ホームBlog > VRO変換にMac用方法

VRO変換にMac用方法:VROのMP4変換、Mac再生、対応不可問題対策

VROファイルとは?なぜVRO Mac再生できないか

友達からもらったDVD動画が、届いたらDVDディスクではなくVROファイルである。そのVRO Mac再生もほかのデバイスで再生もできない。実はそのVROファイルはVideo_TSフォルダのようなディスクに保存されないDVDファイルである。市販の標準映画DVDと違って、VROで保存されたDVDは地デジで録画したDVDである。IFOファイルなども必要な標準DVDより、動画のデータはすべて保存しているVRO 変換 Mac PCで可能で、そのVRO MP4変換すれば順調に視聴できる。が、標準DVDのように、VROにもコピーガードに保護されて、しかも普通DVDより強いCPRMというコピーガードである。MacでVRO のCPRM解除しないと、VRO Mac再生も変換も複製も失敗に決まっている。

VROのMac再生問題を一発に解決できるソフト-100% 安全

MacX DVD Ripper Pro - プロなDVDコピーソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にVROをMP4に変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、DVD動画編集機能も搭載している。VRO Mac再生したい素人にとっては、とても役に立つツール!
 
 

VRO変換をMac PCに任せる?専門なDVD・VRO変換ソフト:

VRO 変換 Mac

VRO再生Macソフト#1:MacX DVD Ripper Mac Free Edition

対応DVDの数というと、MacX DVD Ripper Mac Free Editionよりのソフトがない。もちろんDVDディスクに保存されないDVDファイルも対応できる。このVROコンバーター Macで標準DVDもVRO MP4変換することは両方も対応している。Mac VRO CPRM解除以外に市販・レンタル映画DVDのコピーガードも解除できる。VRO 変換にMac PCで出力する時に、最も互換性のいいMP4か、Macに対応するMOVか、いくつの出力プロファイルが選べる。VRO Mac再生まで一番短い時間で、一番高い品質で出力できる。このVR変換フリーソフトにDVDコピーガード解除、パラメータ調整、動画編集、音声抽出など多彩な機能がついている。無料だけど有料ソフトに比べる力が持っている。

使い方ご紹介>>


   
VRO 変換 Mac

VRO再生Macソフト#2:Freemake Video Converter

DVDが対応できるが、VRO MP4変換して動画ファイルで出力できるフリーソフトが少ないがその中にFreemake Video Converterがある。このフリーソフトが更新中ので、日本語バージョンがあり、VRモードをMP4に変換でき、また出力プロファイルはほかの動画形式にも設定できる。VRO Mac再生のために、またほかのデバイスで再生のために、対応な動画形式を選んでください。が、ダウンロードとインストールに迷惑ソフトなどが入れないようにお気をつけてください。また、VROを保存しているDVDをリッピングして作成したビデオにFreemake Video Converterのロゴが入ているところに困っている人も多くいるそうである。

使い方ご紹介>>


   
VRO 変換 Mac

VRO再生Macソフト#3:relCPRM

VROコンバーター Macに一番軽量なソフトといえばrelCPRMであろう。普通のVRO 変換 Mac用ソフトと違って、このソフトがMac VRO CPRM解除するために開発されたソフトである。関連ツールを組み合って、VRO MP4変換して動画ファイルを出力したり、その動画を編集したりすることができる。自分がほしい機能だけをダウンロードして使うというわけである。が、このソフトを配布するサイトの多くが閉鎖されることで、今その関連ツールとともにダウンロードしがたい状態のままである。

専門VROコンバーターでMacにVRO MP4変換方法ご説明

VRO 変換 Mac

まずMacX DVD Ripper Mac Free Editionをダウンロードして、インストールしてください。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「?」をクリックし、日本語を指定できる。

ステップ1: VROファイルを読み込む。


DVDをパソコンに入れてMacX DVD Ripper Mac Free Editionを開ける。赤く標記されたボタンをクリックしてVROだけ保存されたファイルを読み込む。


このVRO 変換 Mac用ソフトがサポートする入力フォーマットにはDVDとISOイメージがある。入力形式に相応なボタンを押すことで読み込んでください。

   
VRO 変換 Mac


対応な出力プロファイルを選択する。


適当な出力プロファイルを選択する。

Mac通常映像にはいくつの出力プロファイルが提供しているので、MP4、MOV、それにVRO Mac再生プレイヤーが対応するファイルいずれを選んでください。


この時、品質を選ぶことができる。出力動画品質が低い場合に変換すピードは早く、出力動画品質が高い場合に変換するのに時間が少々かかる。選択が出来たら「完了」というボタンを押してください。

VRO 変換 Mac

ステップ3:保存先を選ぶ。

保存先フォルダを選び、確認する。

このソフトでビデオオプションとオーディオオプションのようなパラメーターが設定できる。オーディオを選択でき、字幕を選ぶことも追加することもできる。編集機能が付いているから画面のトリミングもクロップもできる。
高性能・無料なiPhone VRアプリおすすめランキング


ステップ4:変換を開始する。

最後に「RUN」というボタンを押して変換を始める。

高品質エンジンを使用する」にチェックをいれて出力ビデオの映像品質を大きく向上することができる。変換時間を短縮するに「CPUコア使用」を多くする。が、使用されるCPUコアの数はパソコンにあるCPUコアの数を超えることはできない。

VRO変換にMac環境に一番のソフトMacX DVD Ripper Pro

プロなDVDコピーソフトだけど、使い方が超簡単!初心者もすぐ上手にVROをMP4に変換できる!ISOイメージ、MP4、MOVなど何百種類の出力形式を用意している。そして、DVD動画編集機能も搭載している。VRO MP4変換したい素人にとっては、とても役に立つツール!

あなたへのおすすめ

ホームBlog > VRO変換にMac用方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。