ホームBlog > 動画編集ソフトFinal Cut ProとiMovieの違い

【2018年】動画編集にはFinal Cut ProとiMovieの違いはどこにあるかと徹底比較しよう!

Final Cut ProとiMovie違いを知りたい!

現在、Macユーザー向けの動画編集ソフトは多すぎて数え切れない。その中で無料のものから高価なものまで、アマチュアからプロまで、アップル自社製のiMovieとFinal Cut Proから、他社製のAdobe Premiere Pro、Filmora、MacX系まで様々である。どれがどういう特徴があるのかいまいち分からないなら、自分に合ったものを選ぶのは難しい。

今回の記事では、アップルの同社製品iMovieとFinal Cut Proにあまり詳しくないが、両者の相違点と共通点はどこにあるのか、どれが一番使い勝手の良いかと知りたいという方を対象にして、機能性、操作性、利便性などの方面からiMovieとFinal Cut Proを徹底比較して、誰でも簡単に分かるようにFinal Cut Pro iMovie違いを解説する。これから、Final Cut Pro iMovieどっちがいいかと自分のニーズに応えてすぐに決まる。 

Final Cut ProとiMovieどっちも最大限に活用するためのツール

MacX Video Converter Pro - 互換性の問題で、一部の動画形式はFinal Cut ProとiMovieに読み込まれない。例えば、MTS、MKV、AVI、FLVをiMovieへインポートしようとすると、エラーメッセージが表示される。それに対して、第三者の動画変換ソフトウェアMacX Video Converter Proを強くおすすめ。320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵して、MKV、MTS、FLV、AVIなど様々な動画形式をiMovie、iMovie 10.0、iMovie 11、iMovie 09とFinal Cut Pro、Final Cut Pro Xで使えるフォーマットへ変換可能。
 
 

(一)Final Cut Pro iMovie比較:何の目的で開発されたか?

Final Cut ProとiMovie違い

「iMovie」とは

マックに標準搭載され、素人にもストレスなく簡単に使えるように開発された動画編集ソフトウェアである。画像ファイル、映像ファイル、オーディオファイルを用い作った映像において、様々なエフェクト(クロスディゾルブ、ミラー、早回し/スロー/逆転、音声の補正や加工)をかけることができるし、avi、mpeg、mp4等の映像ファイル形式で書き出し、さらにiDVDとの連動により、簡単な操作でDVDを作る事も出来る。  

「Final Cut Pro」とは

パソコン向けのノンリニア動画編集を目的としたmacOS向けのソフトである。アップルのプロフェッショナル向け映像ソリューションの中核となる。Final Cut Proには、幅広い種類のカスタム・オーディオ・エフェクトとプロレベルのLogicエフェクトが付属している。想像を超える仕上がりをもたらして、動画を最速で効率よく編集することができる。iMovieより、直感的で洗練されたFinal Cut Proは熟練者に向いている傾向がある。  

(二)Final Cut Pro iMovie違い:値段と価格

Final Cut ProとiMovie違い

Final Cut Pro価格:¥34,800円
iMovie価格:無料

価格の安さを重視している人にとって、Final Cut Pro iMovieどっちがお得かも重要な一環である。2017年4月の頃、アップルが、MacおよびiOS版のiMovieの価格を無料にした。2013年より新規購入のMac本体またはiPhone、iPadなどiOSデバイスにiMovieを無料で提供していたが、今後はそれ以前のハードを使うユーザーすべてが無料で最新のアプリを利用できる。とにかく、無料でありながら、かなり使えるクオリティも高いというところは、iMovieの魅力の一つではないか。

一方、Final Cut Proの場合、上位版「Final Cut Pro X」は買い切り型で、Apple公式サイトで¥34,800円で販売されている。お仕事、あるいはYouTuberとかで動画上げる度に小遣い稼げるためなのか、プロ並みの動画作りたいならば、この程度の出費は惜しくもないが、単なる趣味レベルで大した動画も作れないのに、動画編集ソフトにこの金額を払うのはやっぱり気が引けてしまうかもしれない。

値段と価格からFinal Cut Pro iMovie比較すれば、迷わずにiMovieのほうが全勝!

(三)見ればすぐ分かるようにFinal Cut ProとiMovie比較しよう!

上記の内容を読んだ後、Final Cut ProとiMovieどっちがいいかとまだ戸惑うかもしれない。以下は、基本機能、入力/出力形式、対象ユーザー、動作環境などの方面から、Final Cut ProとiMovie違いを表の形でまとめて説明する。

iMovie

Final Cut Pro

基本機能

全画面再生、ストーリーボードビュー、タイムラインビュー、タイトル

自動保存、アスペクト比変更、キーフレーム、複数のボード/シーケンス、ストーリーボードビュー、タイムラインビュー、タイトル

動作環境

Mac&iOS

Mac

対象ユーザー

専門知識のない初心者

動画編集に慣れてきた中高級者の方

対応形式

MPEG-4 (.mp4)、QuickTime movie (.mov), MPEG-2、AVCHD、DV&HDV。

Apple Cinema HD、H.264、HDV、iFrame、Motion JPEG(OpenDMLのみ)、MPEG IMX(D-10)、REDCODE RAW(R3D)、Apple Cinema コーデック、Apple Progress、AVC-intra、AVCHD、 非圧縮10ビット4:2:2、非圧縮8ビット4:2:2、XAVC、XDCAM HD / EX / HD422、QuickTimeフォーマットなど。

対応HDファイル形式

最大1080p 

最大UHD 4K

マルチカム同期

不可

可能

価格

無料

\34,800円



iMovieで使える適切なフォーマット&ビデオをiMovieに取り込む最適なソフト>>

(四)Final Cut Pro iMovie違い:メリットとデメリット

iMovieメリット

Final Cut ProとiMovie違い

@. 直観的で使いやすい。完全に使い慣れるまですこし時間がかかるが、初心者でも抵抗心がなく快適に使い始めることができる。お好きなように、対象の動画にエフェクトかBGM音楽をかけたり、複数の画像を結合したりすることができる。

A. UIはシンプルと綺麗で、無駄な機能のない潔さを保つ。それより、使用したい機能をすぐに見つけて、面倒な動画編集作業を効率的にできる。

B. 便利な動画共有機能を搭載している。編集後の動画をすぐYouTube、Facebook、Vimeoなどのような動画配信サイトへアップすることが可能。

iMovieデメリット:

@. 現在、動画ファイルに様々なファイル形式(フォーマットとも呼ばれる)とコーデックがある。だが、iMovieと互換性のある動画形式はAVCHD、MPEG-4(.MP4)、MPEG-2、QuickTimeムービー(.mov)、DVD&HDVしかない。それに、コーデックのため、一部のMP4動画もiMovieに読み込まれないことがある。iMovieにサポート範囲外となる動画ファイルを入力したい場合、第三者の動画変換ソフトウェアが必要。

A. iMovieを使ってムービーを作っていると、気づけば数十GB以上の容量を使うことになる。その時、ストレージの容量が足りなくなるといらないものを探して消したり、外付けのHDDに逃がしたりといった作業をする必要が出てくる。そして、iMovieで動画を編集する時、CPU使用率の高くて、 PCの動作が遅くなる。

B. iMovieの安定性には改善の余地がある。時に、iMovieを起動して使用すると、クラッシュしたり、ハングしたり、フリーズしたり、動作を停止したり、意外にエラーが出たりする。

Final Cut Proメリット

Final Cut ProとiMovie違い

@. 動画編集に慣れてきた中高級者の方でも満足できるレベルのソフトになっている。拡張環境対応に優れておりインタフェースボードやRAIDディスクの追加、Xsanシステムの利用などにより、さらに高性能・高画質な編集も可能である。写真を切り貼りしたような簡単な動画はもちろんのこと、プロ並みの映像を作ることもできる。動画の質を次のレベルにまで持って行きたい方にとってちょうどういい。

A. Final Cut Proには、磁気タイムライン、バックグラウンド処理、優れた組織ツールの評価、タギング、顔、シーン、および安定化などの自動解析など、数多くの機能が盛り込まれている。

B. Final Cut Proは、Final Cut StudioをはじめとするApple製の他のマルチメディア編集ソフトウェアと統合することができる。

Final Cut Proデメリット:

@. 出力動画は特定の形式やコーデックで保存する必要がある。そうしないと、動画の一部が壊れたり、他のプレーヤーで再生できなかったりしまうかもしれない。

A. プロ仕様の機能や設定オプションがいっぱい揃っているので、UIはすこしわかりにくくなる。Final Cut Proを初めて利用する人にとって、どこからはじめるかとぼんやりしてしまうかもしれない。ぜひチャレンジしてみてください。

B. Final Cut ProはただmacOS側で動作するソフトウェアである。iPhone iPadで使うiOS版が提供されない。

DVDをFinal Cut ProとiMovieへ取り込んで編集したい方向けのツール

お気に入りのDVDをFinal Cut ProとiMovieへ取り込んで編集したい場合、MacX DVD Ripper Proを利用して下さい。このソフトは、ディスクを読み込むだけで勝手にコピーガードを解除する仕組み。数秒のうち、快速でCSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、ディズニーX-projection DRM、99つタイトルのあるDVD、日本独自DVD(S1/本中/アタッカーズ)、ライブ音楽、スポーツ・フィットネス/ワークアウト系DVDなどと様々なDVDコピーガード解除できる。そして、高品質エンジン、デインタレーシング、Force A/C Syn、マルチコアとハイパースレッディング・テクノロジーを採用するため、超爆速でレンタルDVDや市販DVDをiMovieとFinal Cut Proへリッピングすることができる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > 動画編集ソフトFinal Cut ProとiMovieの違い

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。