ホーム > ブログ >Mac OS X 10.11、El Capitan評判

Mac OS X 10.11、El Capitan評判!面々でOS X 10.11、El Capitanを徹底的に分析!

OS X 10.11エル・キャピタン

最新OS X 10.11エル・キャピタンが登場!

アップルの最新OS X 10.11、El Capitanは2015WWDCのキーノートで発表された。たくさんの新機能を追加して、魅力的なYosemiteと比べて、El Capitanは機能追加は小幅で少しユーザーをがっかりさせた。革新的な技術や新機能の開発より、今度のOSは品質改善やレスポンス改善、旧機種での 安定性向上に力を尽くすと言われる。

多くのMacユーザーにとって、使い慣れた古いバージョンのOSを最新OS X 10.11にアップグレードするかどうかと困らせることであろうか。El Capitanはどんなに優秀でも、完璧で申し分がないというわけではない。ワクワとEl Capitanにアップグレードしたが、結局、期待通りに動作してくれないでがっかりしたという状況を避けようと、まず、Mac OS X 10.11、El Capitan評判を見てみよう。

Mac OS X 10.11、El Capitan評判:メリットと不具合まとめ

Mac OS X El Capitanはあなたの期待に応えるか、まず、Mac OS X El CapitanメリットとMac OS X El Capitan不具合を見てみよう。

Mac OS X El Capitanメリット:

直感的な自然言語検索機能
OS X El Capitanでは、Spotlightの検索機能が大幅に改善された。現在のところ、Spotlightはもっと多くのデータソースにアクセスできる。全世界の隅から隅まで起こっていることや、最新ニュースなど、Spotlightで検索してみると、すぐ見つける。また、Spotlightは自然言語検索に対応することができる。そのため、ユーザーは手軽くかつ素早くお気に入りのものを見つける。例えば、4月のドキュメントを検索する場合、「4月のドキュメント」を入力したら結構。そして、2015年の4月を指定したいなら、「4月のドキュメント」の後、2015を付けたらいいのである。Spotlightをアップルのメールアプリと連携して使うと、メールの検索はすごく簡単なことになる。

※ところが、Spotlight機能は完璧になると言えない。自然言語検索は役に立つが、何か動作するか、何か動作しないかとはっきりしない。

2016次期Mac OS最新情報まとめ:OS X 10.12新機能、対応機種、リリース日、不具合など>>

再設計された「メモ」は役に立つ
Mac OS X El Capitanでは、最も大きな変更があった部分と言えば、「メモ」ほかない。Macコンピュータが初めて登場して以来、このシンプルなメモ作成アプリは、ほとんどアップグレードされていなかった。今度、上部のドロップダウンメニューからテキストを書式設定するためのオプションが追加され、より大きなテキスト見出し、箇条書きリスト、アウトライン、チェックリストを作成できるようになる。中でも便利なのがチェックリストである。項目のリストをハイライトすると、各項目の左側にすぐにラジオボタンが追加され、必要に応じてチェックを入れていくことができる。

通常のハードウェアでよく実行できる
エルキャップでMacに来て最大のほとんどの機能の1つが、全体的なパフォーマンスの向上そのものである。ソフトウェアアップデートは、(ちなみに、マーベリックスから同じグループである)OS X 10.10ヨセミテ対すべてのMacのサポートをドロップしないと実際には、それはそれはいくつかの古いハードウェア上でより良い実行されます可能性がある。

DVDリッピング・コピー
動画DL・変換・編集

Mac OS X El Capitan不具合:

Split viewはWindowsのスナップ機能と比べならない
アップルは、もう何年間El Capitanウィンドウ管理機能の向上に取り組んでいる。今度、Split View機能の登場は、事実的に重要な一歩を踏み出した。Split View機能を利用して、2つのアプリケーションの画面をフルスクリーンで左右に並べることができる。ところが、この仕様はWindowsで採用されている「Aeroスナップ機能」のUIと非常に似ている。Microsoftはずっと前「Aeroスナップ機能」をWindows 7に搭載するのである。現在のところ、同時期のWindows 10では、「Aeroスナップ機能」を改良して、画面を4分割できるようになったし、スナップ後に画面の空いている残りの領域を別のウィンドウで埋めやすくするために,スナップアシスト機能や,スナップフィル機能が追加されている。Split viewより、大きな進歩を遂げた。

Safariの安定性はまだわからない。
Safariでは新たに、お気に入りのウェブサイトを開いたままタブバーでアクティブにしておくページピン機能が追加され、また、流れるブラウザの音声をどのタブからでもを素早く消音するミュートボタンも用意された。だが、最も重視されているSafariの安定性はどうなるだろうか。この新OSは全体的に安定性とパフォーマンスが向上されたと言ったが、実にまだわからない。ベータ版の使用感想から見れば、イマイチである。

ヒント:Mac OS X El Capitan不具合一覧
●OS X 10.11にアップデートしたのに、Yosemiteが表示されてしまった;
●着色レベルのようなページ要素で、Safariは頻繁にクラッシュする;
●Macを再起動しようとすると、シャットダウンが起こる(対策:sudo shutdown -r nowに入力した後、再起動する);
● Safariでウェブページを閲覧する時、テキストの一部が欠落してしまう。
● Macは熱くなる、熱暴走及びバッテリー消費が早い(対策:スマホのバッテリーを長持ちさせる方法);
● Office 2016 for MacのWordと互換性が低い;
● Safariにはプロキシーサーバーの設定が不可で、グローバル設定をすると、すべてのページが開かない;
● Safariはあるウェブサイトの Cookieを保存することができない;
● あるアプリのウィンドウをドラッグする時、うまくいかない;
● 仮想マシンはUSBデバイス検出することに失敗する。

※以上のOS X El Capitan不具合はすべてユーザーからのフィードバックである。それらの不具合は簡単に修正することができるが、ユーザー体験に大きな影響をもたしない。

※2015年注目されているOS X 10.11エル・キャピタン最新情報特集:

Yosemiteから、OS X El Capitanのメリットとデメリット及び不具合を見てみよう!

El Capitan vs Yosemite

エル・キャピタンのメリット

  • 新しいインターフェイスとデスクトップ
  • 緊密に統合されたアプリ
  • 性能向上のWiFi
  • 大幅な パフォーマンス向上
  • より良いSpotlight検索機能
  • マルチウィンドウ管理が改善
  • ノートアプリが一新
  • グラフィックスAPI「Metal」を採用
  • タブをピン留め(固定)する機能

エル・キャピタンのデメリット

  • 一部のアプリはOS X 10.11環境で実行できない
  • El Capitanは9月30リリース予定

Mac OS X 10.11、El Capitan評判:Mac OS X El Capitanを使ったことがある方からの感想

「OS X El Capitanには、一番気になるのがSplit View機能である。この機能を使って、2つのアプリをフルスクリーンアプリを分割表示することができる。快適だ!例えば、手動的に窓口をドラッグする必要なし、MailとTweetDeckを並んで全画面で表示できる。ところが、MicrosoftのWindowsは何年前からこの仕様を提供していた。」

「日常生活の中で、よくMailを使うのである。残念なことに、YosemiteでMailを使う時、うまくいかない不具合が出てきた。El Capitanはその不具合を解決できるかと期待している。嬉しいことに、El Capitanのベータ版を使ってみると、かなり改善したような気がする。今まで、ベータ版でMailが動作できないということが一度も発生しない。素敵!」

「Apple OS X YosemiteとEl Capitanはすごく似ている。アップルはシステムのパフォーマンスをあげて、メールの追加速度とアプリの起動速度をアップするが、個人的に言えば、その差が小さくて、スピードアップという感じがあまりしない。」

「今、アップルは10.11に搭載した「メモ」にたくさんの実用機能を追加した。例えば、メモ中にPDFファイル、写真、動画及び他のファイルをドラッグ&ドロップしたり、Safariやマップのよう なアプリケーションからのコンテンツも共有メニューを通じて直接追加できるようになった。また、iCloud(インターネット上にデータを保存して、ログ インすればどの端末からもデータにアクセスできるようなサービス)を使って、メモは同期を有効にしているすべてのデバイスで常に最新の状態で見ることができる。」

「Safariのアップグレードは一番気になる。ところが、それらの改善は本当に必要かとよく言われる。なぜかというと、Chromeをはじめ、ほかの競争ブラウザはもうそれらの機能を提供しているからである。確かに、ほかの人気ブラウザと比べると、Safariのほうがやや弱くて、まだまだ長い道を歩むと思う。」

以上のMac OS X El Capitan感想から見れば、人によって重視していることも違っている。あなたが重視しているところは何か。今、開発者向けのベータ版は少数の人しか使わないが、一般向けのバージョンは今秋リリースする予定である。その時、Mac OS X El Capitan感想を聞かせてください。

iosデバイスのファイルをMac OS に転送、管理、同期できるソフト

かなり優秀な評価の高いiosデバイスデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとMac OS X 10.11などのMac OSのPC間、iOSデバイス間に楽に転送して楽しめる。また、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!だから、iPad/iPhoneなどの iPhoneデータをMacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

関連記事
Apple新製品2018!新型iPhone・iPad(Pro/mini 5)・Mac mini・Macbook Proが網羅!

アップル従来の発表スケジュールによると、2018年3〜4月「春のスペシャルイベント」、2018年6月「WWDC 2018」大会、その次、2018年9月「秋イベント」の開催が予測できると考えた。今回の記事では、毎年開催する新製品発表会別に基づいて、 2018年に登場する予定のアップル新製品を予想してまとめて紹介する。

アップデート不可?macOS 10.13 High Sierraをインストールできない場合の対処方法

本文は、macOS 10.13 High Sierra対応機種、及びVMware&MacにmacOS High Sierraをインストールできない場合の対処方法をまとめて、スムーズに macOS High Sierraにアップデート可能。

新システムmacOS 10.14 2018年登場!次期macOS 2018年最新情報おまとめ

次期macOS 2018はmacOS 10.14かmacOS 11か、またmacOS X 10.14いつリリースか、進化されるところと新機能など、macOS最新情報をまとめてこの記事でご紹介する。macOS 10.14 2018年の対応機種、macOSアップデート時間もご紹介する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

OS X 10.11エル・キャピタンメリットデメリット、OS X 10.11エル・キャピタン不具合を見てから、OS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードしたい?OS X 10.11エル・キャピタンを使いの方は、スマホでDVDを再生したいのなら、上記のMacXDVDにお任せ!

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。