ホーム > ブログ > Mac OS El Capitan ダウングレードできるシステムの復元方法

Mac OS El Capitanダウングレード方法!不具合解決ならYosemiteに戻そう!

CapitanにMacバージョン変更したら、新機能があれば不具合もある

Mac OS 10.11 El Capitan正式版がようやく公開された!うわさの新機能を味わうためにCapitanにMacバージョン変更したら、新しく公開されるシステムなので不具合ところが多くあるということに気づいた。その中に、バグが解決されるまでしばらく我慢できるところがあるが、一刻も我慢できなくてすぐCapitan ダウングレードしたいバグもある。それに、今回で進化されるところが多いので、利用するとなんとなく違和感が感じられる。それは、システムが更新されても直すことにならない。これで慣れていたYosemiteに戻すしかないであろう。ではすぐシステムの復元方法を見つかってCapitanバージョンダウンしたいほど、我慢できない不具合はなんであろう?

ネット接続不安定という苦情が入てきた。ネットの不安定は若い者にとっては悪夢と同じのようなものとも言える。次はMac App Storeにサインインできなくなることである。これでApp Storeからソフトをインストールすることは不可能になり、CapitanにMacバージョン変更したばかりで、ソフトと個人的データを失ってしまう人にとってはネットの不安定よりまずいことである。それからは古いデバイスでうまく動作できないということで、それはCapitan ダウングレードしたら少々大丈夫になるが、使えば使うほどパソコンの反応が遅くなることは間違いないことである。それに最も厄介なことと言えば、その画面の一部にクリックが無効になることである。約5cmx5cmの範囲で、クリックしても反応はないということである。操作は一切できないと、我慢して待つことができない一刻も早く、Capitan ダウングレードしたい。

Capitan不具合解決できる方法:Capitan ダウングレードしてYosemiteに戻す

iOSバーこれらの不具合ところとそのなんとなく感じている違和感を解決できる方法はひとつだけある。それはCapitanバージョンダウンしてYosemiteに戻すことである。Capitan ダウングレードしたら素晴らしい新機能が利用できないとはとても残念なことであるが、以上の不具合に会ったらMacバージョン変更しないと基本的な機能さえ利用できない。例えばMac App StoreにサインインできなくなるとApp Storeからソフトをダウンロードしてインストールすることができなくなる。ソフトがないパソコンはなんでもできない。それにネットの接続に問題があったら、ソフトをダウンロードすることだけでなく、ウェブをみることも、メールで連絡することも、WIFI必要なソフトを利用することも全部不可能になる。これで新しいソフトをダウンロードしなくてもほぼ全部の操作はできなくなる。つまり、Capitan ダウングレードしないと、これらの不具合であなたのパソコンは使用できなくなる。ではMacバージョン変更できるシステムの復元方法はなんであろう。

Capitanバージョンダウンできるシステムの復元方法

YosemiteのTime Machineバックアップがある場合のCapitan ダウングレード方法

Tips:このシステムの復元方法でMacバージョン変更できるが、システムの修復もできる。

ステップ1:Time Machine バックアップディスクが接続されていて、電源が入っていることを確認してください。ディスクがネットワーク上にある場合は、お使いの Mac が同じネットワーク上にあることも確かめてください。

ステップ2: Mac が再起動する。起動音が聞こえたら、Command(?)キーを押しながら R キーを押して、Apple ロゴが表示されるまでキーを放さないでください。

ステップ3:「Time Machine バックアップから復元」を選択してから、「続ける」をクリックする。

ステップ4:次のいずれかを実行します:

  • 外付けのバックアップディスク:バックアップディスクを選択して、「続ける」をクリックします。
  • Time Capsule:メニューバーの右側にある「AirMac」メニューでネットワークを選択し、使用する Time Capsule を選択してから、「リモートディスクへ接続」をクリックしてください。
  • ネットワーク上のバックアップディスク:バックアップディスクを選択して、「リモートディスクへ接続」をクリックしてください。

ステップ5:必要に応じて、バックアップディスクへの接続に使用する名前とパスワードを入力してから、「接続」をクリックしてください。

ステップ6:復元したいバックアップの日付と時刻を選択し、画面に表示される指示に従います。

Yosemiteのバックアップがない場合のCapitan ダウングレード方法

用意しておくべきなもの:8GBのメモリースティック、WIFI(もし連続はうまくできなかったら、あるいはMac App Storeが利用できなくなったら、別のデバイスでダウングレードしても構わない。)

ステップ1:Mac App Storeから「OS X 10.10 Yosemite installer」をダウンロードしてください。インストールせずに、ダウンロードしたファイルを「InstallOSXYosemite.app」にリネームしてください。


ステップ2:メモリスティックをMacに連続して、Disk Utilityを開ける。そして、左でそのメモリスティックを探して、「Erase」をクリックしてください。新しくでるウィンドウでフォーマットのところから「Mac OS Extended (Journaled)」を探して、「Erase」というボタンを押してください。これで前のシステムを消すことが出来上がり、これからYosemiteをインストールする。



ステップ3:OS X Utilities selector で「Reinstall OS X」を選択して、「continue」をクリックしてください。これからは指示通り操作して、インストールを待ってください。万が一のことであるが、インストールしたらYosemiteではなくLionにMacバージョン変更したら、Yosemiteにアップグレードする操作をすればいい。

YosemiteもCapitanも不具合なしに動作できるiOSデータ管理ソフト公開!

MacX MediaTransはMac用専門なDVDリッピングフリーソフトであり、YosemiteにCapitan ダウングレードしてもCapitanのままにしても不具合ないで完壁に動作できる。iPhoneとiPadに保存される写真、音楽、動画を管理したり転送したり消去したりすることができ、Mac PCで保存されるファイルを追加することもできる。追加される動画はサポートできないファイルの場合に対応ファイルに変換する機能もあってとても素晴らしい。ファイル転送も動画変換もとても簡単で、想像以上のスピードで完成できる。ほかにも便利な機能が満載しているので、ささとダウンロードして使ってみよう!

Mac用
Mac用

MacX DVD Ripper Pro

このMac DVDリッピングソフトが最善を尽くしながら、ユーザーの要望に最大限効率よく応える。絶えず更新され進化を続け、Capitan ダウングレードしなくても利用できる。洗練されたユーザーインタフェースを持ち、ユーザーの視点を大事にして、簡易的な操作性と豊富な機能を備えて、Mac初心者でも簡単に操作できる。あなたのお使いのスマホでの体験を一段と優れたものにする。だからこそ、iOS 9にアップデートしたらiOS9新機能でDVDを再生したいとやっぱりMacX DVD Ripper Proが最高。

MacX DVD Ripper Proダウンロード MacX DVD Ripper Pro Windows版ダウンロード

MacLife レビュー

MacX DVD Ripper ProはプロなDVDリッピングソフトであり、最高品質と速度でDVDをコピーかつ変換するソリューションを提供する。Capitan ダウングレードしてもしなくてもDVDを再生するには不可欠なツールである。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。