ホーム > ブログ > Mac用オーサリングソフトご紹介

Mac DVD オーサリング専用ソフト発見!MacでDVD編集も作成も可能!

MacでDVDを編集したいけど使ったiDVDがなくなる!

MacシステムでDVDを編集したり作成したりすることがとても便利である。iDVDのようなDVD編集・作成ソフトがあり、ディスクユーティリティのようなDVDリッピング・焼きソフトもある。この二つのソフトを利用すると、Mac DVD オーサリングしてDVDディスクに焼くことができる。が、MacパソコンのシステムをバージョンアップしたらiDVDがなくなることが気づいた。ディスクユーティリティだけ使うとDVD編集ができなくなる。ではiDVDのかわりになるMac用オーサリングソフトを探そう!トリミングやクロップや、また字幕の選択と追加、音量の調整ができればいいが、ほかにもっと多彩な機能があるものがいい。でも一番なのは、MacでDVDを編集したい素材DVDの内容を分析できることである。これらの条件で見つかったソフトの中に、Mac DVD作成したら再生すると、品質が一番いいものを選択する。ではその一番なMac DVD オーサリングソフトは?

Mac用オーサリングソフト発見!MacでDVD編集も作成もリッピングもできる!

MacX DVD Ripper Proというソフトが発見!MacでDVDを編集するために作られたMac DVD オーサリングソフトではないが、素晴らしいDVD編集機能が付いている。開始時間と終了時間を設定して、DVD動画をトリミングすることができる。クロップ機能で、黒枠を消去したり不要な部分をカットしたりすることができ、クリアな画面だけでMac DVD作成することができる。また音量の調整もできるし、オーディオを選択できるし、字幕の選択または追加することもできる。また作者の名前やLOGOなどをウォーターマークとして画面につけることもできる。Mac DVD オーサリング以外にこのソフトはパラメータを変更したり動画品質を設定することができ、これによって出力ファイルのサイズが調整できる。オリジナル品質でDVD9に焼くことができるし、元DVD9からDVD5に圧縮こともできる。これは単なるDVD編集ソフトが絶対無理なことである。機能はこんなに多いけど操作は簡単明晰で、初心者でもこのMac用オーサリングソフトを開けるとすぐMacでDVDを編集できる。ではこれから「新たなディスクに焼くことができるMac DVD作成方法」という基本編と「いろいろなMac DVD オーサリング方法」というDVD編集編にわけてご紹介してあげよう。

Mac用
Windows用

新たなディスクに焼くことができるMac DVD作成方法ご紹介

まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

Mac DVD オーサリング

ステップ1: DVDを読み込む。

MacでDVDを編集したい元ディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤い枠で標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

入力形式はISOイメージファイルとDVDフォルダもサポートしているので、このMac用オーサリングソフトでDVDをバックアップしたらDVDディスク壊れても編集できる。

Mac DVD オーサリング

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」を選択してください。このフォーマットなら、直接にMac DVD作成できる。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

Mac DVD オーサリング

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

Mac DVD オーサリングはこの時にする。具体的な方法をこの後にあるDVD編集方法でご紹介してあげる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。

TIPS:「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

Mac DVD オーサリング

ステップ5:空ディスクにDVD複製する。

元DVDディスクを取り出して、空DVDディスクをパソコンに入れる。そうしたら先作成したISOイメージファイルを見つけて、クリック一回する。一番上のところに「File」メニューを見つけて、その中に「Burn "「ファイル名」" to Disc…」を選択する。指示通りに操作したらMac DVD作成が完成。

トリミング、クロップ、字幕選択と追加など、Mac DVD オーサリング方法ご紹介!

Mac DVD オーサリング

ステップ3で「編集」と書かれたボタンをクリックしたら、DVD編集ウィンドウが見れる。このMac用オーサリングソフトがタイトル別にMacでDVDを編集できるので、選択されたタイトルに対応するボタンをクリックする。が、タイトルをすべて同じように編集したいと、その中にどれでもいい一つに対応するタイトルに対応する編集ボタンをクリックする。

編集ウィンドウに「通常」「字幕」「トリミング」「クロップと拡張」という選択バーがよっつある。その上には再生枠は二つあり、一つは元動画で、もう一つは編集された動画である。

Mac DVD オーサリング

音量調整

このMac DVD オーサリングソフトで音量を調整したいと「通常」を選ぶ。大きくしたり小さくしたりすることができるが、最初には中央にある。

字幕追加と選択

DVDには字幕が複数あることがある。DVDファイルサイズを圧縮したりするために必要な字幕だけを保存するなら、この機能でその字幕を選択する。
音量と違って、字幕は直接に設定できない。まずは「字幕設定起動」にチェックを入れる。そして、DVD字幕付きの前にクリックして、相応な字幕を選択する。字幕を画面の下部、中部、上部に置くことも選択できる。
字幕の追加なら「外部字幕ファイル」の前にクリックして、その字幕ファイルを追加する。サポートできる字幕ファイルはSRTファイルだけあることを、ご承知してほしい。

トリミング

このMac用オーサリングソフトを使って、開始時間と終了時間を設定することでDVD動画をカットしたりトリミングしたりすることができる。
字幕設定と同じように、まずは「トリミング設定起動」にチェックを入れる。そして開始時間と終了時間を入力する。再生枠に時間が見れるので、参考になれる。
「リセット」をクリックするとこれまで保存されていないDVD編集操作を消去することになるのでご注意してください。

クロップ&拡張

画面には黒枠があったりする場合に、クロップ機能をご利用になれる。まずは「クロップ設定起動」にチェックを入れる。そして位置とサイズを入力する。
「リセット」をクリックするとこれまで保存されていないDVD編集操作を消去することになるのでご注意してください。

MacX DVD Ripper Pro

豊富な編集機能を備えており、DVDビデオから好きな部分を取り出して集めたり、外部字幕・強制字幕・ウォーターマークを追加したり、フレームレート,ビットレート,アスペクト比,解像度などパラメーターを調整したり、余計な部分をカットしたり、好きなシーンをキャプチャーしたりできる。上述した通り、本ソフトはMacDVD編集が行えるし、Mac DVD作成も可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと言っても過言ではない。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。