ホーム > ブログ > Handbrake使い方を詳しく解説!

【Handbrake使い方】インストール、プリセット、設定の方法を詳しく解説!

Handbrake使い方

無料動画・DVD変換ソフトのHandbrakeをご紹介しよう!

人気高いDVD&動画変換ソフトHandbrakeを使ったことがあるか。起動後、インタフェースにはこのソフトができることはほぼすべて直接に表示されている。Handbrakeの初心者はその複雑なインタフェースに四苦八苦されている。それに、Handbrakeは海外製ソフトで、公式サイトには日本語化のセットアップファイルが掲載されていない。英語が苦手な人にとっては使いづらく、遠い存在である。

今回の記事では、主にHandbrake 使い方、つまりHandbrakeインストールからプリセット追加、各種の設定、DVDや動画を変換するへの詳しいやり方を解説する。そして、Handbrake コピーガードDVDに対応できない解決法や、出力形式カスタム方法なども紹介してあげる。

【Handbrake使い方】DVDリッピングにおいて、Handbrakeでコピーガードを解除できない時の対策

HandbrakeでDVDをリッピングしようとすると、コピーガードを解除できないのでエラーが出て、うまくいかない時が多すぎる。無料なDVDリッピングソフトとして、コピーガード解除能力もそこそこである。様々なコピーガードで保護された市販DVD・レンタルDVDをリッピングするには、Handbrakeはあまり役に立たないような気がする。ここでは、CSS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRMなど、各類のコピーガードが解除可能なソフトMacX DVD Ripper Proをおすすめ。コピーガード解除能力の強さ、操作性の容易さ及び動作高速化等すべて最高峰。

Handbrake使い方:まずHandbrakeをインストールできる方法

Handbrake使い方

まずダウンロードしたセットアップファイルをダブルクリックして、インストールを始める。

ステップ1:標記されたボタンをクリックしたらHandbrakeをインストールし始める。

ステップ2:英語苦手なお方は無理であるが、英語が読めるお方はここでよく読んでください。そうしたら「I Agree」をクリックしてください。

ステップ3:標記されるところでインストールフォルダを選択する。「Browse」と書かれたボタンを押すとインストールフォルダが選択できる。設定が完成したら「install」というボタンをクリックして、Handbrakeがインストールし始まる。

ステップ4:しばらく待ったらHandbrakeがインストールできあがった。先選択されたフォルダにHandbrakeがあり、デスクトップにはHandbrakeのショートカットがある。

Handbrake ダウンロードガイドとHandbrakeインストールエラー解決法>>

Handbrake使い方:Handbrake プリセットできる方法

Handbrake使い方

まずHandbrakeを開ける。Handbrakeはインストール完成したら自動的に開くことがしないから、自分で開ける。デスクトップにあるHandbrakeのショートカットをダブルクリックしたら開ける。ショートカットはこのように:

また、デスクトップから見つからないお方は、先選択したインストールフォルダを開けて、「Handbrake」というフォルダにこのような「Handbrake.exe」があるので、ここでダブルクリックしてHandbrakeを開ける。

Handbrake使い方

Handbrake プリセットは主に保存先などを設定するためにする。実はこの時に設定するものは、Handbrake使い方にほかの時にも設定できる。が、このDVD変換ソフトに内蔵されるHandbrake プリセット機能をよく利用できると、Handbrake 使用 方法はもっと簡単便利になる。Handbrakeで変換する時にただ一回で設定することは下のHandbrake使い方で設定するが、何回も設定することはHandbrake プリセット機能を利用する方がおすすめである。

例えば、これから何枚の映画DVDをリッピングして、同じフォルダで保存する。毎回保存先フォルダを選択する方がめんどいから、Handbrake プリセットして出力プロファイルを一回設定するだけでいい。

ご覧のように「Tools」をクリックして、「Option」を選択する。そして、左に「Output Files」を選択して、赤く標記されるところに「Browse」と書かれたボタンをクリックして保存先を選択する。

Handbrake使い方:Handbrakeプリセット設定、作成、追加する方法を紹介>>

Handbrake使い方:DVDディスク/フォルダ、動画ファイルを変換できる方法

Handbrake使い方

ステップ1:元ファイルを追加する。

Handbrake使い方に、元ファイルによって入力操作が違い。まず「Source」をクリックする。動画変換すれば「File」を選択し、DVDフォルダなどを入力すれば「Folder」を選択する。また、DVDディスクが検出された場合にDVDディスクという選択肢があり、DVDからMP4動画に変換したいとその選択肢を選んでください。

Handbrake日本語化方法を紹介!Handbrake日本語版をダウンロードしよう>>

Handbrake使い方

ステップ2:出力形式を設定する。

このDVD変換ソフトが対応できる出力フォーマットはMP4とMKVだけであり、標記されるところで選択すればいい。が、解像度は選択できる。右に標記されるところに設定しておいたデバイスに最適な解像度などがあり、クリックだけ設定することができる。

Handbrake使い方

ステップ3:保存先を選択する。

標記されたところで保存先を選択して、確認する。「Browse」をクリックして保存先フォルダを選択できる。

Handbrake プリセットで保存先を設定する場合にここで設定した保存先が表示される。

ステップ4:変換開始。

標記された「Start」ボタンをクリックすれば変換が始まる。速度は大体、9分間の動画を変換するには104秒かかった。

Handbrake使い方に関する感想

以上の内容を読んだら、Handbrake使い方について、難しい印象が弱くなるだろう。自分でチャレンジしてみてください。ちなみに、つい最近、Handbrake正式版がリリースされた。以前のバージョンより、大幅な進化と言えないけど、多少に使い勝手の良さと魅力がアップする。ただし、日本語化バージョンが依然として提供してくれない。興味のある方は調べてみるといいだろう。

Handbrake使い方の難しさから解放--MacX DVD Ripper Pro

Handbrakeのかわりになって、このMac DVDリッピングソフトが最善を尽くしながら、ユーザーの要望に最大限効率よく応える。絶えず更新され進化を続け、最新なディズニームービープロテクションや最新なデバイス・システムなど対応できる。洗練されたユーザーインタフェースを持ち、ユーザーの視点を大事にして、簡易的な操作性と豊富な機能を備えて、Mac初心者でも簡単に操作できる。あなたのお使いのスマホでの体験を一段と優れたものにする。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVD変換ソフトであり、最高品質と速度でDVD動画変換方法を提供する。Handbrake使い方の難しさから解放するにはベストな選択肢。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。