ホームBlog >DVDプロテクト解除について

DVDプロテクト解除についての知識:おすすめソフト・解除方法・違法性と罰則を詳しく解説!

レンタルビデオ店やオンラインストアから入手したDVDをPCへコピーしたり、MP4でリッピングしてiPhone iPad Androidへ取り込んだりしたい時があるでしょうか。

だが、一般に市販されているDVDやレンタル用DVDは家庭内で個人視聴することを目的としており、個人視聴以外の上映は、著作権法で禁じられています。技術的保護手段として、DVDプロテクトが導入されました。

DVDプロテクト解除

今回の記事では、「DVDプロテクト解除」において知るべき知識を詳しく紹介したいと思います。

(一)DVDプロテクトとは・用途・目的

プロテクトとは、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、コンピューターのアプリケーションソフト、家庭用ゲーム機のゲームソフトなどに組み込まれた、複製を防ぐための信号。「コピーガート」、「コピーコントロール」、「コピー制御」などともいいます。

DVDプロテクト解除

DVDプロテクトとは、勿論DVDの無断複製を防止し、著作権を保護するために付与される情報や信号です。

現在、DVDプロテクトの種類は、さまざまです。通常なDVDプロテクトには、DVD CSS、リージョンコード、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRMでしょうか。

ポイント

その中で、「容量偽装」と「ディズニーX-projection DRM」は年々進化し続けているプロテクト技術の結晶として有名です。国外のディズニー/ピクサー系DVDにも、国内の東宝が取り扱うDVDにもかかわらず、必ずと言ってもいいほどこの2タイプのプロテクトにかかられています。そのため、DVDの複製はほぼ不可能なレベルに達しています。

(二)DVDプロテクトを解除するためおすすめソフト

プロテクトのかかっているDVDは、基本的に普通のリッピングソフトでは、バックアップできません。種類にもよりますが、ほとんどのプロテクトは、ファイルの読み込み時に頻繁にエラーが起きて読み込みが止まってしまいます。

普通のリッピングソフトって、コピー防止(コピープロテクト・コピーガード)回避・解除機能はない、またはちょっとした解除機能を搭載するものを指します。例えば、無料リッピングソフトの中で、既に開発終了していたDVD Shrink、DVD Decrypter、また、更新し続けて定番のHandbrakeなどです。それらのようなソフトは、何のプロテクトにもかからない自作DVD役に立つが、保護されているDVDの場合、運に任せるしかないのです。とにかく、失敗談が結構多いです。

それなら、DVDプロテクトを解除するためおすすめソフトは何のものでしょうか。

DVDプロテクトを解除できるリッピングソフトには主に有償なシェアウェアのものと、無償なフリーソフトのもの2種類あります。

フリーソフトの中にも、高い性能を持っている製品がありますが、同じメーカーが販売する有料ソフトの機能制限版が多いです。いざと使うと、冒頭の5分間しかリッピングできないものだらけです。

なので、有料ソフトの方が断然おすすめです。有料ソフトはすべてのDVDプロテクトを解除できるだけではなく、チャプターごとにコピー、カット、圧縮、フィルタ・エフェクト追加、任意の形式(MP4)で出力などと、基本な編集機能もたくさん入っています。

有料ソフトの中で、「MacX DVD Ripper Pro」、「DVDFab」、「AnyDVD」、「スーパーメディア変換」が最も人気高いです。いずれも、DVDプロテクト解除を行えるが、どれが一番優秀するかと、各方面で比較しましょう。

※表1は各ソフトの公式サイトやネットから収集する情報です。

タイトル

出力形式

使いやすさ

基本的な編集機能

お得価格

MacX DVD Ripper Pro

370種類以上

★★★★★

カット、トリミング、結合、字幕・ウォーターマーク追加、音量調節、パラメータ調整など

3550円(1 年/ 1 PC)

DVDFab

50+種類

★★★

なし

6413円(1 年/ 1 PC)

AnyDVD

2種類

★★

なし

約7420円(1 年/ 1 PC)

スーパーメディア変換

1,000+種類

★★★★

カット、結合、タブ編集、音量調節、パラメータ調整など

4580 円(1 年/ 1 PC)

(表1)

MacX DVD Ripper Proをダウンロード

公式サイトでは、ソフト機能の紹介について通常ある程度の誇張が含まれるので、実際にテストしたほうが安心します。

まず、各ソフトのプロテクト解除能力をチェックするには、最強暗号化技術「ディズニーX-projection DRM」で保護されたDVDを用意しております。ディズニー系DVDの読み込みができれば、他のDVDも問題ないはずです。

そして、DVDの読み込み速度、コピー速度も肝心なポイントです。さて、表2からテスト結果を見てましょう。

テスト環境

PC:Microsoft Windows 10 Education 64bit Intel(R) Core (TM) i7-8700K CPU @ 3.70GHz 3.70 GHz RAM 16 GB
ディスク:ディズニー系のアリス・イン・ワンダーランド
タイトル長さ:1時間48分
出力形式:MP4

※テストの結果を早めに取得するために、長さは5分間の映像だけをコピーしてみます。

タイトル

読み込み時間

コピー時間

ファイルサイズ

MacX DVD Ripper Pro

3.33秒

37.48秒

47.7MB

DVDFab

71.03秒

50.21秒

59.7 MB

AnyDVD

36.17秒

スーパーメディア変換

26.49秒

21.16秒

157.5 MB

(表2)

※AnyDVDの動作が不安定すぎて、数回やり直しても、結果が取れないのでやめるしかないです。それに、AnyDVDの動作速度は、他の3つのソフトとかなり比べならないので、おすすめしません。

上記のテストによれば、ソフトの実行速度を重視していれば、間違いなくMacX DVD Ripper Proとスーパーメディア変換はベストな選択肢です。だが、スーパーメディア変換で出力したファイルサイズは膨大になってしまいます。

各ソフトの出力ファイルの画質と音質は、目が見えるほど、耳が聞けるほどの差があまり感じません。

そして、低価格が理想だと思うならば、MacX DVD Ripper Proもおすすめします。

(三)DVDプロテクト解除方法(MacX DVD Ripper Pro)

続いて、最もシンプルで使いやすいDVDプロテクト解除ソフト「MacX DVD Ripper Pro」を利用して、DVDプロテクトの解除方法を紹介します。

  • まず、MacX DVD Ripper ProをPC/Macにダウンロードとインストールします。
  • そして、対象のDVDをハードドライブに挿入します。
  • Step1

    MacX DVD Ripper Proを起動後、ホーム画面の左上側にある【ディスク】アイコンをクリックします。対象DVDのあるドライブが自動的に検出されると、「OK」をタップします。

    DVDプロテクト解除
  • Step2

    ディスクの読み込みが開始します。ディスクを読み込みだけで勝手にプロテクトを解除する仕組みなので、読み込みが終わると、【出力プロファイル選択】の画面が表示される。任意の形式を一つ選んでください。

    DVDプロテクト解除
  • Step3

    【RUN】ボタンをクリックして、すでにプロテクトがかからないDVD映像を出力しましょう。出力の進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示されます。プログレスバーが100%になれば自動で消えます。これで、DVDプロテクト解除作業は完了です。

    DVDプロテクト解除
  • 100%安全
    100%安全

(四)DVDプロテクト解除違法性と罰則

DVDプロテクトを解除する前に、知るべき知識があります。DVDプロテクト解除の違法か、また違法であれば、何の罪を問うことが出来るのでしょうか?

(1)DVDプロテクト解除違法性
「平成24年10月1日からは、個人的な利用を目的に行う場合であっても、DVDのコピー防止機能を解除して、自分のパソコンに取り込むこと(いわゆる「DVDリッピング」)は、刑罰の対象ではありませんが、違法となります。」
「また、DVDのコピー防止機能を解除するプログラムなどを譲渡または貸与の目的をもって作ったり、実際にそれらをほかの人に譲渡または貸与したりする場合には、刑罰として「3年以下の懲役または300万円以下の罰金(またはその両方)」が科せられることとなります。」
(2)DVDのプロテクト解除で逮捕されるか・罰則は何か

海賊版を売るなどして逮捕されたニュースは見かけるが、DVDのプロテクト解除などで逮捕されたというニュースは見た事がないかもしれません。

ネット上でダウンロードできるソフトなどを使ってプロテクトを解除した場合は違法行為とされるが、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用する限り、バレるはずがないではないか、と思う方もいるらしいです。

ところで、もし確実にバレるのであれば、どうなりますか。↓↓↓

コピーコントロールと呼ばれる一種のコピープロテクトを回避すのDVDコピーに対する刑事罰が存在しないので、違法コピー・リッピングで逮捕されるのは有り得ません。

あくまでも民事上で著作権者に対する損害賠償請求権と差止め請求権が発生するのみなので、民事不介入の原則に伴い、警察は介入できないのです。

発覚したとして、DVDをコピーした事で発生する著作権者への損害額の支払いと、コピーした現物の差し押さえが行われて終わりです。

アピール

だが、作者の立場になって考えば、せっかく苦労して作った作品を勝手にコピーなんかされたら、絶対許せないでしょう。さて、著作権と作者の権益を守るように行動しましょう。

2019最新DVDコピーガード外し方・解除方法

今最も流行っているコピーガード解除ソフトをまとめてみた。

NO.1のDVDコピーガード解除フリーソフトをオススメ

高い人気を集める定番DVDコピーガード解除フリーソフト

初心者でも使いやすいMac DVDコピーガード解除ソフト

DVDコピーガード種類及びコピーガード解除機器おすすめ

CPRM/コピーワンスを解除する方法

コピーワンス解除やCPRM解除に関する方法を詳しく解説。

ホームBlog >DVDプロテクト解除について

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。