ホーム > ブログ > タブレット DVD再生できる方法

DVD タブレット保存して、旅行中・外出先でもタブレット DVD再生が可能

DVD タブレット

DVD タブレット取り込み可能?タブレットでDVDを見たい

タブレットが買ったらやはりその大きなスクリーンで動画を見るほうが楽しい。電車の中に乗っている時に、旅行先に行く途中に、まだなにか待っている時にも、タブレットがあればすぐタブレット DVD再生してこの間に手に入ったDVD映画がみたくなる。が、そこには問題がある。どんなタブレットでも、DVDドライブがない。ドライブのないタブレットにDVDを取り込むことはとうていできない。ではDVDをタブレットで見ることができないか。実ばDVDディスクがタブレットに取り込めないが、DVD動画変換して、動画ファイルとしてDVD タブレット保存することができる。タブレット DVD再生したい映画をディスクが手に入った時に動画ファイルに変換したらタブレットにDVDを取り込むことができるようになる。

確かにDVDディスクより動画ファイルにいいところがいくつあるが、DVD動画変換しなければタブレット DVD再生できない。それは決して簡単なことではない。DVDをタブレットで見るには専門的なソフトがないと実現できない。また映画DVDならDVD タブレット保存する場合にDVDコピーガード解除機能付きなソフトでないと実現できない。こう見ればタブレットにDVDを取り込むのは、特に初心者にとって面倒で難しいことである。でも大丈夫!これからタブレット DVD再生できるようになる最高なDVD動画変換ソフトをご紹介してあげよう!

DVDタブレット取り込みソフトおすすめ|オフラインでもタブレットでDVDを再生できる

今回紹介されるソフトはMacX DVD Ripper Proというもので、DVDをタブレットで見るに絶対助ける。DVD タブレット保存ソフトはDVDから動画ファイルに変換するには専門家の力があり、高速且つ高質で変換できる。二時間ほどの映画DVD動画変換は何分間だけで完成できる。またオリジナルの品質で出力でき、画質も音質も損失が全然感じられない。

更に、このDVD タブレット取り込みソフトは350以上出力プロファイルがあり、iPad Pro/mini/Air、ファーウェイMediaPad、ASUS ZenPad、レノボ・ジャパンYOGA Tab、マイクロソフトSurface Pro 4、NVIDIA SHIELD Tablet、Dragon Touch、エイチティーシー(HTC) Nexus 、ソニー(SONY) Xperia Tablet 、エイサー(Acer) Switch Alpha、デル(Dell) XPS12 XPS、などといった今流行っているタブレットにサポートしている。だから、新しいタブレットにDVDを取り込むことは超簡単になる。

それ以外、デコードやDVDコピーガード解除機能もあり、TSUTAYA/ゲオ/DMMなどからレンタルしてきたDVDに施されているコピーガード(例えば、CSS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、UOPs、容量偽装、ディズニーX-projection DRM、アダルトDVD暗号化技術など)を手軽に解除し、タブレットにDVDを取り込める。これでタブレット DVD再生することがいつでもどこでも可能となった。実用的な編集機能を持ち、動画をカット/トリム/合併/字幕追加/パラメーター調整が自由に行える。

Mac用
Windows用

DVD タブレット保存方法|数分間だけでタブレットにDVDを取り込む

まずMacX DVD Ripper Proソフトをダウンロード・インストールする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、スクリーントップの一番上にあるメニューバーの「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。Windows版(Windows10対応済み)もあり、Windowsユーザーはこちら

DVD タブレット

ステップ1: DVDを読み込む。

タブレット DVD再生したいディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

このDVD タブレット取り込みソフトがサポートする入力フォーマットにはDVDフォルダとISOイメージがある。入力形式はDVDでない場合に、相応なボタンを押すことで読み込んでください。

DVD タブレット

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

お持ちのタブレットに対応する出力プロファイルを選択する。例えばiPad Air2にDVDを再生しようとご覧のように選択すればいい。もし対応なタブレット出力プロファイルがないと、通常Pad用動画などの出力プロファイルを選択してください。

この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

DVD タブレット

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

このDVD タブレット保存ソフトでビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押してDVD タブレット取り込み作業が始まる。

「高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

タブレット DVD再生のほかにDVDを楽しめるところはもっとある!

このように操作すればDVDをタブレットで見れるようになる。このDVD動画変換ソフトはDVD CSS, ソニーArccOS、RCEリージョンコード、UOPs 、APSのようなよくあるDVDコピーガードから、Disneyムービーコピープロテクションまで解除できるので、この方法DVD タブレット保存方法を利用すれば失敗することはめったに少ない。が、MacX DVD Ripper Proでタブレット DVD再生する以外にもできることが多くある。ほぼ同じ方法でDVDをiPhone X/8/8 Plus/6s/SEやアンドロイドスマホなどの携帯デバイスに変換することもできるし、編集したり字幕を追加したりすることもできる。また、設定しておいた出力プロファイルにより、このタブレットにDVDを取り込む方法でDVDをMacとWindowsに取り込むことができる。それにDVDから音声だけを抽出することもできる。編集機能と音声抽出機能を利用すればオリジナル品質の主題歌などがゲットできる。今このソフトの試用版が無料提供しているので、ささとダウンロードして試してみよう!

DVD タブレット取り込みソフト〜MacX DVD Ripper Pro

豊富な編集機能を備えており、DVDビデオから好きな部分を取り出して集めたり、外部字幕・強制字幕・ウォーターマークを追加したり、フレームレート,ビットレート,アスペクト比,解像度などパラメーターを調整したり、余計な部分をカットしたり、好きなシーンをキャプチャーしたりできる。上述した通り、本ソフトはDVD動画変換が行えるし、タブレットにDVDを取り込むこともできるし、DVD映像の編集も可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと言っても過言ではない。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper Proは優れたDVD タブレット取り込みソフトで、数回クリックするだけタブレットでDVDを再生できる。更に、出力プロファイルも豊富で、今流行っているタブレット端末にも対応し、機種変更しても、新しいタブレットでDVDを見れる。とても便利なDVD タブレット保存ソフトだと思う。

関連チャンネル