ホームBlog > 簡単且つ高速にH265を変換する方法

【高速H265 変換】H265をQSV機能付きソフトで高速エンコードする方法

H265コーデックは流行っている理由!H265を変換するには?

ファイルサイズができるだけに小さくて、品質も高い動画がほしいと、H265動画をご紹介する。スマホなどの限られた空き領域により多いアニメ、ドラマ、映画を保存したいお方に今このフォーマットはとても人気である。が、H265コーデックには最新のWin10ウェブブラウザとmacOS Mojaveが既に対応済みで、最新OSと最新デバイスでないと対応不可の状態である。対応できないデバイスで再生したり、サイトにアップしたりするに、H265を変換して対応できるファイルを作成しなければならない。

が、最新なコーデックとして、H265がエンコードできるソフトが少ない。対応できるソフトそしても、高圧縮率で操作時間が非常に長い。この時にはQSVという加速機能でH265動画を高速に変換する。マルチコアとQSV機能で、H265の変換スピードを何倍も早くする。

H265をQSV機能で高速に変換するソフト公開!世界一のスピードで!

H265コーデックをQSV加速機能で変換するには、QSV機能付きのソフトが必要。H265 をQSV機能付きのソフト、特に高速と誇っているMacX Video Converter Proを使えば世界一のスピードで変換できる。普通の動画を変換するには高速で一番鮮明且つシャープな品質が出力できる。H265をエンコードするにビデオエンコード専用機能、マルチコアまたはQSV機能を利用すれば、同じパソコンにライバルより何倍の速度で変換できる。先進的な技術のお陰で、H265の変換を世界一のスピードで行う。高速にも高品質で、無損質にH265コーデックなりの品質で普通の動画ファイルを出力できる。


Windows用動画ダウンロードソフト Mac用動画ダウンロードフリーソフト
H265変換


H265をエンコードする方法ご詳説:初心者にもすぐわかる


まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。


ステップ1:ビデオを追加する

Macx Video Converter Proを開けて、赤く標記されたボタンをクリックしてH265動画を追加する。

パソコンにあるビデオのみ変換できるので、ウェブセットにアップされたH265を変換したい場合に、このソフトに内蔵されるビデオダウンロード機能でダウンロードしてください。

H265変換

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

H265コーデックから普通の動画フォーマットに変換する場合に、ご覧のようにMacの通常映像をクリックして、適当なプロファイルを選んでください。おすすめのはMP4動画、MOV動画とM4V動画である。

iPhone、iPad、アンドロイドスマホとタブレットなどの携帯デバイスに対応するフォーマットにH265をエンコードする場合に、機種名と書いている出力プロファイルを選んでください。

H265動画をYoutubeなどのサイトにアップする場合に、サイト名と書いている出力プロファイルを選んでください。

出力プロファイルを問わずにH265をQSV加速に変換できるのでお心配なく。出力プロファイルが決めたら「完了」というボタンを押してください。

HEVC/H.265変換Macソフトおすすめ|4KのH.265エンコードで、iPhoneで再生する方法

H265変換


ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

この時、ある程度な編集ができる。音量の調節、字幕の選択と追加、トリミング、クロップと拡張等、ウォーターマークの追加もできる。



ステップ4:変換を開始する。

H265をQSV加速に変換するには「Hardware Encoder」の次にチェックを入れる。その対応なハードウェアがないともちろんQSV機能が使えないのでご注意してください。「run」という大きいボタンをクリックして変換を開始する。数秒待つと、H265の変換が完成。

豆知識:H265コーデックとQSV機能

H265コーデック

H265とは、H.264/MPEG-4 AVCに跡継ぎのフォーマットであり、今人気の動画圧縮規格である。HEVC(High Efficiency Video Codingの略称)とも呼ばれている。2013年に誕生した以来様々なところに対応できるようになり、次世代ビデオコーデックとも謳われる。MPEG-2より二倍の圧縮率で、前代のH.264/AVCと比べても二倍の圧縮率で、H265動画はファイルサイズが小さくても品質が高い。8Kなどの超高解像度ビデオや、スマホなどストレージが限られた場所に適用すると想定している。また、H265エンコードのメリットで、携帯端末への動画配信にも利用されると予想されている。が、そのデメリットといえば、今対応できるデバイスとOS環境は少なくて、H265を変換しなければ再生できないことがよくある。また、その高圧縮率で、H265をQSV機能使わずに変換すると膨大な時間がかかることになってしまう。

HEVCとは?特徴は?HEVCとAVCの違いは?HEVCエンコード方法は?面々詳しく解説!

QSV加速機能

QSVとは「Quick Sync Video」の略称で、インテルの第2世代Core i3、Core i5、Core i7、通称「Sandy Bridge」CPUに内蔵されたGPUを利用したH.264/MPEG-2のハードウェアエンコードエンジンである。普通の動画変換作業はCPUの一部だけを利用する。QSV機能で動画変換作業をCPUとGPU両方も利用して、パソコン性能を最大化に利用する機能である。これにより、H.264/MPEG-4 AVCとH265をQSV機能で変換、作成するスピードを何倍まで加速する。が、残念ながら今この機能が搭載されるソフトが少なくて、Mac用ソフトならMacX Video Converter Proしかない現状である。また、デメリットにならないが、インテルの第2世代コアが搭載していないパソコンが利用できない。

QSVにより詳しく知りたいお方はこちらへ>>

超高解像度のH265を変換するに一番高速高品質なツール

MacX Video Converter Pro-H265動画をデバイス、ソフトに対応するために変換する最高なソフト。高速のH265エンコードはもちろん、デバイスで再生、ソフトに入力、サイトに投稿にも力になる。MacX Video Converter Proソフト一つでH265コーデックを変換・作成する作業時間を大きく短縮!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > 簡単且つ高速にH265を変換する方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。