ホームBlog > Mac ISO変換に簡単な方法

Mac ISO変換を簡単に完成できるには:Mac ISO作成も再生も役に立つ方法!

MacのISO:再生とバックアップの間にあるファイル形式

ISOファイルはイメージファイルで、データを保存する容器のようなものである。標準アプリのユーティリティのおかげで、ファイルからMac ISO作成はとても簡単になる。ディスク、特に動画DVDなど、またはファイルをバックアップするために、MacでISOに変換する。ファイルをMac ISOに書き込み、「容器」に保存すると、Mac ISO再生も変更もできないので見られたりミスで変更したり失ったりすることがしないので、セキュリティ上に安心できる。このメリットで今バックアップする時にMac ISO作成することが多い。が、バックアップというと、いつか「容器」から取り出すことである。DVDとファイルをMacでISOに変換したら再生と変更ができなくなり、ファイルを元に戻したい時に困る。ではこれからMac ISOに書き込み、元に戻す方法をご紹介しよう。

Mac ISO変換:DVDをMac ISO作成でバックアップする方法

ディスクをMacでISOに書き込みたい時にユーティリティでもできるが、映画DVDや市販のDVDなどはより強力的でより専門的なソフトが必要である。MacX DVD Ripper Proというソフトで、動画DVDをMacでISO/MP4変換することを簡単に実現できる。初心者でも迷わずに利用できるソフトである。DVDをMacでISO変換して、オリジナルの品質を保存すると同時に、Mac ISOの再生情報もDVDからそのままにコピーできる。Mac ISO作成して、DVDのバックアップを出来上がるまで、誇っている高速によって短い時間でも完成できる。ではこれからDVDをMacでISOに書き込み、バックアップする方法をご紹介しよう。

100%安全
100%安全

まずMacX DVD Ripper Proをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

Mac ISO変換

ステップ1: DVDを読み込む。

Mac ISO変換したい元ディスクをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Proを開ける。赤い枠で標記されたボタンをクリックしてDVDを読み込む。

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

「DVDバックアップ」をクリックして、「DVDをISOイメージへクローン」を選択する。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。

Mac ISO変換:MacでISO MP4変換して再生する方法

MacでISO再生ができないので、ISOに保存されるDVDも動画も再生する前に、まずMac ISO変換しなければいけない。MacでISOをMP4変換すれば、まず再生はできるし、保存するにもサイズが小さくなる。普通ファイルとしてMacでISOに書き込み、保存された動画ファイルは普通ファイルとして扱えばいいが、DVD動画からMac ISO作成した場合にISOイメージに保存されるのは動画形式のファイルではなくDVD形式なので、MacX DVD Ripper Proが必要である。Mac ISO変換ソフトとして、ISOの入力も対応でき、MP4、MOVなどが出力できる。高速で高品質で、初心者と経験者両方も満足させる力が持っている。

まずMacX DVD Ripper Proをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

Mac ISO変換

ステップ1: DVDを読み込む。

赤い枠で標記されたボタンをクリックしてMacでISOをMP4変換したいイメージファイルを読み込む。

ステップ2:出力フォーマットを選択する。

「General Profiles」にMP4動画を選択してください。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。

Mac ISO変換:ファイルからMac ISO作成できる方法

バックアップするためにファイルをISOイメージに収めることは今だんだん増えてくる。MacでISO再生も変更もできない安全性がその一番の理由である。Mac ISOにMP4変換することも普通のファイルとして扱って、画像、音楽、書類、記録ファイルなども、またスマホファイルもISOに保存できる。MacでISO書き込みには標準アプリのディスクユーティリティでも完成できる。ファイルをMac ISO変換するには無料で簡単に完成できるが、出力プロファイルはCDRファイルで、再命名でISOファイルに変換することが必要である。ではこれから新規なMac ISO作成して、ファイルを収める方法をご紹介しょう。

Mac ISO変換

まずディスクユーティリティをあける。そして、これからの手順で操作すればMac ISO作成できる。


ステップ1:新規イメージを作成する。

上にある「ファイル」を見つけて、クリックする。そして「新規」により、「フォルダからのディスクイメージ...」をクリックする。


ステップ2:イメージフォーマットと暗号化を設定して、保存先を選択する。

この時はイメージフォーマットを「DVD/CDマスター」を選択し、暗号化は「なし」にする。また「場所」で保存先を選択して、確認する。


ステップ3:Mac ISO作成する。

「保存」ボタンを押すとディスクイメージに圧縮することが始まる。が、作成したファイルはDMGファイルであるので、拡張子を .dmg から .iso に変更ればいい。


あらゆるファイルをMacでISOイメージ作成できる最高なMac ISO 作成方法!

Mac ISO変換:DVDディスクにMac ISO書き込み方法

Mac ISO変換


DVDからMac ISOに書き込み、イメージファイルを作成されたら、元に戻すにはやはりDVDディスクの形までとは完成。MacX DVD Ripper ProでMac ISO作成したファイルに元DVDに保存される情報を全て出力することが可能で、DVDディスクにMac ISO変換することも簡単にできる。Mac標準機能でも簡単に実現できる。FinderからイメージファイルをDVDに焼き、ディスクを作成できる。設定や編集など機能がないが、書くことだけなら満足できる。



空DVDディスクをパソコンに入れる。そうしたらMac ISO書き込みたいイメージファイルが保存されるフォルダを見つけて、開ける。一番上のところに「File」メニューを見つけて、その中に「ディスクイメージ“○○.iso”をディスクに書き込む…」を選択する。指示通りに操作したら、コピーガードDVDをダビングすることが完成。



【ISOをDVDに書き込み】焼き方をたくさん紹介|ISOの圧縮・編集方法も共有!

MacでISO変換するに必要なソフト-MacX DVD Ripper Pro

プロなDVDコピーソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にDVDを変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、MacでISOをMP4に変換する機能も搭載している。MacでISO変換したい人とDVDコピーしたい人にとっては、とても役に立つツール!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > Mac ISO変換する簡単な方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。