ホーム > ブログ >面々で OS X 10.11エル・キャピタンの分析

OS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードすべきか?面々でエル・キャピタンの分析へ!

OS X 10.11エル・キャピタン

最新OS X 10.11エル・キャピタンが登場!

Appleが日本時間6月9日(火)2時から行った、開発者向けのイベント「WWDC 2015」で次期のMac OS Xである「OS X 10.11 El Capitan」を発表した。OS X Yosemiteに基づいて、新機能とデザイン上の変化が注目を集まっている。ところで、なぜ名前をEl Capitan(エル・キャピタン)に決定するかというと、実に、エル・キャピタンはヨセミテ公園(前期OS X Yosemiteの名前の由来である)の中にある「岩」の名前なんだそうである。つまり、公園の中に入ったことでどんどん核心にせまりつつあるということである。この新しいOSバージョンはを体験したい場合、新規のMacユーザーなら、OS X 10.11 El Capitanを搭載する最新Macモデルを購入、既存のMacユーザーはリリース日を待って、Mac App Storeからこの最新バージョンのOSをダウンロードできるはず。しかし、機械音痴や、素人にとって、OS X 10.11 El Capitanについての知識を持っていないと、勝手にOS X 10.11にアップデートする自信がないだろう。そのため、本文は、OS X 10.11 El Capitanの新機能、デメリットとデメリット、リリース日、対応可能なモデルなと含め、役に立つ情報を満載!

最新Macまで対応できるiOS管理ソフト!

アップル製品同士のMacシステムとiOSシステムの間に連携をもっと便利に

MacX Mediatransを使って、Mac環境にお手持ちのiOSデバイスに保存するデータを簡単に管理したり転送し合ったりすることが気楽にできる。さぽするのは写真、動画、音楽などすべてのメディアファイル。

● また、このソフトなら最新なMacもiOSも対応できる。音楽を転送する以外にプレーリストの転送と管理もできる。動画ならファイル変換機能もついているのでなによりのツールだと評価されている

MacX DVD Ripper Proダウンロード MacX DVD Ripper Proダウンロード

OS X 10.11 El Capitan(エル・キャピタン)概要

アップルはOS X 10.11 El Capitanのユーザー操作性・パフォーマンスに焦点を当てている。ウィンドウ管理、アプリケーションの改善及びSpotlight検索の強化など、Macの使い勝手の良さを一段と向上する。エル・キャピタンはYosemiteとほぼ同じ外観デザインを採用する。ただし、OS X 10.11はシステム全体にわたって、新しいフォントSan Franciscoを追加する。また、OS Xのウィンドウ管理機能、ミッションコントロールの進化もこの最新OSにある。iPad版iOS9に搭載された2画面分割表示機能となる「Split View」がフルスクリーンモードに搭載される。Spotlight検索は強化された機能と多くなるソースを得て、自然言語入力をサポートする。そして、Safariはピン留めサイト機能を搭載して、お気に入りのサイトをタブバーにピン留めすることができる…詳しい情報は次の内容を読んでください。

  • メールアプリでスワイプジェスチャ機能追加、フルスクリーンモードの改善
  • 新しい日本語フォント「クレー」「筑紫A丸ゴシック」「筑紫B丸ゴシック」「游明朝体+36ポかな」を追加
  • 日本語入力にライブ変換機能を搭載
  • Spotlightの検索機能強化
  • Mission Controlの改善
  • Safariにタブの固定機能を追加
  • グラフィックスの新しいコアテクノロジー「Metal」を搭載
  • Split Screen(画面内に2つのウィンドウを分割最大表示)機能の追加
  • 対応機種はOS X Yosemiteと同じ
  • 全体のパフォーマンス改善
  • 本日より開発者向けのβ版を公開、正式リリースは秋
  • 日本語公式ページ「Apple OS X El Capitan」を公開

※見逃せないOS X 10.11エル・キャピタン向けハウツー&小技:

OS X 10.11エル・キャピタンに対応機種は?

お手持ちのMacに「OS X Yosemite」「OS X Mavericks」が問題なくインストールできていれば、「OS X El Capitan」に問題なくアップグレードすることが可能となっている。七年以前のバージョンもOS X 10.11エル・キャピタンにアップデートできる。向上したパフォーマンスを提供してくれるエル・キャピタンは、あるMacモデルでヨセミトより、高速で動作できる。以下はOS X 10.11エル・キャピタンに対応機種一覧:

OS X 10.11エル・キャピタンのリリース日

OS X 10.11 El Capitanのデベロッパ向けは日本時間の6月9日より配布開始。そして、8月31日、Appleは開発者とベータテスタに向けて "OS X 10.11(Build 15A279b)" をリリースした。一般向け正式リリースが2015年9月30日(日本時間10月1日)に決定したのである。

OS X 10.11に追加される新機能っていちいち見てみよう!

Spotlight検索

OS X El Capitanにも、iOS 9 にも、Spotlight検索が改善された。現在のところ、Spotlightはもっと多くのデータソースにアクセスできて、天気、株、スポーツと動画がSpotlightウインドウに表示される。もっと重要なことは、Spotlightは、自然言語検索に対応したのである。また、OS X El Capitanは「金曜日の天気」や「ブライアンから来たスライド」など、複雑な検索条件でも検索が可能な点をアピールした。また日本語版公式ページの紹介でも「4月に高尾さんから来たEメール」といった例が挙げられているので、日本語対応もなされているようである。さらに、Spotlightウインドウをドラッグしたりリサイズできるよう になる。

ウィンドウ管理

Mission Control(ミッションコントロール)はOS Xのウィンドウ管理機能である。Mission Controlアプリケーションにアクセスしたり、あるいはMacのF3ボタンを押したりして、開いているアプリケーションが並列化して表示してくれる。そして、それらのアプリの操作スペースを設定可能。エル・キャピタンでは、ミッションコントロールはもっと簡潔、最適したデザインを備えて、ウインドウ管理を簡単にする。ウインドウを整理したい時には、移動させたいウインドウを画面上部にドラッグ &ドロップするだけで、新しいデスクトップスペースに移せる。

Split View

Split View機能を利用して、2つの アプリケーションの画面をフルスクリーンで左右に並べることができる。たとえば、メールとSafariを並べて、Webページの情報を調べながらメールを書くというような使い方が可能。ウインドウをリサイズすることによって、 Yosemiteでも同じことを操作できるが、Split View機能で手動でアプリのサイズや、ウインドウの表示位置を調整する必要がなく、より早い速度で動作してくれる。

メール

Yosemiteでメールを使用する場合、ルスクリーンモードを選択すると、メッセージを編集といった作業が無理。それに対して、エル・キャピタンでは、フルスクリーンに切り換えて複数のメールメッセージを開いて作業するようなことも可能になった。具体的に言えば、フルスクリーンモードで、メッセージを作成しながら、別の会話ウィンドウに切り替えたり、受信トレイをクリックしたり、送信中のメッセージを画面に下部に表示したりすることが対応可能。

メモ

El Capitanでは「メモ」機能も一新し、メモ中にPDFファイル、写真、動画及び他のファイルをドラッグ&ドロップしたり、Safariやマップのようなアプリケーションからのコンテンツも共有メニューを通じて直接追加できるようになった。また、iCloud(インターネット上にデータを保存して、ログインすればどの端末からもデータにアクセスできるようなサービス)を使って、メモは同期を有効にしているすべてのデバイスで常に最新の状態で見ることができる。

写真

「写真」機能もある程度の進化を遂げている。撮影場所を1枚の写真またはモーメント全体に追加できるようになったほか、アルバムをタイトルや日付で分類できるようになった。また、サードパーティ各社がMac App Storeで提供している編集用の機能拡張をダウンロードして、写真アプリケーションの中でそれを利用することも可能になる。写真のマイコレクションを作成している方にとって、その便利さがものを言うだろう。

Safari

Safariでは新たに、お気に入りのウェブサイトを開いたままタブバーでアクティブにしておくページピン機能が追加され、また、流れるブラウザの音声をどのタブからでもを素早く消音するミュートボタンも用意された。

フォント

El Capitanでは、日本語の平仮名入力を書き言葉に自動的に変換することで、個別に変換候補を選んで確定するといった必要性を減らし、入力を速くしている。また、新たに加わった日本語4書体を利用し、文書に合うパーフェクトなフォントを選ぶこともできる。

OS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードすべきか?

以上から見れば、OS X 10.11エル・キャピタンは確かに前バージョンのOSより、面々で改善されたそうである。ワクワクとOS X 10.11エル・キャピタンのリリース日まで、一秒も早くOS X 10.11エル・キャピタンにアップグレードして、その素晴らしさを体験したいか。ところで、エル・キャピタンはいいところがたくさんあるが、惜しいところもあるだろうか。現在、OS X 10.11エル・キャピタンが発表されてばかりなので、エル・キャピタンの欠点や、デメリットや、無視できない問題やまだまだ出てこない。本文は更新し続けて、素早くOS X 10.11エル・キャピタンの最新情報をお届ける。お楽しみにしてください。

OS X 10.11エル・キャピタン環境でiPhoneの写真をバックアップする方法

まず、MacX MediaTransをOS X 10.11エル・キャピタンを搭載するMacコンピューターにダウンロードとインストールしてください。
MacX MediaTransのダウンロード先>>

ステップ1:「写真転送」と書かれたボタンをクリックして、写真選択界面になる。

ステップ2:Mac OS X 10.11に転送したい写真を選択する。また、標記されるところで日によって写真を表示するか、月によって写真を表示するか、年によって写真を表示するか、あるいはあらゆる写真を表示するかと選択できる。

ステップ3:上のメニューにある「エクスポート」をクリックするとiPhoneからMac OS X エル・キャピタンに写真を転送し始まる。完成したらご覧のように保存されるところを示してあげる。

iPhone6からmacOSに写真を転送する方法

iOSデバイスのファイルを転送、管理、同期できるソフト

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

関連記事
Apple新製品2018!新型iPhone・iPad(Pro/mini 5)・Mac mini・Macbook Proが網羅!

アップル従来の発表スケジュールによると、2018年3〜4月「春のスペシャルイベント」、2018年6月「WWDC 2018」大会、その次、2018年9月「秋イベント」の開催が予測できると考えた。今回の記事では、毎年開催する新製品発表会別に基づいて、 2018年に登場する予定のアップル新製品を予想してまとめて紹介する。

アップデート不可?macOS 10.13 High Sierraをインストールできない場合の対処方法

本文は、macOS 10.13 High Sierra対応機種、及びVMware&MacにmacOS High Sierraをインストールできない場合の対処方法をまとめて、スムーズに macOS High Sierraにアップデート可能。

新システムmacOS 10.14 2018年登場!次期macOS 2018年最新情報おまとめ

次期macOS 2018はmacOS 10.14かmacOS 11か、またmacOS X 10.14いつリリースか、進化されるところと新機能など、macOS最新情報をまとめてこの記事でご紹介する。macOS 10.14 2018年の対応機種、macOSアップデート時間もご紹介する。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX MediaTransはプロなiOS管理ソフトであり、macOSの上で、最高品質と速度でiOSデータ転送し合うソリューションを提供する。iPhoneバックアップするには不可欠なツール。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。