ホーム > ブログiOS 9最新情報

iOS 9に期待できることって何か?各方面でiOS 9を徹底に分析!

DVDコピー

次期のAppleのモバイルオペレーティングシステムであるiOS 9の開発が、すでにクパチーノ本社で進める。iOS 9に関する確実な情報がまだ出てこないが、ネットの上で様々な噂が飛び交っている。今、iOS最新バージョンiOS 8.4は重要な役割を担当していて、注目を集めているが、6月8日開催予定のWWDC 2015(ソフトウェアに焦点を当てた大会) で、iOS 9の登場が見込まれる。噂によると、この新しいiOSは新機能や、アプリケーションを追加し、外観上の劇的な変化はない代わりに、安定性とパフォーマンスの改良に全体的に重点を置くとのことである。本文は最新の情報を基にして、iOS 9が搭載可能な新機能や、iOS 9のリリース日や、iOS 8より勝っているところや、使い勝手の良さではiOS 9とAndroid M 6.0とWindows Phone 10どっちが優秀かと各方面で徹底的にを分析する。

HD動画 /オンライン映画をiOS 9、Android 6.0及びWindows 10搭載するデバイスに再生!

iOS 9、Android 6.0及びWindows 10動画再生

以上最新OSの情報を読んだら、それらのOSを搭載するデバイスで動画を鑑賞するするのは、どんなに快適なことであるだろう。ところが、この三つのモバイルOSは一部の動画フォーマットに対応するので、オンライン動画にアクセスできない不具合も時々ある。そのため、ここでは、オールインワン動画変換&ダウンロードソフトMacX Video Converter Proをおススメ。

MacX Video Converter Proを使って、YouTube、FC2動画、ニコニコ動画、GYAO!、ひまわりなどを含め、300+オンラインサイトから4K UHD, HDとSD動画を無料にダウンロードすることができる。そして、あらゆるローカルファイルとダウンロードしたファイルを、iOS 9, Windows 10搭載スマホ、, Android Mと互換性がある動画形式に変換することができる。

MacX Video Converter Pro使い方

iOS 9に期待できることって何か?

デザイン

iOS 7に激しい視覚エフェクト機能を追加した後、アップルが冷静にiOS 8を扱っていた。 ほぼ同じインターフェースを採用することから見れば、もう多少わかる。同じiOS外観の統一性を失わないため、おそらく、iOS 9も外観的には大きな変化はかなり少ないだろう。ところが、注意すべきiOS 9のデザイン上の変更点って何か。

新しいフォント

9to5Macによると、アップルはiOS 7から採用されたHelvetica Neue Ultra Lightというフォントを捨てて、iOS 9に新フォントはSan Franciscoを採用するらしい。「San Francisco」は、Apple Watchの小さな画面でも見やすいように工夫されていて、文字サイズに関わらず明快さと読みやすさが維持されたフォントとなっている点が特徴である。また、すでに新型MacBookのキーボードには「San Francisco」で書かれた文字が採用されている。これに対応する日本語フォントの整備も考えてほしいところである。

互換性

従来のiPhoneはiOS 9と互換性があるかどうかと大事なことである。去年リリースされたiOS 8はiPhone 4Sから対応可能なので、iPhone 4sのユーザーであれば、iOS 8へのアップデートを諦めるしかないのである。それによって、iOS 9はiPhone 5から対応する可能性が高い。一方、iOS 9は、iPhone 4Sや初代iPad miniなどの型落ち端末においても動作するようなOSに仕上げられているという噂もある。

iOS 9へアップデートに必要な空き容量

iOS 8にアップデートするには、iPhoneストレージの空き容量が5.8GBほど必要になる。特に8GB 、16GBタイプのiPhoneを使ってるユーザーにとって、5.8GBの空き容量って過酷である。困った人もいるはず。さて、今度のiOS 9へアップデートに必要な空き容量はどうなるだろうか。とにかく、これまでのiOSより小さいサイズになると期待している。

iOS 9の安定性、機能

iOS 8がリリース直後に、歯切れの悪さとお粗末さが目立つ。特に、バグが頻出、容量を食いすぎ、バッテリーが異常消耗など、多くの人から文句を言われることになってしまう。それに対して、iOS 9の開発チームこの新OSの安定性向上を主眼とした上で、開発に取り組んでいる。また、ショートカットの機能がiOS 8より充実する。iOS 8のように、メインメニューからオーディオプレイヤーに簡単にアクセスできたり、WiFiやBluetooth、通知の設定や機内モードの設定が随分簡単になったが、そんな感じの機能がアップデートされるみたいである。

Home/HomeKit

9To5Macによると、新たに「HomeKit」対応デバイスを管理する「Home」アプリの存在が明らかになった。そして、デフォルトアプリとしてiOS 9に追加される予定である。Homeアプリの機能としては、無線でHomekit対応機器を発見したり設定することが可能;家の中に仮想的なマーキングを行い、Homekit機器に簡単に接続するようにする;Apple TVを全てのHomekit機器との接続のハブとして使う等が挙げられるようである。

Transit

iOS 9の標準マップアプリで乗換案内機能をサポートするようである。アップルの純正の地図アプリは依然Google Mapが及ばないが、今も頑張って改善に務めているようである。iOS 9の地図アプリには「Transit」というバスや地下鉄、列車、それぞれのルートが出るように、ようやく乗り換え案内機能が搭載されるようである。

Beats Music

Appleが買収した音楽ストリーミングサービス「Beats Music」が、iOSの標準アプリとして搭載されるかもしれ ない。iOS 8.4のベータ版では、ミュージックアプリの機能が強化されていて、WWDCでは、iTunesのストリーミング・サービスの発表の前触れではないかという見方もあるようですよ。

※2015年注目されているiOS9最新情報特集:

iOS 9対iOS 8の変更点まとめ:新機能

最大5画面のマルチタスク対応

マルチ画面とは、タブレットのiPadでは画面も大きくなり5画面フルに生かせて作業が出来そうである。例えば、2画面映せるとする。そうした場合、左側にSafariでwebページを映して右側にPagesなどの文書アプリを起動してウェブアプリをみながら文書を作成できたりする。それ以外にも、動画をみながら他のことを出来たり、LINEなどのSNSを別のことをしながら簡単に返信できたりする。脱獄アプリを使えば現時点でマルチ画面に対応させることが出来る。

ペアレンタルコントロール

これは親が子供のスマートフォンを監視する機能である。幼い子供を危険から守ってあげる親に向け、しっかり子供が持ったスマホの動作を監視してくれるのである。例えば、ゲームの起動時間やインターネットの利用時間を制限したりするなど。

FaceTimeの新機能対応

FaceTimeでビデオメッセージが送信できたり、会議通話が出来るようになるとのことである。日本ではiPhoneがよく売れているが、iPhoneに搭載されている通話料無料の仕組みをFaceTimeの利用者が結構少数だと思う。

デフォルトアプリの管理機能

例えばiOS8で話題になった「Apple Watch」のアプリ。消せないことで話題になっていましたが利用者に必要の無いアプリを管理できる。自分にいらないアプリを非表示に出来るのである。

コントロールセンターの管理機能

コントロールセンターの下部に自分が利用できるアプリを登録できるようになる。どのように管理が出来るようになるのかはわからないが、利便性が向上するらしい。

iOS 9 vs Windows Phone 10 vs Android 6.0 M対戦へ

iOS 9 vs Windows Phone 10 vs Android 6.0 M

アップルiOS 9 vs Android 6.0 vs Windows Phone 10:リリース日

アップル9月9日行われた発表会によると、iOS 9のリリース日を9月16日に決定した。iOS 9対応機種はiPad 2、iPad第3世代、iPad第4世代、iPad Air、iPad Air 2、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、 iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5c、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPod touch第5世代のである。

iOS 9と比べて、Windows Phone 10はどうなるか。Microsoftが、「Windows 10」を7月29日に190カ国でリリースした。Windows Phone 10の出荷がWindows 10のリリース次第提供されるらしい。Android 6.0の場合、マフィン、マカロン、マシュマロなどが名前候補とされている。

iOS 9 vs Windows Phone 10 vs Android 6.0 M対戦:機能

モバイルのOSを比較する時、機能の強さは無視できない、もっとも重要なことである。ずっと優れた機能を誇っているiOSは、iOS 9とAndroid 6.0とWindows Phone 10での対戦に勝つか。

iOS 9ではバグの修正と安定性の維持、パフォーマンス向上に大きな焦点が当てられる。そのため、iOS 9に多くの新機能が盛り込まれることはないだろう。

iOS 9とAndroid M 6.0の比較と言えば、Android M 6.0は面白い新機能をいくつか搭載するそうである。例えば、マルチウィンドウ機能、向上のUI、素早く返信可能など。一方、スマホ用のWindows 10の最大の特徴はアプリケーションの多さにあるだろう。Windows 10を搭載するスマホのユーザーはユニバーサルアプリを中心としたPCと共通のユーザー体験を実現していくというのである。

iPhone Androidどっちがいいか?面々でiPhone Android違いをお届け!

MacX Video Converter Pro

iOS 9、Android 6.0及びWindows 10搭載するデバイスに動画を変換することに得意だけではなく、驚くほど豊富な機能も付く。例えば、300+オンラインサイトから動画をダウンロードと変換を一気に行い;ネットでの生放送、DMMなどのDRM付きWindowsメディアの動画を録画;vob, avchd, mkv, m2ts, avi, flv, mp4などの動画を相互変換;カメラで撮った複数の写真をステキなスライドショーに作成と全対応!

関連記事
次期iOS 12いつ出るか?iOS 12リリース日・対応機種・新機能等の情報をまとめ!

ネットで2018年に登場する予定のiOS 12(仮)についての噂やリーク情報がたくさんある。例えば、主にiOS 12いつリリースか、iOS 12新機能、iOS 12対応機種等の方面から展開される。今回の記事では、iOS 12についての最新情報をまとめて詳しく解説する。

iOS12ダウングレード方法|iOS12不具合が数多くてiOS12からiOS11に戻したい

アップデートによる不具合(例えば、OTAアップデート失敗、リンゴループで起動できない、リカバリーモードになって文鎮化、バッテリーの減りが早すぎ、一部のアプリが使えない、Wi-Fiに接続できない、フリーズ/固まるなど)が数多くて、iOS12ダウングレードしたい人は多くなる。そこで、以下では、iOS12からiOS11に戻す前の注意点・準備作業、及びiOS12からiOS11.3.1にダウングレードする操作手順を詳しく紹介する。

iPod iPad iPhoneでiOS12アップデートについて、方法・不具合・注意点を解説!

今回の記事では、iOS12へアップデートしたい方を対象にして、「iOS12アップデートすべきか」、「iOS12アップデート方法」、「iOS12アップデート不具合」、「iOS12アップデートできない時の対策」と5つの部分をまとめて紹介する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

iOS 12情報 iOS12アプデ iOS12 ダウン iOS11バグ iOS11脱獄 iPhone11