ホーム > ブログ >iPhone 6&iOS 8への評価

iPhone 6メリット、iPhone 6デメリット、iOS 8の不具合と良いところのまとめ!

iPhone 6とiPhone 6 Plus

注目されているiPhone 6&iOS 8に迷っているか?

現地時間9月9日、新世代iPhoneモデルiPhone 6が発表され次第に、大騒ぎとなった。 デザインから、スペック、新機能、価格までiPhone 6/6 Plusの話が飛び交っている。また、iPhone 6/6 Plusが搭載して、大注目モバイルOSの最新版iOS 8も9月17日、配信されて、最新話題になる。「あらゆる面で、大きさ以上に大きく進化しました」と言ったiPhone 6にも、数百の新機能が加わっているという最新版iOS 8にも、期待の通り、動作するかどうか?今まで、待ちに待ったiPhone 6とiOS 8の謎がいよいよ解けてきた。本文は、iPhone 6メリット、iPhone 6デメリット、iOS 8の不具合と良いところをまとめる。iPhone 6/6 Plusに買い換えるべきか、iOS 8にアップデートすべきかと迷っている人は見逃さないください。

Mac最高なiPhone・iPad同期ソフト登場!写真、動画、音楽など高速転送できる!

Macx Media Trans-あらゆるメディアファイルをiOSに転送できる最高なソフト。写真、動画、音楽などを簡単にiPhoneとiPadに転送でき、iOSデバイスからMac PCに転送することもできる。世界一の速度で転送できる。先進的な変換機能で、iOSに対応できない動画でも転送して再生できる。macOSとiOSの間にファイル転送ならMacx Media Transが一番!

Macx Media Transダウンロード

Winx Media Transダウンロード

iPhone 6メリット・デメリット情報一覧

性能的には5.5インチの新iPhoneモデルが間違いなく上位モデルではあるのですが、不具合など惜しいところもある。いいか悪いかと簡単にiPhone 6評価することができない。

iPhone 6メリット:まず、4.7インチ(1334×750)326ppiのRetina HDディスプレイを搭載したiPhone 6と、さらに大きく5.5インチ1920×1080)401ppiを搭載したiPhone 6 Plusが、大きなiPhoneモデルが欲しい人の期待に応える。そして、大きくになっていながら、薄くなって、持ちやすいかも。また、A7と比較すると、13%小型化しており、25%高速化、グラフィックは50%性能アップしているA8を搭載する。NFCに対応して、Apple Playと呼ばれる独自の決済サービスが利用可能になる。優れた技術を導入したため、バッテリーはこれまでより長持ちする。Focus Pixelsを搭載した新しいセンサー、進化した顔検出などといった機能を追加し、さらに、iPhone 6 Plusが光学式手ぶれ補正機能も搭載し、カメラは大きく進化した。

iPhone 6デメリット(iPhone 6不具合):まず、iPhone 6、iPhone 6 Plusが大きすぎて、共に片手で持ちながら画面全体を操作するのは難しいし、ポケットに入れると、歩きづらいみたい。また、 iPhone 6のラインナップは16GB、64GB、128GBとなって、今までのiPhoneにはあった32GBモデルがない。そして、薄くて平らなiPhone 6 Plusがポケット内で曲がってしまったし、手でも簡単に曲げられる報告が続出している。さらに、画面が割れやすいという噂も出てきた。今まで、iPhone 6評価もイマイチ。

iPhone 6/6 Plus不具合詳細をいろいろまとめ:

iPhone 6不具合之カメラ:一部のiPhone6 Plusで写真を撮ると、画像にくもったようなフィルターがかかってしまう不具合が起きるようである。理由は今わからないが、光学手ぶれ補正が効かずiSightカメラのピントが合わないことによる不具合の可能性が高そうである。それに対して、Appleが対象のiPhone 6 PlusのiSightカメラを無償で交換する。

iPhone 6不具合之電源:使用中に電源が何度も落ちてしまうことがあるようである。バッテリー残量が0%になって電源が落ちてしまうなら、当たり前のことであるが、残量が20%とか30%くらいあるのに、突然落ちることってiPhone 6/6がたまに発生する。

iPhone 6不具合之画面:iPhone6 Plusでは、ランドスケープモード(横画面)時にうまく画面が切り替わらないといった不具合がたびたび起こっていた。また、端末が突然真っ赤な画面になり再起動ループに入ってしまうという不具合報告が複数挙がっている。そして、iPhone6 Plus本体が上下逆さまになった際 に画面の回転が遅れる問題が報告されている。

iPhone 6不具合之通話:サービスエリア内で、通話中に声が聞こえなかったり声が届かない不具合も時に起こった。

iPhone 6不具合之タッチパネル:iPhoneを使用していると、突然ディスプレイがタッチ操作に反応しなくなったという症状が生じることが稀にある。

※2016年注目されているiPhoneモデル最新情報特集:

iOS 8の不具合と良いところ一覧:

9月17日、アップルはiOS 8を無料ソフトウェアアップデートで提供開始。対象機種はiPhone 4S/5/5s/5c、iPod touch第5世代、iPad 2、iPad Retinaディスプレイ、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイ。手元の機種をiOS 8にアップデートする前、まず、iOS 8の不具合と良いところをご承知したほうがいい。

iOS 8の良いところ:ルスケアに対応して、健康などのデータをダッシュボードで見やすく表示する。そして、文章のスタイルに合わせてパーソナライズされ、受信者やAppを基にカスタマイズされる予測入力をサポートする。また、メール、カレンダー、メッセージ、リマインダー、および他社製の対応Appのインタラクティブな通知を届ける。ほかに、カメラアプリで明るさ調整が可能し、他社製キーボード(Simeji)もサポートできる。

iOS 8の不具合:iOS 8.0バグを修正したiOS 8.0.1がリリースした。しかし、依然として、最新バージョンのiOS 8の不具合な状況も出てきたため、いまもiOS 8.0.1の配信停止。数日のうちにiOS 8バグを修正可能な8.0.2を提供予定。いま多く見られるiOS 8バグは何だろう。?iOS 8.0.1 は最初の不具合修正版として、ヘルスケア関連アプリの復活に加えてサードパーティ製キーボードまわりの挙動修正、一部アプリでフォトライブラリからの読み込みができない問題などを修正項目に挙げていた。しかし、iOS 8.0.1の場合、「携帯ネットワークにつながらなくなった」「ロック解除に使う指紋センサ Touch IDが反応しない」という致命的な不具合の報告が相次ぐ。iOS 8にアップデートすべきかとよく考えてください。

※2017年注目されているiOS9最新情報特集:

iPhone6メモリ容量不足場合に対策:写真をパソコンに転送できる方法

iPhone6惜しいところにご利用に一番影響があるのはそのメモリ容量である。使っているうちにすぐ容量が不足になり、アプリをインストールしたり写真を撮ったりすることも、またiOSをバージョンアップすることもできなくなってしまう。一番な対策はiPhone6に保存される写真をパソコンに転送すること。MacX MediaTransというソフトを使ってiPhone6に保存される写真をパソコンに転送できる。iPhone6にアプリをインストールしたりすることもいらないで、PCでソフトをインストールだけで完成できる。転送したい写真だけを選択することもでき、たとえあらゆる写真を転送してもあっという間に完成できる。ワンクリックで一日分、一月分、一年分あるいはすべての写真を選択することができるので、快適で簡単にiPhone6から写真を転送できる一番なソフトとされている。

Mac用
Windows用

iPhone6からmacOSに写真を転送する方法

ステップ1:「写真転送」と書かれたボタンをクリックして、写真選択界面になる。

ステップ2:Mac PCに転送したい写真を選択する。また、標記されるところで日によって写真を表示するか、月によって写真を表示するか、年によって写真を表示するか、あるいはあらゆる写真を表示するかと選択できる。

ステップ3:上のメニューにある「エクスポート」をクリックするとiPhone6からMacに写真を転送し始まる。完成したらご覧のように保存されるところを示してあげる。

iPhone6からmacOSに写真を転送する方法

MacX DVD Ripper Pro

DVD、フォルダ、ISOファイルをリッピング及び各種端末に取り込むことをサポートする。例えば、人気デバイスiPhone、iPad、iPod、Apple TV、Android、ARROWS、Xperia、Samsungなど。また、高品質エンジンし、デインタレーシング、Force A/C Synを搭載する同時に、マルチコアとハイパースレッディング・テクノロジーもサポートするため、無劣化の品質と最速な変換スピードを提供している。

関連記事
次期iOS 12いつ出るか?iOS 12リリース日・対応機種・新機能等の情報をまとめ!

ネットで2018年に登場する予定のiOS 12(仮)についての噂やリーク情報がたくさんある。例えば、主にiOS 12いつリリースか、iOS 12新機能、iOS 12対応機種等の方面から展開される。今回の記事では、iOS 12についての最新情報をまとめて詳しく解説する。

iOS12ダウングレード方法|iOS12不具合が数多くてiOS12からiOS11に戻したい

アップデートによる不具合(例えば、OTAアップデート失敗、リンゴループで起動できない、リカバリーモードになって文鎮化、バッテリーの減りが早すぎ、一部のアプリが使えない、Wi-Fiに接続できない、フリーズ/固まるなど)が数多くて、iOS12ダウングレードしたい人は多くなる。そこで、以下では、iOS12からiOS11に戻す前の注意点・準備作業、及びiOS12からiOS11.3.1にダウングレードする操作手順を詳しく紹介する。

iPod iPad iPhoneでiOS12アップデートについて、方法・不具合・注意点を解説!

今回の記事では、iOS12へアップデートしたい方を対象にして、「iOS12アップデートすべきか」、「iOS12アップデート方法」、「iOS12アップデート不具合」、「iOS12アップデートできない時の対策」と5つの部分をまとめて紹介する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。DVDコレクションをコピーするには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

iPhone 11 iPhone2019 iPad Air3 iPad Pro3 iOS 13 macOS Mojave