ホーム > ブログ >4Kビデオサイズ変更を例にし、動画サイズを小さくする方法ご紹介

4K 圧縮可能!4K動画リサイズできる方法をiPhone6s 16Gユーザ必見!


4K 圧縮

4K動画とは何か?4K 圧縮するのは可能であろうか?

iPhone6sに1200w画素のカメラが配置され、スクリーンも1080Pになるという噂が多くあるが、今発表会でその噂は確認され、それにもっと驚くべきなことは発表された。これからiPhone6sで4K動画が録画できるということである。が、4K動画とは、一体何であろうか?なぜ4K 圧縮したいのか?

簡単に言えば、「K」は「千」の意味で、4K動画は解像度が4000画素ぐらいの動画である。が、実際に4K動画の画素はちょうど4000画素のわけではない。カメラ、映画が使っている4K解像度は4096×2160で、テレビで使う4K解像度は3840×2160である。解像度が上がると、より大きいなスクリーンでより鮮明な画質が提供でき、裸眼立体視も可能となった。が、4K動画の最大の欠点はその大きさである。解像度が向上されると相応に動画ファイルサイズも大きくなる。公式サイトによると、今回16G機種もあるので、16Gのユーザにとっては4K動画のような大きいファイルを保存することはまるで悪夢である。そういうわけで動画サイズを小さくするのは16Gユーザがスペース節約できる方法の一つである。その中でファイルサイズが一番大きな4Kビデオサイズ変更することは最も効率的な方法である。動画サイズが大きいと、動画サイズを小さくしたら節約できるスペースも大きい。では、4K動画リサイズということは、実現できるか?

Mac用専門的な4K動画圧縮ソフト:Macx Video Converter Pro

Macx Video Converter Pro-4K 圧縮したいならこの最高な動画圧縮ソフトは絶対役に立つ!複数の4K動画リサイズ方法が行うことができるこのソフトで、簡単且つ自由に4Kビデオサイズ変更できるし、スピードも思ったよりずっと早い。初心者でもすぐ利用できるソフトで、経験者に対応する高級的なソリューションもあり、誰でも自分が思うままに使えるソフトである。ほかには動画ダウンロードと言った素晴らしい機能もあるので、ささとダウンロードして楽しもう!

MacX Video Converter Proダウンロード

MacX Video Converter Pro Windows版ダウンロード

Macで4Kビデオサイズ変更できる!しかも4K 圧縮方法はいくつある!

専用な動画圧縮ソフトがあれば動画サイズを小さくすることはできる。しかも簡単且つ効率!iPhone6sのスペースを空けるためならiPhone6sに別のアプリをダウンロードすることは今無理であろう。ではパソコンで4K 圧縮できる方法をいくつご紹介しよう〜

4K 圧縮

一、4Kビデオサイズ変更したいファイルの解像度を下げる。



解像度が向上されればファイルサイズが大きくなる。というわけで専門な動画圧縮ソフトを利用して動画の解像度を下げれば動画サイズを小さくなる。これは根本的な4K動画リサイズ方法である。それに、iPhone6sに保存したいので4K 圧縮したいのなら、画質の心配はいらない。iPhone6s Plusのスクリーンは今最高な解像度であるが、1080Pしかない。それ以上の解像度の動画を1080Pのスクリーンで再生すればどんな解像度でも同じである。

4K 圧縮

二、サイズが小さいファイルに変換する。



同じ動画はフォーマットによってサイズがそれぞれある。アルゴリズムが良いプロファイルなら画質と音質に違いがない動画でもサイズが小さい。4K動画をMP4、MKVのようなファイルに変換すれば4K 圧縮の目的を達することもできる。が、この方法で動画変換ができる動画圧縮ソフトがないと実行できないし、4Kビデオサイズ変更すれば、どのぐらいのスペースが節約できるかと、変換してから分かる。例えば、MP4に変換するのは、AVIに変換するより4K 圧縮程度は大きい。

4K 圧縮

三、パラメータを改めて設定する。



高級者にとって解像度を4Kのままで4K動画リサイズできる方法はパラメータを再設定することである。ビットレート、フレームレート、サンプルレートといったパラメータを適当に調整することで4K 圧縮の目的に達する。が、この方法で動画サイズを小さくすると、画質と音質が大きく下がる可能性があるので、初心者はご慎重に。

4K 圧縮

四、トリミングする。



トリミングとは、ビデオの不要な部分を取り消すことであり、時間を短縮することで4Kビデオサイズ変更する。動画圧縮ソフトでドラマとアニメのOPをカットして、本体部分のみ保存すれば4K動画リサイズできる。しかもこの方法で4K 圧縮程度が簡単に設定できる。半分のスペースを節約したいなら半分の時間をカットすればいい。これが一番わかりやすい方法でありながら、損失も一番大きい。解像度を下げたり、フォーマットを変換したり、パラメータを設定したりしても動画の内容の損失はないが、ビデオをトリミングすることで動画サイズを小さくすると同時に動画の内容も損失された。



4K動画リサイズする四つの方法全てできる動画圧縮ソフト

4Kビデオサイズ変更するには専門なソフトが必要なのである。この四つの方法を全てできるのは解像度といったパラメータを再設定でき、トリミングすることもでき、動画プロファイル変換機能もついている4K 圧縮ソフトでなければならない。こんなソフトならMacX Video Converter Proが最高。Mac専用なコンバータであり、フォーマット変換することは自由で簡単に行うことができる。4K動画から超高解像度までの変換はもちろん、普通の動画フォーマットにも変換できる。しかも操作は極めて簡単で初心者もすぐできる。その中についている編集機能を利用すればパラメータ再設定もトリミングも可能。それに、内蔵された高品質えんじんにより、騒音を減らし、出力品質を大きく向上することができる。これで一番鮮明且つシャープな画像が提供できる。使い方はこちらへ>>

MacX Video Converter Pro

ハイパースレッディング・テクノロジー、マルチコアCPU、高品質エンジンのサポートで、このMacビデオ変換ソフトは83倍以上速いスピード且つ無損質で変換できる。だから、この高い評価されたMacビデオ変換ソフトを通して、自分の必要に応じて、4K 圧縮が順調にできるほか、動画ダウンロード、動画録画、動画編集、スライドショー作成などという全ての作業が楽になる。Macユーザーは、この数多くの実用的な編集機能を持っているソフトをお見逃しなく!

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

VideoProc

動画編集&変換、PC画面録画、DVDコピー、動画ダウンロード、音楽ダウンロード、音声変換など、7つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Pro高品質と想像にもつかないほど高速を誇っているオールインワン式の4K 圧縮ソフトである。手軽かつ完璧にMacで動画を変換可能。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。