ホームBlog > Getting Over It with Bennett Foddy 攻略まとめ

最新ムズゲーGetting Over It with Bennett Foddy 攻略、やり方、ダウンロードガイド

最新イラゲーGetting Over It with Bennett Foddy プレイ動画人気激増!

ゲーム実況動画に悲鳴を次から次へとあがる難易度超高のムズゲーは日本上陸予定!YoutubeやTwitterなどで大人気の新しいゲーム「Getting Over It with Bennett Foddy(ベネットフーディと乗り越える)」が物理ベースの新作である。海外でHumble Monthlyで先行発売されたGetting Over It with Bennett Foddy ダウンロード提供されたばかりに、Getting Over It with Bennett Foddy プレイ動画が次々投稿されて、悲鳴で終わるものばかりある。

このGetting Over It with Bennett Foddyはやり方とても簡単なゲームであっても、最速2時間以上完成。韓国に12時間以上やったあげく、始めのところに落ち、絶望の悲鳴で終わるプレイ動画投稿がある。Steamにユーザーが定義したこのムズゲーへの人気タブには「難しい」とはもちろん、何の恐怖の画面やセリフもないのに「精神的恐怖」タブも付けられた。この恐ろしいGetting Over It with Bennett Foddyは攻略を見ると簡単が、これからその恐ろしさをご紹介しよう。


Getting Over It with Bennett Foddyとは?

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略

「QWOP」や「CLOP」や「Plan Bee」などを開発した個人開発者のBennett Foddy氏は今回の新作、登る系のイライラゲーム「Getting Over It with Bennett Foddy」を発表して、12月7日によりSteamで日本上陸予定。下半身は釜に入った男は超大のハンマーを巧みに操り、山や様々なものを超えて、最後に宇宙に登るムズゲーである。Bennett Foddy氏の作品であるGetting Over It with Bennett Foddyはやり方も筋も簡単であるが、難易度もイライラさせるのも今までのゲームよりひどい。

実は楽しいゲームではなく、作者は「特定の人に向けて、誕生した、ゲーム。特定の人を、傷つけるために。」と、このゲームを紹介する。Steamの紹介によると「懲罰にあふれた登る系ゲーム」で、何時間がかかって、あっという間に「全ての成果が瓦解する」。その時にもっとイライラさせるセリフも入っている。Getting Over It with Bennett Foddy 攻略なしに挑戦したい!という人がたくさんいるが、多くのは失敗で、その失敗とセリフで絶望に落ちる。

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略

「Getting Over It with Bennett Foddy」基本情報

  Windows Mac
最低スペック 推奨スペック 最低スペック 推奨スペック
OSバージョン Windows Vista Windows10 macOS 10.9 macOS 10.11a
プロセッサー 2GHz Dual Core 2.5GHz Dual Core 2GHz Dual Core 2.5GHz Dual Core
メモリー 2GB RAM 4GB RAM 2GB RAM 4GB RAM
グラフィック Intel HD Graphics 4000 Geforce GTX970/Radeon RX470 Intel HD Graphics 4000 Geforce GTX970/Radeon RX470
ストレージ 2GB利用可能 2GB利用可能 2GB利用可能 2GB利用可能

Getting Over It with Bennett Foddy ダウンロード方法:Windows/macOS両方

Getting Over It with Bennett Foddy ダウンロード

ステップ1:Steamをダウンロードする。

「Getting Over It with Bennett Foddy」はSteamで配布される予定なので、Getting Over It with Bennett Foddyをダウンロードする前にSteamをダウンロードする。Steamの公式サイト(http://store.steampowered.com/about/)を開けて、大きな緑のボタンをクリックして、Steamをダウンロードする。インストール完成したら起動する。

Getting Over It with Bennett Foddy ダウンロード

ステップ2:Steamに新規登録する。

Steamからゲームを購入したりするにはアカウントが必要である。「Getting Over It with Bennett Foddy」は無料だけど、Steamから「0円で購入」することになる。

Steamを起動したら「新しいアカウントを作成する」ボタンをクリックする。ガイドに従って登録して、メールアドレス確認まで完成できる。

Getting Over It with Bennett Foddy ダウンロード

ステップ3:Getting Over It with Bennett Foddyを追加する

Steamにストアを開けて、「Getting Over It with Bennett Foddy」を検索する。Steamに登録したゲーム名は英語であるため、英語で入力してください。そうしたらこのムズゲーの紹介ページになる。このページにはGetting Over It with Bennett Foddy プレイ動画とプレイキャプチャがあり、ほぼ絶望瞬間である。その下には配布前には発売予定日が見えるが、配布開始から「ゲームをプレイ」ボタンがある。そのゲームにクリックしたら追加して、いつでもやれる。

始めの時にゲームをダウンロードするので、少々時間がかかる。Steamからゲームをダウンロードする速度はほかのところより何倍もはやいので、Getting Over It with Bennett Foddy 攻略などを見るうちにダウンロード完成。

Getting Over It with Bennett Foddy やり方:マウスだけで

Getting Over It with Bennett Foddy やり方

Getting Over It with Bennett FoddyをダウンロードしたらSteamから簡単に起動できる。ゲームを始めると釜に埋められるキャラが見える。始めには山下にいるが、マウスの動きによりハンマーを操り、ジャンプ、スイング、登山、滑空が可能。キーボードは無効、マウスクリックも無効、すべての操作はマウスの動きで実現して、場合によって細かい動きで今まで全ての努力が台無しにするので、精神的のストレスがすごい。

このムズゲーにマウスの動きはハンマーの動き。キャラの体力は無限で、何十時間もハンマーを操れる。このGetting Over It with Bennett Foddyはやり方といえば要するにはマウスをスライドすることでハンマーを操る。

登る:スマホをこうスライドすることでハンマーをかける。そうしたらはやく下にスライドし、キャラは上に登る。スライドする速度や方向によって、登るか落ちるかと決められる。

ジャンプ:時にはジャンプする。そのハンマーを地面に置き、下にはやくスライドすると、キャラはジャンプする。はやくスライドすると高くジャンプできる。ジャンプする方向はスライドの逆方向である。

Getting Over It with Bennett Foddy プレイ動画によって、このムズゲーに基本的な操作はこの二つだけで、組み合いによってスイングなどの動きが実現できる。が、スライドする速度と方向が正確に操るまでとても長い時間の練習が必要。また、ミス操作が多い。気をつかないと今までの成果はすぐ泡のようになくなる。早い時は早くて、ゆっくり時は急がないで、といってもいつ早くする化いつおそくするかとわからない。

Getting Over Itプレイ実況動画作成用レコーダー - 100% 安全

MacX Video Converter Pro - 優れたスクリーンレコード機能内蔵され、Getting Over It with Bennett Foddy プレイ動画を録画できる。オリジナルの画質を保つ上に、レコーダーを完璧に隠し、純粋なゲーム実況動画を録画できる。動画ファイル変換、動画編集など機能複数提供し、直接作成も編集ソフトに入力も対応。
 
 

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略:13分で乗り越える

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略

このGetting Over It with Bennett Foddyをダウンロードしたら悪夢が始めるほど難しいが、実は攻略がある。

ステージ

ステージをはっきり書いていないが、そのGetting Over It with Bennett Foddy プレイ動画をよく見るとステージが見える。時には平地があり、ひどいミスがしない限りにこの平地の下に落ちることはしない。このムズゲーにここまでの成果はこの形で「保存」される。いまのステージだけに集中してだんだん登る。集中力のために平地になるとしばらく休むほうがおすすめしたいが、マウスを動かないままで休んでください。

急がないで冷静

また、そのセリフを聴いたり見たりしないこと。セリフは難易度を高くするように入るものである。残念なことを笑うように言って、ストレスがたまってよりイライラする。それによって集中力が下がり、急がれば急がるほど成功できない。もしGetting Over It with Bennett Foddy 攻略があれば、急がないで冷静に、または流暢にやること。

ムズゲーおまとめ:Bennett Foddy氏歴史作品一覧

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略

QWOP

2008年にBennett Foddy氏が発表する最初のラグドール物理ゲームであり、超高難易度で有名になった。Q、W、O、Pという四つのキーで運動選手の足をコントロールして100メートルを走る。Getting Over It with Bennett Foddyがプレイ動画によって広がると同じ、QWOPもプレイ動画がYoutubeにアップされたらすぐ人気になった。最初はブラウザ版のみ提供されているが、今iOS版とAndroid版もあるが、操作方式の違いによってブラウザ版より4000%難しいと評判され、「親指のオリンピック」と言われる。

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略

CLOP

「QWOP」の続作と言われ、走るキャラは運動選手ではなく少女を追いかけるユニコーンになる。H、J、K、Lという四つのキーでユニコーンの足をコントロールして、ゴールを目指す。前作の「QWOP」より難易度が下がるそうであるが、難易度超高で「即死ゲーム」と言われる。人は伝説のユニコーンの走り方より人の走り方のほうが簡単であるが、人の足一本を二つのキーでコントロールするのが難しい。

Getting Over It with Bennett Foddy 攻略


GIRP

「QWOP」の続作とも言われ、走ることの代わりに崖を登る。リングに書かれたローマ字に対応するキーを押して、Shiftキー或いはCtrlキーを押してあがる。途中に守りの鳥が敵で、登ることに邪魔になる。Getting Over It with Bennett Foddyやり方のような簡単さで、実は超ムズ。このゲームはQWOPのように人気があるとはいえないが、Bennett Foddy風の画面、操作方法と難易度である。

Getting Over Itプレイ実況動画作成用スクリーンレコードソフト

優れたスクリーンレコード機能内蔵され、Getting Over It with Bennett Foddy プレイ動画を録画できる。オリジナルの画質を保つ上に、レコーダーを完璧に隠し、純粋なゲーム実況動画を録画できる。動画ファイル変換、動画編集など機能複数提供し、直接作成も編集ソフトに入力も対応。

あなたへのおすすめ

ホームBlog >Getting Over It with Bennett Foddy 攻略まとめ

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。