ホーム > ブログ >DVDをiPhoneに取り込む方法

DVDをiPhoneに取り込む方法まとめ!手軽くiPhoneX/iPhone8/iPhoneでDVDを見よう!

MP4動画をリサイズ

世界中のスマートフォン市場におけるアップル製の市場シェアは、Android端末に比べならないが、日本国内で、日本のiPhoneシェアがAndroid端末より高い。そして、iPhoneシリーズの平均販売価格の方が約2.7倍高くて、90%の利益をかき集めると言われる。確かに、快適な操作性、持ちやすさ、バッテリー駆動時間、デザイン、個性的な機能などから、iPhoneは最上位モデルとしての魅力を見せる。

例えば、パワフルな動画再生機能のおかげで、iPhoneの持ち主は、iPhoneで撮影した動画やオンライン動画だけではなく、お好みのDVDをiPhoneに取り込んで、iPhoneの高精細画面で楽しみたいかもしれない。今回の記事では、DVDをiPhone(iPhone 4S/ 5/ 5s/ 5c/ 6/ 6 Plus/ 6s/ 6s Plus/ SE/7/8/X)に入れて再生したいが、やり方があまりわからない方に向け、役に立つ方法を紹介する。

DVDをiPhoneに取り込む際に、意外に不具合が出てきた〜〜〜

あらゆるDVDコピーガードを解除できるソフトを探す前に、それらのコピーガードについての知識が了解することが必要である。以下の内容は、まず様々なコピーガードの簡単な紹介をする。

1. コピーガード

市販DVDやレンタル DVDなどは必ずと言っていいほどコピーガードで保護されている。通常なコピーガードはDVD CSS,リージョンコード,RCE,ソニーArccOS, UOPs, 容量偽装, ディズニーX-projection DRMなどがある。それらのコピーガード解除せずに、DVDをiPhoneに取り込むことがNG!

2. 容量の大きさ

DVD映像の容量が少なくとも4.7GBのサイズで、圧縮しないままで直接にiPhoneに取り込むのは、iPhone上のスペースを大きく占めている。特に16 GBモデルの持ち主にとって、ちょっと不安な感じがするよね。

3. 品質劣化

工夫してやっとDVDをiPhoneに取り込んで再生すると、画質が劣化したり、音声配信と映像配信はお互いの同期が取れていなかったり、嫌なログが入ったりしてしまった。

DVDをiPhoneに取り込むには、お使いになれるものを見つけるのがポイントである。以下の内容では、DVD iPhone取り込みフリーソフトや、有料ソフトや、Mac用ソフトや Windows用ソフトを問わず、今人気なソフトをお届ける。

分類

DVD Shrink

Handbrake

MacX DVD Ripper Mac Free Edition

MacX DVD Ripper Pro for Windows

ライセンス

フリーウェア

フリーウェア

フリーウェア

シェアウェア

最新バージョン

3.2.0.16(開発終了)

0.10.5 (開発中)

4.3.4

8.6.0

最新アップデート

2004年7月25日

2016年2月12日

2017年10月17日

2017年10月17日

対応OS

Microsoft 95/ 98/ 2000/ XP/ Vista/ 7/ 8/ 8.1

Windows Vista以降、Mac OS X v10.6以降 (64bit)、Linux

macOS High Sierra以降

Microsoft Windows 98/ NT/ 2000/ 2003/ XP/ Vista/ 7/ 8/ 8.1/ 10

日本語対応

不可

不可

可能

可能

ダウンロード先

動画ダウンロードソフト

動画ダウンロードソフト

コピーガード解除力比較

コピーガードとは、、BDやDVDやVHSなど映像メディアや、CDやMDなどの音楽メディア、その他、パソコンソフトやゲームソフトなど各種メディアにおける無断複製を防止するため、著作権者が自ら、その著作物が複製出来なくなるように処理すること。なので、コピーガード付きDVDをコピーするには、コピーガードの解除がカギ。通常のDVDリッピングソフトを利用して、一部のコピーガードを解除することができる。以下は今最もよく見られるコピーガード及び対応ソフトを紹介する。

分類

DVD CSS

リージョンコード

RCE

ソニーArccOS

UOPs

容量偽装

ディズニーX-projection DRM

DVD Shrink

Handbrake

MacX DVD Ripper Mac Free Edition

MacX DVD Ripper Pro for Windows

DVD Shrinkもう10年も前のもので、次々と登場した新コピーガードに対応しにくい。そして、Handbrake単体で、ただコピーガードのかからないDVDしか対応できないが、VLCと連携して使う場合、リージョンコードやUOPsを解除することができる。最後、圧倒的なコピーガード解除能力を所有するのは、MacX DVD Ripper Mac Free EditionとMacX DVD Ripper Pro for Windowsである。簡単にAmazon、楽天市場から購入した市販DVD、あるいはTSUTAYA、ゲオから借りたレンタルDVDをiPhoneに入れる。

DVD圧縮の能力比較

DVD片面1層は約4.7GBの容量で、片面2層で、8.5GBの容量がある。そういうほどサイズの大きいDVDファイルを無圧縮でiPhoneに取り込むのは、オススメしない。上記言った四つのソフトは、ある程度の圧縮を施すことができる。

DVD Shrink:おまけに2層分(約8GB)の映像を1層分(約4.7GB)に圧縮してくれる。DVDの予告やメニューや特典映像はすべてカットして、メインムービー(本編映像)のみをピックアップすることができる。

Handbrake:動画の欲しい箇所だけを、Handbrakeのみで抽出することができる。

MacX DVD Ripper Mac Free Edition:元ファイルにはいらない部分をカットや、好きなシーンだけを取り出したり、ビットレート、フレームレート、画面サイズ、解像度を調整したり、高圧縮率の動画形式にDVDを変換したりすることができる。

MacX DVD Ripper Pro for Windows:MacX DVD Ripper Mac Free Editionと同様。

出力品質比較

コピーガード解除能力、DVD圧縮能力のほか、出力品質も重視されている。もし、出力ファイルが再生できなかったり、画質が目に見える劣化したり、音外れたりする状況が発生したら、許せないだろう。 DVDシュリンクでDVDをiPhoneに取り込む場合、画質音質は劣化してしまったことが珍しくない。そして、Shrinkはこれと言って劣化を抑えるには特別な設定は搭載しない。一方、Handbrake画質が悪い時も多すぎる!それにHandbrake画質設定してもHandbrake画質が悪い状況が依然好転の兆しが見えない!画質を重んずる方にとって、非常に厄介な問題である。最後、MacX DVD Ripper Mac Free EditionMacX DVD Ripper Pro for Windowsはどうなるだろうか。高品質エンジン、・デインタレーシング、Force A/C synなどの技術をサポートして、圧縮しても、りオリジナルと区別がつかなくなるほど画質を最大限度に維持する。

MacでDVDをiPhoneに取り込む方法

Handbrake

MacでDVDをリッピングフリー

1 HandBrakeを起動して、「Source」アイコンをクリックする。そして、取り込みたい DVDドライブを選択する。次に、「Open」ボタンを押したら、DVDが自動的にスキャンされる。その後、メイン画面に表示される複数のタイトルの中から、一番長いムービータイトルを選んでください。これで、DVDを HandBrakeに取り込みの作業が完了。

2特に設定していない場合は、出力動画が「.m4v」 という拡張子で保存される。.m4vはiPhoneシリーズと互換性のがあるので、そのままで結構。

3インターフェース左上の「Start」 ボタンを押すと、MacでDVDをiPhoneに変換作業が始まる。プロセスの進行状況がサブウィンドウで表示されていて、作業が終わると、「OK」ボタンをクリックしてすべての操作が終わる。

Handbrake使い方>>

MacX DVD Ripper Mac Free Edition

DVDコピーフリーソフト

1「DVD追加」ボタンをクリックしてから、目標のDVDディスクを追加する。

2 コピーガードが解除されたら、出力プロファイルの窓口が出てきた。ここでは、すべてのiPhoneモデルと互換性のあるかつ高圧縮率を誇る動画形式「.mp4」をオススメ。Macの通常映像->MP4動画(MPEG4),「完了」ボタンを押してください。

3「ブラウザ」をクリックして、出力映像を保存用のフォルダを選んでください。

4「RUN」ボタンを押したら、Macで無料にDVDをiPhoneに変換し始める。途中、随時にキャンセルすることもできる。


MacX DVD Ripper Mac Free Edition使い方>>

WindowsでDVDをiPhoneに取り込む方法

DVD Shrink

DVD Shrinkで書き込み

1 DVD Shrinkを起動したら、「ディスクを開く」アイコンをクリックして、「DVDドライブの選択」に移って、 決めったら「OK」ボタンを押す;

2個人的な使用用途に合って、フルディスクでコピー(ディスクの中身、本編や字幕・音声や特典映像などすべてをそのままでコピー)か、圧縮でコピー(片面2層DVD→1層DVD 圧縮コピーとか)かと設定してください;

3「バックアップ」アイコンをクリックして、出力先デバイスの選択界面で「ハードディスクフォルダ」や「ISOイメージファイル」を選んだほうが良い;

4最後、以上出力プロファイルと保存先の設定が終わったら、「OK」ボタンを押して、DVDコピーが開始。DVD Shrinkで得た出力ファイルは直接にiPhoneに取り込むことができない。第三者の変換ソフトが必要とご注意。


DVD Shrink使い方>>

MacX DVD Ripper Pro for Windows

レンタルdvd コピー

1「DVD追加」ボタンをクリックしてから、iPhoneに入れたいDVDディスクを追加する。

2 コピーガードが解除されたら、出力プロファイルの窓口が出てきた。そして、手元のiPhoneモデルに応じて、適したプロファイルを選んでください。例えば、DVDをiPhone SEに取り込む場合、Appleデバイス-> iPhone X->「完了」ボタンを押してください。

3「ブラウザ」をクリックして、出力映像を保存用のフォルダを選んでください。

4「RUN」ボタンを押したら、Macで無料にDVDをiPhoneに変換し始める。途中、随時にキャンセルすることもできる。


MacX DVD Ripper Pro for Windows使い方>>

DVDをiPhoneに変換してくれるソフトMacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper ProはDVDをiPhoneに取り込む最適なソリューションを提供する。また、2017最新DVDコピーガードを解除できるほか、様々なデジタルデバイスにサポートする。(映画DVD・音楽DVD・アダルトDVD・ダイエットDVDなど)DVDをスマホ(Xperia, Galaxy, ARROWS, HTC, Lenovoなど)やタブレット(iPad/ Surface Pro/ ASUS/ Galaxy Tabなど)や他のデジタルデバイス(iPod/ Apple TV/ iMovie)に取り込めるから。それで、ユーザーは変換したビデオを手元のポータブルデバイス上で楽しめる。更に、素敵なソフトを通して、簡単に複数のDVD映像を一回の変換で取得でき、再生できないDVDをMP4に変換して再生可能!

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

Macユーザー&Windowsユーザーに向け、最強なDVDをiPhoneに取り込む方法を提供してくれる。MacX DVD Ripper Proが更新し続けて、2017最新コピーガード付きDVDをiPhone に変換できないなんて有り得ない。誰にも安心して操作することが可能。

関連チャンネル