一般的なMacユーザーは2016年秋ごろにmacOS Sierra(OS X 10.12)へアップデートすることができる。 ところで、アップデートによっては、新しいMac OSで使えなくなったアプリ削除(アンインストール)したり、好きなアプリをインストールしたりする必要がある。例えば、以前古いMac OSで使っていたHandbrakeはmacOS Sierraと互換性がないので、macOS Sierra環境でダメになってしまう。macOS SierraでHandbrakeを使えないなら、解決方法2つがある。一つは、macOS Sierraに対応可能なHandbrake最新バージョンのセットアップファイルをダウンロードしてインストールする。もう一つは、Handbrakeのかわりに、macOS Sierraで利用できるDVDリッピングソフトウェアを選ぶ。

(Part 1)HandbrakeをmacOS Sierraにダウンロード・インストール手順

mac dvd mp4

macOS SierraでHandbrakeをダウンロード

Handbrake公式サイトにアクセスして、macOS Sierraに対応できるセットアップファイルをダウンロードする。特にOS X 10.12(macOS Sierra)に対応すると書いていない場合、OS X 10.12でHandbrakeが利用できないことが判明。だが、最新版のHandbrakeだったら、OS X 10.12で動作できることもあるから、どうしてもハンドブレイクをmacOS Sierraにインストールしたいユーザーなら、やってみてください。

具体的なHandbrakeダウンロードガイド>>

macOS SierraでHandbrakeをインストール

mac dvdリッピング 1. 先ほどダウンロードしたセットアップファイルHandBrake-0.10.5-MacOSX.6_GUI_x86_64.dmgをダブルクリックして開く。

mac dvd mp4

2. HandBrake.appをクリックして、HandBrakeの英語で表示されるインターフェースに入る。実に、Handbrakeは海外のソフトのため、日本語化はされていない。だが、日本語化されたアプリケーションや日本語パッチなどが配布されているサイトがある。ユーザーが手動的にそれらの日本語パッチをHandbrakeに追加すれば、日本語で表示されることが可能。具体的なやり方はこちらへ

macOS SierraでHandbrakeを使ってDVDをリッピング方法

mac dvd mp4

1日本語化されたHandBrakeを再起動して、「交換元」アイコンをクリックする。そして、取り込みたい DVDドライブを選択する。次に、「開く」ボタンを押したら、DVDが自動的にスキャンされる。その後、メイン画面に表示される複数のタイトルの中から、一番長いムービータイトルを選んでください。これで、DVDを HandBrakeに取り込みの作業が完了。

2特に設定していない場合は、出力動画が「.m4v」 という拡張子で保存される。.m4vはiPhoneシリーズと互換性のがあるので、そのままで結構。

3インターフェース左上の「変換開始」ボタンを押すと、OS X 10.12でHandbrakeを使って、DVDをリッピングする作業が始まる。プロセスの進行状況がサブウィンドウで表示されていて、プロセスが終わると、「OK」ボタンをクリックしてすべての操作が終わる。

具体的な操作方法はHandbrake使い方へ

macOS SierraでHandbrakeを利用中、意外に不具合が発生してしまう!

Handbrakeは安定性が低いので、使用中、不具合やエラーが発生することがよくある。そのため、ネットで「HandbrakeがMacで使えない」という間違いが広がっている。大抵、MacでHandbrakeを使う時、どのようなエラーや不具合が発生するか。

1. 音外れ ー 出力ファイルは映像より音が少し遅れたり、逆に早くなったりしてしまう。動画によっては、10秒以上ズレることもあれば、2秒くらいのズレ、またはズレないで済むこともある。

2. 画質劣化 ー リッピングする過程で若干の画質劣化が発生することがよくある。設定を一部変更することによって、画質をよくする可能性がある。でも、設定を変更しても依然として見劣りして、さらに、設定を繰り返すとその差は開くこともある。

3. コピーガード ー レンタル&市販DVDが必ずと言っていいほどコピーガードで保護されている。Handbrake単体で、ただコピーガードのかからないDVDしか対応できないが、VLCと連携して使う場合、リージョンコードやUOPsを解除することができる。CSS、ソニーArccOS、容量偽装、ディズニーX-projection DRM(ディズニー、ピクサー系が多く採用する)などよく使われているコピーガードなら、 Handbrakeは無理。

(Part 2)macOS SierraでHandbrakeのかわりになるソフトが登場!

Handbrakeの公式サイトにはOS X 10.12対応可能なバージョンが掲載されていない。無理して最新バージョンをダウンロードしてもmacOS Sierra環境で使えない。一方、何とかハンドブレイクをmacOS Sierraにインストールして順調に起動が出来るようになるが、音外れ、画質劣化、コピーガード解除できないという不具合が頻繁に発生する。それらの状況に対して解決方法があるか。ここでは、macOS SierraでHandbrakeのかわりになる神ソフトMacX DVD Ripper Mac Free Editionをおすすめ。

完全無料なmacOS Sierra用DVDリッピングソフトでありながら、有料ソフトに負けないほどの高性能を誇っている。OS X 10.12でHandbrakeがよく発生する不具合(音外れ、画質劣化、コピーガード解除できない)とMacX DVD Ripper Mac Free Editionは一切なし。楽天市場やAmazonから購入した市販DVDにも、TSUTAYAやゲオから借りたレンタルDVDにも関わらず、ディスクを読み込むだけで勝手にそのコピーガードを解除してくれる。出力プロファイルとして、MOV、MP4、M4V、iTunes、Apple TVを搭載している。とにかく、OS X 10.12でHandbrakeを使う時、不満を感じるなら、ぜひ、MacX DVD Ripper Mac Free Editionを試みてください。

Mac用
Windows用

MacX DVD Ripper Mac Free Editionを利用して、OS X 10.12でDVDをリッピング方法

まず、MacX DVD Ripper Mac Free EditionをMacパソコンにダウンロードとインストールしてください。MacX DVD Ripper Mac Free Editionを起動してから、「help」をクリックして、界面言語を日本語に指定できる。

DVDコピーフリーソフト

1好みのDVDディスクをDVDドライブに挿入してから、自動で起動する「Apple DVD Player」を閉じる。次は、「DVD追加」アイコンをクリックして、リッピングしたいDVDのあるドライブを選択する。

2ディスクを読み込むだけでDVDコピーガードが取り除けられる。そして、出力プロファイル選択のサブウィンドウが出てきた。ご使用用途に合って、利用したいものを選んでください。

3「ブラウザ」をクリックして、出力ファイルをの保存フォルダと保存先を選んでください。保存先は十分な空き容量があるかと確認したほうが良い。

4「RUN」ボタンを押したら、無料にMacでDVDをリッピングしする作業がスタート。変換の進行状況バーが100%になると、変換完了のメッセージが表示されて「OK」ボタンをクリックしてすべての操作が完了!

 

以上から見れば、macOS SierraでHandbrakeを利用しなくても、簡単にDVDをリッピングすることができる!MacX DVD Ripper Mac Free Editionは、確かに自分なりの使い勝手の良さと魅力があるものである。ところで、MacX DVD Ripper Mac Free Editionより、もっと豊富な機能を体験したい方たちがいるらしい。そうでしたら、正式版であるMacX DVD Ripper Proを見逃さないでください。あらゆるDVDをiMac、MacBook、MacBook Air、MacBook Pro、Mac mini、Mac Pro 、iPhone SE /6s /6s Plus /6 /6 Plus /5s /5c /4S、iPad Pro /Air 2 /Air /mini 4 /mini 3 /mini 2 /mini、Xperia Z6 /Z5 /Z4 /Z4 tablet compactZ3 /Z3 compact /Z3 /Z3 compact、サムスンGalaxy Note 5 /S6 /S6 Edge、富士通ARROWS、シャップへ変換することができる。また、DVDを丸ごとにコピー、DVDをISOイメージへバックアップ、DVDを圧縮してコピー、DVDを編集するなどの機能も搭載している。この素敵なソフトがあれば、ハンドブレイクをMacから安心に削除しても大丈夫。

MacX DVD Ripper Mac Free Edition

macOS SierraでHandbrakeのかわりになるソフトとして、Handbrakeより多彩な機能を搭載している。自由にパラメータ(フレームレット、解像度、ビットレット、オーディオ音声)をカスタマイズ;Macで無料にDVDの部分をトリミング、DVDをセグメント、字幕を追加;DVDからオーディオを抽出、着信音に設定;DVD動画から好きな画面をスナップショットして、スナップショットに作成。本当に素晴らしいmacOS Sierra用DVDリッピングフリーソフトである。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper Mac Free Editionはオールインワン式の強力なmacOS Sierra用DVDリッピングソフトフリーソフト。HandbrakeがMacで使えない時、Macで動作して、フリーにMacでDVDを MP4、MOV、MP4、M4V、iTunes、Apple TVなどのフォーマットにバックアップ&リッピングできる。

関連チャンネル