ホームBlog > VHSをDVDにダビングできる方法

VHSをDVDにダビング(焼く)できる方法複数!ソフトとハードウェア両方!

家に眠っていたVHSをDVDにダビングしたい!

録画なら昔、VHSというテープ動画が一番流行ったものであったが、長持ちはできない。時間が立つと損傷などで再生不可能となる。それより今のDVDディスクが傷つきがたいし、サイズもずっと小さい。損傷防止と格納安いために、ビデオテープからDVDダビングする。

が、どうやらVHSとDVDにコピーガードのようなものが付きそうで、ホームビデオとDVDと、入れる機器も違う。初心者にとってはVHSからDVDへ動画を移すこととても複雑で難しいことである。ではこれからVHSをDVDにダビングできる方法を複数ご紹介する。

VHSテープを録画しDVDにダビングするソフト - 100% 安全

MacX Video Converter Pro - 便利な録画機能でVHSテープの中身を録画して、DVDにダビングできる動画ファイルを出力する。ビデオテープからDVDにダビングするに最安の方法を提供してあげる。また、豊富ファイル変換機能とウェブ動画ダウンロード機能で、動画を思い存分に楽しむ。
 
 

VHSをDVDに焼く一番簡単な方法:ホームビデオ-DVD変換の業者に頼む

VHSをDVDにダビング

初心者にとって自分でビデオテープからDVDダビングするのが大変なことである。一番簡単な方法は業者に頼むことである。VHSに関する機器、例えばVHSデッキなどを用意することがない。もちろん、料金がかかる。普通には120分間までのビデオは何百円で、特急の場合に更に高くなる。料金と別に送料も払う。大量なVHSからDVDへダビングするときにすごく高いが、少数のVHSならこの方法は簡単で安いし、VHSとDVDのコピーガードなど複雑なことも考えないで済む。が、一番のデメリットといえば料金ではない。VHSをDVDにダビングすることは至急でも一週間以上もかかって、最悪の場合に何ヶ月もかかることになる。

メリット:

簡単で、テープを業者まで送るだけ。
少数のVHSからDVDへ焼く場合に一番安い。

デメリット:

大量の場合に高くなる。
DVDを届けるまで長時間を待つしかない。
作成したDVDの品質に安心できない。

自宅でVHSをDVDに焼く方法:大量テープ向け

VHSをDVDにダビング

「VHS一体型DVDレコーダー」という機器があれば自宅でもホームビデオをDVDに焼ける。大量なビデオテープからDVDダビングすれば70000円程度でVHS一体型DVDレコーダーを買ってもいいが、何日間で作業が完成できれば何千円で電器屋からレンタルするほうがおすすめ。また、家庭テープかないかと、VHSとDVDにコピーガード解除したりする機能も確認してください。それを手に入れたらホームビデオとDVDを機器に入れて、ダビングと書かれたボタンを押す。パソコンとテレビに繋ぐこともなく、この機器単体でVHSをDVDにダビングできる。

メリット:

パソコンなどはいらない。
大量なビデオテープでも便利にできる。

デメリット:

デッキ機器は既に発売停止になるので機器の入手は少し難しい
少数のテープをダビングするのは高い。

VHSをDVDに焼く一番安い方法ならこちら:パソコンでビデオテープからDVDダビングする

VHSをDVDにダビング

家にVHSテープが再生できるデッキが持っている人にとって、何万円のVHS一体型DVDレコーダーを買うより、デッキでVHSをDVDにダビングするほうがいい。実は「コンポジット端子」でVHSデッキとパソコンして、画面を録画することでVHSの中身をデジタル動画ファイルに変換する。そしてそのデジタル動画ファイルをDVDに焼く。この方法でVHSからDVDへ焼くことは少しめんどいが、動画ファイルも作成するのでiPhoneやスマホなどにも再生できる。デッキが持っているお方にとって、最安3000円のコンポジット端子を買えば済むので一番安い方法である。

メリット:

出力形式はDVDの傍ら動画ファイルも作成する。
一番安い。何千円だけで済む。

デメリット:

作業時間は再生時間と同じ、同時にパソコンは作業しかできない。
VHSをDVDにダビングするに操作は多くてめんどい。

VHSをDVDにダビング

パソコンでビデオテープから動画ファイルに録画する方法


まず録画ソフトをダウンロードする。起動して、界面言語が日本語でない場合に、「HELP」をクリックし、日本語を指定できる。





ステップ1:ビデオテープをデッキに入れて、コンポジット端子でデッキとパソコンを連携する。標記されたボタンを押して画面レコーダーを開ける。ビデオテープの再生を始めのところに一時中止する。

VHSをDVDにダビング

ステップ2:「フルスクリーンをキープ」にチェックを消し、レコード範囲を再生している動画の画面に指定する。


ステップ3:標記されたボタンを押して保存先フォルダを指定する。同じウィンドウでパラメータの設定ができる。


ステップ4:大きな青いボタンを押せばレコードが始める。そして動画の再生を再開する。始めたらこのボタンが赤くなり、レコード終了には赤いボタンをクリックする。


この画面録画ソフトにトリミング機能が内蔵されているので、動画を再生開始より早目に録画を始めると、始まったばかりなところでも録画でき、後でトリミングしたら完壁な動画が出来上がるので、早目にレコード開始する方がおすすめである。

VHSテープを録画して、DVDにダビングするソフト

MacX Video Converter Pro-便利な録画機能でVHSテープの中身を録画して、DVDにダビングできる動画ファイルを出力する。ビデオテープからDVDにダビングするに最安の方法を提供してあげる。また、豊富ファイル変換機能とウェブ動画ダウンロード機能で、動画を思い存分に楽しむ。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > VHSをDVDにダビングできる方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。