ホーム > ブログ >iPhone 7とiPhone 7 Plus比較しよう!

iPhone 7とiPhone 7 Plusどっちが買うべきか?2機種の違いから見てみよう!

iPhone 7とiPhone 7 Plus違い

iPhone 7とiPhone 7 Plusどっちが買うべきか

2016年、次期のアイフォンモデルiPhone 7とiPhone 7 Plusはやっと登場した!その前、iPhone 6s/6s PlusはiPhone 6/6 Plusに比べて、見た目は大幅な変化がないし、性能として小改良だけにとどまるため、アップルファンの皆さんからするとちょっとがっかりしたという状況に対して、今度、2016年新モデルのiPhone 7とiPhone 7 PlusはiPhone 6s/6s Plusから大きな進化を遂げて、最上位モデルとしてで再びスマートフォン市場を席巻すると期待できるである。

iPhone新モデルに買い換えたいユーザーが、アイフォン7かアイフォン7プラスかどっちが買うべきかと悩んでいるだろうか。さて、今回の記事では、iPhone 7とiPhone 7 Plusの2機種をデザイン、スペック、価格面で比較して、どちらを選ぶべきかを考察してみよう。

100%安全
100%安全

iPhone 7とiPhone 7 Plus違いところまとめ

機種名
iPhone 7
iPhone 7 Plus
重量
138g
188g
寸法
138.3 x 67.1 x 7.1mm
158.2 x 77.9 x 7.3mm
ディスプレイ
4.7インチRetina HD コントラスト比1400:1(標準) 最大輝度 625cd/m2 (標準) 広色域対応(P3)
5.5インチRetina HD コントラスト比1300:1(標準) 最大輝度 625cd/m2 (標準) 広色域対応(P3)
ディスプレイ解像度

1334 x 750(326 PPI)

1920 x 1080(401 PPI)

ROM
32GB /64GB /128GB
32GB /128GB /256GB
背面カメラ
12MP iSightカメラ 光学手ぶれ補正 50%明るく高速な新型センサ
12MP iSightカメラ x2 広角:f1.8 望遠:f2.8 光学手ぶれ補正
前面カメラ
7MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash 最大5倍デジタルズーム 広色域キャプチャ 自動手ぶれ補正
7MP FaceTimeカメラ+ Retina Flash 2倍光学ズーム 最大10倍デジタルズーム 広色域キャプチャ 自動手ぶれ補正
RAM
未発表
未発表
バッテリー

3G通話 14時間
3Gデータ通信 12時間
LTEデータ通信 12時間
WiFiデータ通信 14時間
音楽再生 40時間
動画再生 13時間
連続待受 240時間

3G通話 21時間
3Gデータ通信 13時間
LTEデータ通信 13時間
WiFiデータ通信 15時間
音楽再生 60時間
動画再生 14時間
連続待受 384時間

税別価格 (SIMフリー版)

32GB 7万2800円
128GB 8万3800円
256GB 9万4800円

32GB 8万5800円
128GB 9万6800円
256GB 10万7800円

 アップルは21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表し、3月25日午前0時01分(日本時間)より発売される。カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。カメラはiPhone 7がリア1,200万画素、フロント700万画素で、光学式手ブレ補正を装備。3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7の128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plusの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集

iPhone 7とiPhone 7 プラスどっちが買うべきか?

iPhone 7とiPhone 7 Plusどっちが買うべきかと言えば、個人によって考えも違っている。性能の方面から言えば、iPhone 7とiPhone 7 Plus違いがそんなに大きくない。アイフォン7のほうが、手に収まりやすいサイズで、持ちやすい。一方、アイフォン 7 Plusのほうが5.5インチの大型ディスプレイサイズで、スマホとしてもタブレットとしても、両方使える“2in1タイプ”が人気である。とりあえず、自分のニーズや好き嫌いによって選んでください。2017 アイフォン8買い替えるべき?iPhone7 iPhone8どっちがいいか?

iPhone 7とiPhone 7 Plusについて更新履歴

2016年8月01日:最新情報によると、iPhone 7は 5〜6色から展開、新色には「スペースグレー」ではなく、「スペースブラック」になるそうである。そして、4・LEDフラッシュライトを搭載して、前モデルのデザインからわずかな変更にとどめる見通しである。また、@evleaksによると、「iPhone 7」の予約受付開始日が9月9日となる可能性がある。

2016年7月27日:中国のweiboにより、まもなく登場するiPhone7 Plus(iPhone7 Proかも)の本体背面の下の部分に搭載する予定の「Smart Connector」が廃止されるそうである。そして、最新噂によると、iPhone 7には物理的な「ホームボタン」はなくなるそうである。また、 iPhone 7には3つのモデル、すなわち4.7インチ iPhone 7(単レンズ)、5.5インチiPhone 7 Plus(単レンズ)、5.5インチiPhone 7 Pro(デュアルレンズ&ワイヤレス充電)が登場する可能性が濃厚。

2016年7月25日:最新情報によると、iPhone 7及iPhone 7 Plusは9月12日に発表して、9月16日から発売する可能性が濃厚。そして、台湾のレポートによると、FoxconnとPegatronはすでに「iPhone 7」シリーズの大量生産を始めるそうである。 また、中国メディアのanzhuo.cnが「イヤホン ジャックの廃止は事実であることをサプライチェーンが認めた」と報道。

2016年7月19日:2016年に登場するiPhoneは、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone Proという3つのモデルが用意されている可能性が濃厚。iPhone Proは最上位モデルとして、その価格にふさわしい価値があると期待されている。iPhone Proには背面にデュアル・カメラが装備され、下部にApple独自のSmart Connectorが搭載されるという。

2016年6月12日: 今までの情報によって、iPhone 7は16nmで統一され、台湾のTSMCが独占受注するA10プロセッサを搭載、従来の3.5mmイヤホンジャックを廃止、そして、iPad Proと同様に4つのスピーカーを提供、紫色のモデルを追加、防水対応、ホームボタンは仮想ボタンに変更するということである。

2016年5月10日: ナリストのミンチー・クオ氏は「今年の新型iPhone(通称:iPhone 7 Plus)はデュアルカメラと3GBのRAMを搭載する」と報告しているのである。

iPhoneデバイスのファイルを転送、管理、編集、同期できるツール

かなり優秀な評価の高いiPhoneデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!だから、iPhone 7とiPhone 7 Plusなどの iPhoneデータをMacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

iPhone 7発売日やXiPhone 7スペックや iPhone 7価格などのアップルiPhone 7最新情報及びアップルiPhone 7予想情報を見てから、iPhone 7に買い替えたい?iPhone シリーズを使いの方は、スマホでDVDを再生したいのなら、上記のMacXDVDにお任せ!

関連チャンネル

iPhone SE2 新型Xperia Galaxy S9 iPad mini5 iMac Pro iPod touch7