ホーム > ブログ > Mac DVD 圧縮できる方法

Mac DVD 圧縮できる方法を複数お届け!レンタルDVDコピー 圧縮も簡単!


Mac DVD 圧縮

DVD圧縮コピーしたくなる場合:このような時にはDVDを圧縮する

DVD映画はよくDVD9に保存された。DVD9はより多いデータが保存できるので、より高解像度、より高質な映画が保存できる。が、その映画をリッピングしたりほかのところに保存したりすれば容量の問題がよくある。例えば8GBのブラッシュメモリやメモリカードにコピーして転送したいと、9GBほどのファイルならMac DVD 圧縮しないと容量が絶対足りない。

また、DVD映画をスマホで見たいと、9GBのファイルをスマホに転送することはなかなか納得できなくて、やはりDVD圧縮コピーして小さいファイルに変換した後に転送するであろう。実はDVDダビングすることもこの問題がある。DVD9からDVD5、つまりDVD 片面一層 圧縮してダビングが成功でき、Mac DVD 圧縮しないと容量不足。またレンタルDVDコピー 圧縮したいとDVDコピーガードの問題もある。コピーガードが解除できないと、DVDを圧縮することはともかく、単なるコピーだけでも失敗に決まっている。

Mac環境でレンタルDVDコピー 圧縮には最高なソフトご推薦!

これで見れば、DVDを圧縮するのは難しくて面倒であるが、実は専門的なソフトがあればとても簡単で便利になる。なぜというと、ソフトが全てのことをしてくれるからである。でもそんなスマートなソフトが知らない?ここでMac環境に一番なMac DVD 圧縮ソフトをご紹介してあげよう!MacX DVD Ripper Proというソフトで、DVD圧縮コピーには専門家なりの力が持っている。

このソフトを利用すれば、DVD 片面一層 圧縮してダビングするや、レンタルDVDコピー 圧縮するや、それぞれのDVDを圧縮する場合に対して違うMac DVD 圧縮方法がある。どんな方法でも高速で簡単に完成できるし、場合によって出力プロファイルも選択できる。例えば、16GのiPhoneでDVD映画を見るためにDVD圧縮コピーして転送する場合に、iPhone対応な出力プロファイルがある。

それに、このMac DVD 圧縮ソフトにはいろいろな機能が多く付き、DVD 片面一層 圧縮などをしたいと複数の方法があり、初心者でも簡単に操作できる。ではこれからMacでDVDを圧縮する方法を一つ一つご紹介しよう。

Mac用
Windows用

Mac DVD 圧縮できる方法その一:動画ファイルに変換

レンタルDVDコピー 圧縮する時にファイルのサイズが小さくなると、データが少なくなるに決まっている。が、動画に変換したら、画質と音質は変わらなくて、消去されるのはタイトルなどの情報で、また字幕も一つだけ残す。このDVD圧縮コピー方法はオリジナルの品質が得られるので、一番オススメである。また、焼きソフトを利用すればDVD 片面一層 圧縮もできる。

まず、Mac DVD 圧縮ソフトMacX DVD Ripper Proをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。

Mac DVD 圧縮

ステップ1: DVDを読み込む。

DVD 片面一層 圧縮したいDVDをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。
このDVDを圧縮するできるソフトがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

レンタルDVDコピー 圧縮してスマホに保存するには対応な出力プロファイルがある。また、単なる動画ファイルに変換し、ブラッシュメモリなどに転送することなら、通常動画にMOVとMP4をオススメする。
この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。
このソフトでビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:Mac DVD 圧縮作業が開始。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。
「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。


Mac DVD 圧縮できる方法その二:パラメータ変更

Mac DVD 圧縮

動画ファイルにDVDを圧縮することはいいが、動画ファイルになってもファイルサイズは大きい場合もある。また、動画に変換したらDVD 片面一層 圧縮には専門的なDVD焼きソフトが必要であるが、ISOファイルに変換すればMacシステムの機能でディスクに書き込める。が、レンタルDVDコピー 圧縮してISOファイルに変換すれば全ての情報がコピーするので、DVD圧縮コピーできるか。

実はDVDのパラメータを変更すればいい。Mac DVD 圧縮する時に出力プロファイルはデバイスにせよ動画フォーマットにせよISOファイルにせよ、前の方法使って好きな出力プロファイルを選択すればいい。保存先が選択したら、パラメータを変更する。

ご覧のように変更したらDVDを圧縮することができるパラメータはいくつある。ビデオオプションに、フレームレート、解像度とビットレートを低くするとDVD圧縮コピーできるが、画質が損失してしまう。オーディオオプションに、サンプルレートとビットレートを低くすると音質が損失してしまう。そうしたら「OK」と書かれたボタンをクリックしてください。

この方法なら動画の品質が損失されるので、動画ファイルにレンタルDVDコピー 圧縮しても容量不足や、ISOファイルに変換したりすれば、この方法を試してください。が、品質も損失したくないし、ISOファイルに変換したいなら、Mac DVD 圧縮できる方法その三に参考してください。

Mac DVD 圧縮できる方法その三:不要な部分をカット

Mac DVD 圧縮

DVD映画には必ず映画の内容でない部分がある。例えば映画の放送会社の情報など、普段映画を見る時にはスキップするところでも、DVDファイルにある。このようなところを消去したらDVDを圧縮する。それにMac DVD 圧縮程度も、レンタルDVDコピー 圧縮したファイルサイズも簡単に予測できる。

このDVD圧縮コピーソフトでコピーする時に、出力プロファイルを選択した後に、自動に選択されたタイトルに「編集」と書かれたボタンをクリックしたら編集ができる。字幕なども選択できるが、「トリミング」と「クロップ&拡張」がDVD 片面一層 圧縮に力になれる。

トリミングとは、時間による消去で、何分から何分までだけを残すことができる。まず「トリミング設定起動」にチェックを入れて、開始時間と終了時間を入力した後に「完了」というボタンをクリックする。このMac DVD 圧縮方法で一つの映画DVDをいくつのファイルに分けて転送することもできる。

もし8GBのブラッシュメモリで転送しようと、このDVD圧縮コピー方法でDVD映画を「前編」と「後編」に分けて転送できる。またスマホでその映画を見たいと20分程度の動画に分けることもできる。

高性能・優れたMac DVD 圧縮ソフト〜MacX DVD Ripper Pro

豊富な編集機能を備えており、DVDビデオから好きな部分を取り出して集めたり、外部字幕・強制字幕・ウォーターマークを追加したり、フレームレート,ビットレート,アスペクト比,解像度などパラメーターを調整したり、余計な部分をカットしたり、好きなシーンをキャプチャーしたりできる。上述した通り、本ソフトはMac DVD 圧縮が行えるし、DVDコピーもできるし、DVD映像の編集も可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと言っても過言ではない。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはMac DVD 圧縮ソフトでありながら、DVDコピー/DVDリッピング/DVD編集も行える。410+出力プロファイルがあり、DVDをMP4/M4V/FLV/MOVに変換したり、iPhone/iPad/iPod/Android端末に取り込める。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。