ホーム > ブログ >Quick Sync Videoについてのいろいろ

Quick Sync Videoとは?Quick Sync Videoについていろいろをまとめて紹介!

    Quick Sync Videoを聞いたことがあるか?

Quick Sync Video(クイック・シンク・ビデオ)とは、インテルの第2世代Core i3、Core i5、Core i7、通称「Sandy Bridge」CPUに内蔵されたGPUを利用したH.264/MPEG-2のハードウェアエンコードエンジンである。Quick Sync Videoを使って、専用のメディア処理機能により、ビデオの作成と変換をより高速かつ簡単な作業に変えてくれる。たとえば、DVDまたはブルーレイ*ディスクの作成、3D動画の作成と編集、2D動画ファイルから3Dへの変換、ポータブル・メディア・プレーヤー向けの動画変換、お気に入りのソーシャル・ネットワーキング・サイトにアップロードする動画の変換などが、あっという間に完了するようになる。ところで、Quick Sync Videoの便利さやメリットがわかっているが、機械音痴や初心者の方にとって、どのようにQuick Sync Videoを利用できるかと最大な問題かもしれない。

さて、本文はQuick Sync Videoに関して、Quick Sync Video Mac、Quick Sync Video設定、Quick Sync Video 対応ソフト、Quick Sync Video画質など最も注目されている方面をいろいろまとめて詳しく紹介したいと思う。Quick Sync Videoに興味を持っていれば、ぜひ本文を読んでやってください。

Quick Sync Videoの使いには

上記の内容を読んだら、Quick Sync Videoとは何かと大抵わかるだろう。では、一緒にQuick Sync Videoの魅力と使い勝手の良さを体験しよう。

Quick Sync Videoを使うために必要な環境:
まず、チップセットによって利用可否が異なる。現在、Sandy Bridge向けチップセットとしてはIntel P67とH67/H61が登場している。このうち、ビデオカードが必須で統合GPUが利用不可となるP67では利用できない。また、H67/H61でもビデオカードを利用している場合は利用できない。要は統合GPUを利用している状態でなければいけない。さらに、エンコードアプリケーションがQuick Sync Videoをサポートしている必要もある。国内でも支持の高いTMPGEnc Video Mastering Works 5なども対応を果たしている。

ちょっとしたヒント:Quick Sync Videoの使いに、アプリケーションやソフトウェア側のサポートが必要。つまり、コンピュータ本体がQuick Sync Videoをサポートすることができるとしても、コンピュータにQuick Sync Video機能に対応可能なソフトウェアをインストールしなければ、Quick Sync Videoを使わないとご注意ください。

Quick Sync Video対応ソフト

科学技術の発展につれて、Quick Sync Video対応ソフトの数は増えている。あまり苦戦せず、ネットでQuick Sync Video対応ソフトを見つけることができる。以下の内容はWindows&Macユーザーに向け、Quick Sync Video対応ソフトを紹介する。

Windows環境で動作するQuick Sync Video対応ソフト一覧:

Handbrake:DVD等の動画ファイルをMPEG-4ビデオに変換するフリーソフトウェア、オープンソース、GPLライセンス、マルチ・スレッド、クロスプラットフォームのトランスコーダーソフトである。BeOSのために開発されたが、現在ではMac OS X、Linux、Windowsで利用できる。しかし、Windows(Vista以降)に対応するHandbrake0.10.2しかQuick Sync Videoをサポートできなさそうである。

Movavi Video Converter:MOVAVI社によって開発されて、簡単操作で主要な動画ファイルや音声ファイルの形式を使用したい機器に合わせて変換できる有料な動画変換ソフトである。非常に使いやすく、日本語で簡単に変換作業が行えるが、変換の際に画質が低下し、最高品質に設定しても変換前の動画品質よりかなり劣るとその最大なメリットとデメリットである。

PowerDirector:サイバーリンク社が販売する高画質HD画質のビデオ編集を行うことができるWindowsパソコン用ソフトウェアである。エフェクト、トランジション、パーティクル、字幕などの効果のほか、ディスク作成、動画ファイル出力、YouTubeやニコニコ動画へのアップロードなど、動画編集ソフトに求められる必要な機能を一通り搭載している。

世界初のQuick Sync Video対応可能なMac用動画変換ソフトが登場!

MacX Video Converter Proは世界初のQuick Sync Video Mac用動画変換ソフトとして、完璧にIntel社インテルHDグラフィックスをサポートして、動画変換をさらに快適に、性能をさらに向上し、素早く動画ファイルを変換できるようになった。通常のQuick Sync Video対応なしMac用動画変換ソフトより、数倍の速度(最大250 倍まで上がる)であらゆる動画変換作業を行える。特に高解像度の動画変換処理について高いパフォーマンスを発揮する。

Mac用
Windows用

Quick Sync Video画質

Quick Sync Videoが高速であることは確認できた。では肝心の画質はどうなのだろう。ハードウェアエンコーダはソフトウェアエンコーダと比べ柔軟性に劣るというのが一般的に言われてきたことだ。使ったQuick Sync Video対応ソフトによって、画質の差が大きい。そして、画質重視のユーザーが、変換する前に、手動的に変換したい動画ファイルのパラメータ(解像度、ビットレート、フレームレート、アスペクト比)をカスタマイズしてみてください。

MacX Video Converter Proを使って、超高速で動画を変換しよう!

まず、この世界初のQuick Sync Video Mac用動画変換ソフト(.dmgファイル)をMacコンピュータにダウンロードとインストールしてください。インストール時、言語を日本語に選択することができる。英語版を使い慣れるので、以下は英語版を使って説明する。

Quick Sync Video Macソフト

1このQuick Sync Video Mac用動画変換ソフトを起動してから、そして、「動画追加」アイコンをクリックして変換したい動画ファイルを本ソフトに読み込んでください。MacX Video Converter Proは320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵するため、ほとんどの動画ファイルを読み込むことができる。

2動画ファイルが読み込まれたら、出力プロファイル選択の窓口が自動的に出てきた。ご使用用途に合って、適したもの(iPhone 6s/6s plus/6/iPad Pro/Air 2など向けのH.264コーデックで再エンコードされたプロファイル)を選んでください。

3右下側にある「Intel」(QSV機能)オプションにチェックを入れて、QSV機能を有効状態にする。

4「ブラウザ」ボタンをクリックして、出力映像を保存する用のフォルダ及び保存先を選んでください。

5以上の操作が終わったら、「RUN」ボタンをクリックして動画変換をスタート!

具体的な操作方法はMacX Video Converter Pro使い方>>

MacX Video Converter Pro

絶対おすすめ動画変換ソフト。動画を変換できる以外、豊富な機能を備える。FC2動画、ニコニコ動画、ひまわり、GYAO!など300を超える動画共有サイトから好きな動画、2015最新作映画をダウンロードと変換を一気に行い;ネットでの生放送、DMMなどのDRM付きWindowsメディアの動画を録画;vob, avchd, mkv, m2ts, avi, flv, mp4などの動画を相互変換;カメラで撮った複数の写真をステキなスライドショーに作成と全対応!

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の動画変換ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。