ホーム > ブログ >iPhone 6s / iPhone 7最新情報

更新中!次期のiPhoneモデルiPhone 6s / iPhone 7最新情報をお届ける!

iPhone 6S / iPhone 7コンセプト画像

新iPhoneモデルのiPhone 6s / iPhone 7

報道によると、アップルは既にiPhone 6C向けのカメラ部品を注文しているのである。iPhone 6Cはまもなく登場するかもしれないようである。iPhone 6とiPhone 6 Plus が9月19日に発売開始されてから、もう何カ月経った。iPhone 6とiPhone 6 Plusへ好奇心や新鮮な感覚が徐々に減ってしまった。それに対して、iPhone新モデル(iPhone 6s、あるいはiPhone 7と呼ばれる)スペック、機能などの噂がだんだん注目されてきた。現在のところ、iPhone新モデルは期待されるところと言えば、Force Touch、Apple SIM、高品質DSLRカメラ及びiPhone 6の2倍になるRAMのである。

【オススメ】好きな映画をiPhone 6s / iPhone 7にコピー&変換しよう!

超人気なiPhone 6s / iPhone 7向けDVDリッピングソフトがきた。このソフトを使って、マイ・インターン 、進撃の巨人 ATTACK ON TITAN、ピクセル 、テッド2 、天空の蜂 、アントマンなどを含め、様々なコピーガード付きDVDをコピーしたり、変換したり、iPhone 6s / iPhone 7をはじめ、iPad、iPod、Android、Xperia、Galaxyに取り込んで再生することが可能!



iPhone 6s / iPhone 7最新情報まとめ

※iPhone 6s / iPhone 7についての情報が更新し続けるので、本文もiPhone 6s / iPhone 7最新情報を早めにあなたにお届けようとアップデート中。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:発売日

KDDIau/ docomoとも9月12日(土)16時01分より開始!
ソフトバンクは、iPhone史上最も進化したiPhone 6sとiPhone 6s Plusを2015年 9月 25日午前8時より順次発表するという。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:デザイン

アップル社はiPhone 6が曲がりやすいという噂で苦しんでいた時がある。今となって、曲がりやすい携帯電話はアップルにとって絶対許せないだろう。確かに、デザインはiPhone 6とほぼ変わらず、サイズもわずかに大きくなったのみ。ただし、ただし、カラーラインナップはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールド(新色)になる。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:ディスプレイ

今年、アップルはiPhone 6に沿って、新4インチで、曲面スクリーンを搭載する新モデルをリリース予定の噂もある。大きいサイズは一つのオプションとして残して、小さいサイズも市場に戻るそうである。一方、サイズが小さくなると、スクリーンも頑丈になる。ニュースによると、iPhone6の製造を担当しているとされるFoxconnが、iPhone 6s / iPhone 7の為のサファイアガラスディスプレイを製造するらしい。そのスクリーンはiPhone 6と 6 Plusが搭載可能の噂も当時あるが、製造上の困難でできなかったそうである。アップルの発表会によると、iPhone 6sが搭載したディスプレイはRetina HDディスプレイ IPSテクノロジー搭載4.7インチ(対角)LEDバックライトワイドスクリーンMulti-Touchディスプレイ 1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi 1,400:1コントラスト比(標準)のものである。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:ライバル

Android 搭載スマホの競争が一段と激しくなるが、唯一のiOS搭載フラッグシップデバイスであるiPhone 6sは直接なライバルがない。 現在、日本国内で言うとiPhoneとAndroidのスマートフォンがほぼ全てのシェアを握っている。iPhoneがスマホ市場の半数を握っているというのが日本の特徴だと思う。でも、Android 搭載スマホのサムスンGalaxy、ソニーXperiaなどはiPhoneの最大対抗馬になって、iPhoneの市場シェアに挑戦している。ちなみに、ソニーXperia Zシリーズの最新モデルXperia Z4が今夏6月11日から発売した。そして、Xperia Z5の最新情報も次々と出てきた。とにかく、Xperia Z5 vs iPhone 6s / iPhone 7両雄の対戦は避けられないね。

今のところ、iPhone 6は iPhone 6s / iPhone 7の最大ライバルとなるかもしれない。 iPhone 6s / iPhone 7ともスポーツプレミアムのデザインを採用して、iPhone 6と比べると全然劣っていない美しさを見せる。だが、あくまでもiPhone 6とほぼ同じ外観の上、追加新機能も少ないので、競争力が足りないだろう。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:カメラとバッテリー

アップルは一眼レフカメラ並の写真品質を実現する技術を持っているモバイルデバイス用カメラメーカーLinx会社を買収した。iPhone 6s / iPhone 7において、着実な画質の向上を遂げる可能。報道によると、2レンズシステムの採用で、iPhone 6sはデジタル一眼レフ並の撮影画質となり「史上最大のカメラの飛躍」になるとしている。大体同じレベルに達するソニーが発表した積み重ねられたCMOSイメージセンサから、そのカメラを想像できる。そして、アップルは大規模なバッテリー事業部門を構築しているそうである。結局、iPhone 6sとiPhone 6s Plusとも 12メガピクセルiSightカメラ(1.22ミクロンのピクセルを使用)を搭載する、カメラの性能もほぼ同じ。ただし、光学式手ぶれ補正機能はiPhone 6s Plusに限定。 バッテリー容量は、iPhone 6sはiPhone 6と同じ1810mAh、iPhone 6s PlusはiPhone 6 Plusと同じ2915mAhのである。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:OSとパワー

iPhone 6s / iPhone 7は新しいプロセッサ(A9と呼ばれるかも)を搭載することが当然である。サムスンはiPhone 6と iPhone 6 Plus搭載のApple A8プロセッサより、15%小さく、20%強く、35%電力効率高くなるチップの作成計画を立てるそうである。また、報道によると、開発の進むiOS9は、信頼性と安定性の向上に主眼を置いたアップデートとなる見込みである。今、iOS 9ベータ版も開発者向けリリースした。なお、一般向けの正式版iOS 9は2015年9月25日である。iPhone 6s / iPhone 7でiOS 9に搭載するのである。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:新機能

噂によると、iPhone 6s / iPhone 7は2つの革新的な機能を搭載する。一つは、アメリカで出荷されるiPad Air2やiPad mini3に標準で装着されるApple SIMである。Apple SIM機能が入ったiPhone 6s / iPhone 7を購入したら、ユーザーは自分で使いたいキャリアを自由に選べるのである。Apple SIMはメーカーとキャリアの力関係やスマホやタブレットの販売方法を大きく変える激震を業界に与えるものになるだろう。もう一つは、Force Touchである。Force Touch とは、Appleがスマートウォッチ「Apple Watch」に搭載した、タッチインターフェースにおいてタッチの圧力を感知可能とする技術である。実に、画面に触れる強さに応じて操作できる3Dタッチという機能が導入された。新たに導入されたライブフォトという機能。一見、普通の写真に見えるが、強く押すと動画になる。また、1200万画素のカメラを搭載し、4Kと呼ばれる鮮明な動画を撮影可能で、今月25日から日本でも発売される。

iPhone 6s / iPhone 7最新情報:価格

日本におけるアップル直販でのSIMフリー版価格も発表された。iPhone 6sの16GB版が8万6800円、64GB版が9万8800円、128GB版が11万800円(すべて税別)。6s Plusが16GB版が9万8800円、64GB版が11万800円、128GB版が12万2800円のである。

 アップルは21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表し、3月25日午前0時01分(日本時間)より発売される。カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。カメラはiPhone 7がリア1,200万画素、フロント700万画素で、光学式手ブレ補正を装備。3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7赤色(レッド) バージョンの128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plus赤色(レッド) バージョンの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

MacX DVD Ripper ProでDVDをiPhone 6s / iPhone 7に取り込む操作手順

まず、MacX DVD Ripper ProをMacコンピュータにダウンロードとインストールしてください。起動したら、上部の「Help」をクリックして、インターフェース言語を日本語に指定できる。

DVDをiPhone 6S / iPhone 7に取り込む

ステップ1:左上側にある「DVD追加」アイコンをクリックしてから、ソニーXperia Z5に取り込みたいDVDをソフトに追加する。

ステップ2:DVDディスクが読み込またら、出力プロファイルウィンドウが出てきた。操作手順は以下の通りである。そして、 、「Appleデバイス」⇒「iPhone動画へ」⇒「iPhone 6,Plus(MPEG4)」⇒「完了」の順でクリックする。

ステップ3:「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

ステップ4:ソフトの右下側にある「RUN」ボタンをクリックしたら、DVDをソニーXperia Z5に変換し始める。

※iPhone 6s / iPhone 7最新情報には、サポートする動画ファイル形式についてのことが言及されていない。一般的に言えば、先代モデルとほぼ同じなので、ステップ2のところで、「iPhone 6,Plus(MPEG4)」を選んだら結構!

MacX DVD Ripper Pro

DVD、フォルダ、ISOファイルをリッピング及び各種端末に取り込むことをサポートする。例えば、人気デバイスiPhone、iPad、iPod、Apple TV、Android、ARROWS、Xperia、Samsungなど。また、高品質エンジンし、デインタレーシング、Force A/C Synを搭載する同時に、マルチコアとハイパースレッディング・テクノロジーもサポートするため、無劣化の品質と最速な変換スピードを提供している。

関連記事
アイフォン2019年最新情報|2019 iPhone発売日、価格、新機能、サイズ・デザイン、名称

アイフォン2018年最新情報を随時更新中。2018 iPhone新機種(iPhone11/XI、iPhone XS/XS Plus、iPhone XR、iPhone8s、iPhone X Plusなど)に関する噂&リーク情報(名称、サイズ、新機能&スペック、発売日、価格など)をまとめてご紹介する。次期iPhone新型モデルを買いたい方はご参照ください。

iPhone SE2は出るか?iPhone SE2発売日、価格、スペック、新機能などのリーク情報&噂

2018年3月にiPhone SE後継機種iPhone SE2は出るか?iPhone SE2出るならFelicaや防水やApple Payに対応するのか。iPhone SE2発売日はいつ。iPhone SE2サイズ、スペックはiPhone SEと比べ何か進化を遂げる。本文はiPhone SE2は出るか?iPhone SE2発売日、価格、スペック、新機能などのリーク情報&噂を随時更新中。iPhone SE2機種変更なら、この記事を参考にしてください。

2018年新モデルiPhone XS Maxの発売日・価格・新機能・スペック等最新情報!

アイフォン8もう完璧すぎではないか。iPhone XSはアイフォン8からどう進化するかと、考えてみると未来は想像できない気が胸でいっぱい。とりあえず、今回の記事では、iPhone XS/XS Max関連の国内外から配信されるリーク情報や最新情報をまとめて、アイフォンXS発売日、 価格、新機能などを詳しく紹介する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、Mac OSの上で、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。DVDコレクションをコピーするには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

iPhone 11 iPhone2019 iPad Air3 iPad Pro3 iOS 13 macOS Mojave