ホーム > ブログ >iMac Retina 5Kディスプレイモデルのメリットとデメリット

iMac Retina 5Kディスプレイモデルのメリットとデメリットを面々で届け!

iMac Retina 5Kディスプレイモデル

iMac Retina 5Kディスプレイモデルを買いたいか?

長い間、モニターとディスプレイががほとんど市場に出回っていない。UltraHD/4Kディスプレイが安くなる一方で、新しい時代の幕が開けたようである。アップル社にとって、 それはスマートフォン、タブレットとノートPCの発展に関わる必然的な帰結と言える。 iPhone4以降からRetinaディスプレイを搭載して、高精細な画面を届ける。まもなく、iPadもRetinaディスプレイを採用し始めた。その次、MacBook AirのRetinaディスプレイモデルが注目されている。今、ディスプレイ一体型デスクトップ機である新しくiMac Retina 5Kディスプレイモデルが話題になる。iMac Retina 5Kディスプレイモデルを買うか買わないか、あるいはMacBook Pro 2.5GHz Retinaディスプレイでどちらを買うべきかと迷っている人が少なくないだろう。心配ことなく、本文はiMac Retina 5Kディスプレイモデルメリットとデメリットについて面々で詳しく紹介する。iMac Retina 5Kディスプレイモデルはご期待に応えるか、iMac Retina 5Kディスプレイモデルを買うかどうかと簡単に判断できる。

Mac最高なiPhone・iPad同期ソフト登場!写真、動画、音楽など高速転送できる!

Macx Media Trans-あらゆるメディアファイルをiOSに転送できる最高なソフト。写真、動画、音楽などを簡単にiPhoneとiPadに転送でき、iOSデバイスからMac PCに転送することもできる。世界一の速度で転送できる。先進的な変換機能で、iOSに対応できない動画でも転送して再生できる。macOSとiOSの間にファイル転送ならMacx Media Transが一番!

Macx Media Transダウンロード

Winx Media Transダウンロード

面々でiMac Retina 5Kディスプレイモデルを分析!

まだ、4K解像度の高画質を思う存分に味わっていないうち、Appleが4K解像度を飛ばして、4K以上の高精細さを誇る27インチのiMac Retina 5Kディスプレイモデルを発表した。5,120x2,880ピクセルの驚異的な解像度はその目玉となる。デザインから見れば、2013年の後半に発売された現行の27インチiMacとほぼ同じである。お椀型のパネルと曲線美あふれる一体型のスタンドによって、この製品はApple製品のなかで最も有機的な雰囲気を持つものに仕上がっている。CPUはCore i5-4690、GPUにRADEON R9 M290Xと性能が向上している。また、メモリーは最大32GBまで増設可能となって、電源付近のバックパネルを開けてユーザーの手で増設できる。エンタメからクリエイティブまで幅広く活用できる仕様である。

iMac Retina 5Kディスプレイモデルスペック一覧

ディスプレー

27インチ(5120×2880ドット、218dpi)

CPU

Core i5-4690(3.5GHz、最大3.9GHz、4コア/4スレッド)

GPU

RADEON R9 M290X(GDDR5 2GB)

メモリー

PC14900 DDR3 4GB×2(最大32GB)

ストレージ

1TB Fusion Drive

通信機能

IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth4.0 OS OS X 10.10

インターフェース

USB3.0×4、Thunderbolt2×2、ギガビットLAN、SDXCカードスロットほか

サイズ/重量

650(W)×203(D)×516(H)mm/9.54kg

iMac Retina 5Kディスプレイモデルのメリットとデメリットを届け!

iMac Retina 5Kディスプレイモデルメリット

セミプロレベルの色彩とコントラスト比を備えた5Kディスプレー: 全モデルより、コントラスト比が向上された上、酸化物TFT(Oxide TFT)や高効率なLEDバックライトも採用し、さらに空気層を減らすことで輝度がしっかりと保ちしながら、消費電力を約30%も低減している。それに、グレアパネルの反射も抑えられている。シビアな色彩を要求する場面では別途ディスプレーを用意する必要があるが、発色傾向もほぼフラットで扱いやすい。

圧倒的高精細画質を誇った5Kディスプレー: 5120×2880ピクセルという超高解像度表示を可能した。フルHDの7倍、4Kディスプレイと比べても1.67倍に相当する。スクリーン上の文字はまるで紙面を読んでいるかのように快適に読め、写真は見逃していることに気づかなかったほどの細部まで見ることができ、ビデオは本物よりもはるかにリアルに感じられる。まさに“Retina”(網膜)の名にふさわしい高精細さだと実感できた。

利用可能なソフトがあり: iMac Retina 5Kディスプレイモデルを最大限に活用するため、利用可能なソフトが必要。MacBook Pro Retinaディスプレイモデルが発表された後、大部分なソフト開発社は開発したソフトを高解像度のディスプレイモデルに適用できようとソフトのインターフェースや設定オプションなどをカスタマイズした。iMac Retina 5Kディスプレイモデルには利用可能なソフトが少なくない。

圧倒的なパフォーマンスと余裕のある処理能力: iMac Retina 5Kディスプレイモデルには3.5GHzのクアッドコアCPU(Intel Core i5)、8GBのメモリ、1TBのFusion Driveが標準で装備されて、エントリー・レベルのMac Proよりよく早くどうさする。どんな作業にも関わらず、性能が優位なCPUとグラフィックカードのおかげて、1470万ピクセルをスムーズに見せる。

メモリ(RAM)が増設可能: iMac Retina 5Kディスプレイモデルはユーザー自身でメモリ(RAM)の増設・交換できる。、Apple Online Storeで「iMac with Retina 5Kディスプレイモデル」のRAMをアップグレードする場合、16GBでプラス19,600円、32GBでプラス58,800円となっている。

iMac Retina 5Kディスプレイモデルデメリット

高価なモデル:価格は25万8800円(税別)からと、消費税だけでも2万円を超えるほど高価なモデルなので、5120×2880ピクセルの解像度と美しい表示だけを求めるなら、多少無理だろうか。そして、高額なiMac Retina 5Kディスプレイモデルより、やや低額なMacBook Pro 2.5GHz Retinaディスプレイのほうがいいと思う方もいるらしい。

ターゲット・ディスプレイモードが搭載されていない:残念ながら5Kディスプレイは、iMacの一体型ディスプレイとしてのみ利用が可能だ。理由は既報でも簡単に触れているが、Thunderbolt 2端子は、ディスプレイ入出力としてDisplayPort 1.2相当の規格となる。DisplayPort 1.2は4K解像度における60fpsの入出力に対応するが、5Kディスプレイで60fpsを利用するには、DisplayPort 1.3相当の規格が必要になる。Thunderbolt 2ではこの要件を満たしていないため、ターゲット・ディスプレイモードが搭載されていない。

iMac Retina 5Kディスプレイモデルを買うべきか?

この新しいiMac Retina 5Kディスプレイモデルは極めて専門性の高い製品で、一般大衆の日々のコンピューティングに向いたものではない。金額を気にしないで買える方はともかく、一般庶民ではやはりなかなか手が出しにくい金額である。ところで、プロな写真家や動画を熱心する方にとって、iMac Retina 5Kディスプレイは現在最も必要なモニターである。

MacX DVD Ripper Pro

DVD、フォルダ、ISOファイルをリッピング及び各種端末に取り込むことをサポートする。例えば、人気デバイスiPhone、iPad、iPod、Apple TV、Android、ARROWS、Xperia、サムスンなど。また、ご個人的な要望に合わせて、DVDを思うままに編集可能。例えば、DVDをトリミング、好きな部分だけを取得、愛用されているデバイスによって、DVD映画画面サイズをクロップ、ログや外部字幕と強制字幕を追加、複数のタイトルを一気にリッピングなどと完璧にサポート。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。DVDコレクションをコピーするには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。