ホームBlog > 動画圧縮 スマホ用方法

動画圧縮 スマホ用方法ご紹介!スマホの動画圧縮アプリで動画リサイズ!

アップロードも添付メールも、動画サイズ圧縮は必須

スマホのカメラが進化されて、ストレージもずっと大きくなった今は、スマホで撮った動画も保存された動画も大きくなる。このような動画をサイトにアップロードしたり、転送したり、メールに添付したりする時に、動画圧縮をスマホでしなければいけない。また、動画を多く録画したり保存したりすると、たとえ大きいストレージとしてもスペース不足になる。アップロードも保存も、色々なところにファイルにサイズの制限があるので、動画リサイズできれば便利である。動画圧縮でiPhone/スマホなどで多く保存したりアップロード・郵送したりできる。もちろん、動画圧縮をスマホで行う時に動画圧縮アプリが必要である。有料アプリも無料アプリ両方でもいいが、自分のニーズにおいて選択する。ではこれからスマホ用の動画サイズ圧縮アプリをご紹介しよう。

動画圧縮をスマホで完成できるツール:動画圧縮アプリ

動画圧縮 スマホ

ビデオ&ムービーを縮小

ハイエンドの圧縮技術を利用して、ビデオを品質を保ちながら動画リサイズできる動画圧縮スマホアプリであると、Google Playで紹介されている。完全無料の動画サイズ圧縮アプリであるため、全ての機能が制限されていない。この動画圧縮アプリを利用すれば動画圧縮でiPhone/スマホに簡単に完成できるが、機能が簡単のわりに豊富。全てのフォーマットがサポートして、動画リサイズする時にレベルも設定できる。また、添付メールのために動画サイズ圧縮する時に、この動画圧縮スマホアプリで完成したら内蔵される共有機能で直接にメールで転送できる。無料な動画圧縮アプリなので広告が入ったが、あまり邪魔という声がない。

動画圧縮 スマホ

ビデオ圧縮

動画圧縮でiPhone/スマホの通信量を節約するために作られた動画リサイズアプリである。動画の品質を選択して、動画サイズ圧縮できる。動画圧縮でスマホに保存された動画をそのままで、コピーとして出力する。なのでこの動画圧縮アプリで完成したら空き領域が逆に小さくなるが、郵送したりアップロードしたりして、オリジナルを維持したい場合にはこのアプリがオススメ。通信量を節約するための動画リサイズアプリであるため、内蔵の共有機能も便利。電子メールやYoutubeにアップロードを送信できる。ほかには字幕抽出など機能も対応している。


動画圧縮 スマホ

動画変換と動画圧縮

英語名は「VidCompact」で、かの有名な「VideoShow」が開発したチームにより提供しているアプリである。動画コンバーターと動画圧縮でiPhone/スマホアプリ一つだけで完成できるツール。動画トリミング、動画シェアなど機能も複数搭載している。動画の再生時間、解像度などを選択して、圧縮率の高いフォーマットに変換して、動画サイズ圧縮できる。また、動画圧縮してスマホからアップロードしたり共有したりすることも便利で、このアプリからInstagram、Facebook、Twitter、Youtubeなどにシェアする機能が内蔵している。ほかに動画管理機能もある。

GB不具合を解消するには:プロのツールで動画リサイズしよう!

動画圧縮をスマホでしようとすると、動画ファイルが大きすぎる時によく失敗した。ファイルサイズがGBクラスなら多数の動画圧縮アプリで失敗で、2GBを超えるとうまく動画サイズ圧縮作業を完成できるアプリがほとんどない。大きすぎる動画に対応できなさそうである。このわけがない制限にとても理解できなくて、そもそも動画ファイルサイズが大きすぎるから動画圧縮をiPhone/スマホで行いたいのである。

この時に動画圧縮スマホアプリより専門なプロのツールを利用すればいい。MacX Video Converter Proのような専門の動画リサイズソフトを利用すれば、スマホとパソコンの間に動画転送がめんどいが、それ以外に全てがより便利でより自由に完成できる。スマホより計算力がずっと強いパソコンで、高速変換と誇っているMacX Video Converter Proを利用すれば動画圧縮アプリで動画サイズ圧縮するより変換時間が驚くべきほど短くなる。より多いパラメータの設定ができ、出力プロファイルも300+も対応でき、動画圧縮iPhone/スマホアプリよりずっと自由である。これからGBクラス以上の動画リサイズできる方法をご紹介しよう。


100%安全
100%安全

※注目されている各種フォーマットの動画サイズを縮小方法特集:

動画サイズ圧縮方法その一:圧縮率が高いファイルに変換する

まずMacx Video Converter Proソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

動画圧縮 スマホ

ステップ1:ビデオを追加する。

Macx Video Converter Proを開けて、赤く標記されたボタンをクリックして動画を追加する。

パソコンにあるビデオのみ変換できるので、動画圧縮前スマホからパソコンに転送してください。機種によってUSBでパソコンに接続してから直接に動画ファイルを入力できる。

ステップ2:出力プロファイルを選択する。

ご覧のように、「MP4動画」と書かれた出力プロファイルを選択する。MP4ファイルが圧縮率が高いので、コンテンツと画質が同じのファイルがMP4のほうがファイルサイズが小さい。

出力プロファイルが決めたら「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

この時、ある程度な編集ができる。音量の調節、字幕の選択と追加、トリミング、クロップと拡張等、ウォーターマークの追加もできる。

ステップ4:変換を開始する。

「run」という大きいボタンをクリックして変換を開始する。数秒待つと、動画リサイズが完成。

動画サイズ圧縮方法その二:パラメータを変更する

この動画圧縮アプリで出力プロファイルを決めたら、赤く標記された歯車の印にクリックすれば、パラメータの変更ができる。フレームレートや解像度などを賢く変更することで、動画圧縮でスマホに再生しても品質の損失が感じられない。

動画圧縮 スマホ

ビデオオプションの調整・変更

一定程度にフレームレートを下げることで動画リサイズができる。出力したファイルを視聴する時に品質の損失があまり感じられない。

解像度を下げることも動画サイズ圧縮できる。動画圧縮でiPhoneディスプレイの解像度まで下げても品質の損失が感じられない。

アスペクト比もよく、解像度と一緒に変更される。この動画圧縮アプリでディスプレイのアスペクト比と同じように設定すれば、動画圧縮でスマホ再生体験が逆に改善される。

Macで音声抜け出したM4AファイルをMP3に変換したいお方に:

ビットレートの場合、CBRを選択して、値を下げる。

オーディオオプションの調整・変更

サンプルレートはフレームレートのように設定すれば動画リサイズができる。音声デバイスによって高い音質が取れない時に、ファイルの音質が下がっても感じられない。

ビットレートを下げることで動画サイズ圧縮できる。

パラメーターの変更が完成したら「OK」にクリックしてください。そうしたら出力先フォルダを確認して、「RUN」と書かれたボタンにクリックしたら作業が開始。

動画サイズ圧縮方法その三:トリミングとカット

動画から不要な部分を取り抜けば動画圧縮でスマホから郵送もアップロードもできる。この動画リサイズ方法に一番のメリットは、残された部分の品質はまったく変わらないことである。時間によって不要な部分を消去することはトリミングで、画面によって不要な部分を消去することはカット。

動画圧縮 スマホ

この動画圧縮アプリで出力プロファイルを決めたら、赤く標記された「編集」と書かれたボタンにクリックすれば、編集機能が利用できる

トリミング

「トリミング」と書かれたボタンにクリックしてください。まず「トリミング設定起動」にチェックを入れる。そうしたら開始時間と終了時間を入力する。設定が完成したら「完了」と書かれたボタンにクリックする。

カット

「クロップ&拡張」と書かれたボタンにクリックしてください。保存される範囲を設定して、「完了」と書かれたボタンにクリックする。

編集が完成したら、出力先フォルダを確認して、「RUN」と書かれたボタンにクリックしたら作業が開始。

動画圧縮:スマホよりパソコン、Macに専門なソフト

MacX Video Converter Pro-順調に動画をダウンロードして、ダウンロードした動画をデバイス、ソフトに対応するファイルに変換する最高なソフト。簡単に動画を変換して、 Macで動画音楽変換のためにはもちろん、iPhone/iPad/携帯デバイスで再生、ソフトに入力、サイトにアップにも力になる。MacX Video Converter Proソフト一つで動画ダウンロード・変換実現!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > 動画圧縮 スマホ用方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。